車の維持費を節約するコツ!安く車に乗るために覚えておきたいこと

車の維持費を節約するコツ!安く車に乗るために覚えておきたいこと

車を利用する上で必要となる維持費ですが、突然の出費になったり、まとまった金額が必要になったりということもあり、家計に負担がかかることがあります。
ここでは、お金をかけずにカーライフを過ごすために覚えておきたい維持費の節約方法や、維持費を一定に保てるリースという車の乗り方についてご紹介します。

車の維持費とは?

車の維持費には、税金保険料など、車を所有していることにかかる費用と、ガソリン代高速料金などの車を走らせるためにかかる費用、メンテナンス費用などの車を維持するためにかかる費用に分けられます。まずは、それらの費用について詳しくみていきましょう。

車を所有していることにかかる費用

車を所有すれば、必ず加入しなくてはいけないのが自賠責保険です。自賠責保険料は購入や車検の際にかかります。
また、車を購入する際には、自動車税(種別割)自動車重量税が必ずかかります。ちなみに、軽自動車は自動車税(種別割)ではなく軽自動車税(種別割)が適用され、普通車よりも税金が安く設定されています。

車を走らせるためにかかる費用

走行や使用には、以下のような費用がかかります。また、軽自動車は普通車に比べてガソリン代や高速料金を抑えることができる傾向があります。
・ガソリン代
・高速料金
・駐車場代など

車を維持するためにかかる費用

車を維持するためにはメンテナンスが必要です。車のメンテナンスには、法定点検車検修理消耗品の交換などの費用がかかります。消耗品の交換には、オイルやバッテリー、タイヤなどがあり、交換時期もさまざまです。

車の維持費を節約するためのコツ

車の維持費を節約するためのコツ

ここまで紹介してきたように車の維持費にはさまざまな費用があり、必要となる頻度やタイミングもそれぞれ違います。
そのため、定期的にお金はかかるけど、出費のタイミングを予測するのは難しいという特徴があります。
そこで、車の維持費を節約するためのコツをご紹介します。

1. 維持費の安い車を選ぶ

維持費は車種によっても異なり、 軽自動車ハイブリッド車など燃費の良い車を選ぶことでガソリン代の節約にもつながります。また、軽自動車はガソリン代だけでなく高速料金や税金も安く設定されているので、維持費をしっかり抑えたいのなら軽自動車がおすすめです。

2. 保険を見直す

自賠責保険料は、契約年数と車種や積載量によって法律で決められています。そのため、基準となる保険料を低くしたいのであれば軽自動車がいいでしょう。なお、契約期間は12ヵ月、13ヵ月、24ヵ月、36ヵ月などと設定されており、長い期間に設定するほど1月あたりの保険料は安くなります。そのため、長期間車に乗る場合は、まとめて支払っておくと節約にもつながります。
また、任意保険はドライバー自身が保険会社や補償内容を選ぶことができるので、必要な補償内容やプランを見直すことで維持費も抑えられます。

3. 整備費用を抑える

車の整備は安全に車に乗るために大切ですが、純正部品を扱うディーラーなどでは費用が高額となることが多く、メンテナンスを受ける場所によってかかる費用が異なります。
また、高額な費用が掛かる車検は、ディーラーに比べて、近隣の整備工場やガソリンスタンド、カー用品店などで安く実施している場合もあります。

維持費の安い車とは

維持費の安い車とは

維持費を少なくしたいという方は、そもそも維持費がかかりにくい車を選ぶのがおすすめです。例えば、電気自動車や軽自動車など燃費(電費)の良い車種を選ぶことでエネルギー代の節約になります。なお、使用方法や使用頻度によっても燃費(電費)は異なるので、ライフスタイルに合っていることも車選びでは大切です。

・軽自動車
軽自動車は、税金や保険料の面でも比較的費用をおさえることができます。また、通勤や買い物など、街乗りでの利用において燃費の良さを発揮するでしょう。
しかしながら、高速道路での走行を要する遠出などではスピードを出しにくいため、コンパクトカーが適している場合もあります。

・電気自動車やハイブリッド車
電気自動車やハイブリッド車は、燃費(電費)の良さを追求しているのでエネルギー代の節約につながります。また、エコカー減税が適用され、自動車重量税と環境性能割が軽減されます。

維持費を節約したいならリースがおすすめ

維持費は、車に乗る上で欠かすことのできないもの。しかし、予測できない出費が多いことから、節約するのは難しいと感じる方もいるかもしれません。そこでおすすめなのが、定額制で車に乗れるリースという車の利用方法です。
ここでは、維持費を節約できるリースの魅力についてご紹介します。

魅力1. 保険料がコミコミ

リースは定額制で利用できる車のサブスクリプションサービスです。月額料金には、車両代金の他に自賠責保険料税金なども含まれています。そのため、月々の支払いをまとめられるだけでなく、これらの費用の支払いに備える必要がありません。

魅力2.メンテナンス費用も定額にできる

リースでは、法定点検や車検点検料などのメンテナンスに関してもオプションで定額制にすることができます維持費は出費が不定期で、金額も一定ではないことがデメリットとしてあげられますが、このようにメンテナンス費用も定額にすることで家計管理がしやすくなるというメリットも得られます。

魅力3.サポートがあるから安心

リースは使用権を持つ利用方法なので、所有権を持つリース会社からのサポートを受けることができます。マイカー購入の場合はメンテナンスを受ける業者やトラブルが起こったときに修理を依頼する業者などを自身で探さなくてはいけませんが、リースではリース会社の提携先に依頼できたりサポートセンターに相談できたりするため、安心してマイカーライフを楽しむことができます。

リースならおトクにマイカー 「定額カルモくん」がお得

定額カルモくん

たくさんのメリットがあるリースという利用方法ですが、中でもおトクにマイカー 「定額カルモくん」は特におすすめです。
定額カルモくんは申し込みから審査までをすべてオンラインで行っています。そのため、契約の際の手間がかからないだけでなく、人件費を削減することでよりお得に車を利用していただけるサービスになっています。
最後に、そんな定額カルモくんの魅力についてみていきましょう。

とにかく安く車に乗れる

定額カルモくんでは店舗を構えず、審査までのすべての工程をオンラインで行っているため、月額料金を抑えて車を利用していただくことができます。
また、日本初の11年契約で、月々にすればとても安価にて車に乗ることが可能です。
また、ローンを組むのは抵抗があるという方も、定額制サービスのサブスクリプションであれば憧れの車にも手が届きやすいのではないでしょうか。

メンテナンスプランが充実している

定額カルモくんには、車の維持に必要なメンテナンスを網羅した選べるメンテナンスプランが用意されています。車検や法定点検の費用が含まれているほか、忘れがちな消耗品の交換などもセットにできるプランもあり安心です。

賢く維持費を節約してカーライフを満喫しよう

維持費とカーライフは切っても切れない関係です。そのため、節約しながら賢くカーライフを過ごすことが大切です。
自身でのメンテナンスに不安がある方や、簡単に節約したいという方は、リースという新しい利用方法を使ってみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:車の維持費にはどんなものがあるの?

A:車の維持費には、自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険、車検や法定点検の費用、修理や消耗品の交換などのメンテナンス費用、燃料費や高速料金、駐車場代などがかかります。なお、任意保険に加入している場合には任意保険の費用も必要となります。

Q2:車の維持費を節約するにはどうしたらいい?

A:車の維持費は車種によって異なります。燃費のいい車を選んだり、税制面や高速料金で優遇がある軽自動車を選んだりするなど維持費が安い車を選ぶといいでしょう。ほかにも、自賠責保険を長期間に設定する、任意保険のプランを見直すのも有効です。

Q3:カーリースなら維持費が安くできる?

A:一般的なカーリースの料金には税金や自賠責保険料が含まれているので、こういった支出に備える必要がありません。また、定額カルモくんではメンテナンスの費用も定額制にすることができます。そのため車に関する費用のほとんどをまとめることができるので、家計が安定するというメリットがあります。

※2019年11月の情報で制作しています

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr