カローラスポーツのグレードをリサーチ!

カローラスポーツのグレードをリサーチ!

出典:トヨタ「カローラスポーツ」デザイン・スタイル

この記事は、 5 分で読めます。

車のグレードはよくわからないから値段で選ぶ、またはおすすめされたものを選ぶという方も少なくないようです。それもひとつのグレード選びの方法ですが、車の使用用途や好みは人によってさまざまです。
満足のいくカーライフを手に入れるためには自分に合ったグレードを選びたいもの。グレード選びの第一歩はグレード別の装備内容を把握することから始まります。
ここではトヨタ「カローラスポーツ」のグレード別の装備内容について詳しくご紹介します。

カローラスポーツ

カローラスポーツのグレード構成

カローラスポーツには1.8Lガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムと1.2Lターボガソリンエンジンの2つのパワートレインがラインナップされています。

グレードはいずれも「G“X”」「G」「G“Z”」の3種類。非常にシンプルでわかりやすいグレード構成です。

ここからカローラスポーツのグレード別の装備を見ていきましょう。

先進安全装備やコネクティッド機能も標準装備の「G“X”」/「HYBRID G“X”」

先進安全装備やコネクティッド機能も標準装備の「G“X”」/「HYBRID G“X”」

出典:トヨタ「カローラスポーツ」価格・グレード

カローラスポーツはこれからの新しい車の時代を象徴する「初代コネクティッドカー」と位置付けられており、全車に専用通信機DCMを搭載し、さまざまなコネクティッド機能が使用できるのが特徴です。

トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車標準装備していることからも先進性に力を入れていることがうかがえます。カローラスポーツのToyota Safety Senseにはプリクラッシュセーフティ、レーントレーシングアシスト、レーダークルーズコントロール、オートマチックハイビーム、ロードサインアシストの5つの機能が含まれます。

3点式のLEDヘッドランプにLEDターンランプ、LEDクリアランスランプが装備され夜間の視認性にも配慮されています。リアのコンビネーションランプもLEDを使用。フロント・リアともにこのグレードではフォグライトは付属しません。

ステアリングにはオーディオやマルチインフォメーションディスプレイ、一部安全性能などを操作できるスイッチが装備されます。マルチインフォメーションディスプレイは4.2インチです。

エアコンはオートエアコンですがスマートエントリー&スタートシステム、乗車するたびに幻想的な光でオーナーを迎え入れるイルミネーテッドエントリーシステムなどの快適装備も搭載されています。

フロントロアグリルやフロントフォグランプベゼル、センターピラーガーニッシュなどはブラックでシンプルにまとめられ、ホイールは15インチのスチールホイールが採用されました。

エクステリアの質感がアップする「G」/「HYBRID G」

エクステリアの質感がアップする「G」/「HYBRID G」出典:トヨタ「カローラスポーツ」価格・グレード

このグレードではフロントロアグリルのフレームはつやのあるガンメタリック塗装に、メッシュ部もガンメタリックの半艶塗装になるのに加えてフロントフォグランプベゼルがつやありブラック塗装、ドアウィンドウフレームモールディングがメッキになるなどエクステリアの質感が大幅にアップします。

ホイールも16インチのアルミホイールになり、足元にも迫力をプラス。

そのほかにはステアリングホイールが本革巻きになり、インテリアのシルバー塗装やサテンメッキ加飾が追加されるなど「G“X”」よりも高級感のある仕上がりが特徴です。

快適装備はエアコンが左右独立温度コントロール機能のついたフルオートエアコンになるほかは「G“X”」と同様の装備内容になっています。

AVSが選択できる最上級グレード「G“Z”」/「HYBRID G“Z ”」

AVSが選択できる最上級グレード「G“Z”」/「HYBRID G“Z ”」出典:トヨタ「カローラスポーツ」価格・グレード

最上級グレードの「G“Z”」ではフロントロアグリルのフレーム部がサテンクロムメッキ、リアバンパーもクロムメッキ塗装が施されホイールも18インチの切削光輝ダークメタリック塗装のアルミホイールになるなど、他グレードとは明らかに差をつけた豪華でシャープさを感じさせるエクステリアが魅力的です。ヘッドランプも1灯の光源でハイビームとロービームを切り替えるBi-Beam LEDヘッドランプにグレードアップしています。

インテリアでは専用のスポーツシートが採用。マルチインフォメーションディスプレイは7.0インチの大画面になり、操作性や視認性も向上しました。

またカローラスポーツではこの「G“Z”」でのみAVSがオプション設定されています。AVSは走行環境や運転状態に応じてショックアブソーバーの減衰力を独立して制御し、いかなるシチュエーションでも滑らかな乗り心地と安定感を実現するシステムです。

そのほかにもヘッドアップディスプレイや5段階のドライブモードセレクト、非常時給電システム付きのアクセサリーコンセントもこのグレードのみのオプションになっています。

カルモで車を探す

カローラスポーツのおすすめグレードはアルミホイールの装備される「G」/「「HYBRID G」

カローラスポーツでは先進安全機能やコネクティッド機能はグレードに関わらず全車標準装備なので、基本的な性能はそれほどグレードによる差はないといっていいでしょう。

エクステリアとインテリアに差が見られますが、ロー&ワイドなボディを持ちスポーティなスタイルのカローラスポーツにスチールホイールは少し寂しいかな、という印象が否めません。

その点を考慮すると必要十分な機能を備え、16インチのアルミホイールが装備される中間グレードの「G」がおすすめだといえるでしょう。

走りにこだわりたい方にはAVSや5段階のドライブモードセレクトが選択できる「G“Z”」がいいかもしれません。

自分のこだわりや譲れない部分を明確にして、必要な装備がそろった最適なカローラスポーツを選んでください。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

トヨタ カローラスポーツ の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタ カローラスポーツの記事

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

カテゴリから記事を探す

カーニュース

試乗記

車種カタログ

賢く車に乗る

タグから記事を探す