ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

4WDに乗るならカーリースがおすすめ!人気車種やリースのメリットを徹底解説

カーリースできる4WDの種類は?人気車種やリースのメリットを徹底紹介

2WDよりも悪路走破性が高い4WD(四駆)は、アウトドアなどが好きな方には特におすすめの車です。しかし、4WDには価格が高いというデメリットもあるため、憧れはあるけれど購入には踏み切れないと考えている方が多いのも事実です。
その点、購入するより負担を抑えて4WDに乗れることから、カーリースで4WDに乗る方が近年増えています。4WDの人気車種や4WDのメリット・デメリットを解説した上で、カーリースが購入よりもおすすめの理由について見ていきましょう。

  • 4WDには4つのタイプがある
  • 4WDは悪路走破性が高い一方、車両本体価格や維持費が高くなりがち
  • 4WDにお得に乗りたい場合は、取扱車種の多いカーリースがおすすめ

4WDとはどういう車?

4WDとはどういう車?

4WDには、車種によって2WDと切り替えられるものなどがあります。カーリースを申し込む前に、自身に適したタイプを知っておきましょう。

4WDと2WDの違い

2WD車は前輪もしくは後輪のどちらかだけをエンジンで動かす車です。そのため、エンジンで動かしていない方の車輪は、動いている車輪に引っ張られて動くというしくみになっています。

一方で4WD(四駆)は、前輪と後輪の両方をエンジンで動かすため、雪道や凍結路、悪路でも走りやすく、加速力が高いというメリットがあります。しかし、2WDに比べると燃費が悪いことや、車両価格や維持費が高いといったデメリットもあります。

4WDにはさまざまなタイプがある

4WDと一口にいっても、そのタイプはさまざまです。それぞれの方式の特徴と、代表的なおすすめ車種を確認しましょう。

パートタイム方式

パートタイム方式は、ドライバーが手動で切り替えることで4WDとして走行できるタイプです。スズキ「ジムニー」は、パートタイム方式の4WDの代表的車種といえます。

フルタイム方式

フルタイム方式は、常時4WDになっているタイプです。常に4輪が駆動するため燃費が悪くなりやすいですが、ドライバーによる切り替え操作が不要で、いつでも4WDのパワーを味わえます。代表的な車種として、スバル「フォレスター」が挙げられます。

フルタイムとパートタイムの切り替え式

普段はフルタイム方式として4WDで走り、ドライバーが手動で切り替えることで前輪の駆動を停止して2WDとして走行できるタイプもあります。場面に応じて自由に切り替えることで、低燃費性と走行安定性が両立します。トヨタ「ランドクルーザー」が、切り替え式を採用している4WDとして有名です。

スタンバイ方式

スタンバイ方式の4WDは、通常時は2WDで走行し、駆動輪の滑りを検知したら自動的に4WDへと移行するタイプです。手動で切り替えることなく2WDと4WDの良さを体感できるというメリットがあります。日産「GT-R」は、スタンバイ方式を採用しています。

4WDのメリット・デメリット

4WDにはメリットも多く、さまざまなメーカーの車種が人気を集めています。しかし、メリットがあれば当然デメリットも存在するものです。4WDのメリットとデメリットを事前に理解しておくと、車選びの失敗を避けられます。4WDのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

4WDのメリット

4WDの大きなメリットは、悪路走破性が高いことです。路面がでこぼこしている山道や走りにくい雪道も、力強い走りで突破することができます。アウトドアを好み舗装されていない道を頻繁に走る方や、雪が多く降る地域に住んでいる方には特におすすめです。濡れた坂道でもスリップしにくいため、天候に左右されず安全に運転したい方にも向いています。
また、4WDは加速力が高く、発進や加速がスムーズにできるというメリットもあります。強風にあおられてもハンドルがとられにくく、安定した力強い走りができるのは大きな魅力です。

4WDのデメリット

4WDのデメリットとして挙げられるのが、車体が大きくて重たいことです。それゆえに、車両本体価格はもちろん、自動車重量税をはじめとする税金が高くなる傾向があります。また、4WDは2WDより燃費が悪くなりがちです。購入にも維持にも高い費用を必要とするのは、大きなデメリットといえるでしょう。
4WDは、車両本体価格や維持費の負担が大きいことから、定額制で利用できるカーリースを検討する方も少なくありません。実際にどれくらいの費用負担で4WDに乗れるのか、詳しく見ていきましょう。

4WDのおすすめ車種はカーリースでおトクに乗れる!

カーリースであれば、定額の月額料金で4WDに乗ることができます。しかし、月額料金やカーリースで利用できる車種はリース会社によって異なります。
ここでは、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱うカーリースの定額カルモくん の料金を例に、4WDの人気車種に月々いくらで乗れるのかを見ていきましょう。

スズキ「ジムニー」

ジムニー

軽自動車の本格4WDとして人気のスズキ「ジムニー」は、直線的なボディが特徴的で、コンパクトながら安定した走りを実現しています。ボディの頑丈さや普通自動車に劣らないパワー、車両姿勢を把握しやすい水平基調のインストルメントパネルなど、車全体を通して悪環境で走らせることを想定した作りになっています。

新車購入時の車両価格は148万5,000円から。定額カルモくんなら月額19,700円からジムニーの新車に乗れます。

頭金・ボーナス払い0円でスズキ「ジムニー」に乗る

ジムニー

三菱「デリカD:2」

デリカD:2

三菱「デリカD:2」は、コンパクトハイトワゴンです。コンパクトサイズの車両ながら、車内空間が広々としているのが特徴。荷物が積みやすいだけでなく、車内の移動もスムーズに行えます。すべてのグレードに安全運転をサポートしてくれる先進技術が搭載されているため、安心して運転できるのもうれしいポイントです。

4WDの新車購入時の車両本体価格は223万6,300円から。定額カルモくんなら月額26,410円からデリカD:2の4WDの新車に乗れます。

頭金・ボーナス払い0円で三菱「デリカD:2」に乗る

デリカD:2

日産「セレナ」

セレナ

日産「セレナ」も、おもにファミリーカーとして高い人気を誇るミニバンです。3列すべてが広々としているため、大人数でもゆったりと座れます。また、全方位運転支援システムが標準装備されているので、周囲の車の動きを探知することができ、安全運転を重視したい方も満足できるでしょう。

4WDの新車購入時の車両本体価格は282万4,800円から。定額カルモくんなら月額34,880円からセレナの4WDの新車に乗れます。

頭金・ボーナス払い0円で日産「セレナ」に乗る

セレナ

ホンダ「ステップワゴン」

ステップワゴン

ホンダ「ステップワゴン」は、ミドルサイズのミニバンです。機能的なインテリアと車内空間の広さから、ファミリーカーとしても人気があります。縦のほか、分割して横開きも可能なバックドア「わくわくゲート」が特徴で、アウトドア中に狭いスペースで荷物を出し入れしたいときにも便利です。

4WDの新車購入時の車両本体価格は295万6,800円から。定額カルモくんなら月額35,100円からステップワゴンの4WDの新車に乗れます。

頭金・ボーナス払い0円でホンダ「ステップワゴン」に乗る

ステップワゴン

ホンダ「CR-V」

CR-V

ホンダ「CR-V」は、グレードのラインナップが豊富で個性が豊かなミドルサイズSUVです。急な坂道や雪道も快適に走れる悪路走破性が魅力。さらに、4輪がどのように動いているのかをメーターでリアルタイムに確認できるため、4WDの走行性の高さを実感しながら安心して運転ができます。

4WDの新車購入時の車両本体価格は358万1,600 円から。定額カルモくんなら月額43,350円からCR-Vの4WDの新車に乗れます。

頭金・ボーナス払い0円でホンダ「CR-V」に乗る

CR-V

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

ランドクルーザープラド

4WDの代表車種ともいえる、トヨタ「ランドクルーザー プラド」は4WDのみの展開です。大型で存在感と高級感を兼ね備えた特徴的なデザインには定評があり、悪路を走る能力も非常に高く、乗り心地も快適です。また、5人乗りと7人乗りがあります。

