ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

インサイトの燃費はどのくらい?プリウスと比較すると?

インサイトの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

燃料費をできるだけ節約してカーライフを楽しみたい、環境に優しい車に乗りたい、という場合は低燃費の車であることが車選びの重要ポイントになるでしょう。しかし、燃費の良いハイブリッド車はガソリン車よりも車両価格が高額な傾向にあるため、ハイブリッド車の購入にためらいを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

車は一般的に長期間使用するものなので、車選びの際にはカタログ燃費や実燃費をチェックして、総合的に判断することが大切です。ここではホンダのハイブリッド専用車種「インサイト」の燃費性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔インサイトのWLTCモードカタログ燃費は24.4~28.4km/L、実燃費は23.2~24.8km/L
✔ライバル車であるトヨタ「プリウス」の燃費には劣るが、マツダ「マツダ3 セダン」の燃費は上回る
✔インサイトは走行中でも会話や音楽が楽しめる室内の静粛性を確保している

インサイトの燃費の特徴

ハイブリッド専用車種であるインサイトは、1.5L直列4気筒エンジンに駆動用と発電用の2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」を採用しています。

e:HEVは走行状態に合わせてモーターのみで走行するEVモード、高速道路などエンジン駆動が有利なシーンではエンジンモード、加速時などはエンジンで発電してその電力でモーターを駆動させるハイブリッドモードの3つのモードを使い分け、低燃費を実現しているのが特徴です。

インサイトのカタログ燃費

インサイトのパワートレインは1.5L直列4気筒エンジン+2モーターのハイブリッドシステム1種類で、トランスミッションはCVT、駆動方式は2WDのみとなっています。

インサイトのWLTCモードカタログ燃費は以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
LX2WD28.4
EX2WD25.6
EX・PRIME STYLE2WD25.6
EX・BLACK STYLE2WD24.4

 

インサイトの実燃費

インサイトに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」によると、インサイトの実燃費(2021年5月10日時点)は以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
LX2WD24.8
EX/ EX・PRIME STYLE/ EX・BLACK STYLE2WD23.2

 

WLTCモード燃費は、信号や渋滞などの影響を受ける市街地モード、信号や渋滞などの影響を受けにくい郊外モード、高速道路での走行を想定した高速道路モードの3つのモードでの計測値を平均的使用時間配分で構成したもので、日本だけでなく国際的に使用されている燃費の計測方法です。カタログスペックとしてはJC08モード燃費よりも低くなる傾向があります。

WLTCモード燃費は実際の車の使用環境により近い方法で計測されていますが、実燃費とまったく差がないというわけではありません。運転の仕方や走行環境にもよりますが1~1.5割程度の差が出ることが多いようです。そのため、インサイトのカタログ燃費と実燃費の差は少ない傾向にあるといえるでしょう。

インサイトとライバル車のカタログ燃費を比較

インサイトはハイブリッド専用車種として従来トヨタ「プリウス」と比較されてきました。現行型のインサイトは上質さを感じさせるミドルセダンとなりプリウスとライバルといえるか微妙なところはありますが、長年燃費性能を比較されてきたハイブリッド専用車の代表モデル同士なので、ここではプリウスを取り上げてみましょう。

加えて、ハイブリッド専用車ではありませんが同サイズのセダンとしてマツダ「マツダ3 セダン」とも比較してみます。

トヨタ「プリウス」

トヨタ「プリウス」出典:トヨタ「プリウス」ギャラリー

トヨタ「プリウス」は世界初の量産ハイブリッド車としてその名が世界中に知られているハイブリッド専用車です。初代は1997年に登場したモデルですが、数度のフルモデルチェンジを経て現在でもハイブリッド車の代名詞として世界的に根強い人気を誇っています。

プリウスのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
E2WD32.1
S2WD30.8
4WD28.3
S“ツーリングセレクション”2WD27.2
4WD25.4
A2WD30.8
4WD28.3
A“ツーリングセレクション”2WD27.2
4WD25.4
Aプレミアム2WD30.8
4WD28.3
Aプレミアム“ツーリングセレクション”2WD27.2
4WD25.4
特別仕様車S“Safety Plus Ⅱ”2WD30.8
4WD28.3

 

グレードによる差はありますが、プリウスの中で最も低燃費な「E」は32.1km/Lであるのに対し、インサイトで最も低燃費の「LX」は28.4km/Lにとどまっているため、プリウスとインサイトの比較ではプリウスの燃費性能に軍配が上がるといえるでしょう。

マツダ「マツダ3 セダン」

 

マツダ「MAZDA3」出典:マツダ「マツダ3」MAZDA3の特長

欧州車のような洗練された雰囲気のマツダ「マツダ3 セダン」。内装の質感も高く、上質なたたずまいが特徴のミドルサイズセダンです。

マツダ3 セダンのWLTCモードカタログ燃費は以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
15S/15S Touring2WD16.6
4WD15.8
20S PROACTIVE/
20S PROACTIVE Touring Selection/
20S L Package
2WD15.8
4WD15.2
XD PROACTIVE/
XD PROACTIVE Touring Selection/
XD L Package
2WD20.0
4WD19.0
X PROACTIVE/
X PROACTIVE Touring Selection/
X L Package
2WD17.3
4WD16.6

 

いずれのグレードでも、インサイトがマツダ3 セダンの燃費を上回っています。インサイトにはやはりハイブリッド専用車である強みがあるといえるのではないでしょうか。

メルマガ登録

インサイトの走行性能・乗り心地

インサイトの走行性能・乗り心地出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

インサイトでは、状況に合わせて走行モードがスイッチで選択できる機能を搭載しています。

ドライバ―は通常走行時の「NORMAL」モード、アクセル操作に対するレスポンスと加速感を向上させる「SPORT」モード、燃費を優先するようにエンジンやモーター、エアコンなどを制御する「ECON」モードの3種類の走行モードを自在に選べます

また、インサイトでは伝達振動を低減させ防音材を最適配置することで、走行中でも会話や音楽が楽しめる室内の静粛性を実現しています。

モータージャーナリスト・岡崎五朗さんの試乗記でインサイトの走行性能を詳しくチェック!

インサイトはセダンで燃費のいいモデルを探している方におすすめ

インサイトはハイブリッド専用車種らしい優れた燃費性能を持つモデルです。燃費のいいセダンを探している方にはおすすめできる1台といえるでしょう。

満足のいくカーライフを手に入れるためには、車にかかるコストを把握することも大切です。車を選ぶ際には、カタログ燃費や実燃費を必ず確認しておくようにしましょう。

よくある質問

Q1:インサイトのカタログ燃費はどのくらい?

A:インサイトは1.5L直列4気筒エンジンに発電用と駆動用の2個のモーターを組み合わせた2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を全車に標準装備するハイブリッド専用車で、駆動方式は2WDのみです。インサイトのWLTCモードカタログ燃費は24.4~28.4km/Lとなっています。

Q2:インサイトのカタログ燃費と実燃費の差は?

A:インサイトの実燃費は23.2~24.8km/L。WLTCモード燃費は日本で従来使用されてきたJC08モード燃費よりも実燃費に近い数値が出る燃費の計測方法ではありますが、それでもカタログ燃費と実燃費の間には1~1.5割程度の差が出るのが一般的です。その点を考慮すると、インサイトのカタログ燃費と実燃費の差は小さいといえるでしょう。

Q3:インサイトの走行性能や乗り心地は?

A:インサイトでは通常走行時の「NORMAL」モード、スポーティーな走りが楽しめる「SPORT」モード、燃費を優先する「ECON」モードの3種類の走行モードを用意しており、気分や状況に応じて走りのテイストを選ぶことが可能です。また、伝達振動を低減させ防音材を最適配置することで優れた静粛性を確保しているのもポイントです。

※記事の内容は2021年5月時点の情報で執筆しています。

ホンダインサイトの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダインサイトの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード