ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

軽自動車に安い月額料金で乗れるカーリースは?選び方やおすすめの会社を紹介

軽自動車カーリースは安くてお得?最安値カーリースや選び方も紹介

カーリースでは基本的に軽自動車は安く利用できます。しかし利用できるといっても、契約金額はカーリース会社ごとに違うため、どのカーリース会社が最もお得かは慎重に吟味したいところです。

なぜカーリースで軽自動車を安く利用できるのか、またカーリース会社を選ぶ際にどのような点に注意して選べばいいのか、詳しく解説します。

  • カーリースは初期費用なし・頭金なしで月々の負担が軽い
  • 軽自動車に安く乗れるカーリースの中にはボーナス払いや残価精算が必要な場合がある
  • 定額カルモくんは業界最安水準の月額料金で利用できる

カーリースは本当に安いのか?

カーリースは本当に安いのか?

車を購入するよりもカーリースのほうがお得に利用できると聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。
ではなぜカーリースは安いといわれるのか、その理由について詳しく見ていきましょう。

頭金・初期費用なしで車に乗れる

車を購入するときには、車両本体価格以外に初期費用が必要となります。また、資金が足りずローン購入する場合には、頭金も必要になります。しかし、カーリースでは一般的に頭金や初期費用なしで利用することが可能です。そのため、手元に資金がなくても車に乗ることができます。

月額10,000円台から利用できる

月額料金はカーリース会社によって異なりますが、月々10,000円台から利用できるカーリースサービスもあります。月々の費用負担が軽く、毎月の支払額も定額なので、家計管理もしやすくなるでしょう。

またカーリース会社ごとに設定されているメンテナンスプランなどを利用すれば、車検費用や必要なメンテナンス費用も月額料金に含めることができるので、急な出費を心配しなくて済みます。

残価設定で車両本体価格の負担が抑えられる

リース料金の残価設定

カーリースの「残価設定」とは、契約満了時の車の残価(下取り価格)を設定することです。カーリースでは、車両本体価格から設定した残価を引いた金額を基に月額料金を算出します。そのため、購入時よりも車両本体価格の負担が抑えられ、毎月の費用を軽くすることができます

注意!安いカーリースに隠された2つの罠

注意!安いカーリースに隠された2つの罠

カーリースは、まとまった費用がなくても、軽い負担で気軽に新車を利用できるサービスである一方、デメリットもあります。
ここからは、カーリースを利用する際に知っておきたい注意点について解説していきます。

1. 契約満了時に残価精算が必要になることがある

カーリースの残価設定には、オープンエンド方式とクローズドエンド方式という2つの方法があります。

オープンエンド方式は、想定される残価が契約者にも開示される方法です。契約満了時には、改めて車の査定を行い、契約時の想定残価と返却する車の実際の残価の差額を計算して、残価精算を行います。実際の残価が想定残価を上回っていれば差額は返金されますが、実際の残価が想定残価より低い場合は、差額を支払わなければなりません。

一方、クローズドエンド方式では、契約時に設定した残価も、返却時の実際の残価も契約者には開示されません。契約者は残価を知ることはできませんが、契約満了時に残価精算を行わないため、差額を支払う必要がありません。最後まで安心して車を利用したい方には、クローズドエンド方式がおすすめです。

2. ボーナス払いを前提としていることがある

カーリースには、月額料金10,000円未満で利用できる格安なものもあります。しかしこのような場合は、月額料金のほか、年2回のボーナス払いが必要であったり、月額料金に自賠責保険料が含まれていなかったりするケースが多く見られます。

そのため、月額料金が安かったとしても、ボーナス払い月は通常月よりも負担が大きく、毎月定額というカーリースのメリットを感じにくくなるでしょう。また、月額料金以外に支払う費用がある場合には、結果的に支払総額が高くなるケースもあります。

軽自動車を安く利用できるカーリースを選ぶコツ

ここまでカーリースの注意点について解説しましたが、カーリースで軽自動車を安く利用したい場合にはどのように選ぶのがいいのでしょうか。3つのコツを解説します。

クローズドエンド方式を採用しているか

カーリースを利用する際に注意したいのは、クローズドエンド方式を採用しているかです。車両返却時に余分なお金がかからないクローズドエンド方式であれば、契約時から契約満了時まで安心して車を利用できます。

月額料金だけを見れば、オープンエンド方式のほうが安く抑えられるケースもありますが、残価を高く設定しているため、最終的に高額な差額を請求されるリスクもあります。

契約年数は柔軟か

カーリースは原則、中途解約ができません。契約期間中にやむを得ず解約する場合でも違約金が発生します。その理由は、カーリースでは契約期間を定めて車を利用することを前提として月額料金を設定しているためです。

そのためカーリースを契約する際は、途中で解約しないで済むように契約することが重要です。例えば、1年単位で契約できるカーリースを選ぶなど、契約期間を柔軟に調整できるようにしておくことで中途解約のリスクも少なくできるでしょう。

オプションプランは充実しているか

カーリースを長期間にわたって利用するのであれば、オプションプランが充実しているかどうかも大事な指標です。

カーリース会社の用意しているオプションには、車の維持費を月額料金に含めることのできるメンテナンスプランがあります。車にかかる費用を丸ごと定額にできるので、急な出費を抑えられ、維持費の管理もしやすくなるでしょう。

また、本来は契約満了時に車の返却が必要ですが、車がもらえるオプションのあるカーリースもあります。愛着のわいた車にそのまま乗り続けることができるため、新たに車を購入するよりも手軽に乗れるでしょう。

安い月額費用で利用できるおすすめカーリース会社3選!

安い月額費用で利用できるおすすめカーリース会社3選!

軽自動車を利用できるカーリース会社は数多くありますが、その中でも月額費用を抑えつつ軽自動車が利用でき、オプションも充実しているおすすめのカーリース会社を3つ紹介します。

定額カルモくん

1つ目に紹介するのは「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。定額カルモくんは業界最安水準の月額料金で新車に乗れるカーリースで、ボーナス払いもなく最初から最後までずっと同じ月額料金で利用できます。またクローズドエンド方式を採用しているため、契約満了時も追加精算が必要ありません。

また、取り扱っている車種は、国産の全メーカー・全車種なので、自分の求める軽自動車も簡単に見つけられます。さらに、定額カルモくんはオプションプランも充実しており、メンテナンスプランや「もらえるオプション」など、長く利用する上で役立つオプションが多くあります。

オリックス カーリース・オンライン

「オリックス カーリース・オンライン」は、「11年」「9年」「7年」「5年」の4種類の契約プランがあります。軽自動車はもちろん、ほかにも豊富な国産メーカーをそろえています。

またオリックス カーリース・オンラインでは、契約期間中でも一定の期間が経過すれば、ほかの車への乗換えや返却が自由にできます。ほかにもオイル交換無料クーポンや、車検費用無料クーポンなどが取り揃えられており、車にかかる維持費を安くすることができます。

コスモMyカーリース

「コスモMyカーリース」は「コスモ石油」が運営するカーリースです。コスモ石油でガソリンを給油した際に割引きが適用されるなど、独自のサービスを展開しています。

また、カーリースには珍しく頭金やボーナス払いを併用することもでき、ボーナス月以外の月額料金をなるべく抑えたい方にはおすすめです。個人利用以外にも、法人専用や介護車専用プランなど豊富にそろっているのが特徴です。

月額10,000円台から軽自動車に乗れるカーリースは?

カルモくん_new

定額カルモくんは、業界最安水準の月額料金で新車に乗れるカーリースです。軽自動車のダイハツ「ミライース」であれば、11,220円から利用できます
そのほかの定額カルモくんの魅力について、ここで詳しく解説していきます。

初期費用もボーナス払いもなし

定額カルモくんは初期費用もボーナス払いもなく、手元に資金がなくても安心して利用できます。月額料金の安いカーリースの中には、頭金やボーナス払いを前提としているカーリースが多くあり、契約開始時やボーナス月にはある程度の資金が必要です。

その点、定額カルモくんなら最初から最後まで同じ月額料金で利用できるので、まとまった資金を用意するのが難しい方におすすめのカーリースといえます。

契約期間が1年単位で最長11年まで選べる

定額カルモくんは最長11年のスパンで契約することができます。カーリースは契約期間を延ばせば延ばすほど月額料金は安くなるため、11年の長期で借りることができれば、月々の費用も抑えやすくなるでしょう。

一方、1年のみの契約もできるため、ライフスタイルに合わせて契約期間を調整することが可能です。契約年数を細かく区切ることができるので、中途解約のリスクも減らすことができます

もらえるオプションで原状回復もなし

カーリースでは、契約満了時に車を返却しなければなりませんが、定額カルモくんであれば月額500円の「もらえるオプション*」を利用してそのまま同じ車に乗り続けることも可能です。返却が不要なので、返却時に支払う原状回復費用を気にせず、車に乗ることができます。さらに、もらえるオプションに入れば車をカスタマイズすることも可能なので、マイカーのように自分好みの車にアレンジして楽しむこともできるでしょう。

*7年以上の契約が必要

定額カルモくんで利用できる10,000円台の軽自動車5選

定額カルモくんで利用できるおすすめの軽自動車を紹介します。どれも10,000円台で利用できる車種なので、参考にしてください。

ダイハツ「ミライース」

ダイハツ「ミライース」は小回りの利く車で、街なかで非常に使いやすい車です。燃費も、2WD車が35.2km/L、4WD車が32.2km/Lと、軽自動車トップクラスを誇ります。スマートアシストを搭載しているため事故の不安も軽減されています。走行性能だけを見てしまうとほかの軽自動車に劣るかもしれませんが、普段使いの軽自動車の中では群を抜いて安定している車でしょう。

10017_ミライース

トヨタ「ピクシスエポック」

トヨタ「ピクシスエポック」は小回りの良さが特徴で、トヨタが取り扱っている軽自動車の中では最も安いものになります。走行性能も高く、燃費は35.2km/Lと計測されています。スマートアシストIIIも搭載されているため、快適かつ安全に車を走らせたい方にはおすすめできる軽自動車です。

ピクシスエポック

スズキ「アルト」

スズキ「アルト」は軽自動車の中でも特にシンプルな作りを追求した車種です。現行モデルはかなり軽量化を目指して作られており、「HEARTECT(ハーテクト)」と呼ばれる高い剛性と軽量化を持つプラットフォームを採用しています。

本体が軽量化されたことにより、燃費性能やサスペンションも改善されており、快適な乗り心地を体験できます。

アルト

マツダ「キャロル」

マツダ「キャロル」は燃費性能が高く、街なかでも取り回ししやすい軽自動車です。運転に不安を感じる方や、買い物などの日常的な移動として利用する方におすすめの車といえます。外観は平面的ですが、角に丸みをもたせることで、かっこよさとかわいらしさを共存させた中性的なデザインが特徴です。

キャロル

スバル「プレオプラス」

スバル「プレオプラス」は、コンパクトなボディでありながら全高が高く、圧迫感のない室内空間を実現しています。フロントシートもヒップポイントを下げる工夫により、良好な視界を確保しているため安全運転をしやすいのも特徴です。

インテリアカラーはブラックを採用しており、シックな印象を受けます。先進安全技術「スマートアシストIII」を搭載しているので、車の運転に慣れてない方や高齢の方でも安心して運転できます。

プレオプラス

オプション付きでも安く軽自動車に乗れるカーリース会社を探そう

なるべく安い費用で軽自動車に乗れるカーリースを探すなら、月額料金を基準に選ぶのがいいでしょう。ただし、ボーナス払いや頭金が必須なカーリースもあるので注意が必要です。

定額カルモくんであれば、初期費用なし・ボーナス払いなしで新車に乗ることができ、業界最安水準の月額料金で新車に乗ることができます。車検費用をカバーするメンテナンスプランをつけても月額料金10,000円台から乗れ、選べる車種も豊富にあるので気になる車にいくらで乗れるか、調べてみてください。

月1万円台の車を探す

よくある質問

Q1:カーリースは本当に安いの?

A:カーリースには残価設定があり、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引いて月額料金を算出します。そのため、車を購入するよりも車両本体価格の費用負担を抑えることができます。
また、初期費用なし・頭金なしで利用できるため、手元の資金が少ない方でも新車を利用できるのが大きなメリットです。

Q2:お得なカーリースを選ぶコツは?

A:月額費用の安さだけではなく、月額料金に含まれる費用やそのほかのオプションプランなども確認して総合的に見ることが重要です。中にはボーナス払いが前提となっていて、月額料金は安いものの、ボーナス月の大きな出費に悩まされるケースも少なくありません。

Q3:軽自動車を最も安く利用できるカーリースは?

A:業界最安水準の月額料金で利用できる「定額カルモくん」がおすすめです。車種も国産全メーカー・全グレードを取り揃えているため、自分の好みの軽自動車を選ぶことができるでしょう。

※この記事は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード