ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

自社ローンは、なぜやばい?利用者の体験談を基にデメリットを解説

自社ローンはやばいと言われているが車を買うときに利用しても大丈夫か心配している様子を表した画像
自社ローンはやばいと言われているが車を買うときに利用しても大丈夫か心配している様子を表した画像

自社ローンは一般に「やばい」「怖い」「やめたほうがいい」などといわれていますが、なぜそう感じたのか調べてみると、支払額が高くなりがちな点など、自社ローンのデメリット部分におもな原因があるようです。

しかしその一方、自社ローンには審査面のメリットなどもあることから、広く利用されているという実情があります。自社ローンのメリット、デメリットを正しく理解し、悔いのない選択をしましょう。

  • 自社ローンはデメリットに感じられる点が多く「やばい」と思われがち
  • 自社ローンにはメリットもあり、審査が不安な方やすぐ車が欲しい方からの需要は高い
  • 審査が不安でも車に乗りたいなら、月々定額払いのサービスがおすすめ

自社ローンは本当にやばい?利用者の体験談

まずは、自社ローンのどのようなところが「やばい」と思われているのか、利用者の体験談を見てみましょう。チャットツールを用いて独自に調査した結果*から、実際に自社ローンで車を購入した方の声をいくつかご紹介します。

20代・会社員
20代・会社員

販売店からすすめられて、自社ローンを使い中古のアウディを200万円で購入しましたが、後悔しています。実際に支払いを始めてみると、思っていた以上に負担が大きいと感じました。

60代・専業主夫
60代・専業主夫

中古のホンダ「シビック」を60万円で買いました。銀行へ出向く時間がなかったのと、販売店から強くすすめられたことから自社ローンにしたのですが、利息を含めた総額がとんでもなく高くなることが判明。幸い、自己資金があったので、6ヵ月目に残りを一括で支払いました。

20代・専業主婦
20代・専業主婦

200万円の中古車を自社ローンで購入しました。購入時には自社ローンがお得であるかのように感じていたのですが、実際のところは手数料が高く、お得どころか、損の多い買い物となってしまいました。

20代・会社員
20代・会社員

150万円のトヨタ「プリウス」を自社ローンで購入しました。車の購入とセットで一気に申込みを済ませられるので、ほかに比べると高いことはわかっていたのですが、手続きが楽に済む点を優先しました。

このようにすべての回答者が、支払いが高額だったことに言及しています。なぜこのような事態になっているのか、自社ローンのしくみと併せ、次の項で詳しく解説します。

ローンを組む以外にも
車を手に入れる方法はあります!

ローンを組んで車を購入する以外にも、車を手に入れる方法はあります。たとえば、カーリースを利用するのもそのひとつです。

カーリースは、月々定額の料金でマイカー同然に車に乗れるサービスで「車のサブスク」とも呼ばれています。

詳しくは、以下のボタンからご確認ください。

申込数20万人以上!業界最安水準のカーリースについて詳しくみる

*チャット調査ツール「Sprint」にて2022年8月13日に「自社ローンを利用して車を購入し、後悔したことのある方」を対象として行ったインターネット調査を基に、カルモマガジン編集部がまとめた結果

やばいといわれる自社ローンはどのようなサービス?審査に通りやすい理由は?

自社ローンのしくみ

まず押さえておきたいのは、「自社ローン」は通称であり、金融商品である一般的なローンとは違うものだという点です。通常、ローンとは銀行などの金融機関からお金を借り入れ、分割払いで返していくシステムを指します。
それに対し自社ローンは、販売店が立て替えた車の購入代金を利用者が分割で支払っているだけにすぎません。また、販売店は貸金業者ではないため、金利も発生しないのです。

審査の基準が一般的なローンと異なるのも特徴です。銀行系ローンやディーラーローンの審査では個人の信用情報が照会され、過去に返済の遅延や自己破産の経験などがあると審査通過が難しくなります。一方、おもに現在の収入状況を基に審査する自社ローンでは、申込み時点で安定した収入があれば審査に通る可能性があります。自社ローンの審査は通りやすいといわれるのは、この違いのためです。

