ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

個人で1年だけ乗れるカーリースはある?中古車購入との費用やメリットを比較

1年だけ利用できるカーリースはある?個人リースできるおすすめ3社を紹介

個人がカーリースで1年だけ車を利用したい場合、選べるカーリースは限られます。ほとんどのカーリースが3年や6年などと固定されていますが、その理由はあるのでしょうか。なぜカーリースの契約期間は決まっているのか、1年だけ利用できるカーリースはあるのか、などについて詳しく解説していきます。

  • 1年だけ利用できるカーリースはある
  • 1年だけ車を利用するなら購入よりカーリースがおすすめ
  • 定額カルモくんなら1年単位で契約可能

1年だけ利用できる個人向けカーリースはある?

1年だけ利用できる個人向けカーリースはある?

カーリースは車の購入と違い、契約年数を自分で選ぶことができますが、1年単位など短期的なものではなく、中長期的な利用を前提としている場合がほとんどです。1年だけ利用できるカーリースはあるのでしょうか。

カーリースの契約年数は3年からが多い

多くのカーリース会社で、契約年数は3年以上と設定していますが、その理由は大きく2つあります。

●モデルチェンジの周期に合わせるため
車のモデルチェンジはマイナーチェンジも合わせると、平均して2~6年周期で行われています。そのため3年契約にすることで、モデルチェンジに合わせ常に最新の車に乗れるようになります。

●初回の車検が新車登録から3年目にあるから
新車の場合、初回車検は3年目に受けることになるため、3年契約であれば車検を受ける必要がありません。そのため維持費を抑えることができます。

カーリース会社によっては1年のみの利用も可能

カーリース会社のほとんどが3年以上の契約を前提にしている一方、1年単位で契約できるカーリースもあります。例えばカーリースの「定額カルモくん」では1~11年のあいだで、1年単位で利用年数を選ぶことができます。

1年未満なら短期カーリースを利用する手も

カーリースを1年未満で利用したい場合は、短期カーリースという手段もあります。短期カーリースは中古車を使うのが一般的なので、契約から数日~数週間で納車されることも多く、目当ての車にすぐに乗ることができます

ただし、新車に乗りたい場合や、1年以上利用する可能性があるなら、1年単位で選べて新車に乗れる定額カルモくんを検討するのがおすすめです。

1年だけ車に乗るなら購入とカーリースどちらがお得?

1年だけ車に乗るなら購入とカーリースどちらがお得?

車に1年だけ乗りたいという場合、カーリース以外に中古車を購入するという方法もあります。どちらのほうがお得に乗れるのか、料金を比較してみましょう。

カーリース(定額カルモくん)

まず定額カルモくんで、ホンダ「N BOX」のグレードGを1年間契約した場合の利用料を見てみましょう。

〈N BOXを1年間リースで利用した場合の費用〉

1年間で支払う月額料金の合計*¹
(75,020円×12)
900,240円
ガソリン代*²約60,000円
任意保険料*³約38,000円~120,000円
年間合計金額約99万8,240円~108万0,240円

*¹ 2022年2月23日時点の料金
*² 走行距離8,000km、ガソリン単価160円、燃費21.2で計算
*³ 20代から40代の平均であり、あくまでも目安

月額費用は75,020円、年間維持費は約99万8,240円~108万0,240円となりました。ガソリン代や任意保険料は概算ですので、実際は変わってくると思いますが、ざっと100万円はかかる計算です。

中古車購入+売却

続いて中古車を購入して、1年後に売却した場合について見てみましょう。

(1)中古車の車両本体価格約120~140万円
(2)軽自動車税(種別割)10,800円
(3)自賠責保険料19,730円
(4)自動車重量税6,600円
(5)ガソリン代約60,000円
(6)任意保険料約38,000円~120,000円
⑦1年後の売却価格約50万 ~70万円
年間合計金額【(①~⑥)-⑦】約63万2,230円~約111万4,230円

 

中古車の車両本体価格は、年式や走行距離によって大きく変わりますが、ここでは120~140万円を想定しています。また、ガソリン代、任意保険料はカーリースと同程度の費用で計算しています。1年後の売却価格は年式や走行距離によって差がありますが、おおよそ4~5割程度が目安です。

購入する場合、カーリースとは違い自賠責保険料や各種税金の支払いが必要となります。

かかった合計金額を見ると、カーリースよりも年間の費用を抑えられるケースもあります。しかし、中古車を購入する場合は車両本体価格をあらかじめ用意しなくてはならず、またローンを組んだ場合には金利が発生するため、さらに費用がかかります。また、売却時の中古車の状態が悪い場合は、ほとんど値段がつかないこともあるでしょう。

さらに、昨今の半導体不足の影響により、新車が納車されるまでの期間が長くなったことから、中古車への需要も高まり、価格も上がっている傾向にあります。

個人で新車カーリースを1年間利用するメリット・デメリット

個人で新車カーリースを1年間利用するメリット・デメリット

カーリースを個人で利用する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここでは新車カーリースを利用するメリット・デメリットについて詳しく解説します。

メリット:初期費用なしで新車に乗れる

新車カーリースの大きなメリットは、初期費用なしで新車に乗れることです。車を購入する場合、車両本体価格のほか、税金や自賠責保険料などまとまった資金が必要となります。一方、カーリースであれば最初の月から月額料金のみで利用可能。また車にかかる費用をフラットにできるので、金銭面の管理がしやすく、収支計算が簡単になります

メリット:新車が出る度にすぐに乗り換えられる

新車が出る度に乗換えしたいと考えている方も、毎回購入手続きと売却交渉を行うのは手間がかかります。しかし新車のカーリースであれば、購入時のように店舗に足を運ぶ必要はなく、ネットと郵送のみで乗換え可能です。

また、カーリースの契約満了時は、車を返却するだけで、カーリース会社が手続きをリードしてくれます。カーリースであれば、1年ごとに車を乗り換えるのも、手間なく行えます。

デメリット:1年契約だと費用が高くなる

新車カーリースを1年間利用するデメリットは、月額料金が割高になってしまうことです。一般的に、カーリースは契約期間が長いほど月額料金を抑えることができるため、1年のみの短期契約の場合は、少し料金が高く設定されています

中古車カーリースを1年間利用するメリット・デメリット

カーリースの契約期間が1年のみなど短期契約の場合は、中古車を対象としているケースが多く見られます。中古車カーリースを1年間利用するメリット・デメリットについても見てみましょう。

メリット:月額料金が抑えられる

中古車リースの場合、車両本体価格が新車よりも安くなるため、月額料金を抑えることができます。まず次の新車を購入する費用を貯めやすいのがメリットです。そのため貯金に回す余裕もでき、次の車を買うまでのつなぎとして利用する方も多いのです。

メリット:納車が早い

中古車カーリースは、新車と違い在庫の中から車を選ぶため、納車が早いのがメリットです。カーリース会社によって納車までの期間は異なりますが、3週間~1ヵ月程度で納車され、最短4日で納車してもらえるケースもあります。車種は少々限定されてしまいますが、なるべく早く車を利用したい場合に便利でしょう。

デメリット:新車に比べ維持費がかかる

一方、中古車カーリースは、利用する車の状態にばらつきがある点には注意が必要です。特に、走行距離の長い車や年式の古い車は、新車と比べて故障のリスクも高くなります。そのため、メンテナンスに費用がかかったり、故障した際の修理費などがかかったりと、車の維持費も高くなる場合があります

個人で1年だけカーリースを利用する場合の最適な方法は?

カルモくん_new

カーリースは、契約期間を1年単位で選ぶことができ、短期間だけ車を利用したい方に便利な手段です。しかし、新車カーリースだと月額料金が高く、中古車リースだと選べる車種が限定され、故障のリスクを考える必要があります。

その点、定額カルモであれば、軽い費用負担で新車に乗ることができます。おすすめの理由について、詳しく見ていきましょう。

1~11年から1年単位で契約可能

一般的に、長期のカーリースでは契約期間を3年以上としていますが、定額カルモくんでは、1年単位で1~11年まで契約期間を選ぶことができます。初めは1年しか利用しないつもりだったとしても、その後も乗り続けたいと思った場合に、同じ車を再リースすることもできます

また、契約期間が自由に選べるので、家族構成や環境が変わった場合でもライフスタイルに合わせて柔軟に対応することが可能です。

最短納車は新車で3週間・中古車で4日

新車のカーリースでは、契約から納車までの期間が1~3ヵ月程度が一般的ですが、定額カルモくんでは新車であれば最短3週間、中古車であれば最短4日で納車が可能です。そのため、車がすぐに必要な場合でも、スムーズに乗ることができます。

また、中古車の場合でも、用意される車は高年式・低走行距離の状態の良い車なので、故障リスクも少なく安心して乗り始めることができるでしょう。

*契約時期により多少前後する可能性があります

月額料金の負担が軽く、国内メーカー全車種から選べる

定額カルモくんの月額料金は業界最安水準となっているため、新車のカーリースであっても月々の費用負担を抑えることができます。また、選べる車も国内メーカー全車種・全グレードを対象にしているため、新車を買うときと同じ感覚で車選びが楽しめるでしょう。

料金を抑えながらも、好きな新車に乗りたい、と考えている方なら定額カルモくんがおすすめです。

個人でも1年だけカーリースを利用できる!

個人でカーリースを1年契約する場合、契約期間が選べ、納車までの期間が短い一方、長期のカーリースよりも料金が高くなる傾向があります。また、利用できる車が中古車を対象としている場合がほとんどです。

定額カルモくんであれば、業界最安水準の月額料金で利用でき、国産の全メーカー・全車種から選べます。また、1年単位で契約できるため、1年だけ利用できるほか、継続して車に乗りたい場合も再リースが可能です。納車も新車で3週間、中古車で4日と早いので、急に車が必要になった際でも安心です。もし1年だけ使うことになった場合は、ぜひ利用を検討してみてください。

*契約時期により多少前後する可能性があります

よくある質問

Q1:個人で利用するカーリースは1年契約できるの?

A:契約期間はカーリース会社によって異なり、3年以上としているケースがほとんどですが、中には1年契約できる短期カーリースもあります。その場合、中古車カーリースとなる場合がほとんどです。

Q2:1年間車を利用するとしておすすめの方法は?

A:1年間車を利用するには、中古車を購入後に売却する方法やカーリースがあります。中古車購入後に売却するほうが、費用を抑えられる場合もありますが、初期費用が必要な上、中古車の購入金額が高く、また売却時にほとんど値段がつかないことも考えられます。その点、カーリースは頭金などの初期費用なしで車に乗ることができます。

Q3:個人で1年だけカーリースを利用するなら?

A:カーリースを1年だけ利用する場合、選べる車は中古車を対象とするカーリース会社がほとんどです。その点、定額カルモくんなら1年契約でも新車が選べる上、月額料金も業界最安水準と軽い負担で利用することができます。

※この記事は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー