ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

クラウンの買取相場はいくら?査定額の目安と高く売却するコツを解説!

クラウンの買取相場はいくら?査定額の目安と高く売却するコツを解説!
カルモなら新車_目次上

クラウンの買取価格は、状態や年式、走行距離などによって異なります。それだけに、見積りを取ったとしても、金額が適正なのか判断するのは難しいでしょう。ただ、相場を知っていれば、実際の価値よりも安い価格で売却してしまう可能性を下げられます。
そこで、高く売却するコツと併せて、クラウンのモデル別に買取相場を解説します。

なお、買取額を頭金などにして乗換えを検討している場合、査定額が想定よりも低ければ、乗換えの車種のグレードを下げるなど、今後の車選びに影響することも考えられます。そのような場合でも、欲しかった車種をあきらめることなく手にする方法もご紹介します。

その方法を先に知りたい方はこちらをご覧ください

予算を気にせず新車に乗る方法
  • 直近5世代のクラウンの買取相場は、76,000円~306万2,000円程度
  • 5つのコツを押さえることで買取額を上げられる可能性がある
  • 定額カルモくんならワンランク上の新車に乗り換えることもできる

トヨタ「クラウン」の特徴

クラウン

国産高級セダンの代名詞といえるモデルがトヨタ「クラウン」です。初代は1955年に登場しており、60年以上の歴史を誇るトヨタを代表する車種のひとつといえるでしょう。1983年に登場した7代目モデルのキャッチコピーである「いつかはクラウン」は、まさにクラウンのステータスの高さを象徴する名コピーとして知られています。

クラウンの歴代モデルは常に最先端技術を搭載し、その時点でのトヨタの技術の結晶といえる先進性を持つモデルでもあります。現行型はセダンのみとなっていますが、その長い歴史の中ではステーションワゴンやピックアップトラックなど、さまざまなボディタイプが存在していました。

品格と上質さを極めた内外装はもちろん、高級車ならではの快適な乗り心地、信頼性の高さは特筆すべきものがあり、企業の社用車、官公庁の公用車として採用されることも多いモデルです。

モデル別クラウンの買取相場

クラウンは先述のとおり初代の登場から60年以上が経過したモデルであり、4~5年程度のスパンで定期的にフルモデルチェンジが行われてきたため世代数が多く、現行モデルは15代目にあたります。

ここでは、直近5世代、1999年に登場した11代目以降のモデル別買取相場を確認してみましょう。なお、トヨペットクラウンの名称が使用された初代~3代目モデルや70~80年代のモデルはヴィンテージカーとして100~400万円程度で取引きされているものもあるようです。

11代目クラウン

21世紀目前の1999年に登場した11代目のクラウンは、パッケージを一新し新時代にふさわしい、高級セダンの新しい在り方を示すモデルとして開発されました。高剛性化した新ボディを採用し、操舵応答性や走行安定性を向上させ、より上質な乗り心地を実現。また、スポーティーな走りが魅力の「アスリート」シリーズが新設定されました。

11代目クラウンの買取相場は、76,000円~103,000円程度です。

12代目クラウン

2003年末に登場した12代目のクラウンは、新プラットフォームの採用に加えてパワートレインやサスペンションなどの基本コンポ―ネントを一新し、ドライバーの意のままの走りを実現する卓越した走行性能を追求しているのが特徴です。

スマートエントリー&プッシュスタートシステム、左右独立式温度コントロール式のフルオートエアコンなど、当時の最先端の快適装備を多数搭載しているのも特筆すべきポイントでしょう。2005年にマイナーチェンジを実施し、エクステリアデザインを一新、さらにレーンキーピングアシストなどの先進装備を採用しました。

12代目クラウンの買取相場は、92,000円~183,000円程度です。

13代目クラウン

2008年のフルモデルチェンジを受け登場した13代目クラウンは、新しく本格的なハイブリッドシステムを搭載するモデルがラインナップに追加されました。

さらにカーナビと連動して高速道路での合流や退出、一時停止交差点での運転支援を行うシステムやドライバーの目の開閉状態を検知する機能を追加したプリクラッシュセーフティシステムなど、時代を先取りした先進安全技術を搭載しているのも特徴です。

13代目クラウンの買取相場は23万2,000~68万8,000円程度。10年落ちを切ると一気の買取相場は上がります。

14代目クラウン

14代目のクラウンは2012年に登場。この世代では原点回帰し、クラウンの本質である高級車ならではの静かで上質な乗り心地に磨きをかけるとともに、現代に求められる要素を追求しました。新世代直噴技術である「D-4S」を搭載した2.5L直列4気筒ガソリンエンジン+高トルクモーターを組み合わせた新開発のハイブリッドシステムを採用し、動力性能とクラストップレベルの燃費性能を両立させています。

14代目クラウンの買取相場は135万5,000~228万3,000円程度ですが、2013年に受注生産で販売された通称「ピンクのクラウン」の4WD車「アスリートG i-Four“ReBORN PINK”」は希少性があり、初期モデルながら200万円以上の買取相場も期待できます。

15代目クラウン

2018年に登場した15代目となる現行型は、歴代モデルのイメージを一新するスポーティーで若々しさを感じさせるスタイルが特徴で、若い世代にも人気を博しています。

「初代コネクティッドカー」として車載通信機DCMを全車に標準装備し、さまざまなコネクティッドサービスが使用できることに加え、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を採用するなど、これからの時代に欠かせない先進性を持つモデルといえるでしょう。

現行型の買取相場は189万8,000~306万2,000円程度。まだ新しいモデルなので、状態が良いものは200万円以上での買取りの可能性が高いでしょう。なお、ハイブリッド車の買取相場がガソリン車よりも高い傾向があります。

車買い替えローン

車を高値で売却する5つのコツ

車を高値で売却する5つのコツ

車種ごとに相場はあるものの、車の状態によって実際の査定額は異なります。少しでも高値で買い取ってもらうためには、次に挙げる5つのコツを押さえておきましょう。

1. 整備記録や修理歴を提示する

見積りの際、定期点検記録簿のほか、修理やメンテナンスの履歴がわかるものを提示すると、きちんと整備されてきた車であることをアピールできて査定アップが見込めます。特に車検や12ヵ月点検を正規ディーラーで受けていた場合は、査定アップの可能性も高まります。

2. メーカーオプションやディーラーオプションをアピールする

メーカーオプションやディーラーオプションをつけている場合は、その分が査定額に上乗せされる可能性があります。取扱説明書などは大切に保管しておき、見積りの際に一緒に提出しましょう。

3. 相見積を取る

買取額は買取店によって異なります。それぞれで見積りを取って比較するのはもちろん、見積書を基に大手買取店と地元のお店などを競合させると、査定額アップの可能性が高まります。少なくとも3店くらいの見積りは取っておきましょう。

4. 新車に買い替えるときは下取りに出す

高年式の車から同じメーカーの新車に乗り換える場合は、下取りのほうが買取店への売却よりも高値が付く可能性があります。また、決算前の2〜3月はメーカーから販売店に下取り対策金などが出る場合もあるので、その時期はよりチャンスといえるでしょう。

5. 高く売れる時期を狙う

中古車の需要が高まる直前の1〜2月は、販売店側は在庫を多く確保したいことから、高値で買い取ってくれる傾向があります。また、SUVは冬前、オープンカーは春など、ボディタイプ特有の高く売れる時期も狙い目です。
なお、モデルチェンジ前は値が下がるため、モデルチェンジの可能性がある場合はメーカーから発表がある前に売却するのがポイントですが、モデルチェンジ情報を正確につかむのは難しいでしょう。

買取額が低くても、定額カルモくんなら憧れの新車に乗れる!

カルモくん_new

5つのコツを取り入れることでクラウンの買取額を高められる可能性がありますが、売却で得たお金を乗り換える車の資金にしようと考えていた場合、金額によっては希望の車種を購入できないこともあるでしょう。
しかしカーリースの定額カルモくんであれば、クラウンの買取額に関係なく、予算内で乗りたい車に乗ることも可能です。その理由を見ていきましょう。

初期費用不要!維持費も込みの定額料金で新車に乗れる

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、月定額制で新車に乗れる車のサブスクリプションサービスです。月額料金には車両本体価格のほか、契約期間分の各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金はもちろん、登録諸費用もボーナス払いも不要。乗り続ける上で発生する維持費の負担も抑えて新車に乗れます。
しかも月額10,000円台から。買取額が思いのほか低くなっても、憧れの車種をあきらめずに済むでしょう。

国産メーカー全車種・全グレードから自由に選べる定額カルモくんで、欲しい車の月額料金を見る

1万円台から乗れる車

乗り始めから手放すときまで、ずっと手間がかからない

定額カルモくんでは、車選びから審査申込みまでオンラインで完結するので、店舗に出向く必要がありません。
納車時も自宅まで届けてもらえる上、契約満了時はリース会社に車を返却するだけなので、売却のために見積りを取ったり、高額買取の店を探したりする手間もかかりません。
なお、現在乗っている車を売却して定額カルモくんを利用する場合は、買取店を紹介してもらうことも可能です。

契約満了時に車がもらえる

カーリースは契約満了時に車を返却する必要がありますが、定額カルモくんで月額500円の「もらえるオプション」をつければ、契約満了時にそのまま車がもらえます。7年契約以上の全車種が対象なので、いずれマイカーにしたいとお考えの方にもおすすめです。

定額カルモくんについて詳しくはこちら

クラウンからの乗り換えにおすすめの3車種

月額定額制で新車に乗れる定額カルモくん。では、実際にいくらくらいで乗れるのか、クラウンからの乗換えにおすすめの3車種で実際の金額を見てみましょう。

トヨタ「スープラ」

スープラ

クラウンとは個性の異なる車に乗り換えたい、純粋に運転する楽しさを味わいたいのであれば、トヨタとBMWが共同開発した2シーターのピュアスポーツカー「スープラ」などもいいでしょう。卓越した走行性能はもちろん、美しいスタイルも魅力です。

スープラの車両本体価格は499万5,000~731万3,000円と、クラウン同様高額なモデルですが、定額カルモくんなら月々60,660円から新車のスープラが利用できます。

トヨタ「ランドクルーザー」

ランドクルーザー

高い悪路走破性と信頼性によって世界中で人気を博している本格オフローダー、トヨタ「ランドクルーザー」であればキャンプなどのアウトドアも存分に楽しめるでしょう。高級車としての乗り心地も有しているため、クラウンからの乗換えでも満足度は高いのではないでしょうか。

ランドクルーザーの車両本体価格は510万円から。定額カルモくんでは、月々64,290円からでランドクルーザーに乗ることができます。

日産「シーマ」

シーマ

日産のフラッグシップセダン「シーマ」はクラウンと並び、日本を代表する高級セダンです。現行モデルのクラウンがスポーティーなスタイリングであるのに対し、シーマは重厚でラグジュアリー、かつエレガントな雰囲気を持ち、高級車としての王道を行くモデルといえるでしょう。

シーマの車両本体価格は823万1,300円からとクラウンよりもさらに高額なモデルですが、定額カルモくんなら月々98,500円で新車のシーマが利用可能なため、クラウンからの乗換えも実現するかもしれません。

そのほかの車種の月額料金はこちらから確認できます。

料金をチェック

高値で売却してカーリースで乗り換えれば、ワンランク上の車に乗れる可能性も

売却前に相場を把握することは、クラウンを適正な価格で買い取ってもらうためにも大切です。高値が付くようにポイントを押さえて売却の準備をするとともに、カーリースのようにより少ない負担で乗り換えられる方法を検討しておけば、買取額に左右されることなく憧れのカーライフをスタートできるでしょう。
月額10,000円台から新車に乗れる定額カルモくんなら、ワンランク上の車種に乗り換えることも夢ではありません。

LINEクルマ診断

よくある質問

Q1:クラウンの買取相場はどれくらい?

A:クラウンは初代が1955年に登場しており、現行型は15代目と世代数がかなり多いモデルです。直近5世代の買取相場は11代目が76,000円~103,000円程度、12代目が92,000円~183,000円程度、13代目が23万2,000~68万8,000円程度、14代目が135万5,000~228万3,000円程度、現行型の15代目が189万8,000~306万2,000円程度です。

Q2:買取額を高くするためのコツは?

A:買取額アップを狙うコツは、見積時に点検や修理の履歴を提示する、メーカーオプションやディーラーオプションをアピールする、相見積を取って競合させる、高く売れる時期を狙う、高年式車両から同じメーカーの新車に乗り換える場合は下取りに出すなどの方法があります。

Q3:クラウン売却後の乗換えにおすすめの車種は?

A:トヨタとBMWが共同開発したピュアスポーツカーであるトヨタ「スープラ」、アクティブなカーライフを楽しめるトヨタ「ランドクルーザー」、日産のフラッグシップセダン「シーマ」がおすすめです。なお、定額カルモくんならスープラに月々60,660円、ランドクルーザーに月々64,290円、シーマに月々98,500円から乗ることができます。

※記事の内容は2021年8月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
頭金ゼロで新車_読了後