やばいといわれる理由は?自社ローンのデメリット

審査に通りやすいというメリットがあるにもかかわらず、自社ローンが「やばい」といわれるのはなぜでしょうか。自社ローンのおもなデメリットから、その理由を考えてみましょう。

中古車を選ばなければならないケースが多い

自社ローンで購入できる車は中古車中心であることを念頭に置く必要があります。新車に比べ燃費や安全性能などが劣っていたり、そもそも車の状態が悪かったりするおそれがあることや、保証期間が新車に比べ短いといったデメリットは中古車購入に付き物ですが、自社ローンの場合もほぼ同様といえるでしょう。

中古車は新車より安く買える一方、維持費など後からの出費を考えると、長期的には新車より高くついてしまうケースも珍しくありません。自社ローンで中古車を購入する際には、状態をしっかりと確認しましょう。

一般的なカーローンより総額が高くなることがある

自社ローンには金利設定がありませんが、利用の際に保証人の用意や保証会社の利用が条件のところが大半で、その際の保証料やローン利用手数料が金利代わりとなって、購入代金に加算されます。金額設定は販売店により異なりますが、車両本体価格の1~2割程度のところが多いようです。

こうした費用が加わると、支払総額が一般的なローンより割高になることも珍しくなく、利用者が「思っていたより高くついた」「だまされた」と感じる一因となっています。また、手数料を上乗せ請求するのではなく、あらかじめ車両本体価格を相場より高めに提示している販売店もあるので、注意が必要です。

月々の支払額が高額になりやすい

支払総額が高くなれば毎月の支払額も高くなるのは当然といえます。それに加え、自社ローンの支払分割回数は一般的なローンより短めに設定されていることが多いため、1回あたりの支払額が高くなる傾向があります。

「自社ローンはやばい」という方の声の中には、総額を見る分には大丈夫そうでも、実際に支払いを始めたら、思ったより毎月の負担が大きかったという話もよく聞かれます。支払回数や月々の支払額が及ぼす影響を考慮し、余裕を持った設定ができるか確認しましょう。

車の所有権がなく、売却できないこともある

自社ローンで購入した車の所有権は、支払い完了まで販売店に留保されます。そのため、分割払いの途中で車が不要になっても売却はできません。これは、購入した時点で所有権が自分のものとなる銀行系ローンとの大きな違いといえるでしょう。

ディーラーローンを利用した場合も、返済中の所有権は販売店やローン会社にありますが、銀行系ローンなどに借り換えれば所有権も自分に移り、売却も可能となります。なお万が一、自社ローンの分割払い中に販売店が経営破綻した場合、車は販売店の資産として債権者に差し押さえられてしまうリスクがあることも覚えておきましょう。

利用できる店舗や車が限られている

自社ローンを取り扱っているのは中古車販売店が中心で、新車を購入できる販売店はあまりありません。自社ローンの利用が前提であれは、購入できる車の選択肢はかなり限られてしまうでしょう。

また、自社ローンの限度額は一般的なローンに比べて低いことが多く、希望どおりの車種や年式、グレードが選べない場合もあります。こうしたことが「本当は別の車に乗りたかった」「思っていた性能、乗り心地と違った」といった後悔を生む原因となっています。

車を引き揚げられることがある

自社ローンは審査が通りやすい一方で、一度でも支払いが滞ると、きびしいペナルティを科せられる傾向があります。ペナルティの内容、程度は販売店によりますが、すぐに車を引き揚げられてしまうことも珍しくありません。また、そうでないまでも、車の隠匿防止のためGPSをつけたり、遠隔装置でエンジンがかからないようにしたりする販売店も存在します。安易に自社ローンを利用し、「こんなにきびしいとは思わなかった」と後悔することのないようにしましょう。

審査に不安があったり、手持ちの資金が少なかったりしても、車に乗るための手段は自社ローンだけではありません。頭金などの初期費用が不要、毎月定額料金で利用できるカーリースであれば、月々の予算を抑えながら気軽に新車に乗ることができます。
「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、わずか5分程度の入力で審査の申込みが可能です。まずは「お試し審査」を受けて、審査の不安がぬぐえるか検討してみるのもいいでしょう。

やばいといわれる自社ローン。どのようなメリットがある?

やばいといわれる自社ローン。どのようなメリットがある?をイメージした画像

ここまでは自社ローンのデメリットをご紹介してきましたが、もちろんメリットも存在します。自社ローンのおもなメリットと、なぜ多く利用されているのかを見ていきましょう。

金利がかからない

自社ローンは、厳密には金融商品の「ローン」とは別物なので金利はかかりません。そのため、金利によって総返済額が変動する一般的なローンより総支払額もわかりやすく、金利の上乗せが負担になると考えている方に利用されることがあります。

しかし、金利がかからない代わりに、手数料や保証料といった費用が発生し、かえって支払総額が高くなることも珍しくありません。自社ローンを検討するのであれば、支払総額をしっかりと確認しておきましょう。

銀行やディーラーのローンよりも審査に通りやすい傾向がある

自社ローンの審査では個人信用情報が照会されないなど審査基準が異なるため、信用情報に問題があって銀行系ローンやディーラーローンの審査に通らない方でも、現在の収入状況次第で利用できる可能性があります。こうしたことから、一般的なローンの審査に落ちた方や、審査が不安な方によく利用されています。

審査や納車までの期間が短い

銀行系ローンやディーラーローンの場合、契約には銀行やローン会社といった第三者が介在するため、手続きが煩雑になりがちです。審査結果が出るのにも時間がかかり、銀行などへ別途出向く必要も出てくるでしょう。
その点、自社ローンは販売店と利用者とのやりとりだけで完結するため審査結果も早く、結果として車の入手もスピーディーです。購入になるべく手間暇をかけたくない方や、少しでも早く車が欲しい方が多く利用しています。

自社ローンはやばいと感じていても、利用が向いているケースとは?

このように、利用者にとってのメリットも見えてきた自社ローンですが、デメリットを認識した上で、それでも利用する価値があると考えられるケースには、どのようなものがあるでしょうか。具体的にご紹介します。

すぐに車が必要

自社ローンは審査結果もすぐ出て、納車までが早いことから、すぐに車が必要なときは利用価値があるでしょう。ただし、車の選択肢が限られる、総額が割高になる場合があるなどのデメリットもあるので、どちらを優先するかは、しっかり天秤にかけるべきでしょう。

利息を支払いたくない

自社ローンには金利がないため、とにかくローンの利息を払いたくないという方には、自社ローンの利用が向いているでしょう。とはいえ、金利がない代わりに手数料や保証料といった費用が発生する場合や、価格自体が高めに設定されている場合があるので、「金利がない」という点だけを安易に評価するのではなく、月々の支払額や支払総額にもしっかりと目を向けた上で、利用を検討しましょう。

マイカーローンの審査に不安がある

一般的なローンの審査では、年収や職業、勤続年数、これまでの債務履歴のほか現在の借入状況がチェックされます。勤続年数が短い、ほかのローンをすでに抱えているなどの事情がある方は、これらの基準をクリアするのは難しいかもしれません。ですが、独自の審査基準を持つ自社ローンであれば審査に通る可能性もあります

審査に不安のある方が新車を持てた方法_15万人

自社ローンで車を購入する場合に注意しておきたいこと

自社ローンで車を購入する場合に注意しておきたいことをイメージした画像

デメリットも踏まえた上で、あえて自社ローンを利用するとなった場合、注意すべきことがいくつかあります。この項をしっかりと確認して、後になって悔やむことがないようにしましょう。

初期費用はいくらくらいか

毎月の支払いや総額ばかりに気を取られてはいけません。自社ローンで車を買う場合も、一般的なローンや一括払いの場合と同様、税金や自賠責保険料の支払いが別途必要となるためです。また、総額の10%程度の頭金が必要となる自社ローンもあります。

自社ローンを検討する場合は、こうした初期費用も考慮に入れた上で、自分の資金や支払能力で問題がないかどうかを考えていくようにしましょう。

相場と比較して車両本体価格が高すぎたり低すぎたりしないか

自社ローンを取り扱っている販売店では、あらかじめ車両本体価格を相場より高めに提示している場合もあることはすでにお伝えしたとおりですが、逆に低すぎる場合も注意が必要です。価格が低い分、自社ローンの手数料が高額に設定されていたり、車の状態が良くない可能性があったりなど、安いなりの理由があるおそれもあるのです。

相場に対して高すぎたり低すぎたりしないかを確認することは重要なポイントです。ほかの販売店の価格との比較を忘れないよう、しっかり心掛けましょう。

車検までどのくらいの期間が残っているか

自社ローンを利用する場合に限ったことではありませんが、中古車を購入するのであれば、その車に車検がついているか、次の車検までどのくらいの期間が残っているかは必ず確認しておくべきポイントです。車検の残り期間が少ないと、たとえ安く買えたとしてもすぐに車検費用という大きな出費が発生することになってしまい、せっかく安く手に入れた意味がありません。

次の車検が迫っている場合には、その車検費用も購入費用の一部として考えておくくらいの資金計画が必要です。急な出費に慌てないよう、今後の支払いの見通しを持つようにしましょう。

保証はついているか、内容は充実しているか

中古車販売においては、故障などに対する保証がないものも多く見受けられます。残念ながら、販売されている中古車の中には状態の悪い車もないとは言い切れません。それゆえ、たとえ購入した直後であっても、保証なしの車を購入してしまうと、故障が起こった場合には自己資金で修理を受ける必要があります

ただし販売店によっては、独自の保証制度を設けているところもあります。商談の際に確認して、万が一のための安心もいっしょに手に入れる準備をしておきましょう。

カーローンの審査に落ちたけれど、新車に乗れた方の体験談

カーリース会社がメーカーから車を調達し、利用者に貸し出す。利用者は毎月の定額料金を支払う図
カーリース会社がメーカーから車を調達し、利用者に貸し出す。利用者は毎月の定額料金を支払う図

銀行系ローンやディーラーローンの審査に通らなかった方でも、その後、自社ローン以外の手段で新車に乗り始めた方は実は大勢います。どのような方法で念願のカーライフを送ることができるようになったのか、利用者の方々の声を聞いてみましょう。

審査に通る可能性に賭けて、無事希望の車に乗れました

契約者Kさん

神奈川県在住のKさん(40代)は、過去に携帯料金を延滞してしまった影響で、自動車ローンの審査に落ちてしまったのだとか。しかし、カーリースという方法があることを知り、定額カルモくんなら審査に通るかもしれないと申し込んだところ、無事通過。ダイハツ「ムーヴ」を11年契約で乗ることにしたそうです。

「車検の度に費用のことを考えるのが面倒なので、車検費用まで月額料金に含めたメンテナンスプランにも加入しました。疑問に思ったことはすべて相談しましたが、スタッフの対応も終始クリアで安心感があり、不安や不信感はなかったですね」と、支払いの便利さやサポートの手厚さについて語ってくれました。

「一度は新車に乗ってみたい」という夢が叶いました

契約者Iさん

宮城県在住のIさん(30代)は「人生で一回くらいは新車に乗っておきたい」と思う一方、前の車の購入時に自動車ローンの審査に落ちた経験があったことから、ローンを利用するのは難しいだろうと考えていたそうです。しかし、知り合いからカーリースを教えられ、試しに定額カルモくんで審査を受けてみたところ、見事にクリア。憧れだったダイハツ「ウェイク」の新車に乗ることができたといいます。

カーリースはずっと同じ金額を払えばいいだけなので、電話代や電気代と変わりないのがいいですね。11年契約にすることで月額料金も抑えられたので、重い固定費が増えたという感覚はありませんよ」と、毎月の支払いの不安から逃れられたメリットを教えてくれました。

カーローン審査に落ちても新車に乗れる方法を見る

やばいのではと思いながら自社ローンを利用するよりもおすすめのサービス

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年1月までで申込者数15万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

一般的なローンの審査に通らない、審査が不安といった理由で自社ローンの利用を検討している方に、ぜひ知っていただきたいサービスがカーリースの定額カルモくんです。定額カルモくんは、申込者が5年で15万人以上となるなど、多くの方からの支持を得ています。さまざまな不安を抱きながら、無理に自社ローンを利用する必要はありません。定額カルモくんをおすすめする理由をご紹介します。

定額カルモくんが選ばれている詳しい理由はこちら

新車に乗れるので、車両の状態を心配しなくていい

定額カルモくんでは、国内メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているので、制約なく車選びを楽しむことができます。さらに、すべてが新車であるため、車両の状態を心配する必要もありません。
新車と聞くと「高いのでは?」と考えがちですが、定額カルモくんは業界最安水準*の月々10,000円台から利用可能なところも魅力です。

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

気になる点をマイカーコンシェルジュに相談できる

車に詳しくない方であれば、スタッフからすすめられるままに、本来は不要であったオプションの契約や、販売店の都合に合わせた高額な契約をしてしまうことも珍しくありません。その点、定額カルモくんには車関連の情報に精通した専門スタッフ「マイカーコンシェルジュ」が常駐しており、メーカーなどにとらわれない客観的な立場から、利用者にとって最適な車の乗り方をいっしょに考えてくれます

そもそもカーリースの利用が自分に向いているかといった根本的な部分も相談可能ですし、契約後も、乗車中の些細な困り事の質問から故障や事故が起こってしまったときの対応まで、こまやかなサポート体制が敷かれています。

審査に通過できるか「お試し審査」で確認できる

オンラインで手軽に「お試し審査」に申し込むことができ、通常翌営業日には結果がわかるのも定額カルモくんのメリットです。お試し審査の段階では、乗りたい車種や契約期間が決まっていなくても問題ありません。また、その後必ずしも契約に進む必要もありません。

今すぐ車が必要というわけではない方も、お試し審査だけ受けておけば、いざ必要となったとき、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。「審査」と難しく考えず、ちょっとした空き時間にでも、とりあえず試してみることをおすすめします。

気軽におためし審査

自社ローンにこだわらずに車に乗る方法はある

一般的なローンの審査に落ちたり、審査が不安だったりといった理由から、やばいとは思いながらも「もう自社ローンしかないか……」と悩んでいる方も多いかもしれません。デメリットを踏まえた上で自社ローンを利用するのもひとつの方法ではありますが、自社ローン以外の方法にも目を向けて、総合的にメリットを判断してみることをおすすめします。

カーリースの定額カルモくんは毎月の支払いを抑えながら新車に乗ることができ、ローン審査には通らなかった方の利用実績も豊富です。定額カルモくんが利用できるかどうか、下のボタンから申し込んで調べておくと後々便利でしょう。

月々10000円台から_お試し審査

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:自社ローンがやばいといわれる理由は?

A:銀行系ローンやディーラーローンといった一般的なローンより総額や月々の支払額が高額になりやすいこと、一度でも支払いが滞るときびしいペナルティを科せられる傾向があること、中古車中心なので車の状態が悪いおそれがあることなどが理由です。

Q2:自社ローンのメリットは?

A:一般的なローンと比べて、申込みが簡単で審査結果が早いこと、結果として早く車が手に入ることや、独自基準で審査するため、一般的なローンの審査に通らない方、審査が不安な方でも利用できる可能性があることもメリットといわれています。

Q3:自社ローンを利用しなくても新車に乗れるおすすめのサービスは?

A:ローン審査に通過できなかった方の利用実績が豊富な定額カルモくんがおすすめです。初期費用が不要で、毎月の支払額を抑えた料金設定ができるため、資金面の不安があっても契約できる可能性があります。

※この記事は2023年2月1日時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
お試し審査_読了後