ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

全車にディスプレイオーディオを標準装備!先進性が自慢のカローラのグレードをチェック!

全車にディスプレイオーディオを標準装備!先進性が自慢のカローラのグレードをチェック!

出典:トヨタ「カローラ」ギャラリー

車はグレードによって仕様が異なる場合がほとんどです。そのためグレードは慎重に選ばないと必要な装備が搭載されておらず不便を感じてしまったり、逆に必要のない装備が多く無駄に感じてしまったりすることになりかねません。

ここではトヨタ「カローラ」のグレード選びに悩む方のために、グレードごとの特徴をわかりやすく解説します。

【この記事のポイント】
✔カローラのグレードは「G-X」」「S」「W×B」の3種類
✔エントリーグレード「G-X」をベースとした特別仕様車の設定あり
✔コストパフォーマンスの良い特別仕様車「G-X “PLUS”」がカローラのおすすめグレード

カローラ

カローラのグレード構成

カローラでは1.8Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドと1.8Lガソリンエンジン、そして1.2Lダウンサイジングガソリンターボエンジンの3つのパワートレインを用意しています。

ハイブリッド車と1.8Lガソリンエンジン車のグレード構成は共通で「G-X」「S」「W×B」の3種類であり、価格はこの順に高くなります。1.2Lガソリンターボエンジンはグレード構成が異なり、「W×B」1種類となっています。なお、4WD車の設定があるのはハイブリッド車のみです。

このほかに特別仕様車として「G-X」をベースとした「G-X “PLUS”」の設定があります。

カローラのグレードごとの特徴

ここからは、カローラのグレードことの装備内容を見ていきましょう。

装備内容をしぼり価格も抑えたエントリーグレード「G-X」

装備内容をしぼり価格も抑えたエントリーグレード「G-X」出典:トヨタ「カローラ」価格・グレード

カローラの中で最も安いグレード

カローラの中で最も価格の安いエントリーグレード「G-X」は、スマートキーではなくワイヤレスドアロックリモートコントロールが採用されていたり、足回りがアルミホイールではなく15インチのスチールホイールであったりと、上位グレードに比べると省かれている装備がある分、価格を抑えたグレードであるといえるでしょう。

コネクティング機能や先進安全装備を搭載

コネクティング機能や先進安全装備を搭載出典:トヨタ「カローラ」WEBカタログ

とはいえ、3灯式のLEDヘッドランプやUVカット機能付きのガラス類、オートエアコン、コネクティング機能が使用できるDCM(専用通信機)スマートフォンと連携できるディスプレイオーディオなど、実用十分な装備はあるといえるでしょう。特にコネクティング機能は近年の新型車らしい装備です。

先進安全装備「Toyota Safety Sense」が標準装備されているのも評価できるポイントといえるでしょう。

またカローラは、グレードによってエクステリアにも差があるのが特徴です。この「G-X」ではフロントロアグリルのフレーム部、メッシュ部ともにブラックとなっています。

カローラの安全性能や「Toyota Safety Sense」について詳しくはこちら

「G-X」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

より安定感のある走りが期待できる「S」

より安定感のある走りが期待できる「S」出典:トヨタ「カローラ」価格・グレード

走りの質感が向上

「S」ではスタビライザーがリアにも追加されるとともにタイヤも16インチにインチアップし、より安定した走りが期待できるのが特徴です。さらに電動パーキングブレーキとブレーキホールドが標準装備となります。またフロントグリルのフレーム部がグレーメタリック塗装+ブラックとなり、エクステリアにスタイリッシュさをプラスしています。

加えてフロントドアガラスに撥水機能が追加され、リアドアやバックウィンドウガラスがソフトスモーク仕様になり、スマートエントリー&スタートシステムが装備されるなど、快適にドライブを楽しめる装備が充実します。

安全装備もグレードアップ

また「Toyota Safety Sense」の内容もグレードアップするほか、ペダル踏み間違い時急発進抑制装置に該当する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」が搭載される点にも注目です。

「S」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

高級感が魅力の最上級グレード「W×B」

高級感が魅力の最上級グレード「W×B」出典:トヨタ「カローラ」価格・グレード

Bi-Beam LEDヘッドランプを標準装備

最も高額な「W×B」では、ヘッドランプが1灯の光源でハイビームとロービームの切り替えができるBi-Beam LEDヘッドランプとLEDフロントフォグランプが標準装備されます。

アルミホイールはダークグレーメタリック塗装の17インチのものにインチアップし、さらにフロントロアグリルのフレーム部はメッキ+ブラック塗装、メッシュ部はブラックのつやあり塗装とすることでほかのグレードとは一線を画す高級感をエクステリアにもたらしています。リアにもダークメタリック塗装のリアスポイラーが追加され、後ろ姿も迫力満点です。

オプティトロンメーターで先進性をプラス

オプティトロンメーターで先進性をプラス出典:トヨタ「カローラ」スペック・装備比較

また、ほかのグレードではメーターはアナログメーター、マルチインフォメーションディスプレイは4.2インチですが、この「W×B」ではオプティトロンメーターと7.0インチの大型マルチインフォメーションディスプレイが装備されるのもポイント。先進性を感じさせるコックピットが魅力的です。

先進安全装備は「S」と同様ですが、「W×B」のターボガソリン車のみ「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」は搭載されないので注意してください。

「W×B」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

コストパフォーマンスの良さが魅力の特別仕様車「G-X “PLUS”」

コストパフォーマンスの良さが魅力の特別仕様車「G-X “PLUS”」出典:トヨタ「カローラ」価格・グレード

エントリーグレードである「G-X」をベースにした「G-X “PLUS”」は、先進安全装備と内装の質感を「G-X」よりもワンランクアップさせた特別仕様車で、コストパフォーマンスの良さが魅力です。

安全装備が充実し、インテリアの質感が向上

安全装備が充実し、インテリアの質感が向上出典:トヨタ「カローラ」特別仕様車 G-X“PLUS”

「G-X」には通常含まれない「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」や後方の安全確認をサポートする「バックガイドモニター」が追加され、さらにリアドアとバックウィンドウがUVカット機能付きソフトプライバシーガラスになります。

インテリアにはシルバー加飾が追加されており、エントリーグレードであることを感じさせない上質感を持つのが魅力といえるでしょう。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

月々27,620円から乗れるカローラのお試し審査をチェック!

カローラ

カローラ 月額27,620円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
カローラは月額27,620円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくカローラのプランを知りたい方はこちら

カローラのおすすめグレードは特別仕様車「G-X “PLUS”」

カローラはディスプレイオーディオを標準装備し、先進のコネクティング機能を使用できるなどエントリーグレードであっても実用に十分な装備が一通りそろっています。カローラはエントリーグレードである「G-X」に先進安全装備が追加され、インテリアの質感が高められたお買い得な「G-X “PLUS”」のコストパフォーマンスが良く、おすすめグレードといえるでしょう。

車のグレードはその後のカーラーフの満足度に関わる重要な車選びのポイントです。グレードごとの仕様の違いを確認して、自分の目指すカーライフに合ったグレードを選びましょう。

よくある質問

Q1:カローラのグレード構成は?

A:カローラにはハイブリッドと1.8Lガソリンエンジン、1.2Lガソリンターボエンジンの3種類のパワートレインがあり、ハイブリッドと1.8Lガソリンエンジンのグレード構成は共通で、「G-X」「S」「W×B」の3種類の設定があります。1.2Lガソリンターボエンジンのみ「W×B」の1種類です。これらに加えて特別仕様車「G-X “PLUS”」がラインナップされています。

Q2:カローラのグレードはどうやって選べばいい?

A:カローラはグレードによってフロントグリルのカラーなどを変えエクステリアに差をつけているので、ルックスでグレードを選ぶのもひとつの方法です。エントリーグレードでも十分な装備内容となっていますが、上位グレードになると安全装備や快適装備が充実するので、自分にはどの程度の装備までが必要かをしっかりと見極めて最適なグレードを選んでください。

Q3:カローラのおすすめグレードは?

A:カローラのおすすめグレードはエントリーグレードの「G-X」をベースとした特別仕様車「G-X “PLUS”」。ペダル踏み間違い時急発進抑制装置やバックガイドモニターなどが追加され安全性が向上していることに加え、インテリアの質感もアップさせており、コストパフォーマンスの良さが魅力的です。

※記事の内容は2020年10月時点の情報で執筆しています。

カローラの利用を検討されている方へ

トヨタや日産、ホンダなどのメーカーも参入している、個人向けカーリースをご存じでしょうか?
ご利用されてる方からは「買うよりお得」という声もあるそうです。

カーリースで解消されること

おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者の多くが以下の思いを解決しています。

  • お金がないから新車を諦めて中古車に乗る
  • 車のために、お金を使うのを我慢する

もう、このような思いをする必要はありません。頭金を用意せず、維持費も安く新車に乗れるのがカーリースなのです。

カーリースの特長

おトクにマイカー 定額カルモくんを例に、カーリースのおもな特長をご紹介します。

  • 頭金なしなので、貯金を崩さず車に乗れます。
  • 税金・自賠責保険代金コミ、プランによって車検もコミなので、大きなお金が出ていくこともありません。
  • 返却の際もお金がかかりません(契約期間中の解約は違約金がかかります)。
  • 走行距離も月平均1,500キロまで(返却時に総走行距離を割って計算します)。
    ※車種によっては返却せずそのままもらえたり、走行距離制限がなかったりするものもあります。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんの資料をご覧になりたいという方はこちらをどうぞ

資料請求

トヨタカローラの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー