ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ムーヴの買取相場はいくら?査定額の目安と高く売却するコツを解説!

ムーヴの買取相場はいくら?査定額の目安と高く売却するコツを解説!
カルモなら新車_目次上

ムーヴの買取価格は、状態や年式、走行距離などによって異なります。それだけに、見積りを取ったとしても、金額が適正なのか判断するのは難しいでしょう。ただ、相場を知っていれば、実際の価値よりも安い価格で売却してしまう可能性を下げられます。
そこで、高く売却するコツと併せて、ムーヴのモデル別に買取相場を解説します。

なお、買取額を頭金などにして乗換えを検討している場合、査定額が想定よりも低ければ、乗換えの車種のグレードを下げるなど、今後の車選びに影響することも考えられます。そのような場合でも、欲しかった車種をあきらめることなく手にする方法もご紹介します。

その方法を先に知りたい方はこちらをご覧ください

予算を気にせず新車に乗る方法
  • ムーヴの買取相場は、3,000円~857,000円程度
  • 5つのコツを押さえることで買取額を上げられる可能性がある
  • 定額カルモくんならワンランク上の新車に乗り換えることもできる

ダイハツ「ムーヴ」の特徴

ムーヴ

ダイハツ「ムーヴ」は、1995年の初代の登場時から現在に至るまでダイハツの基幹車種であり、スズキ「ワゴンR」と並んで軽ハイトワゴンを代表するモデルです。

現行型は2014年に登場した6代目でありモデルライフは長くなっていますが、5代目モデルまでは4~5年程度のスパンでフルモデルチェンジを行い、商品力を維持してきました。なお、現行型のムーヴはスバルにOEM供給されており、「ステラ」の名で販売されています。

ムーヴは乗る人を選ばないオーソドックスなデザインのノーマルモデルと、よりスタイリッシュなエクステリアデザインのカスタムモデルの2タイプの設定があり、好みのデザインが選べるのが魅力。またハイトワゴンならではのゆとりのある室内空間、安定した走りや毎日安心して使用できる低燃費、そしてコストパフォーマンスの良さなど、日常生活で活躍する軽自動車としてバランスの取れたモデルといえるでしょう。

モデル別ムーヴの買取相場

ムーヴの初代モデルの登場は1995年であり、人気車種ゆえに中古車市場での流通数も多く、希少性もないことから低年式のモデルは買取価格が付かないケースもあるようです。また現行モデルは歴代ムーヴのモデルチェンジのスパンから考えると近い将来フルモデルチェンジが予想されるため、モデルチェンジ後は買取相場が下落することが予想されます。

ここでは、ムーヴの買取相場をモデル別に見ていきましょう。

初代ムーヴ

全高を上げることで室内空間に余裕を持たせ、それまでの軽自動車の概念を変えた革命的なモデルであるスズキ「ワゴンR」の影響を受け誕生したのがムーヴです。1995年の登場時はノーマルモデルのみでしたが、1997年の一部改良時にドレスアップモデルのカスタムが追加されました。

初代モデルはこの時代としては珍しかったリアシートのスライド機構を備えており、後席の足元空間にも余裕を持たせ狭くなりがちな後席の居住性に配慮されていたのも特徴です。

ムーヴの初代モデルの買取相場は3,000~8,000円程度。かなりの低年式になるため、買取相場は10,000円に届かないようです。

2代目ムーヴ

初代ムーヴは軽自動車規格の変更により登場からわずか3年程度でフルモデルチェンジが実施され、1998年には軽自動車新規格に対応した2代目モデルが登場します。先代モデルよりもホイールベースとトレッドを拡大し、快適な乗り心地と安定性を高めました。

2代目ムーヴの買取相場は7,000円~12,000円程度。初代モデルよりも若干高額ではありますが、よほど状態が良く走行距離が短いものでないと10,000円台は難しいかもしれません。

3代目ムーヴ

2002年に登場した3代目ムーヴはプラットフォームを一新し、軽自動車としての基本性能を向上させました。革新的なパッケージングによって前後左右すべてにゆとりを持たせ、従来モデルを凌ぐ居住性を確保しています。

3代目ムーヴの買取相場は7,000円~21,000円程度。モデル末期の2006年式は15年落ちにあたるため若干買取相場が高額になっていますが、モデル初期の2002年、2003年式の買取相場に関しては2代目モデルと大きな差は見られません。

4代目ムーヴ

プラットフォームのみならずエンジンまで一新し、クラスを超えた新次元への進化をコンセプトに開発された4代目モデルは2006年に登場。先代モデルよりもさらに室内空間にゆとりを持たせたことに加え、ホイールベースの延長やサスペンションの基本設定を新しくすることで高い操縦安定性を実現しています。

4代目ムーヴの買取相場は21,000~86,000円程度。状態にもよりますが、2009年の一部改良後のモデルであれば50,000円以上での買取りの可能性もありそうです。

5代目ムーヴ

2010年に登場した5代目モデルでは、環境性能・燃費性能を徹底的に追求し、新開発のアイドリングストップシステム「eco IDLE」の採用、先代モデルよりも約35kgの軽量化など、燃費向上に貢献する技術を複数搭載し、当時のガソリン車トップ(2010年12月時点、ダイハツ調べ)の低燃費を実現しているのが特徴です。

5代目ムーヴの買取相場は86,000円~298,000円程度。マイナーチェンジを受けた後期型となる2013年以降のモデルであれば20万円以上での買取りが期待できるかもしれません。

6代目ムーヴ

現行型の6代目ムーヴは2014年末に登場しました。新開発の軽量高剛性ボディ「D モノコック」の採用、さらに新開発ボディに合わせて最適化した「D サスペンション」によって安心感のある走りやフラットで快適な乗り心地を実現しています。また予防安全機能「スマートアシストIII」を採用し、買いやすい価格を維持しながら時代に合った安全性を持つのも魅力です。

現行型のムーヴの買取価格は50万9,000~85万7,000円程度。軽ハイトワゴンの買取相場としては平均的な水準です。

車買い替えローン

車を高値で売却する5つのコツ

車を高値で売却する5つのコツ

車種ごとに相場はあるものの、車の状態によって実際の査定額は異なります。少しでも高値で買い取ってもらうためには、次に挙げる5つのコツを押さえておきましょう。

1. 整備記録や修理歴を提示する

見積りの際、定期点検記録簿のほか、修理やメンテナンスの履歴がわかるものを提示すると、きちんと整備されてきた車であることをアピールできて査定アップが見込めます。特に車検や12ヵ月点検を正規ディーラーで受けていた場合は、査定アップの可能性も高まります。

2. メーカーオプションやディーラーオプションをアピールする

メーカーオプションやディーラーオプションをつけている場合は、その分が査定額に上乗せされる可能性があります。取扱説明書などは大切に保管しておき、見積りの際に一緒に提出しましょう。

3. 相見積を取る

買取額は買取店によって異なります。それぞれで見積りを取って比較するのはもちろん、見積書を基に大手買取店と地元のお店などを競合させると、査定額アップの可能性が高まります。少なくとも3店くらいの見積りは取っておきましょう。

4. 新車に買い替えるときは下取りに出す

高年式の車から同じメーカーの新車に乗り換える場合は、下取りのほうが買取店への売却よりも高値が付く可能性があります。また、決算前の2〜3月はメーカーから販売店に下取り対策金などが出る場合もあるので、その時期はよりチャンスといえるでしょう。

5. 高く売れる時期を狙う

中古車の需要が高まる直前の1〜2月は、販売店側は在庫を多く確保したいことから、高値で買い取ってくれる傾向があります。また、SUVは冬前、オープンカーは春など、ボディタイプ特有の高く売れる時期も狙い目です。
なお、モデルチェンジ前は値が下がるため、モデルチェンジの可能性がある場合はメーカーから発表がある前に売却するのがポイントですが、モデルチェンジ情報を正確につかむのは難しいでしょう。

買取額が低くても、定額カルモくんなら憧れの新車に乗れる!

カルモくん_new

5つのコツを取り入れることでムーヴの買取額を高められる可能性がありますが、売却で得たお金を乗り換える車の資金にしようと考えていた場合、金額によっては希望の車種を購入できないこともあるでしょう。
しかしカーリースの定額カルモくんであれば、ムーヴの買取額に関係なく、予算内で乗りたい車に乗ることも可能です。その理由を見ていきましょう。

初期費用不要!維持費も込みの定額料金で新車に乗れる

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、月定額制で新車に乗れる車のサブスクリプションサービスです。月額料金には車両本体価格のほか、契約期間分の各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金はもちろん、登録諸費用もボーナス払いも不要。乗り続ける上で発生する維持費の負担も抑えて新車に乗れます。
しかも月額10,000円台から。買取額が思いのほか低くなっても、憧れの車種をあきらめずに済むでしょう。

国産メーカー全車種・全グレードから自由に選べる定額カルモくんで、欲しい車の月額料金を見

1万円台から乗れる車

乗り始めから手放すときまで、ずっと手間がかからない

定額カルモくんでは、車選びから審査申込みまでオンラインで完結するので、店舗に出向く必要がありません。
納車時も自宅まで届けてもらえる上、契約満了時はリース会社に車を返却するだけなので、売却のために見積りを取ったり、高額買取の店を探したりする手間もかかりません。
なお、現在乗っている車を売却して定額カルモくんを利用する場合は、買取店を紹介してもらうことも可能です。

契約満了時に車がもらえる

カーリースは契約満了時に車を返却する必要がありますが、定額カルモくんで月額500円の「もらえるオプション」をつければ、契約満了時にそのまま車がもらえます。7年契約以上の全車種が対象なので、いずれマイカーにしたいとお考えの方にもおすすめです。

定額カルモくんについて詳しくはこちら

ムーヴからの乗り換えにおすすめの3車種

月額定額制で新車に乗れる定額カルモくん。では、実際にいくらくらいで乗れるのか、ムーヴからの乗換えにおすすめの3車種で実際の金額を見てみましょう。

日産「ルークス」

ルークス

軽ハイトワゴンよりもさらに広い室内空間が魅力の軽スーパーハイトワゴンへの乗換えであれば、日産「ルークス」がおすすめ。高速道路でのドライバーの運転負荷やストレスを大幅に軽減する最新鋭の運転支援システム「プロパイロット」など、先進安全技術の充実度が魅力の1台です。

ルークスの車両本体価格は141万5,700円からで、「プロパイロット」を搭載するグレードは180万円以上と高額です。その点定額カルモくんでは月々17,000円から新車のルークスが利用可能なので、「プロパイロット」にも手が届くかもしれません。

ダイハツ「タフト」

タフト

SUVらしいタフさを感じさせるエクステリアデザインや迫力のある大径タイヤが特徴のダイハツ「タフト」。街乗りもアウトドアもこなせる頼もしい軽クロスオーバーモデルです。前席の頭上にガラスルーフ「スカイフィールトップ」が全車標準装備されているのもうれしいポイント。

タフトの車両本体価格は135万3,000円から。定額カルモくんなら、月々17,650円で新車のタフトに乗ることができます。

スズキ「ソリオ」

ソリオ

軽自動車から普通車への乗換えを考えているのであれば、スズキ「ソリオ」がいいでしょう。コンパクトなボディで取り回しやすいサイズ感のため、運転しやすいことに加え、大人5人が余裕をもって座れる室内の広さ確保した魅力的なモデルです。

ソリオの車両本体価格は151万5,800円からですが、定額カルモくんでは月々22,380円から新車のソリオが利用できます。

そのほかの車種の月額料金はこちらから確認できます。

料金をチェック

高値で売却してカーリースで乗り換えれば、ワンランク上の車に乗れる可能性も

売却前に相場を把握することは、ムーヴを適正な価格で買い取ってもらうためにも大切です。高値が付くようにポイントを押さえて売却の準備をするとともに、カーリースのようにより少ない負担で乗り換えられる方法を検討しておけば、買取額に左右されることなく憧れのカーライフをスタートできるでしょう。
月額10,000円台から新車に乗れる定額カルモくんなら、ワンランク上の車種に乗り換えることも夢ではありません。

LINEクルマ診断

よくある質問

Q1:ムーヴの買取相場はどれくらい?

A:ムーヴのモデル別の買取相場は、初代が 3,000~8,000円程度、2代目が7,000円~12,000円程度、3代目が7,000円~21,000円程度、4代目が21,000~86,000円程度、5代目が86,000円~298,000円程度、現行型の6代目が50万9,000~85万7,000円程度です。2014年に登場した現行型の相場は軽ハイトワゴンとしては平均的な水準といえるでしょう。

Q2:買取額を高くするためのコツは?

A:買取額アップを狙うコツは、見積時に点検や修理の履歴を提示する、メーカーオプションやディーラーオプションをアピールする、相見積を取って競合させる、高く売れる時期を狙う、高年式車両から同じメーカーの新車に乗り換える場合は下取りに出すなどの方法があります。

Q3:ムーヴ売却後の乗換えにおすすめの車種は?

A:充実した先進安全技術が魅力の日産「ルークス」、街乗りもアウトドアもこなせるダイハツ「タフト」、取り回しやすさと室内の広さが魅力のスズキ「ソリオ」がおすすめです。なお定額カルモくんでは、ルークスなら月々17,000円、タフトなら月々17,650円、ソリオなら月々22,380円から乗ることができます。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
頭金ゼロで新車_読了後