カーリースで後悔しないために!知っておきたいことや契約前に考えるべきこととは?

カーリースで後悔しないために!知っておきたいことや契約前に考えるべきこととは?

手軽に車に乗れる方法として人気のあるカーリースですが、リース会社による違いや契約内容を十分にチェックしないまま契約してしまった結果、想定外の出費が発生してしまうこともあります。
そこで、カーリースの仕組みやどんな方に適したサービスなのかなど、カーリースで後悔しないために知っておきたいポイントについてご紹介します。

カーリースとは?

カーリースとは?

カーリースとは、リース会社が購入した車を定額制で長期間借りるサービスのこと。月額料金には税金や自賠責保険料などのさまざまな維持費も含まれているので、マイカー購入時と比べて維持費を一定にすることができます。
まずは、カーリースのメリットについてみていきましょう。

<カーリースのメリット>
・頭金が不要
・利用料が月額定額制なので支出の管理がしやすい
・税金などの維持費も定額にできるので家計の見通しが立てやすい
・自動車税(種別割)や自賠責保険料、自動車重量税などの別途支払いがない
・車検や部品交換費用などのメンテナンス費用も定額にできる
・車を維持する際にリース会社のサポートが受けられる
・新車に安く乗れる
・好きな車が選べる
・車の乗り換えがしやすい

リース契約で後悔しないためにはどうすればいい?

契約後のトラブルを避けるためには、リース契約を結ぶ前にしっかり比較検討しておくことが大切です。トラブルにつながりやすい契約方法や原状回復、契約年数などについて、リース契約で後悔しないために押さえておきたいポイントをみていきましょう。

1. 契約方法をきちんと確認する

カーリース契約では、契約満了時の車の想定価値である残価の設定方法と、車を返却する際の精算方法の違いにより「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2つの方法に分かれます。

・オープンエンド方式
契約時にあらかじめ残価を決めて契約者に明示した上で、返却時に査定額と残価の差額の精算を行う契約方法です。例えば予想残価が50万円で契約満了時の査定額が40万円であれば、契約者はリース会社に差額の10万円を支払わなくてはいけません。また、毎月のリース料金は、「(車両の価格-予想残価)÷リース期間(月数)」で計算されるので、オープンエンド契約で予想残価を高く設定しておけば、毎月のリース料は割安になります。ただし、契約満了時の車の価値が想定より低かった場合には、差額負担額が大きくなります。

・クローズドエンド方式
車返却時に差額の精算を行わないことを前提とする契約です。そのため、契約開始時に利用者に残価が明示されることはありません。利用者は契約満了時に車を返却するだけでいいので、査定額に関係なく支払いを求められることはありません。また、クローズドエンド方式ではオープンエンド方式に比べると月々のリース料は割高になりがちです。しかし、契約終了時点で予想外の出費を強いられるリスクがないので、追加精算を気にせず車を利用できるので安心です。
オープンエンド方式はトラブルとなりがちなので、カーリースの定額カルモくんなどのクローズドエンド方式を選ぶのがおすすめです。

2. 原状回復義務や走行距離上限がある

リースは返却を前提としているサービスなので、利用する上での制約があります。返却時の原状回復が原則となっているので、改造やカスタムはできません。また、返却時に経年劣化ではない大きな傷や凹みがある場合は、原状回復義務が生じることもあります。そのほかに、1ヵ月あたりの走行距離に上限が定められているため、上限を超えた場合には違約金が課せられたり、追加請求が生じたりします。なお、走行距離の上限はリース会社によって異なるので、契約前にしっかり確認しておきましょう。

3. ライフプランに合った契約年数にする

カーリース契約は、基本的に途中解約ができないので、ライフプランに合った契約年数を設定することが大切です。長期のリース契約を結んだ方が月々の利用料金は安くなりますが、万が一途中で解約したくなった時に違約金がかかってしまうことがあります。子どもの成長や今後の仕事の展望などを考えて、無理のない契約年数を設定しましょう。

4. 利用料金を無理のない金額に設定する

自動車税(種別割)や重量税、自賠責保険料などは利用料金に含まれていますが、それ以外に車を持つと必要になる駐車場代やガソリン代などの維持費は自己負担となります。何かあった時に対応できないということのないように、返済金額は余裕を持って設定することが大切です。

カーリースはこんな人におすすめ!

毎月定額の利用料金で車に乗れるカーリースは、できるだけ手間をかけずに車を利用したい方や家計管理を簡単にしたい方にぴったりのサービスです。次のような方には特におすすめとなっています。
・急な出費をなくしたい
・車に関する支払いを定額にしたい
・車に関する費用を経費として計上したい
・頭金なしで車に乗りたい
・改造やカスタムをせずにシンプルに乗りたい

定額カルモくんならサポートも充実だから安心

定額カルモくん

ここまでのポイントに加えて、申込みの手軽さやサポートの充実度もカーリース会社選びでは大切です。
来店不要で行うことができたりLINEで気軽に相談できたり、知っておきたい定額カルモくんのサービスの特徴をご紹介します。

来店不要だから忙しい人でも安心

実店舗を持たずに運営しているため、手続きは来店なしで進めることができるのも定額カルモくんの大きな特徴です。ウェブ上で乗りたい車を選び、料金シミュレーションをチェックすれば、そのまま審査の申し込みが可能。審査結果は2営業日ほどで連絡が来るので、すぐに契約に進むことができます。なお、車種にもよりますが、新車の納車までにかかる時間は平均1ヵ月ほどとなっています。また、サポートデスクとのやり取りは電話やメールのほかLINEでも可能なので、納車後のトラブルや疑問も気軽に相談することができます。

国産メーカー全車種・全グレード取扱い

定額カルモくんでは国産メーカーのすべての車種とグレードを取り扱っているので、選択肢が豊富。ディーラー保証付きの新車に乗れるので安心して利用することができます。また、車検や法定点検、消耗品の交換費用、返却時の原状回復補償費用までカバーしたメンテナンスプランを付ければ、車の維持や管理をしっかり行うことができるので安心です。

契約満了時に車がもらえるオプション

定額カルモくんは契約満了時の精算を行わないクローズドエンド契約を採用しています。通常クローズドエンド契約では、原則として車を買い取ることはできませんが、オプションプランの「乗り放題オプション」に加入すると、契約期間満了時に車をもらうことができます。なお、利用には7年以上の契約が必要で、対象車種に制限があります。

よくある質問

Q1:カーリースの失敗例にはどんなものがあるの?

A:中途解約で違約金が発生したり、返却時に追加で請求がされたりなど、契約満了時のトラブルが失敗例として挙げられます。しかし、追加精算のない契約方法を選び、契約内容を把握していれば防げる失敗例が多いといえます。

Q2:失敗しないために大切なことは?

A:まずは、ライフプランをしっかりと考えた上で契約年数を決めることが大切です。車を利用する期間が変わる可能性がある場合には、予測できない長期の契約をしないことや再リース、乗り換えを視野に入れた契約をするようにしましょう。

Q3:追加費用はどんなときに請求されるの?

A:リース契約には、追加請求の可能性がある「オープンエンド方式」と追加請求のない「クローズドエンド方式」があります。また、オープンエンド方式では、契約時に想定した査定額との差額が生じた場合に追加での請求がある可能性があります。

Q4:契約期間はどうやって決めるべき?

A: カーリースでは長期間の契約ほど月額料金が安くなりますが、安さだけを優先させてしまうと、中途解約となる可能性も高くなります。あらかじめ車が必要な期間をよく検討して決めるのがおすすめです。

カーリースのしくみを正しく知っておこう

カーリースの一通りの仕組みと2種類の契約方法の違い、マイカーとリース車の違いから来る注意点を一通り押さえておけば、知らずに契約して後悔する可能性はほぼなくなります。リース契約を結ぶ前に、ぜひ一度チェックしてみてください。

※記事の内容は2019年11月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr