格安カーリースってどうなの?リース会社の選び方やメリットを紹介

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

車を定額制で利用できるカーリースですが、最近では格安・激安をうたうカーリース業者も増えてきました。カーリースを利用しようという方の中にはそれらのサービスを「安かろう悪かろうなのでは?」と、不安に思う方もいるのではないでしょうか。ここでは、「マイカーを持つのは維持費が心配だけど、マイカーライフを楽しみたい」という方のために、カーリースのメリットや必要な費用、リース会社の選び方などについてご紹介します。

カーリースとは?

カーリースとは、車を購入するのではなくリース会社が購入した車を定額制で借りるサービスのことです。カーシェアやレンタカーを使うのは手間がかかるけど、マイカーを持つほどお金もかけたくないという方に適しています。
まずは、カーリースのメリットや費用のシミュレーションなどをご紹介しましょう。

カーリースのメリット

カーリースの大きなメリットとしてあげられるのは、安くマイカーライフが楽しめるという点ですが、他にもさまざまなメリットがあります。

  1. 定額制で利用できる
    車を持っていると、車検代金や税金を支払うタイミングが来ますし、修理代や点検など、急な出費も多くなりがちですが、カーリースであれば月々定額で利用することができるので、月によって出費が多いなどということにはなりません。また、頭金や初期費用もかかりませんから、家計管理がしやすくて安心です。
  2. 新車が選べる
    カーリースはカーシェアやレンタカーとは違い、誰かが乗った車ではなく、新車に乗ることができます。また、選べる車種数が少ないと思っている方もいるかもしれませんが、国産メーカーの人気車種を揃えているリース会社が多いので、好きな車種やカラー、グレードを選ぶことができます。
  3. 自分だけの車になる
    レンタカーとは違って「わ」ナンバーにはなりませんから、見た目で借りた物と思われることはありません。また、カーシェアの様に何人かで使うわけではありませんので、予約時間の制限や、誰かに借りられていて乗れないなどということはなく、好きなときに必ず車に乗ることができます。
  4. 乗り換えがしやすい
    車は大きな買い物なので、新車から新車へ乗り換えるのは簡単ではありませんが、カーリースであれば契約期間満了で廃車や買取などの手間もかからずスムーズに乗り換えることができます。

月々の支払いシミュレーション

支払いが定額制になるカーリースの月々の支払いはどのようになるのか。マイカー賃貸「カルモ」で人気の軽自動車、ホンダ「N BOX」を契約した場合の支払い金額をシミュレーションしてみましょう。

・購入条件

賃貸期間9年
カーナビあり
メンテナンスプランゴールド
頭金・ボーナス払いなし

・定額料金の内訳(2019年4月の情報です)

月額車体料金20,520円
メンテプランオプション(ゴールド)4,380円
カーナビ831円
ネット割△300円
月額合計27,135円

※すべて税込価格表示

人気の格安カーリース会社を厳選!

格安で利用できるカーリースは、たくさんのリース会社が運営しています。どのリース会社を選べばいいかわからないという方のために、それぞれのリース会社の特徴や利用できる車種、契約年数などをご紹介します。

カーコンカーリース「もろコミ」

カーコンビニ倶楽部が運営するカーリースサービス「もろこみ」は、リースの際に設定することの多い残価の設定がありません。そのため、車両代金をすべて月額で支払うことになります。また、契約満了時に車がもらえるのも「もろこみ」の特徴です。さらに、契約年数は、利用期間は短く支払い金額を抑えたい方向けの7年契約「もろコミ7」、長く安く車に乗りたいという方には9年契約の「もろコミ9」がおすすめです。車種は、軽自動車から普通車、商用車まで幅広くそろっています。

ニチゴカーリース

カーリースは通常年単位でのリースが多いですが、ニチゴカーリースでは月単位でのリースが可能となっています。最短1ヶ月から好きな期間での契約が可能。自社の整備工場で状態の良い中古車を整備しているため、月額15,000円〜という値段でサービスが提供されています。また、対象エリアは関東エリアのみ、取り扱い車種は軽自動車がメインとなっています。

オリックス自動車「いまのり」「ワンプライス中古車リース」

オリックス自動車が提供するカーリースは、新車の「いまのり」と中古車の「ワンプライス中古車リース」の2種類があります。新車リースのいまのりには、9年契約の「いまのりナイン」、7年契約の「いまのりセブン」、5年契約の「いまのりくん」があります。また、個人向けのリースサービス「ワンプライス中古車リース MyCar」は、中古車をメインとしているため月々の支払い金額が安く提供されています。新車も中古車も、軽自動車からセダン・クーペまで幅広く、豊富なメーカーや車種から選ぶことができます。

JUCのカーリース

車販売代理店のJUCが提供するカーリースは、任意保険料も月額費用に含まれているのが特徴です。また、契約満了時の残価の開示がされているため、最終的な買取価格が明確になっています。JUCのカーリースは、契約期間やプランから選ぶのではなく、月々8,800円(税別)や19,800円(税別)など、毎月の支払額から選ぶことができます。

マイカー賃貸カルモ

ナイル株式会社が提供するマイカー賃貸「カルモ」は、申し込みから納車までインターネットで完了、ご自宅に新車をお届けします。契約期間はライフプランに合わせて、最短1年から9年まで好きな契約期間を選ぶことができます。また、主要国産メーカーの人気車種が揃っているので選択肢も多く、カラーやオプションなども選択が可能です。さらに、残価はクローズエンドといって、契約終了時の買取金額が変わらない設定になっているので、「価値が下がったからその分は支払ってもらう」などということがおきません。

リース会社はどうやって選べばいい?

車を定額制で使えるという点は、どこのリース会社も共通ですが、格安で提供されているサービスも多いため、選び方がわからないという方もいるのではないでしょうか。リース会社選びでは、欲しい車種があるかどうかはもちろん、車がもらえるかどうかや契約年数の選択肢などがリース会社選びのポイントとなります。

車がもらえるかどうか

カーリースは、簡単に乗り換えができるが、最終的に車を手放さなくてはいけないのがデメリットといわれてきました。
しかし、最近では契約期間満了後に車がもらえるサービスも多いので、これもまたリース会社選びのポイントとなりそうです。

契約期間の選択肢があるか

リース会社の多くは決まった契約年数のプランから選択することになりますが、自由に設定できるリース会社もあります。そのため、選択肢が多いリース会社のほうが、より自分のライフプランに合わせることができます。

メンテナンスサービスがあるか

カーリースで心配なのが、傷をつけてしまったときのこと。点検や車検などと合わせて、修理費も定額になっているサービスを選んでおくと、修理費などの心配もなく安心です。

格安カーリースならカルモがおすすめ!

さまざまなカーリース会社をご紹介しましたが、ナイル株式会社が提供するマイカー賃貸「カルモ」なら、月々の支払い金額もおさえながら、メンテナンスやサポートも充実したサービスを受けることが可能です。また、車種ごとにグレードやカラー、ETCやナビなども定額制のオプションでつけることができるので、自分好みにカスタマイズしながら、マイカー感覚でカーリースを利用することができます。
そして、2019年2月より、契約年数や車種などの条件を満たしていれば車をもらうことができる「もらえるプラン」もスタート。「カルモ」は、自分らしくカーライフを楽しみたい方におすすめのカーリースサービスです。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「格安カーリースってどうなの?リース会社の選び方やメリットを紹...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【燃費・走り】ヴォクシーの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【ライバル対決】「日産ノートvsトヨタアクア」ベストセラーコンパクトカーはどちらが買いか?

【徹底レビュー】「ホンダS660」世界でただひとつの軽オープン2シーターミッドシップスポーツカー

【徹底レビュー】「トヨタハリアー」依然として魅力を放つ日本専用プレミアムSUV

【徹底レビュー】「トヨタシエンタ」使い勝手が光る、コンパクトミニバンのベストセラー

【徹底レビュー】「トヨタプリウス」熟成が進むハイブリッドのベストセラー

【試乗記】「三菱eKクロス」プレミアムといってもいい軽SUV

【試乗記】「三菱eKワゴン」激戦の軽ハイトワゴンで光る実力!

【グレード情報】CX-5のグレードをリサーチ!

【燃費・走り】ホンダフリード+の実燃費とカタログ燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP