ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

室内空間の広さに定評のあるN-BOXの内装や収納を徹底チェック!

室内空間の広さに定評のあるN-BOXの内装や収納を徹底チェック!

出典:ホンダ「N-BOX」デザイン・カラー

車選びの際、まず目がいってしまうのがエクステリアのデザイン、そして走行性能や燃費性能ではないでしょうか。エクステリアのデザインが好みではないとその車に乗りたいとは思いませんし、走行性能は車の本分ともいえるものですからこだわりたいところでしょう。

しかし、実際に使用していく上で、かなり重要になってくるのが内装や収納力だったりします。日常的に運転する中で多く接することになる内装は、好みに合っているものでないと快適に使用できません。シートの材質やカラー、収納力なども重要な要素です。

ここでは、ホンダ「N-BOX」の内装や収納についてご紹介します。

  • 「センタータンクレイアウト」によって広い室内空間を確保
  • 内装はノーマルとカスタムで雰囲気が異なる
  • 荷室は低床設計で大きな荷物が積み込みやすいことに加え、座席アレンジによる拡大が可能

ホンダ N-BOXの室内空間の特徴

N-BOXの室内空間の広さは特筆すべきものがあります。室内長は2,240mm、室内幅は1,350mm、室内高は1,400mmとなっており、コンパクトカー顔負けの車内空間の広さを確保。大人の男性が後席に座ってもまったく窮屈さを感じません。また、十分な高さも確保されているため、小さな子供の着替えなども楽に行えるでしょう。

この室内空間の広さは、通常は後席や荷室下に収納している燃料タンクを前席下に収納することによって、居住空間を劇的に拡大することを可能にしたホンダの独自技術「センタータンクレイアウト」によって実現しました。

N-BOXの内装

N-BOXにはノーマルとカスタムの2種類のスタイルがあり、スタイルごとに内装が異なります。ここではスタイルごとに内装の違いを見ていきましょう。

なお、2020年12月のマイナーチェンジで追加された「コーディネートスタイル」の内装についても紹介します。

ノーマルは明るく品の良いベージュをメインとした内装

ノーマルは明るく品の良いベージュをメインとした内装出典:ホンダ「N-BOX」タイプ一覧

ノーマルのN-BOXのシートカラーはベージュとグレージュを組み合わせた上品でシックなカラーリングとなっています。素材は滑らかな触り心地が魅力のトリコットを採用しました。

ドアオーナメントパネルや助手席インパネガーニッシュにはマックスアイボリーが採用され、より明るい雰囲気を室内にもたらしています。

グレードによる内装の差はほとんどありませんが、フロントのインナードアハンドルはNAエンジン車ではシルバー、ターボ車ではクロームメッキなど、パワートレインによって若干の違いが見られます。

カスタムはクールさの際立つブラックを基調とした内装

カスタムはクールさの際立つブラックを基調とした内装出典:ホンダ「N-BOX」タイプ一覧

カスタムはノーマルとは一転、ブラックを基調としたクールな装いとなっています。助手席インパネガーニッシュやドアオーナメントパネルをマルチブラック偏光塗装とすることで、ブラック一色でも無機質ではない動きを感じさせる空間を演出しました。加飾類にはクロームメッキを使用し、室内に上質さをプラス。

シート素材はパワートレインによって変わり、NAエンジン車ではトリコット、ターボ車ではプライムスムースとトリコットのコンビシートが採用されています。

個性を演出する「コーディネートスタイル」

2020年12月のマイナーチェンジで追加された「コーディネートスタイル」は、ノーマル・カスタムともに「L」「Lターボ」でのみ選択が可能です。

個性を演出する「コーディネートスタイル」_01出典:ホンダ「N-BOX」タイプ一覧

ノーマルの「コーディネートスタイル」は、シックさが際立つブラック×ブラウン内装を採用。シート素材はトリコットですが、カラーリングが変わるだけで一際上質な雰囲気が漂います。助手席インパネガーニッシュ、ドアオーナメントパネルにはダークタン塗装を施し、隅々までこだわりを感じさせるのが魅力です。

個性を演出する「コーディネートスタイル」_02出典:ホンダ「N-BOX」タイプ一覧

カスタムではブラック基調であることは変わりませんが、ボルドーをアクセントカラーとして取り入れることでより洗練された雰囲気となっているのが特徴です。

シートはフルプライムスムースシートとなり、素材感で上質さを演出しています。

N-BOXの座席周りの収納をチェック!

N-BOXの座席周りには、どんな収納が用意されているのかを確認してみましょう。

ドリンクホルダー

ドリンクホルダー出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

運転席のドリンクホルダーはドライバーがすぐ取り出せる位置にあることに加え、しっかりとホールドしてくれるので安心して使用できるでしょう。

ドリンクホルダー_02出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

助手席のドリンクホルダーは紙パックにも対応できるタイプ。収納式になっているので使用しないときも邪魔になりません。

助手席インパネトレー

助手席インパネトレー出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

助手席前に用意されたトレーはスマートフォンやタブレットの置き場所として最適。食事の際にはテーブル代わりとしても使用でき、便利です。

グローブボックス

グローブボックス出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

助手席前の定番収納であるグローブボックス。車検証などの書類をしまっておくスペースとして使用するといいでしょう。

運転席アッパーボックス

運転席アッパーボックス出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

各種メーターの下に設置された運転席アッパーボックスはティッシュボックスもすっぽり入る大きなサイズ。運転席にこうした物入れが用意されているのはうれしいポイントです。

ドライバーズロアポケット

ドライバーズロアポケット出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

小銭入れやメガネ、ウェットティッシュなどの小物を収納できるスペースがステアリングポスト下に用意されています。

フロントドアミドルポケット(運転席・助手席)

フロントドアミドルポケット(運転席・助手席)出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

ガムやリップクリームなどの小物の収納に重宝するフロントドアミドルポケットは、運転席と助手席の両方に設置されました。

シートバックアッパーポケット&シートバックポケット

シートバックアッパーポケット&シートバックポケット_01出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

シートバックアッパーポケットはメッシュ状のポケットで、スマートフォンなどを収納できます。

シートバックアッパーポケット&シートバックポケット_02出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

シートバックポケットは座席の下部に設置され、地図や雑誌などを収納できるようになっています。

ドリンクホルダー(リア左右席)

ドリンクホルダー(リア左右席)出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

リアの左右席にもドリンクホルダーが用意されました。500mlサイズのペットボトルが収納できます。

コンビニフック

コンビニフック出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

後席を跳ね上げた状態のときに荷物がかけておけるように、リアシートの裏面にコンビニフックが用意されています。こうしたかゆいところに手が届くような装備があるのは近年の軽自動車ならではでしょう。

N-BOXの座席周りの収納に関してはかなり満足度の高い仕上がりになっているのではないでしょうか。
細かい収納が随所に施され、物の置き場に困ることはなさそうです。

N-BOXの荷室・座席アレンジ

N-BOXの荷室・座席アレンジ_01出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

 

「センタータンクレイアウト」の恩恵を受けているのは室内空間だけではありません。大きな荷物を積みやすいようにテールゲート開口部も地上から47cmと低床設計となっているため、自転車もらくらく積み込めます。

また、N-BOXの特徴のひとつとして、シートアレンジの多彩さが挙げられるでしょう。リアシートはスライド幅19cmのスライド式になっており、荷物の多さに合わせて座席位置の移動ができます

さらにリアシートを前に倒し足元に収納したり、座面を跳ね上げて使ったりすることも可能です。

N-BOXの荷室・座席アレンジ_02出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

リアシートをすべて倒すと荷室とひとつながりの空間が生まれ、27インチの自転車も難なく収納できるスペースが登場します。

N-BOXの荷室・座席アレンジ_03出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

また助手席を折りたたみ、リアシートの左側を倒すと180cm以上の長さのある荷物も収納できます。

N-BOXの荷室・座席アレンジ_04出典:ホンダ「N-BOX」インテリア

リアシートの座面を跳ね上げれば13cm程度の鉢植えなどの背の高い荷物も余裕を持って積み込めます。ベビーカーも立てたまま収納できるので、子育て中のママにはかなりうれしい仕様ではないでしょうか。

LINEクルマの買い方診断

N-BOXは室内空間の広さが魅力!

N-BOXは各種収納の多さに加えてシートアレンジの多彩さ、室内空間の広さをあわせ持った使い勝手の良い軽スーパーハイトワゴンであるといえるでしょう。

収納やインテリアデザインなど、車の内装はカーライフの満足度を左右する車選びの重要ポイントです。しっかりとチェックして、自分が使いやすいと感じる1台を選びましょう。

よくある質問

Q1:N-BOXの室内空間の特徴は?

A:N-BOXは、通常は荷室下や後席下に収納される燃料タンクを前席下に収納するホンダの独自技術「センタータンクレイアウト」によって、コンパクトカー顔負けの広々とした室内空間を確保しました。室内高も1,400mmあるため、子供の着替えなども楽にできるのが魅力です。

Q2:N-BOXの内装はどんな感じ?

A:ノーマルはベージュをメインカラーに使用した明るく上品な内装となっています。カスタムはブラックを基調としたクールな内装。ノーマル・カスタムともに「L」「Lターボ」にのみ設定のある「コーディネートスタイル」ではノーマルはブラック×ブラウンのシックさの際立つカラーリング、カスタムはブラック×ボルドーの洗練されたカラーリングとなっているのが特徴です。

Q3:N-BOXはたくさん荷物が積める?

A:N-BOXは後席をすべて倒すと27インチの自転車を積み込める空間が出現します。「センタータンクレイアウト」によってテールゲート開口部も地上から47cmと低床設計になっているため、自転車などの大きな荷物も楽に積み込めるのが魅力。また助手席を折りたたみ、リアシートの左側をダイブダウンすると180cm以上の長さのある荷物も収納可能です。

※記事の内容は2021年3月時点の情報で執筆しています。

ホンダN-BOXの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダN-BOXの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
LINEクルマの買い方診断