新車購入時の車両価格は366万6,000円から。定額カルモくんなら月額48,190円からランドクルーザー プラドの新車に乗れます。

頭金・ボーナス払い0円でトヨタ「ランドクルーザー プラド」に乗る

ランドクルーザープラド

日産「エルグランド」

エルグランド

日産「エルグランド」は、国産Lサイズミニバン人気の先駆けとなった存在です。背が高いものの低重心を意識した構造になっていて、左右の揺れをあまり気にすることなく運転できます。3列目シートにスライド機能が付き、人が座っている状態でラゲージスペースを拡大できるのもうれしいポイント。荷物が多い大人数のドライブでも活躍します。

4WDの新車購入時の車両本体価格は399万1,900円から。定額カルモくんなら月額48,190円からエルランドの4WDの新車に乗れます。

頭金・ボーナス払い0円で日産「エルグランド」に乗る

エルグランド

トヨタ「ヴェルファイア」

ヴェルファイア

トヨタ「ヴェルファイア」は最上級クラスの大型ミニバンです。クールで高級感のある外観と内装が特徴で、兄弟車のアルファードとともに高い人気を集めています。ボディ剛性が強化されているため、操縦安定性が高く、乗り心地も快適です。

4WDの新車購入時の車両本体価格は449万5,000円から。定額カルモくんなら月額53,470円からヴェルファイアの4WDの新車に乗れます。

頭金・ボーナス払い0円でトヨタ「ヴェルファイア」に乗る

ヴェルファイア

おすすめの4WDにカーリースで乗るメリット

おすすめの4WDにカーリースで乗るメリット

4WDには人気モデルが多く、おすすめ車種がたくさんあります。しかし、費用や乗り換えの手間などの理由で、憧れの4WDになかなか手が出せない方も多いのではないでしょうか。そのようなときは、カーリースで4WDの車に乗るのがおすすめです。カーリースを利用して4WDに乗るメリットをご紹介します。

頭金が不要、定額で利用できる

4WD車を新車で買う場合は数百万円というまとまったお金が必要になりますが、カーリースの場合は頭金などの初期費用が必要ありません。税金や自賠責保険料、サポート料、各種手数料などをすべて含んだ月額定額料金となっているため、費用負担を抑えて自分が好きな4WDの新車に乗ることができます。

気軽に乗り換えができる

カーリースはあらかじめ決めた期間だけ車を借りる方法なので、契約満了時は車両を返却するだけ。乗り換えの手間がかかりません。4WD車は、キャンプやアウトドア、ウインターレジャーなど、趣味での利用に適しているため、一定期間だけ乗ってみたいという方の希望も叶えることができます。

維持費や税金も月額料金に含められる

車両価格だけでなく、維持費や税金も高額になりがちな4WD車ですが、カーリースであれば税金や自賠責保険料、新車登録手数料なども月額料金に含まれているので、家計への負担を軽減することができます。さらに、カーリース会社によっては、車検費用やメンテナンス費用なども定額化することができます。

なお、定額カルモくんでは複数のメンテナンスプランを用意しているため、要望に合った内容のプランを選ぶことができ、無駄がありません。

メンテバナー

カーリースを利用するときの注意点

カーリースは月々の負担を抑えて4WDの新車に乗れる便利な方法ですが、詳しい契約内容を確認しないまま利用してしまうと、負担が大きくなってしまうこともあります。そこで、カーリースを利用するときの2つの注意点をご紹介します。

契約年数が短いと月額料金が高くなる

カーリースは契約年数が長いほど月額料金を抑えられるため、月々の出費を抑えたい方はできるだけ長期で契約を結ぶのがおすすめです。しかし、契約可能な年数やプランはカーリース会社によって異なり、中には最長でも7年程度までしか契約できないカーリース会社もあるので、事前によく確認しておきましょう。

月額料金に含まれる範囲を確認する

カーリースの月額料金には基本的に税金や自賠責保険料などが含まれますが、リース会社によって内容が異なります。そのため、値段だけで比較するのではなく、事前にしっかりと内訳を確認しておきましょう。
また、月額料金にメンテナンス費用が含まれているという場合も、具体的にどのようなメンテナンスが含まれているのか、どこでメンテナンスを受けられるのかなど、細かな点も確認しておくと安心です。実際にメンテナンスを受けるときに、店舗が限られていて利用しにくいなどの問題が発覚することもあるので注意しましょう。

カーリースのメリット・デメリットについて知りたい方はこちら

おすすめの4WDをカーリースするなら定額カルモくんがおすすめ

カルモくん_new

4WDに乗るためにカーリースを利用するなら、「おトクにマイカー 定額カルモくん 」がおすすめです。定額カルモくんは、国産メーカーの全車種、全グレードを取り扱っているため、豊富な車種からお気に入りの4WDを選べます。

また、定額カルモくんは日本一安い*カーリースなので、車両本体価格や維持費が高くなりがちな4WDにも少ない負担で乗ることができます。
ほかにも、定額カルモくんにはさまざまなメリットがあります。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

その場で料金シミュレーションができ、スムーズに車を選べる

定額カルモくんでは国産メーカー全車種の全グレードから自由に選ぶことができる上、車種ページで料金シミュレーションが行えるため、オプションなども含めた詳細な月額料金をその場で確認できます。
車種ごとにページが用意されているので、特徴もチェックしやすく、車選びもスムーズです。

新車購入と同じようにカスタマイズできる

定額カルモくんでは、契約時に正規のオプションを自由に付けられます。また、キャンプなどへ行くときにあると便利なカーナビや、汚れを気にせず車に乗れるフロアマットなども選べて、すべて月額料金に含められています。

ボディカラーやナンバーなども自由に選べるため、カーリースでも新車を購入する場合と同じようにカスタマイズしながら車を選べます

豊富なメンテナンスプランで4WDの維持費もリーズナブル

定額カルモくんでは、複数のプランから自身に合うものを選べるメンテナンスプランを追加できます。リース返却時の原状回復費用や車検基本料、消耗品交換費用などがカバーされるほか、プランによってはメーカー保証と同程度の延長保証が最後まで受けられます。
メンテナンスプランも固定の月額料金制なので、車にかかる維持費を定額にできるのが魅力です。

4WDは2WDよりもメンテナンス費用が高額になりやすく、維持費を都度払いにすると、不定期に大きな出費が発生してしまいます。メンテナンスプランを付けて維持費を定額にすれば、突然大きな費用が発生する心配もなく良好なコンディションを維持しやすくなるでしょう。

審査申込みから納車までがスムーズ

定額カルモくんでは、料金シミュレーションの画面からそのまま審査申込みの手続きに進めるで、手間がかかりません。契約書は郵送で送付し、車は自宅までディーラー担当者が届けてくれるので、納車のために来店する必要もありません。

まずは審査

おすすめの4WDに乗るならカーリースがおトク!

4WDは悪路もスムーズに走ることができる走行性の高い車ですが、車両本体価格や維持費が高いというデメリットもあります。4WDに乗りたいと考えている方は、維持費も含めて購入可能か検討することが大切です。

できるだけ負担を抑えて4WDに乗りたいなら、月額料金で新車に乗れるカーリースがおすすめです。定額カルモくんなら、取扱い車種が豊富な上、メンテナンス費用も定額にできるので、購入するには手が届かないと思っていた車種に、予算内で乗れる可能性もあります。
まずは欲しい4WDの月額料金がいくらになるのか、こちらから確認してみましょう。

料金をチェック

よくある質問

Q1:カーリースで乗れる4WDの種類は?

A:どの4WD車をリースできるのかは、カーリース会社の取扱い車種によって異なります。一部のみ可能ということもあれば、定額カルモくんのように、現在販売中の国産メーカー全車種の中から選択できるリース会社もあります。

Q2:古いモデルの4WDはリースできる?

A:中古車リースを取り扱っているカーリース会社で契約をすれば、すでに生産が終了している4WD車でもリース契約ができる場合があります。「定額カルモくん 中古車」では、リースできる車を公式ホームページ上でリース価格とともにご紹介しています。

Q3: 4WDはカーリースだと月々いくらで乗れるの?

A: 日本一安い*定額カルモくんでは、例えばスズキ「ジムニー」は月額20,000円前後から乗ることができます。月額料金は車種やグレードによって大きく変わるため、気になる車にいくらで乗れるのかは、定額カルモくんのページでチェックしてみましょう。
* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

※記事の内容は2021年7月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー