300万円の車をローンで買うと返済額はいくら?シミュレーションと前知識

300万円の車をマイカーローンで買った場合の月々の返済額は?

この記事は、 16 分で読めます。

車をローンで購入するにあたり、気になるのは月々の返済額です。車種やグレード、安全性能やオプションなど、こだわるほどに車の価格は高くなるため、できれば妥協したくない半面、毎月きちんとローンを返済していけるか不安に感じる方も少なくないでしょう。
そこで、カーローンの基本や借入額別のシミュレーションを通して、車のローンを賢く利用するポイントをわかりやすく解説します。
また、ローンを組まず、貯金も崩さずに憧れの車に乗る方法についてもご紹介します。

新車を1万円

【この記事のポイント】
✔車のローンを組む前に、返済額、利息、利用方法について知っておこう
✔100万~300万円で買える車と返済シミュレーションを紹介
✔賢くローンを組むためのポイントは4つ

車のローンを申し込む前に知っておきたいローンの基本

自社ローン

カーローンは、ローン会社に車の購入資金を立て替えてもらい、分割で返済していく支払い方法です。ローンを利用することで、手元にまとまった金額がなくても車を購入できるようになります。
まずはカーローンを利用する際に知っておきたい基本的な情報についてみていきましょう。

カーローンの返済額

カーローンの返済額は、借入額に利息を足した金額を借入期間で割って算出します。
利息は、返済時の借入残高に対して契約時に設定された利率を掛けてその都度決まるため、借入残高が少なくなるにつれて減っていく一方、借入期間が長くなるほど負担する利息の総額は高くなります。

一本化用返済方法

なお、返済方式には「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があり、どちらを選ぶかで月々の返済額は変わります。

元利均等返済

元金と利息の割合を調整して、毎月の返済額を均一にする返済方法です。多くのカーローンでは元利均等返済が用いられます。
返済額が一定なことで家計管理がしやすいというメリットがありますが、元金の減るスピードが遅いため、元金均等返済に比べて利息の総額が高くなる傾向があります。

元金均等返済

均等額にした元金に利息を足して返済する方法です。毎月の返済額は利息の額によって変わり、開始当初は高額になるものの、回数を重ねるごとに下がっていきます。
元金がコンスタントに減ることで金利総額が抑えられる点がメリットですが、初期は毎月大きな金額を返済しなければならないため、家計の状況や高額な出費の予定などを含めて慎重に判断する必要があります。

カーローンの利息

借入金と併せて返済する利息は、契約時に設定される金利によって変わります。また、金利には「変動金利」と「固定金利」があり、どちらにするかで月々の返済額や利息総額が変わってきます。ローン会社によって、選べる場合とあらかじめ決められている場合があります。

変動金利

変動金利は世の中の経済状況に合わせて利率が変わります。
利率は固定金利より低く設定されていますが、景気が良くなると利率も上がって、負担が大きくなるリスクがあります。

固定金利

固定金利は、契約時に決めた年数のあいだは一定の利率が適用されます。
世の中の景気に左右されにくい一方で、変動金利よりも高めの利率となっているため、金利相場が下がった場合でも高い金利のまま払い続けることになります。

ローンの利用方法

ローンを使って車を購入する方法は、大きく分けて「フルローン」と「頭金+ローン」の2つがあります。
フルローンは車両代金の全額をローンで支払うため、手元の現金が少ない場合や、貯金を崩したくない場合などに適しています。
一方、頭金と併せてローンを利用する場合は、頭金を多く用意するほど借入額を低めに抑えられるので、月々の返済額や利息総額を下げられます。また、ローンを借入れ上限いっぱいまで借りた場合でも、頭金を合わせることでローンを組める金額よりも高い車を購入することも可能になります。

ローン返済額は月々いくら?借入額別シミュレーション

実際にローンを組んだ場合の支払い総額や月々の返済額は、ローンの金利と借入額、借入期間によって変わってきます。車両価格100万~300万円のあいだで100万円ごとのシミュレーションを行い、どれくらい違いがあるかを比べてみましょう。
なお、いずれのシミュレーションも、元利均等返済で固定金利、ボーナス払いなしとして、金利は3%と5%、借入年数は3、5、7年のケースでみていきます。

100万円のローンを組んだ場合の返済シミュレーション

ミライース

100万円で購入できる車は、ダイハツ「ミライース」やスズキ「アルト」など軽自動車が中心です。頭金を30万~50万円ほど用意すれば、スズキ「ハスラー」やホンダ「N-BOX」といった人気の軽自動車や、日産「ノート」などのコンパクトカーも購入できます。
なお、頭金なしでも、中古車であればコンパクトカークラスの普通自動車に乗れる可能性があります。

金利借入年数月々の返済額返済総額利息の総額
0.033年29,081円104万6,922円46,922円
5年17,968円107万8,120円78,120円
7年13,213円110万9,913円10万9,913円
0.053年29,970円107万8,950円78,950円
5年18,871円113万2,270円13万2,270円
7年14,133円118万7,242円18万7,242円

 

100万円のローンを組んだ場合、借入年数が5年以上であれば月々の返済額は10,000円台になります。
借入年数3年では月々の返済額が30,000円近くになりますが、利息総額は金利3%で50,000円以下、金利5%でも10万円以下に抑えられます。

200万円のローンを組んだ場合の返済シミュレーション

ヤリスクロス

200万円では、コンパクトハイブリッドカーのトヨタ「アクア」をはじめ、ミニバンのトヨタ「シエンタ」やSUV車のトヨタ「ヤリス クロス」など、購入できる車種の幅が広がります。中古車であれば外国車の購入も可能です。頭金を出せば、グレードを上げたりオプションをつけたりすることもできます。

金利借入年数月々の返済額返済総額利息の総額
0.033年58,162円209万3,847円93,847円
5年35,937円215万6,240円15万6,240円
7年26,426円221万9833円21万9,833円
0.053年59,941円215万7,903円15万7,903円
5年37,742円226万4,545円26万4,545円
7年28,267円237万4,491円37万4,491円

 

200万円の借入れでは月々の返済額が20,000~30,000円台になるケースが多く、借入期間次第で家計とのバランスが取りやすい返済額に調整できる金額といえるでしょう。
利息の総額も金利や借入年数で大きく変わるため、トータル的にみて検討するのがポイントになります。

300万円のローンを組んだ場合の返済シミュレーション

ハリアー

300万円になると、国産車ではトヨタ「ハリアー」やスバル「フォレスター」といった高級SUV車や、ホンダ「ステップワゴン」などのミドルクラスミニバン、外国車ではフォルクスワーゲン「Golf」やMINI「ONE」などを新車で購入できます。頭金を用意することでより高級な車種も選択できますが、借入金を減らすために利用するのもおすすめです。

金利借入年数月々の返済額返済総額利息の総額
0.033年58,162円209万3,847円93,847円
5年35,937円215万6,240円15万6,240円
7年26,426円221万9833円21万9,833円
0.053年59,941円215万7,903円15万7,903円
5年37,742円226万4,545円26万4,545円
7年28,267円237万4,491円37万4,491円

 

300万円の借入れになると、月々の返済額は金利3%でも40,000~90,000円ほどになります。利息総額も、金利5%で借入期間を7年にすると約56万円と高額になるため、借入年数の検討は慎重に行う必要があるでしょう。

Q4. ローンのお支払額は妥当ですか?

シミュレーションの結果を見て、例えば人気SUV車のハリアーを購入したいと思っても、月々約40,000~90,000円の返済額では手が出しにくいと感じた方も多いのではないでしょうか。
実際、カーリースの定額カルモくんが車を所有している全国の男女390人を対象に行った独自調査によれば、月々の支払金額が40,000円の方は9.1%、50,000円は9.6%、10万円に至っては6.4%とごくわずかで、20,000~30,000円が5割以上を占める結果となっています。
それでも支払額は「もっと少ないほうがいい」と回答した方は51.2%に上り、ハリアーを購入できるだけのローンを組んだ場合の月額料金では、大きな負担に感じる方が少なくないことがわかります。

しかし「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、ハリアーの新車に月額39,600円(税込)から乗ることができます。しかも、月額料金には購入時に必要な登録諸費用が含まれている上、頭金もボーナス払いも必要ありません。定額カルモくんであなたの欲しい車種がいくらになるのか、こちらからチェックしてみましょう。

欲しい新車いくら

カーローンでは借入れできる上限額に注意

カーローンで借入れできる金額は、ローンの種類や利用者の属性、過去の信用情報や現在の借入れ状況などによって変わってきます。
仮に借入れ可能額が「10万円以上500万円以内」となっているカーローンであっても、希望すれば誰もが500万円まで借りられるわけではないのです。

カーローンが好きな金額で借りられない理由

カーローンの申込みには、「前年度税込年収(個人事業主の場合は所得金額)が200万円以上で、年金以外の安定した収入がある方」「本ローンを含めた無担保総借入額が前年度税込年収の50%以内」といった条件があります。これらの条件に満たない場合は、当然申込みができません。
さらに、ローンの契約を結ぶ前に審査があり、希望する借入額や内容が、申込者の年収や返済能力に見合うかの確認も行われます。その審査によって、ローンを組めるかどうか、組める場合は借入れ限度額や金利がどれくらいになるかが決まります。
そのため、300万円を希望していても、条件次第では200万円までしか借入れできないといったこともありえます。

カーローンの借入れ上限額はどのように決まる?

借入額を決める際の条件はローン会社によって異なります。ただ、多くの場合、手取り年収に占める年間の返済額の割合を示す返済負担率が25~35%ほどに設定されています。例えば前年度の手取り年収が300万円であれば、組めるローンの月々の返済額は62,000 ~87,000円程度になるでしょう。ただし、住宅ローンなどの返済があると、借入れできる金額が下がる場合があります。
その点、定額カルモくんは利用する期間の使用料を支払って車に乗るしくみのため、借入れにはなりません。利用には審査がありますが、カーローンのように返済負担率が影響する心配はなくなります。
まずはこちらのクイック審査で、審査に通るか確認してみましょう。

まずは審査

車のローンを賢く利用するための4つのポイント

ローンを使えば欲しい車を手に入れやすくなりますが、計画的に利用しないと、家計を圧迫したり、途中で返済できなくなったりする可能性があります。
可能な限り利息総額を少なくして家計への負担を抑え、完済まで無理なく返済していけるローンを組むためには、次の4点を意識するのがポイントです。

1. 返済プランを立てる

車のローンは数年にわたって返済していくため、毎月の返済額は無理なく支払える範囲であることが大切です。まずは家計の収支を確認し、月々の返済にあてられる金額を明確にしましょう。
次に、その金額を払い続けられる年数を考えます。車をどれくらいの年数利用したいかに加え、大きな出費を伴うライフイベントや家族の予定なども考慮し、必要があれば返済額の見直しも行います。
月々の返済額と借入期間の目安が決まったら、銀行のホームページなどにあるシミュレーションソフトを利用して借入れ可能な金額を割り出します。それにより、無理なく返済できる借入額が判明します。

2. 登録諸費用や維持費も考慮する

ローンの希望額と併せて意識したいのが、登録諸費用と維持費です。

登録諸費用

車を購入するときは、車両本体代金のほかに税金や手数料といった登録諸費用が必要です。予算を組む際は、車両価格と登録諸費用を合わせた金額で検討しましょう。登録諸費用は車種や新車か中古車かによっても変わってきますが、車両価格の2割程度を見込んでおくと安心です。
また、登録諸費用もローンに含めるのか、ローンは車両代金のみで、登録諸費用は現金で用意するのかといったことも考えておく必要があります。

維持費

車は購入後にも一定の費用がかかります。
車を維持する上で必要な費用には、ガソリン代や駐車場代のほか、毎年の自動車税(種別割)や法定点検費用、新車登録後3年目と以降2年に1回受ける義務がある車検費用、消耗部品の交換をはじめとするメンテナンス費用や故障した際の修理費などがあります。
車の維持費は利用頻度や乗る環境、車種などによって異なるものの、年間で10万円単位の出費になるケースが大半です。自身の環境からどれくらいの金額が必要になるかを試算し、維持費とローンの返済額を合わせた金額が無理なく払い続けられるように検討しましょう。

3. 頭金の額と使い方を考える

頭金を用意すれば、ローンの借入額を減らしたり、車種やグレードのランクアップをしたり、オプションを追加したりできるようになります。一方で、数十万円の大きな出費となるため、家計に影響する可能性があります。また、中古車の場合は、車の状態によって購入後に大きな修理費が必要になるリスクもあります。
頭金を用意するときは、もしものときにも対応できる余力を残して金額を設定することが大切です。
その上で、どのように使うのかを考えて返済額を検討しましょう。
なお、ローンの中には頭金を用意しなければ利用できないものもあるため、事前に確認しておくことが大切です。

4. ローンの種類を選ぶ

カーローンには、大きく分けて「銀行系ローン」「ディーラーローン」「自社ローン」「残価設定クレジット型ローン」という4つの種類があります。それぞれの特徴を把握し、自身に最も適したローンを選ぶことで、無理のない返済がしやすくなります。

銀行系ローン

メガバンクや地方銀行のほか、信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンクなどの金融機関が提供しているカーローンです。ほかのローンに比べて審査がきびしめですが、金利は1.5~4%と低いのが特徴です。変動金利型と固定金利型があります。

ディーラーローン

特定のメーカーの車だけを販売する特約店であるディーラーが信販会社を通じて提供するカーローンです。銀行系ローンに比べて手続きにかかる時間が短く、審査もやや通りやすい傾向があります。一方、金利は銀行系ローンより高めに設定されていることが多いです。

自社ローン

自動車の販売店が提供しているローンです。利用者は、販売店に車の代金を立て替えてもらった上で、その代金を毎月返済していくというしくみです。信販会社を通さない分、銀行系ローンやディーラーローンに比べて審査に通りやすい傾向があります。

残価設定クレジット型ローン

残価設定クレジット型ローンとは、購入する車を、3年後や5年後に下取りに出して乗り換えることを前提としたローンのことで、ディーラーや自社ローンで選択できることがあります。購入時の価格から、数年後の下取り価格をあらかじめ差し引き、残額を分割で返済するしくみになっています。支払い総額は、3年の場合で車両価格の50~60%、5年の場合で70~80%ほどになるので、月々の返済額はほかのローンに比べて大幅に安くなるのが特徴です。ただし、予定価格で下取りしてもらうため、下取り時の車の状態によっては差額を請求されることがあります。また、走行距離の制限があったり、自分好みにカスタマイズできなかったりするなど制限があります。

月々10,000円台の支払いで、頭金不要で憧れの車に乗る方法

車は購入にも維持にもお金がかかるため、ローンや頭金は慎重に検討しなければなりません。しかも、ローンの借入れ上限が希望額に達しなかったり、頭金や初期費用を用意するゆとりがなかったりする場合、欲しい車の購入は難しくなるでしょう。
しかし、購入だけが好みの車に乗る方法ではありません。
「カーリース」を利用すれば、頭金不要で、初期費用も維持費も現金で用意する必要なく、月額料金だけで車に乗ることが可能になります。

カーリースは定額制で新車に乗れる車の新しい利用方法

定額カルモくんの仕組み

カーリースとは、利用者が選んだ車をリース会社が購入し、契約期間を設定して、毎月一定の料金で利用者に貸し出すしくみのサービスです。定額制の動画配信サービスなどと同じ車のサブスクリプションサービスとして、近年注目を集めている車の新しい利用方法になります。

月々支払

月々の料金は、基本的に「(実際の車両価格-契約期間満了時の残価)÷支払い回数」で決まります。また、月額料金には、自動車税(種別割)や自賠責保険料、環境性能割、自動車重量税、事務手数料なども含まれているため、登録諸費用や維持費を月額料金と別に用意する必要なく、安定した支出で車に乗り続けられるようになります。

支出不安定
ずっと定額

月額料金に含まれない車検基本料や法定点検の費用も、オプションのメンテナンスプランなどを利用すればすべて月額定額料金としてまとめることが可能です。

もっと詳しくカーリースのことを知りたい方はこちら

定額カルモくんなら月額10,000円台から新車に乗れる!

カルモくんでできること

カーリースの人気に伴い、たくさんのリース会社でサービスが提供されていますが、その中でも定額カルモくんは、顧客対応満足度98.6%(2019年12月~2020年4月までの定額カルモくんご契約者様を対象としたアンケート)を誇る、今最も話題のカーリースです。
人気の理由は次のような充実した独自のサービスにあります。

定額カルモくんのおもなサービス

  • 国産メーカーの全車種全グレードから好きな車種を選べる
  • 頭金もボーナス払いも不要で、月額10,000円台から新車に乗れる
  • 車種選びから申込みまでオンラインで完結するから簡単でスピーディー
  • 一部の車種では1ヵ月以内の即納が可能
  • メンテナンスは全国30,000店舗以上の提携大手事業者から好きなところを選べる
  • 残価精算のないクローズドエンド契約で、契約満了時の追加請求の心配がない
  • 「乗り放題オプション」をつければ契約満了時に車がもらえる
  • メンテナンスプランでメーカー保証と同程度の延長保証が受けられる

このほかにも、安心して車を利用できるサポートやサービスが充実しています。

カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

カルモくんなら新車が

リースはローンのように審査があります。審査に通るかまずは試してみてはいかがでしょうか?

一本化お試し審査ソーシャル

ローン以外の選択肢を持つと、安くお得に車に乗れる

カーローンを組む際には、必ず事前にシミュレーションを行い、ゆとりを持って返済できるか確かめることが大切です。また、利息や頭金、車両代金のほかに必要となる登録諸費用、車を維持する上で必要になる費用なども考慮して検討しなければなりません。

これらも踏まえてローンの返済計画を立てるとともに、月額料金だけで車に乗れるカーリースなど、購入以外の選択肢を増やすことが最もお得に車に乗るためのポイントになります。まずは欲しい車に維持費も込みでいくらから乗れるのか、ローンの月額料金と比べるところから始めてみましょう。

欲しい新車いくら

よくある質問

Q1:マイカーローンではどの程度の金額まで借りられるの?

A:マイカーローンで借入れできる金額は、ローンの種類や利用者の年収、勤続年数や過去の信用情報などによって変わります。金融機関によって借入れ条件は異なりますが、カーローンでは年収の30~40%程度を上限として設定しているケースが多くなっています。

Q2:300万円の車を購入したら、毎月どの程度の支払いが必要?

A:カーローンの月々の返済額はローンの金利と借入れ総額、返済期間によって異なります。金利3%で300万円の車を購入した場合、返済期間が3年で月額87,243円、5年で月額53,906円、7年で月額39,639円となります。なお、返済額のほかにガソリンや駐車場、保険や税金、車検などの維持費も必要です。

Q3:ローンの支払いが不安な場合はどうしたらいい?

A:車を購入することにこだわらなければ、月々定額の使用料だけで長期間車を借りられるカーリースがおすすめです。頭金やボーナス払いもなく、税金や自賠責保険料なども含まれているので、車に関する費用のほとんどを定額制にできます。定額カルモくんなら、月額10,000円台から新車に乗ることができます。

カルモマガジンでは車生活に役立つ情報やガソリンチケットプレゼントなどのお得情報、最新の車情報などをメルマガにて配信しています。

一本化_メルマガ登録

※記事の内容は2021年1月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr