コスパのいい軽自動車はこれだ!タイプ別コスパ最強車種の特徴と魅力

最もコスパのいい軽自動車はこれだ!タイプ別コスパ最強車種の特徴と魅力

コスパがいいといわれる軽自動車は、普通車に比べて購入費用や維持費を抑えながらカーライフを楽しめるとあって、コスパを重視する方からも注目されています。しかも、最近では、装備が充実している軽自動車も増えています。そこで、タイプ別にコスパのいい軽自動車をご紹介します。

軽自動車は本当にコスパがいい?

軽自動車は本当にコスパがいい?

まず、軽自動車とは、排気量660㏄以下、長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下の三輪および四輪駆動車のことを指します。軽自動車のコスパがいいといわれるのは、普通車に比べてコンパクトなことだけが理由ではありません。ほかにも次のような理由が挙げられます。
<軽自動車のコスパがいいといわれる理由>

  • 本体価格が安い
  • 燃費性能がいい
  • 環境性能割、重量税、自動車税などの各種税金が普通車より安い
  • 自賠責保険や自動車保険が普通車より安い
  • 購入時に車庫証明書がいらない
  • 高速道路などの有料道路の利用料が普通車より安く設定されていることが多い
  • 車検やメンテナンス料、消耗品代が安い

コスパがいい軽自動車が向いているのはどんなタイプ?

購入時も、乗り続けるときも、普通車よりお得にカーライフを楽しめるのが軽自動車の特徴です。また、軽自動車の特徴であるコンパクトさを活かせたり、車の維持費を抑えながらカーライフを楽しんだり、パワーよりもコスパを重視する車の選び方をするなら、軽自動車がぴったりといえます。
軽自動車の購入に向いているのは、おもに次のようなタイプの方になります。

<軽自動車が向いているタイプ>

  • 住宅街など狭い道が多いエリアに住んでいる
  • セカンドカーとして利用したい
  • 車にそれほどお金がかけられないがカスタムやドレスアップを楽しみたい
  • 車の利用頻度が低い
  • 車による家計の負担をできる限り減らしたい
  • 小さな子供がいるファミリー
  • 趣味のための車をリーズナブルに用意したい

軽自動車のタイプ別にみるコスパの良さ

一言で軽自動車といっても、昨今は普通車並みにさまざまなタイプの車種が販売されています。そこで、タイプ別の特徴やコスパの良さをもとに人気車種をご紹介します。

トールワゴン・スーパーハイトワゴンタイプ

N-BOX

全高1,6m程度に抑えられた軽ワゴン車はトールワゴン、全高1,7m以上になるとスーパーハイトワゴンに分類されます。どちらも天井が高いことで圧迫感がなく、スライドドアを搭載しているタイプも多いのが特徴です。車内空間はベビーカーをたたまずに積めるほどの広さがあるものもあるので、子育て中で車に関する費用を抑えたいファミリーにも人気があります。

人気車種には、スズキ「ワゴンR」や三菱「ekワゴン」などのトールワゴン、ホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」などのスーパーハイトワゴンがあります。

スポーツカータイプ

コペン

スポーツカータイプでは、スポーティーなフォルムと軽自動車ならではのコンパクトかつ、軽量なボディを活かしたハンドリング性能の高さで、スポーツドライビングを楽しめます。オープンカータイプもあり、軽自動車の価格帯で本格派のスポーツカーを手にできるとして人気を集めています。

人気車種には、ダイハツ「コペン」、スズキ「アルトワークス」、ホンダ「S660」などがあります。

ワンボックスタイプ

エブリイワゴン

軽自動車の規格をめいっぱい活用した箱型タイプの軽自動車です。車内は釣り竿やマウンテンバイクなど長さのある荷物が積めて、車内泊ができるほどの広さがあります。ターボエンジンを搭載した車種もあり、安い維持費でアクティビティやレジャーを存分に楽しめる充実した造りになっています。

人気車種には、スズキ「エブリイワゴン」、マツダ「スクラムワゴン」、ホンダ「バモス」、ダイハツ「ウェイク」などがあります。

SUV・クロスカントリータイプ

ハスラー

軽自動車とは思えない趣味性の高さと、アウトドアに適したさまざまな機能が搭載されているのが特徴です。走破性が高い足周りに、水濡れや泥汚れも気にせず荷物を積み込めるシートなど、居住性から内装まで本格的なアウトドア仕様になっています。アクセサリーの豊富さも人気の秘訣となっており、普通車よりも費用を抑えながらカスタムを楽しめます。

人気車種には、スズキ「ジムニー」や「ハスラー」、ダイハツ「キャストアクティバ」などがあります。

ハイブリッドカータイプ

スペーシア

ハイブリッドシステムによって、より高い燃費性能が期待できる車種もあります。普通車と比べるとハイブリッドシステムを搭載した車種は少なくなっていますが、本来の燃費の良さに加えて、さらにコスパの良さを体感できるでしょう。

人気車種には、スズキ「ワゴンR」、マツダ「フレア」、スズキ「スペーシア」などがあります。

軽自動車を選ぶときの注意点

個性豊かな軽自動車はコスパもよく、普通車に劣らぬ魅力も満載ですが、軽自動車ならではの難点もあります。購入を検討するときには、次の点に注意しましょう。

・車体が重いと燃費が悪くなる
軽自動車は排気量が660㏄以下のため、普通車に比べてどうしてもパワーが劣ります。そのため、装備が充実しているなど車体の重量があるタイプでは燃費が悪くなることがあります。また、こだわりからアクセサリーなどを増やし過ぎるのも、燃費の低下を招きやすくなります。

・坂道などに弱い
排気量の関係から、よりパワーが必要となる坂道などは低速になりがちです。車の利用経路に坂道が多い場合は、軽自動車の中でも馬力のあるSUVなどのタイプを選ぶか、普通車を選択したほうがいいケースもあります。

・ボディの強度が弱い
軽自動車はボディの強度が弱いこともあり、事故などを起こしたときに衝撃を受けやすくなることがあります。

・定員が少ない
普通車のミニバンなどは6~8人乗りですが、軽自動車の多くは、運転手を含めて4人までしか乗車できません。また、選ぶタイプによっては、4人乗りでも大人が乗ると狭く感じてしまうものもあります。利用する用途や人数に合わせて、車内の広さや定員を確認するようにしましょう。

カーリースなら最強コスパで軽自動車に乗れる

カーリースなら最強コスパで軽自動車に乗れる

軽自動車を買うときにコスパを重視するのであれば、「カーリース」という選択肢を検討してみるのもおすすめです。カーリースは、月々定額料金で新車に乗れる車のサブスクリプションサービスです。年単位の長期契約が可能なため、契約期間中はマイカーのように自由に車に乗ることができます。しかも、新車購入時にかかる法定費用や手数料といった初期費用や頭金、消耗品の交換といった維持費も定額にできるため、メンテナンスや故障などによる急な出費に悩まされる心配もありません。まさに「最強のコスパ」で軽自動車に乗ることができるのです。

カーリースなら「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめ

一本化用定額カルモくん

数あるリース会社の中でも、「おトクにマイカー 定額カルモくん」はコスパ最高のカーリースとして注目を集めています。

実店舗を持たないオンラインサービスにすることで、徹底したコストカットを行い、業界最長(2020年3月、定額カルモくん調べ)となる11年契約で、ほかのリース会社にはない低価格を実現しているため、どこよりも安くマイカーライフを楽しめます。さらに、月々のリース料は契約終了時の想定残価を差し引いた本体代金を基に算出するので、カーリースよりもお得になります。

また、「メンテナンスプラン」を利用すれば、車検代やメンテナンスにかかる費用も定額制にできる上、返却時の原状回復費用も補償されるという、まさにコスパ最高のカーリースなのです。なお、定額カルモくんなら国産メーカーの全車種、全グレードから好きな車を選べるので、希望の軽自動車に乗ることができます。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

安さはそのままに、機能性が進化した現代の高コスパ軽自動車

以前は安いだけで「小さい」「狭い」など快適性とはかけ離れたイメージも強かった軽自動車ですが、本体価格と維持費の安さはそのままに、こだわりの装備やカスタム性、窮屈さを感じない車内空間など、時代とともに高性能な車へと進化を遂げました。このように注目度も高まっている軽自動車に、よりコスパのいい「カーリース」も視野に入れながら、あなたにぴったりの1台を探してみてください。

※記事の内容は2020年7月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr