中古の軽自動車を買うならディーラーから?おすすめポイントや中古車を買う際の注意点

中古の軽自動車を買うならディーラーから?おすすめポイントや中古車を買う際の注意点

中古で軽自動車を買おうと思った際、まず決めなければならないのが「どこで買うか」ということです。しかし、中古車を売っているお店は数多くあり、またその種類もさまざまであるため、どこで買うかをスムーズに決めることは簡単ではないでしょう。

そこで、中古の軽自動車の購入先としておすすめのディーラーについて、その概要やメリットを詳しく解説します。また、初期費用を抑えて月々定額の支払いで安心して中古車に乗る方法もご紹介します。

初期費用0円で好きな中古軽自動車を入手する方法をすぐに知りたい方はこちら

【この記事のポイント】
✔中古の軽自動車のおもな購入先は、ディーラーか中古車販売店
✔初めての中古車購入にディーラーがおすすめの理由は、品質が高く安心だから
✔中古車とはいえ出費が心配という方にはカーリースという選択肢も

中古の軽自動車のおもな購入先は、「ディーラー」か「中古車販売店」

中古の軽自動車のおもな購入先は、「ディーラー」か「中古車販売店」

中古の軽自動車を購入しようと思った場合、まずそれを取り扱っている販売店を探さなければなりません。中古車を購入できる場所には、大きく「ディーラー」と「中古車販売店」があります。それぞれの特徴について解説します。

ディーラーとは

ディーラーとは、特定のメーカーと特約店契約をしている正規販売店のことを指します。中古車に関しては、特約店契約をしているメーカー以外の車も扱っていますが、品揃えは多くありません。

例えば、中古の軽自動車の中で人気のあるスズキ「ジムニー」や同じく「ハスラー」が欲しい場合、スズキと特約店契約をしているディーラーが品揃えに強いといった特徴があります。

また、メーカー指定のメンテナンス対応基準などが設けられている場合もあり、純正部品によって正しくメンテナンスされた質の高い中古車を購入できる可能性が高いのも、大きな特徴のひとつです。

中古車販売店とは

中古車販売店とは、特定のメーカーと特約店契約していない中古車販売業者のことを指します。メーカーの縛りがないため、複数のメーカーの多種多様な車種を取り扱っており、幅広い選択肢から車を選ぶことができるのが、最大の特徴といえるでしょう。

また、同じ車種でも、ディーラーに比べて金額が低く設定されているところも多く、よりお得に車を買いたいという方におすすめです。一方で、メンテナンスの基準がなく、車両の状態がさまざまなので、ある程度車に対する知識を持った方に向いている購入方法といえるでしょう。

初めての中古車購入なら、ディーラーがおすすめ

初めての中古車購入なら、ディーラーがおすすめ

中古車購入の際は、ディーラーか中古車販売店で希望の車を探すのが一般的ですが、もし強いこだわりがないのであれば、ディーラーで探すことをおすすめします。ここからは、ディーラーで中古車を購入することのメリットについて解説します。

ディーラーの魅力1:高品質の中古車に出会える

特定のメーカーと特約店契約をしているディーラーでは、メーカー指定のメンテナンス対応基準が設けられており、また特約店契約をしているからこそ純正部品が手に入りやすいため、しっかりとメンテナンスがされた高品質の中古車に出会える可能性が高くなります。

中古車の場合、どうしても新車よりも故障のリスクが高くなりますが、ディーラーが販売する中古車であれば、安心して乗ることができるでしょう。

ディーラーの魅力2:新車同然の中古車が新車より安く買えることも

中古車ディーラーの多くは、新車ディーラーや提携店の近くにあります。そのため、一般的な中古車販売店では見つからないような「展示車」や「試乗車」などが販売されているケースも多くあります。

展示車の場合、基本的には新車ディーラーの店内で展示されていただけなので、車両の状態が極めて良く、ほとんど新車と同じ状態ともいえます。そうした車両を中古車価格で購入することができるため、非常にお得に感じられるのも魅力のひとつです。

ディーラーの魅力3:アフターサービスも充実

中古車ディーラーの中には、独自の保証制度を設けたり、充実したアフターサービスを提供したりしているところも少なくありません。そのため、中古車ならではの故障や不調の不安が大きく軽減され、安心して車に乗ることができます。

中古車販売店の場合、保証やアフターサービスが別料金になっているところも多く、車両本体価格そのものは安くても、アフターサービスなどを含めて計算すると、ディーラーのほうがお得になるということもあるので気を付けましょう。

安心のアフターサービスを受けたいならカーリースもおすすめ!詳しくはこちら

車検と故障保証付き_中古車リース

ディーラーで中古の軽自動車を買うときの注意点

ディーラーで中古の軽自動車を買うときの注意点

さまざまな魅力を持ったディーラーですが、中古車をディーラーで購入する際にはいくつか注意点もありますので、以下で詳しく解説します。

特定のメーカーの車しか取扱いがない

ディーラーは、特約店契約をしているメーカーの車種には強いものの、それ以外のメーカーの品揃えに関しては、中古車販売店のほうが優れている場合が多くあります。そのため、とにかく多くの選択肢から車を選びたいという方は、中古車販売店のほうが、自分に合った車を見つけることができるでしょう。

ある程度、希望のメーカーや車種が定まっている場合に、ディーラーを利用するとよいでしょう。

値引き交渉は相場を調べてから

ディーラーでは、値引きが難しいのではないかと考える方が多いかもしれませんが、実際には、値引き交渉をしても問題ありません。ただ、メーカー基準の整備やサービスを行っているために販売価格が中古車販売店よりも割高になっていることが多く、値引き幅はそれほど大きくありません。

その際に参考にしたいのが、購入を検討している中古車の買取価格の相場です。販売価格から買取価格を引くことで、ディーラーの利益を予想できます。そこには整備費用や人件費も含まれます。

その上で、値引き可能な金額をある程度予想して値引き交渉を進めてみましょう。具体的な数字を提示して交渉すると、ディーラーの担当者も対応できるかどうか判断しやすいでしょう。

車両代金以外に必要な費用を把握しておく

車を購入する際は、車両本体価格以外にも、さまざまな費用がかかります。その費用をすべて合わせると、車両本体価格のおよそ10~20%程度かかるといわれています。おもな内訳は下記のとおりです。

法定費用諸費用
・消費税・車両登録代行費用
・自動車税(種別割)/軽自動車税(種別割)・車庫証明代行手数料
・自動車税環境性能割/軽自動車税環境性能割・希望ナンバー代行費用
・自動車重量税・整備費用
・自賠責保険料・納車費用
・リサイクル料金・自動車保険(任意保険)

 

このように税金や保険料以外にも、さまざまな費用がかかることがわかります。例えば、中古の軽自動車の中で人気の車種であるホンダ「N BOX」を150万円で購入する場合、法定費用と諸費用を合わせた初期費用がおよそ15~30万円かかり、総支払額はおよそ165~180万円となります。

仮に車両本体価格が安くても、各種保証をつけていくことで、想定する予算をオーバーしてしまうこともあります。また、車両本体価格が安い店舗でも、保証を含めた総支払額では他店よりも高くなるといったことも起こるでしょう。

ディーラーを利用する際は、車両本体価格だけでなく、購入に必要となる法定費用や諸費用も含めて比較検討をすることをおすすめします。

中古車リースなら法定費用・諸費用込みの月額料金だから安心!

安い中古車に安心して乗る方法

中古の軽自動車を購入する際のポイント

中古の軽自動車を購入する際のポイント

軽自動車は、普通自動車に比べて車体が軽く、耐久性が劣るという特徴があります。一般的に、エンジンは小さく、骨格も細く作られています。そういった軽自動車を中古で購入する際には、いくつか気を付けたいポイントがありますのでご紹介します。

現物や定期点検整備記録簿を確認

例えば同じ年式、走行距離であっても、常に直射日光を浴びていた車や潮風にさらされていた車は、ボディにかなりダメージを受けており、耐久性が通常の軽自動車よりも低い可能性があります。外装だけでなく内装もあわせて、劣化していないかどうか確認しましょう。

また、中古の軽自動車の場合は、前に乗っていた方のメンテナンスが行き届いていないことが多々あります。過去に車両の骨格にあたる部分の修理や交換をした履歴である修復歴とあわせて、定期点検整備記録簿をチェックし、納得して購入できるようにしましょう。

中古車市場の特徴を把握する

中古の軽自動車市場は、車の状態と価格のバランスが良いとされる4~5年落ちの中古車が少なく、価格がぐっと下がる10年落ちや走行距離10万km超えの中古車が多いという特徴があります。

新車価格がそもそも安い軽自動車を中古車で購入する場合、4~5年落ちでは新車の価格とあまり違いがない印象を持つでしょう。そのため、中途半端な年式のものを買うよりも、使い方によっては激安の古い中古軽自動車を買うのもよいでしょう。

中古の軽自動車の選び方について詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。
参考記事:『軽自動車中古の相場はピンキリ?欲しい車をおトクに見つける方法と選び方チェックポイント』

走行距離と年式のバランスに注意

車の走行距離は、年間8,000km~10,000kmが目安といわれます。中古の軽自動車を購入する際は、走行距離と年式のバランスを確認した上で、優先したい条件によってどのくらいの走行距離の軽自動車を選ぶべきかチェックしましょう。

中古の軽自動車を購入する際の走行距離の見方については、こちらをご参照ください。
『中古軽自動車の走行距離の目安は?失敗しない選び方と負担を抑えて乗る方法』

中古を買うよりおトクかも!?月々10,000円台で新車の軽自動車に乗る方法はこちら

安く手に入れる

中古の軽自動車をディーラーで買いたい!人気5車種の相場は?

ディーラーで安心して中古の軽自動車を購入したいと思う方も多いことでしょう。ここでは、中古車ディーラーで軽自動車の人気車種*1を購入する場合、およそいくらくらいになるのか*2をご紹介します。

*1一般社団法人全国軽自動車協会連合会発表の2020年1~12月販売台数上位5車種を例として取り上げています
*2中古車ディーラーに特化したサイト「D-Ucar.net」における、2021年8月26日時点の相場を記載しています

※いずれも写真は新車のものです。
※中古車リースの料金は「定額カルモくん 中古車」のものですが、在庫状況などにより変動します。

ホンダ「N BOX」

N-BOX

軽自動車の中で人気No.1の軽スーパーハイトワゴンであるホンダ「N BOX」は、室内空間の圧倒的な広さと、安全運転支援システム「Honda SENSING」標準搭載が魅力の車です。低燃費かつ高出力であることも人気の理由です。
「N BOX」のディーラーでの中古車相場は36万円~229万円となっています。

中古車リースなら「N BOX」が月額18,830円~、詳しくはこちら

スズキ「スペーシア」

スペーシア

ホンダ「N BOX」と同じく、軽スーパーハイトワゴンのスズキ「スペーシア」は、優れた燃費性能と高い安全性が魅力の車です。全高が高く開放感のある室内空間とスライドドアで乗り降りがしやすく、ファミリー層や高齢者から支持されています。
スズキ「スペーシア」のディーラーでの中古車相場は40万円~196万円となっています。

中古車リースなら「スペーシア」が月額17,500円~、詳しくはこちら

ダイハツ「タント」

タント

2003年にデビューし、軽スーパーハイトワゴンというジャンルを確立したダイハツ「タント」は、コンパクトながら広い室内空間が魅力の車です。センターピラーレスの「ミラクルオープンドア」を採用し、ファミリー層からの人気を得ています。
ダイハツ「タント」のディーラーでの中古車相場は14万円~198万円となっています。

中古車リースなら「タント」が月額19,900円~、詳しくはこちら

ダイハツ「ムーヴ」

ムーヴ

軽ハイトワゴンや軽トールワゴンと呼ばれるダイハツ「ムーヴ」は、上品なデザインと広い室内空間で老若男女問わず人気を得ています。安心の安全性能、燃費性能、走行性能を備えており、普段使いにも遠出にも対応できるので、幅広い層に長年愛されています。
ダイハツ「ムーヴ」のディーラーでの中古車相場は18万円~168万円となっています。

中古車リースなら「ムーヴ」が月額14,100円~、詳しくはこちら

日産「デイズ」

デイズ

2019年度グッドデザイン賞を受賞した日産「デイズ」は、スタイリッシュなデザインと燃費の良さが魅力の軽ハイトワゴンです。軽自動車で初めて高速道路運転支援システム「プロパイロット」を搭載し、安全性を重視する方から人気を得ています。
日産「デイズ」のディーラーでの中古車相場は33万円~190万円となっています。

中古車リースなら「デイズ」が月額13,400円~、詳しくはこちら

※いずれも写真は新車のものです。
※中古車リースの料金は「定額カルモくん 中古車」のものですが、在庫状況などにより変動します。

中古の軽自動車を買えるディーラー・販売店を検索できるサイト3選

中古の軽自動車を買えるディーラー・販売店を検索できるサイト3選

中古の軽自動車を購入する際は、近くのディーラーや販売店を直接訪れるのもよいですが、事前にインターネットを使い、評判の良いディーラー・販売店を調べておくことも大切です。ここからは、ディーラー・販売店を検索できるおすすめサイトを3つ、ご紹介します。

グーネット中古車

「グーネット中古車」は、業界最大級の中古車登録台数約40万台を誇る中古車情報サイトです。登録台数が多いので、希望の1台を見つけやすいでしょう。ディーラー・販売店から車を探すこともできますし、逆に欲しい車からディーラー・販売店を探すこともできます。

店舗によってはオンラインで商談ができるところもあります。各車両の情報量も多く、車両の状態を事前に把握しやすいことも、魅力のひとつといえるでしょう。中古車が欲しいと思ったら、まずはグーネット中古車から探すという方も多く、おすすめのサイトです。

D-Ucar.net

「D-Ucar.net」は、中古車情報サイト「カーセンサーnet」が提供しています。カーセンサーnetは、グーネット中古車と並び業界最大級の中古車掲載台数を誇るサイトですが、その中のメーカー系列ディーラーの中古車情報のみを扱っているのがD-Ucar.netです。

「利用シーンから選ぶ」など、車に詳しくない女性やファミリー層に向けてわかりやすい検索軸を採用している点が特徴です。ディーラーに特化しているので、品質の高い車両を安心して探すことができます。中古車に乗ることに不安を感じている方におすすめのサイトです。

車選びドットコム

「車選びドットコム」は、中古車掲載台数20万台以上の中古車情報サイトです。中古車ディーラー・販売店情報、中古車情報ともに、国内有数の規模を誇ります。

車種やディーラーによって多少差はありますが、車両画像の掲載点数が多く、車両ごとに最大100枚の画像が登録されています。また動画付きのページもあり、現物を見る前に車両の状態を細かく確認できるので、安心して中古車を探すことができます。サイト内のコンテンツも充実しており、初めて中古車を探すという方にもおすすめです。

初期費用や維持費が心配なら、「中古車リース」という選択肢も

初期費用や維持費が心配なら、「中古車リース」という選択肢も

中古の軽自動車は、価格が手頃とはいえ、例えば車両本体価格が80万円の場合、初期費用を含めると90万円前後のまとまった資金が必要となります。大きな出費が不安な方や、維持費が心配な方もいるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、中古車リースというサービスです。

中古車リースとは、月々一定の料金で車に乗ることができるサービスのことです。月々の料金に、法定費用や各種手数料なども含まれているため、購入時のような大きな出費がなく、家計に負担を与えずに車に乗れます。

中古車は車選びがなかなか難しい上に、納車されてすぐに故障するリスクもあります。しかし中古車リースなら、しっかり整備された車に乗れる上、修理やメンテナンス費用を補償するリースサービスを選べば、安心して乗ることができます。

ただし、中には月額料金を安く抑えて高額なボーナス払いを設定していたり、契約満了時に多額の支払いが必要だったりするリース会社もあるので、注意が必要です。次に、安心して利用できるおすすめの中古車リースをご紹介します。

取扱台数日本一*の「定額カルモくん 中古車」なら乗りたい車が見つかる!

カルモ中古車

ディーラーで中古の軽自動車を探すより手軽に、乗りたい中古車を見つけられる中古車リースとしておすすめしたいのが、中古車の取扱台数日本一*を誇る「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」です。ここからは、「定額カルモくん 中古車」の6つの特徴をご紹介します。

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

取扱台数が多いから欲しい車が見つかる

取扱台数が多い上に在庫が毎朝追加されるので、走行距離や年式など、好みの条件から欲しい車を見つけやすい中古車リースといえるのではないでしょうか。中古車選びにこだわりたい方におすすめです。

全車故障保証1年、車検2年付き

故障が心配な中古車ですが、定額カルモくん 中古車は全車に1年間の故障保証がついており、24時間365日、故障受付に対応しています。車検も2年ついているので、修理やメンテナンスにかかる費用の心配をせずに乗り始められます。

頭金0円、ボーナス払い0円の完全定額制

初期費用がかからず、頭金やボーナス払いの設定もないので、家計の見通しが立てやすくなります。

契約満了時の残価精算なし

契約満了時の車の価値にかかわらず、残価精算が発生しないので、契約満了時に支払いがなく安心して乗り続けられます。

走行距離が無制限

走行距離制限を設けている中古車リースが多い中、定額カルモくん 中古車では、走行距離制限がないので、安心して遠出のドライブや旅行に出掛けることができます

メンテナンスプラン加入で車がもらえる

メンテナンスプランに加入すると、車検などの維持費も月額料金に含めて支払える上に、そのまま車をもらってマイカーにするか契約満了時に返却するかを選べます。

乗りたい車に月々いくらで乗れるのか確認したい方はこちら

料金をチェック

中古の軽自動車に安心して乗る方法を探そう

中古の軽自動車を購入する際は、ディーラーか中古車販売店で購入するのが一般的ですが、特にディーラーの場合は車両の品質が良く、保証内容も充実している傾向があります。そのため、初めての中古車購入で勝手がわからないという方は、まずは希望のメーカーや車種を決め、ディーラーから探すようにするとよいでしょう。

また、出費や保証に不安がある、できるだけ多くの車種から選びたいといった方には、カーリースで中古の軽自動車に乗るのもおすすめです。

中古車リースであれば、月々の支払額が一定のため家計の見通しが立てやすく、「定額カルモくん 中古車」のように故障保証や車検がついたリース会社もあるため、初めて中古車に乗るという方にも安心です。

安心して中古車に乗れる「定額カルモくん 中古車」の詳しい情報はこちら

車検と故障保証付き_中古車リース

よくある質問

Q1:中古の軽自動車はディーラーで買える?

A:買えます。選べる車種の多さや価格においては、中古車販売店のほうが魅力的に見えますが、ディーラーはメーカー指定のメンテナンス対応基準等があり、高品質の中古車を扱っています。また、アフターサービスも充実しているので、普通車よりも故障のリスクが高い中古の軽自動車を初めて購入する方には、ディーラーをおすすめします。

Q2:中古の軽自動車をディーラーで買うときの注意点は?

A:取扱車種が少ない傾向があるので、多くの車種から選びたい方には向かないでしょう。値引き交渉をしたい場合は、気になる車種の買取相場を調べておくと、ディーラーの利益を想定しながら交渉を進めることができます。また、購入する際は、車両本体価格以外に、その10~20%程度の初期費用がかかることにも留意しておきましょう。

Q3:購入する以外で、お得に中古の軽自動車に乗る方法はある?

A:カーリースという方法があります。諸々の費用を含めた上で、月々定額で車に乗ることができるサービスなので、高額な初期費用が必要ありません。定額カルモくん 中古車なら、豊富なラインナップから好きな軽自動車を選ぶことができ、全車に故障保証と車検がついているので、安心して車に乗ることができるでしょう。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

安い中古車