ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースで後悔しないためには?よくある失敗例や上手な利用方法を紹介

カーリースで後悔しないために!知っておきたいことや契約前に考えるべきこととは?

車の新しい持ち方として人気のカーリースですが、契約内容やリース会社による違いを十分にチェックしないまま契約してしまうと、想定外の出費が発生して後悔してしまうこともあります。

そこで、カーリースのしくみやどのような方に適したサービスなのかを紹介し、9つの後悔事例とともにカーリースで後悔しないために知っておきたいポイントをわかりやすく解説します。

カーリースで後悔しないためのチェックポイントを先に知りたい方はこちら

  • よく調べずにカーリースを契約すると利用上の制約などで後悔することがある
  • 後悔しないためには、契約方式、原状回復費用、走行距離制限などに注意
  • しっかりしたサービス設計のカーリースなら後悔しない&メリット豊富

カーリースは後悔するって本当?

カーリースは後悔するって本当?

カーリースとは、リース会社が所有する車を定額制で長期的に借りられるサービスのことです。月額料金には各種税金や自賠責保険料など車の取得や維持に必要なさまざまな費用が含まれているので、初期費用なしでも車に乗り始められるなどのメリットがあります。

一方で、カーリースは返却を前提としていたり利用に制限があったりと、独自のしくみやルールがあるため、契約後に後悔することもあるようです。しかし、リース会社によって契約内容は異なるため、しっかりとしくみを理解して利用すれば、後悔することなく上手に利用できるでしょう。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

カーリースを契約するときは、月額料金の安さや知名度だけでサービスを選ばないことも大切です。契約方式や利用制限など、気をつけるべきポイントを押さえておけば、契約後に知らずに後悔することはないでしょう。

カーリースを利用する目的や車の用途などを明確にした上で、複数のサービスを比較して自分に合ったサービスを選ぶのがおすすめです。

カーリースで後悔した10の事例

カーリースで後悔した10の事例

実際にカーリースを利用して、どういったところで後悔してしまうのでしょうか。カーリースで後悔した事例について、詳しく見ていきましょう。

後悔事例をカバーしながらお得に利用できるカーリースが知りたい方はこちら

後悔事例1. 車が手元に残らない

後悔事例1. 車が手元に残らない

カーリースは長期的に車を借りるリース契約なので、契約が満了すると返却しなくてはいけません。そのため、車を返却したら不便になったという例や、愛着のわいた車を手放さなければならず後悔したというケースがあります。

後悔事例2. 運転に神経を使う

後悔事例2. 運転に神経を使う

基本的にカーリースでは、借りた車の返却時には、原状回復といって借りたときの状態に戻すことが求められます。通常の使用でついた細かな傷はその対象になりませんが、大きな傷、へこみ、内装の目立つ汚れやにおいがある場合、利用者が修理費用やクリーニング費用を負担することになります。

そのため、車に傷をつけないように、汚さないように、と運転に気を使ったり、プレッシャーを感じたりして、車を快適に利用できずに後悔した、という事例があります。

後悔事例3. ボーナス払いがあった

後悔事例3. ボーナス払いがあった

料金が安くて安心していたら、ボーナス払いがあって慌てた、後悔した、という声があります。月額料金が安いのは確かに魅力的ですが、ボーナス払いの有無をしっかり確認し、どちらの支払い方法が自分に合っているのか、総額としてどちらがお得なのか、を比べてから契約すると、このような後悔は防げます。

なお、新車のダイハツ「ミライース」を、車がもらえるプランで9年契約した場合、大手3社を比較するとこのようになります。

〈大手3社の料金比較〉

 月額料金ボーナス月1年間の総額
A社5,500円56,760円×2回17万9,520円
B社8,360円44,000円×2回18万8,320円
C社13,040円なし15万6,480円

*2022年4月時点の情報

A社とB社は月額料金が安いですが、ボーナス月には月額料金に加えて40,000~50,000円を支払う必要があります。また、1年間の支払総額で比べると、ボーナス払いなしのカーリースのほうが安いことがわかります。

このように、本当にお得なカーリースを選ぶためには、同条件でしっかり比較検討することが大切です。

ボーナス払いなしで月々10,000円代から新車に乗れるカーリースはこちら

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

月々10,000円未満など、月額料金が安すぎるときはボーナス払いの有無を確認しておきましょう。ほかにも、中古車を対象としていたり、ベースグレードしか選べなかったりと、選択肢が少ないこともあります。月額料金以外にどのような費用が別途必要になるのかも聞いておくと安心です。

後悔事例4. 契約満了時の残価精算で高額な支払いが発生した

後悔事例4. 契約満了時の残価精算で高額な支払いが発生した

契約満了になって車を返却したら、残価精算で高額な支払いを求められて、カーリースの利用を後悔した、という事例があります。ただし、こうした事態が起こるのは「オープンエンド方式」というリース契約の場合に限られます。

オープンエンド方式とは、設定した残価を公開して(オープンにして)リース契約を結ぶ方式で、残価を高く設定して月額料金を安くする、ということが可能です。

しかし、設定残価が高いので車を返却した際の査定額との差額が大きくなるケースがあり、この差額は利用者の負担となります。これが、カーリースの残価精算で後悔してしまう理由でしょう。

一方で、「クローズドエンド方式」のカーリースなら、こうした事態にはなりません。クローズドエンド方式では、残価を公開しない代わりに、返却時に残価精算の支払いを利用者に求めません。そのため、利用者は残価精算の心配なくカーリースを利用できるのです。

カーリースを利用する際には「クローズドエンド」や「残価精算なし」をうたうリースサービスを選ぶことをおすすめします。

後悔事例5. 月額料金が高かった

同じ車種を契約した場合でも、リース会社によって月額料金は異なります。これは、月額料金に含まれる費用に違いがあることもひとつの理由となっています。

月額料金には、各種税金や自賠責保険料が含まれていることが多いですが、中には任意保険料やメンテナンス費用が含まれているケースもあります。含まれる費用が多いほど、月額料金は高くなる傾向があるので、どのような費用が含まれているかを事前に確認しておきましょう。

また、任意保険は自身で補償を選んで別途加入したり、定額化したいメンテナンス費用だけをオプションで追加したり、無駄がないようにカスタマイズできるカーリースを選ぶのもおすすめです。

後悔事例6. 事故で多額の費用がかかった

カーリース利用中に事故を起こして、多額の費用がかかってしまい後悔した、という感想もあるようです。リース車の修理費用は基本的に利用者負担になるので、車の損傷が大きいほどかかる費用も大きくなります。

しかし、こうした事態には車両保険のついた任意保険に加入しておくことで備えられます。また、車の不具合や故障が事故につながることもあるので、日頃からきちんとメンテナンスしておくことが大切です。

後悔事例7. 中途解約できない

後悔事例7. 中途解約できない

何らかの事情で車に乗れなくなったが、リース料の支払いは契約満了まで続いて、後悔した、損をした気持ちになった、というケースがあるようです。

基本的にカーリースでは、契約途中での解約ができません。なぜなら、カーリースの料金は、契約した期間にわたって支払うことを前提に算出されているからです。ただし、利用者の病気や海外転勤など、事情によっては中途解約が認められるケースがあります。

なお、中途解約が認められた場合には、利用者は違約金(解約金)を支払う必要があります。違約金として、残りのリース料の一括払いを求められるのが一般的です。どのような場合に中途解約が認められるのか、違約金の精算方法についてはリース会社ごとに異なります。

これはカーリースに限ったことではなく、カーローンの返済をしている場合も同じです。カーローンの場合でも、返済を続けるか、違約金を支払って解約するか、という選択肢になります。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

カーリースの違約金の内容は契約によって異なります。残りの期間分の月額料金だけでなく、契約時に設定した残価がかかるケースもあるので、契約前にしっかり確認しましょう。

後悔事例8. 走行距離に制限があった

後悔事例8. 走行距離に制限があった

走行距離制限を超えてしまっていたために契約満了時に追加料金を請求されて後悔した、もしくは走行距離制限が気になって気楽に車を使えず後悔したというケースがあります。

カーリースでは車の価値を担保するために走行距離に上限が設けられているのが一般的で、多くは月間1,500km前後となっています。

月間1,500kmがどの程度の数字かというと、日常的な買い物や平均的な距離の通勤に使用するならば、まず超えない範囲といえます。実際に一般社団法人日本自動車工業会が行った「2021年度乗用車市場動向調査」によると、マイカーユーザーの月間走行距離の平均は370kmで、全体の96%が1,200km以内でした。

また、月間1,500kmなどと定められていても、年間にならして計算されるので、制限を超えた月がときどきあっても実際は問題になりません。しかし、気にしながら乗りたくない、頻繁に長距離運転をするという方は、走行距離制限なしのリースサービスやプランを選ぶと安心です。

7年以上で契約するだけで走行距離が無制限になるカーリースはこちら

後悔事例9. カスタマイズができない

車を返却するのであれば、原状回復をしないといけないので、取り付けたカスタムパーツやドレスアップパーツは契約者がその費用を負担して取り外す必要があります。そのことをリース契約後に知って、後悔したという声があるようです。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

契約時にメーカーオプションをつけられるカーリースもあります。そういったカスタマイズなら、原状回復は必要ないので手間もかからないのではないでしょうか。また、カーナビやETC、バックカメラなど日常的に必要になる機能は最初からつけておくのがおすすめです。

後悔事例10. 車の状態が悪い

後悔事例10. 車の状態が悪い

カーリース契約をしたものの、「見た目がボロボロ」「ルームライトがつかない」「スマートキーを感知しない」など、古い車や状態の悪い車が納車されて後悔したというケースがあるようです。こうした例は、新車リースではまず考えられませんが、中古車リースでは起こる可能性があります。

リース会社を選ぶ際は、月額料金の安さだけで決めるのではなく、どのような車が利用できるのかをしっかり確認しておくことが大切です。さらに、年式や走行距離に注意して選んだつもりでも、乗り始めてから不具合や故障が起きるリスクも考えられます。

そのため、きちんと整備した車を提供していて保証やアフターケアがついている信頼できるリース会社を選ぶことが大切です。

全車に故障保証がついた安心の大手中古車リースはこちら

これらのポイントをカバーできるカーリースはこちら

カーリースで後悔しないためにはどうすればいい?

カーリースで後悔しないためにはどうすればいい?

後悔を避けるためには、リース契約を結ぶ前にしっかり比較検討しておくことが大切です。トラブルにつながりやすい契約内容や注意点など、リース契約で後悔しないために押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

1. 契約方式を確認する

先述のように、カーリース契約には「オープンエンド」と「クローズドエンド」2つの方式があります。

オープンエンド方式の場合、月額料金が安い傾向がありますが、契約満了時に残価精算があります。返却時の車の価値が残価を下回った場合、利用者には差額の支払いが求められ、このことがトラブルにつながりやすいといえます。

一方、クローズドエンド方式の場合、残価精算による支払いが発生しません。契約満了時に予想外の出費を強いられるリスクがないクローズドエンド方式をおすすめします。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

契約方式をホームページなどに明記していないケースも多いため、判断がつかないこともあるでしょう。契約後に後悔しないためにも、契約時にあらかじめ、オープンエンド方式とクローズドエンド方式のどちらなのかを確認しておくと安心です。

2. 原状回復や走行距離制限について確認する

リースは本来、返却を前提としているサービスなので、走行距離や返却時には元に戻すなどの利用上の制約があります。しかし、自分にとって十分な走行距離が設定されている、もしくは走行距離制限がないリースサービスなら、心配ありません。

また、原状回復費用についても、それをカバーするプランがあったり、契約満了時に車をもらえたりするなら、安心して利用できるでしょう。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

原状回復義務についても、リース会社によって決まりはさまざまです。修理をした上で返却する場合もあれば、費用を請求されるケースもあるので、契約時に確認しておきましょう。また、軽微な傷でも原状回復費用がかかるのかなど、傷やへこみの大きさも確認しておくと安心です。

原状回復費用補償・車がもらえるプランがあるカーリースはこちら

3. ライフプランに合った契約年数にする

カーリース契約は基本的に中途解約ができないので、ライフプランに合った契約年数を設定することが大切です。子供の成長や生活環境の変化などを考えて、必要な年数を設定しましょう。そのためには、契約年数を1年単位など細かく設定できるカーリースがおすすめです。

契約期間を1年単位で選べる業界最安水準のカーリースはこちら

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

カーリースには車検に合わせた期間でプランを用意しているケースが多くありますが、契約期間によって月額料金が変わるので、契約期間が細かく設定されているほうが予算に合わせて契約しやすいでしょう。また、必要な期間を基に契約することで、中途解約のリスク軽減にもつながるのではないでしょうか。

契約満了時の選択肢を確認する

カーリースの契約満了時の選択肢には、返却や再リース、買取りなどがありますが、これらの選択肢に加えて、契約満了時に車をもらえるリース会社も増えています

車がもらえるカーリースであれば、車検に通る範囲でカスタマイズやドレスアップなどを楽しめたり、原状回復や走行距離制限などの心配がなくなったりと、カーリースの後悔ポイントをカバーすることができます。そのため、契約満了時の選択肢もあらかじめ確認しておきましょう。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

リース車を利用する際に過剰に気を使う必要がなくなるので、ファミリーカーとしてカーリースを使いたい方にも、もらえるサービスがおすすめです。また、買取りで車をもらうことも可能ですが、まとまった費用がかかる可能性があるので、無理のない料金で車がもらえるカーリースを選びましょう。

車がもらえるリースサービスはこちら

4.任意保険料も含めて検討する

カーリースを利用する場合も任意保険(自動車保険)へ加入すべきといえます。そのためには、任意保険料が足されても毎月無理なく支払っていける手頃な料金のリースサービスを選ぶのがおすすめです。

まれに任意保険が月額料金にあらかじめ含まれているサービスもありますが、保険の内容や補償の範囲を自分に合ったものにしたい、無駄なく選びたい、という方は、自身で好きな任意保険に加入できるリース会社を利用するといいでしょう。

また、任意保険に加入する際は、原状回復費用や車本体を補償してくれる車両保険だけでなく、中途解約の違約金がカバーできる特約がある任意保険に加入すると安心でしょう。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

任意保険にはカーリースに特化した保険も多く、提携の保険会社を紹介してくれるリース会社もあります。また、違約金や原状回復費用など、カーリースを安心して利用するために必要な補償内容などについて相談したい方は、サポートが充実したリース会社を選んでおくのがおすすめです。

実際にこれらのポイントを押さえて後悔することなく利用できるリース会社はどこなのでしょうか。次項では、おすすめのリースサービスについてご紹介します。

後悔なく利用できるおすすめカーリースは?

セールススタッフ

後悔しない・失敗しないためのポイントを網羅したおすすめのリースサービスとして「定額カルモくん」をご紹介します。定額カルモくんは、残価精算なしのクローズドエンド方式でボーナス払いもありません。

料金は業界最安水準である上に、カーリースのデメリットから利用者を守るサービスが充実しています。実際に、専門家が「コストパフォーマンスが高い」「納得価格」「サポートが充実している」と思うカーリースとして3つの部門で1位を獲得*しています。

専門家が選ぶカーリース_3冠

* 調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

頭金・ボーナス払い・残価精算すべてなし

定額カルモくんはクローズドエンド方式のカーリースなので、契約満了時の残価精算はありません。また、月々10,000円台からという安さですが、頭金やボーナス払いもありません。

そのため、月額料金以外にまとまった費用が請求されることなく、安心して利用できます。各種税金や自賠責保険料、各種手数料など、車の取得や維持にかかる最低限の費用が含まれているので、別途用意する必要がありません。

車検込み・原状回復費用補償がついたメンテナンスプラン

メンテナンスプラン

車を維持する上で、車検や消耗品の交換などのメンテナンスは欠かせません。また、故障を防ぐためにも、こまめなメンテナンスは必要不可欠です。しかし、そういった費用は不定期にかかることが多く、家計の負担にもつながります。

そのため、定額カルモくんにはそれらのメンテナンス費用を定額化できるメンテナンスプランがあります。さらに、メンテナンスプランには、返却時の原状回復費用補償も含まれているため、契約満了時にまとまった費用がかかることも避けられます。

契約年数は1~11年の中から1年単位で設定できる

カーリースの契約期間はリース会社によって異なり、3年や5年など車検に合わせた契約プランを用意しているのが一般的です。しかし、定額カルモくんでは1~11年の中から1年単位で契約年数を設定できるので、無駄なく必要な期間だけ利用することができます

このように希望に合わせてカスタマイズできることで、中途解約のリスク軽減にもつながります。また、カーリースは契約期間が長くなるほど月額料金は安くなるので、予算に合わせて期間の調整が可能な点も魅力といえるでしょう。

7年以上の契約で車がもらえる&走行距離制限なし

定額カルモくんには、月々500円プラスするだけで契約満了時に車がもらえるオプションプランがあります。なお、もらえるオプションは7年以上で契約のすべての車種を対象としています。

さらに、7年以上で契約すると追加費用なしで走行距離が無制限になるので、走行距離を気にせずに車を利用したい方にもおすすめです。

なお、もらえるオプションを利用すれば、原状回復の心配もなくなるので、カーリースのさまざまな後悔ポイントをカバーすることができます

新車も中古車も選べる

定額カルモくんでは、新車はもちろん中古車も取り扱っています。新車は国産メーカーの全車種、全グレード、中古車は業界最大級の掲載台数*を誇るなど、選択肢も豊富です。そのため、マイカー購入時と変わらない選択肢の中から、好きな車種を選ぶことができます。

*ネット専業の個人向け中古カーリース業界において2019年10月自社調べ

カーリースの利用や定額カルモくんのサービスについて、気になることや不安なことがあれば、豊富な知識を持った「マイカーコンシェルジュ」に相談してみましょう。もちろん、契約前でも何度でも相談が可能です。相談は無料で、LINEにも対応しているので気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

LINE
一本化用メールフォーム

しっかり選べばメリットばかり。カーリースで後悔のないカーライフを送ろう

カーリースのサービスについてよく知らずに契約すると後悔や失敗につながりかねません。しかし、しっかり比較検討して選ぶことで、多くのメリットを実感でき、後悔とは無縁のカーライフを送れます。

なお、カーリース契約にはローンのように審査があるので、まずは「お試し審査」で気軽に利用できるかを確かめてみてはいかがでしょうか。もちろん、審査に通過しても契約する必要はありません。

よくある質問

Q1:カーリースでの具体的な後悔事例は?

A:状態の悪い車が納車された、運転に神経を使った、中途解約で高額な違約金が発生した、契約満了時の残価精算で大きな差額を請求された、走行距離の上限を超えてしまい追加請求された、契約満了後に車が手元に残らず不便になった、などの後悔事例があります。

Q2:カーリースで後悔しないために大切なことは?

A:契約方式やサービス内容をしっかり検討してリース会社を選べば、後悔がないばかりか多くのメリットがあり、充実したカーライフを送ることができます。具体的には、契約年数を柔軟に選べる、残価精算や走行距離制限がないなどの特徴があるリースサービスを選ぶと安心です。

※この記事は2022年4月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
車がもらえる