年収から見るローンの借入額と無理のない返済計画を立てるポイントを解説!

年収から見るローンの借入額と無理のない返済計画を立てるポイントを解説!|車購入のヒントならカルモマガジン
貯金ゼロでも

住宅ローンを組むときは年収に見合った適切な借入額を設定したいものです。しかし自分の年収ならいくら借りるのが妥当といえるのか明確にはわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、年収を基準に適切な住宅ローンの借入額を決める方法や、無理のない返済計画の立て方を解説します。

【この記事のポイント】
✔住宅ローンの借入額の目安は年収の5~7倍が妥当である
✔ローンを無理なく返済するには返済負担率を35%以下に抑える
✔住宅ローンを組むなら、車はローンではなくサブスクがおすすめ

年収と住宅ローンの関係性

年収と住宅ローンの関係性

住宅ローンの借入額の目安を決めるときは年収を基準にするのが一般的です。具体的に、購入価格が年収の何倍なのかを示す「年収倍率」や、年収に対する年間返済額の割合を示す「返済負担率」を基に算出します。
年収倍率と返済負担率を基に、どのように算出するのかを見ていきましょう。

年収倍率

住宅ローンの借入額の目安は年収倍率が5~7倍になるように設定するのが妥当といわれます。年収倍率とは、購入したい住宅の価格が年収の何倍に相当するのかを表す比率のことです。例えば年収500万円の方は、5~7倍の、2,500~3,500万円が住宅ローンの借入額の目安となるわけです。

なお、年収は手取り額ではなく、社会保険料や税金が引かれる前の「総支給額」のことを指していますので、間違えないようにしましょう。また借入限度額がいくらになるのか、副業収入を合算できるかどうかは、金融機関によって異なります。

返済負担率

住宅ローンを組むとき、返済負担率を35%以下に抑えるのがおすすめです。返済負担率とは、年収に対する年間返済額の割合のことです。例えば年収500万円の方が、毎月10万円で年間120万円を返済していく場合、返済負担率は24%となるため、無理のない計画といえます。

ただし、毎年の返済額には、住宅ローン以外の費用も合算される点に注意しましょう。例えば車のローンやカードローンなどを利用している場合は、その返済額も年間の返済額に含まれます。

なお、一般的に金融機関は住宅ローンの返済負担率を、年収400万円未満であれば30%まで、400万円以上は35%を限度としています。

住宅ローンの金利と返済方法の種類

住宅ローンの金利と返済方法の種類

住宅ローンでは、金利タイプや返済方法によって利息額や返済総額、返済計画が変わります。金利タイプは3種類、返済方法は2種類です。それぞれの特徴を理解して、収入やライフスタイルに合う住宅ローンを選びましょう。

金利の種類

住宅ローンの金利には「固定金利」「変動金利」「固定金利期間選択型」の3種類があります。それぞれの特徴や、メリット・デメリットを解説します。

固定金利

「固定金利」は住宅ローン契約時の金利が完済まで変動しない金利タイプです。利息額・返済額が金利上昇による影響を受けない点がメリットですが、金利が比較的高く設定される点がデメリットです。

変動金利

「変動金利」は一般的に半年ごとに金利が見直される金利タイプです。変動金利の特徴として、金融機関によっては5年に1度毎月の返済額を見直す「5年ルール」や、見直し後の返済額が1.25倍以上にならないようにする「125%ルール」を設けています。

一般的に、固定金利より金利が低く設定される点がメリットですが、金利上昇の影響で利息額・返済額が増加する点がデメリットです。

固定金利期間選択型

「固定金利期間選択型」は一定期間、金利が変わらない「固定金利期間」を設定できる金利タイプです。固定金利期間は、5年、10年などから選択できます。固定金利期間を短く設定すれば金利が低くなる点がメリットですが、固定期間終了後に金利が上昇していると返済額が増えてしまう点がデメリットです。

返済方法の種類

返済方式

住宅ローンの返済方法には「元金均等返済方式」と「元利均等返済方式」の2種類があります。それぞれの特徴は下記のとおりです。

元金均等返済方式

元金均等返済方式は元金のみが均等になる返済方法です。元金の減りが早く、元利均等返済方式と比べ返済総額が小さい点がメリットですが、返済を開始した当初の負担が大きい点がデメリットです。

元利均等返済方式

元利均等返済方式は元金と利息を合わせた月々の返済額が一定になる返済方法です。返済計画を立てやすい点がメリットですが、元金部分の減りが遅く、元金均等返済方式と比べ返済総額が高くなる点がデメリットといえます。

年収別の住宅ローン借入額シミュレーション

年収別の住宅ローン借入額シミュレーション

住宅ローンの借入額は、年収によって変わります。返済負担率を25~35%に設定する場合、借入額がいくらになるのか、年収別にシミュレーションしてみましょう。

<住宅ローンの種類>

  • 金利タイプ:固定金利
  • 金利:1%
  • 返済方法:元利均等返済方式
  • 返済期間:35年

〈年収別の限度額シミュレーション〉

年収返済負担率25%返済負担率30%返済負担率35%
300万円2,210万円2,650万円3,100万円
400万円2,950万円3,540万円4,130万円
500万円3,690万円4,420万円5,160万円

 

返済負担率を25%に設定した場合、年収300万円の人は年収400万円の人より約700万円、年収500万円の人より約1500万円借入額が少なくなります。返済負担率を35%に設定すると、年収300万円の人と年収500万円の人とでは、借入額に2,000万円程度の差が生じます。

また、返済負担率を25%から35%にアップさせれば、年収300万円・400万円の場合は約1,000万円、500万円の場合は約1,500万円借入額を増やすことが可能です。

住宅ローンを借入限度額まで借りるメリットとデメリット

住宅ローンでは、金融機関が設定する借入限度額までお金を借りることができます。しかし、返済期間中に収入やライフスタイルが変化する可能性があるため、慎重に判断することをおすすめします。
住宅ローンを借入限度額いっぱいで組むとどのようなメリット・デメリットがあるのか押さえておきましょう。

メリット

住宅ローンで借入限度額までお金を借りるメリットとして、購入する物件の選択肢が広がることが挙げられます。条件のいい物件は入居後の満足度が高く、買替えを検討する必要がなくなります。また、人気エリアの物件は資産価値が下がりにくく、購入後の値上がりが期待できる点もメリットです。

デメリット

住宅ローンで借入限度額までお金を借りるデメリットは、リストラ、転職、事故、病気などにより収入が減少したときに、資金にゆとりがなくなってしまうことです。また、返済方法と金利タイプによっては金利上昇の影響で家計が圧迫される可能性があります。

無理なく住宅ローンを返済するためのポイント

無理なく住宅ローンを返済するためのポイント

住宅ローンを無理なく返済するにはいくつかのポイントを押さえる必要があります。せっかくの新居生活で返済負担に苦しむことがないように、しっかりとチェックしましょう。

返済期間を長く設定する

住宅ローン以外にも借入れがある方など、月々の返済負担を抑えたい場合は返済期間を長くするのがポイントです。
一般的に住宅ローンでは返済期間を1~35年まで自由に設定できます。ただし定年後の返済はできるだけ避けたいので、なるべく早めにローンを組みましょう。

広い視野で物件を探す

広い視野で物件を探すことも、住宅ローンを無理なく返済するためのポイントです。中古物件や都市部以外の物件を選択肢に入れることで購入価格を抑えられる場合があります。満足度が高い物件を選ぶために、立地やスペックなど物件選びの条件に優先順位を付けておくといいでしょう。

ライフプランを考慮する

住宅ローンを組むときは、ライフプランを考慮することが大切です。今後の出費を想定しておけば、返済がきつくなるリスクを軽減できます。例えば子供が生まれれば、養育費や教育費などが必要になりますし、家族が増えることで車の買替えが必要になるケースもあります。

【年収別】住宅ローン返済シミュレーション

【年収別】住宅ローン返済シミュレーション

住宅ローンにおいて、借入額や毎月の返済額、返済総額が実際いくらになるのか、下記の条件でシミュレーションしてみましょう。

  • 金利タイプ:固定金利
  • 金利:1.0%
  • 返済方法:元利均等返済方式
  • ボーナス払い:なし
  • 返済負担率:25%

〈住宅ローンの借入額と返済額〉

返済期間年収借入額毎月の返済額返済総額
25年300万円1,680万円6.25万円1,900万円
400万円2,210万円8.3万円2,500万円
500万円2,660万円10.4万円3,000万円
35年300万円2,210万円6.25万円2,620万円
400万円2,950万円8.3万円3,498万円
500万円3,690万円10.4万円4,375万円

 

返済期間25年で借入額が1,000万円台であれば、月々の返済額を6万円台に抑えることができるため、年収が300万円程度でも無理なく返済できるといえます。また、年収500万円の場合、毎月約10万円の返済で、2,600万円の借入れが可能になります。

返済期間を35年に設定すると、年収300万円の場合は月々6万円台の返済で2,000万円以上、年収400万円の場合は月々8万円の返済で約3,000万円の借入れが可能になります。返済期間を長く設定すると、同じ返済負担率でも、高額の物件を購入できるわけです。

ちなみに年収500万円の場合、月々の返済額が同じでも、返済期間を10年延長することで1,000万円以上高い物件を購入できるようになります。

住宅ローンを組んだら、車はサブスクで持つのがおすすめ。詳しくはこちら

ローンのおもな審査基準

ローンのおもな審査基準

住宅ローンを含め、ローンを利用するには審査に通る必要があります。審査基準は借入先によって異なりますが、重視される情報はある程度共通しています。

ここでは、一般的なローンの審査基準を解説します。

年収や勤続年数

年収に対し借入額が大きすぎないか、勤続年数が十分であるかといった点は審査で重視されるポイントです。たとえ給与額が高くても、20代の新入社員や転職したばかりの方など勤続年数が短い方は、ローンの審査で不利になる場合があります。

雇用形態

ローンの審査では利用者の雇用形態も重視されます。例えば自営業やフリーターなど雇用形態が不安定な方は、審査で不利になる場合があるでしょう。一方、正社員は、毎月の収入が安定しているとみなされ、審査における信用度が高くなります。また大企業など、勤務先によっては審査が有利になる場合があります。

ほかの借入状況

ローンの審査では、ほかの借入状況もチェックされます。一般的にローン申込時には、借入先や借入額についても申告が必要です。ローンのほか、クレジットカードのキャッシングを利用している場合も、クレジットカード会社の名前や利用額を記入します。例えばリボ払いを利用していたり、消費者金融から借入れをしていたりすれば、返済能力が低いと判断される場合があります。

信用情報に延滞歴などがないか

ローンの審査では、申込者の信用情報も重視されます。信用情報とは、個人の信用取引に関する情報のことです。具体的には、ローンやクレジットカードなどの借入状況、返済状況、利用残高などを指し、信用情報機関に記録されています。信用情報機関に加盟する金融機関やクレジットカード会社は、この信用情報を照会できます。

契約しても大丈夫か、貸し倒れることがないかが、信用情報を基に判断されるのです。自己破産、携帯料金の支払遅延、税金の滞納などの経験があり、信用情報に傷があると、ローンの審査に落ちる可能性が高くなります。

ローンの審査に通るためにできること

ローンの審査に通るためにできること

ローンの審査に通る可能性をアップさせるために、事前にできる対策がいくつかあります。ローンの審査を受けるときの対策を解説します。

頭金を多く用意する

ローンの審査を受けるにあたり、資金に余裕がある場合は、頭金を用意するのが有効です。頭金で借入額を抑えれば利息の負担も少なくなります。ただし、無理をして頭金を多く入れたことで、家計が圧迫されないように注意しましょう。

ほかのローンを完済する

ほかのローンを返済中の場合は、完済してから新たなローンに申し込むといいでしょう。完済が難しいときは、一部繰上返済をして元本を減らすという方法も有効です。もちろん、ほかの借入れがあっても審査に通る場合があります。しかし、返済負担率はすべての借入れの返済額を基に算出されるので、借入額が小さくなってしまう可能性があります。

配偶者と収入を合算する

「住宅ローンを組みたいけれど自分の収入だけでは審査に通りそうにない」そんなとき、親子や夫婦など親族の収入を合算して借入れをすることが可能です。合算した金額を基に審査が行われるので、ひとりで受けるより審査に通る可能性が高くなります。

ただし、申込者も収入を合算する親族も金融機関によって定められた条件を満たす必要があることを覚えておきましょう。

住宅ローンと車のローンを同時に組むときのポイント

住宅ローンと車のローンを同時に組むときのポイント

住宅の購入と併せて車の購入を検討している方もいるでしょう。住宅ローンと車のローンを併用することは可能ですが、無理なく返済するため、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

住宅ローンと車のローンを同時に組むときのポイントを見ていきましょう。

返済額の合計を基に返済負担率を算出する

住宅ローンと車のローンを同時に組むときは、返済額の合計を基に返済負担率を算出するのがポイントです。
例えば、年収500万円の方が住宅ローンを年間100万円、車のローンを年間20万円ずつ返済している場合、返済負担率は24%となります。

(100万円+20万円)÷500×100=24%

このケースでは、返済負担率が35%以下に収まっているので、無理なく返済できるといえます。

ローン以外に必要となる費用も考えよう

住宅ローンと車のローンを同時に組むときは、ローン返済以外にも必要な費用を考慮しておきましょう。住宅や車の購入にはローン以外の費用も発生します。住宅の場合は固定資産税や都市計画税、火災・地震保険、修繕費などのお金を確保しておかなければなりません。

車の場合は車両本体価格以外にも、税金、ガソリン代、車検費用、メンテナンス費用、駐車場代などさまざまなお金がかかります。仮に住宅ローンと車のローンの審査に通ったとしても、ローン以外の費用を想定していなければ、家計を圧迫してしまうリスクがあります。

ローンを組まずに車を手に入れられる方法とは?

ローンを組まずに車を手に入れられる方法とは?

住宅ローンを利用しつつ、車もローンで手に入れようとするのは、返済負担率などの関係から、なかなか難しい側面があることは否めません。「新居も車も欲しいけれど費用が気になる」そんな方は車のサブスクリプションサービス(サブスク)を検討してみてはいかがでしょうか。サブスクであれば、月々の負担を抑えてずっと定額の支払いで車に乗れます。

ここでは、車のサブスクの特徴やメリットをご紹介します。

車のサブスクとは

サブスクとは、月額料金で好きな新車を選んで乗れるサービスです。サブスクの月額料金は、契約満了時の下取り価格である「想定残価」を車両本体価格から差し引いた金額を基に算出されます。つまり実際の車両本体価格より、お得な金額で車に乗れるわけです。

車検の手続きや保険の支払いといった車に関わる面倒な手続きを代行してもらえるなど、ローンより気軽にカーライフを楽しめるのがサブスクの特徴です。

車のサブスクのメリット

車のサブスクはローンと異なり頭金不要、利息なしで利用できる点がメリットです。また、月額料金には税金や自賠責保険料、手数料などの諸費用が含まれます。つまり、初期費用不要で最初から月額料金のみで車に乗れるため、まとまった資金を準備できない場合にもおすすめです。

なお、サブスクを利用するには審査に通る必要がありますが、車の所有者はリース会社であることなどから、カーローンより審査に通りやすい傾向があるといわれています。

住宅ローンを利用しつつ車に乗りたい方におすすめのサービス

住宅ローンを利用しつつ車に乗りたい方におすすめのサービス

住宅ローンを利用しつつ車に乗りたい方には、ローンより気軽なサブスクが向いています。特に、月々10,000円台から車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん」は業界最安水準となっており、ボーナス払いなし・残価精算なしで費用負担を抑えたい方にぴったりです。

ここでは、定額カルモくんの魅力をご紹介します。

国産メーカー全車種から好きな1台を選んで乗れる!

定額カルモくんは国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているため、カーローンと同じように好きな車を選べます。「好きな車を選んだらできるだけ長く乗り続けたい」そんな方でも定額カルモくんなら安心です。定額カルモくんは、サブスク会社の中でも最長の11年の契約が可能となっています。

1~11年で自由に設定できるので、車に愛着を持って長く乗りたい方にも、ライフプランに合わせ柔軟に車に乗りたい方にもおすすめです。特に住宅ローンを組む予定がある方は、返済計画に合う期間を選べるので便利でしょう。

お好きな車が実際に月額いくらで乗れるのか、こちらのバナーからチェックしてみてください。

料金をチェック

契約満了時に車がもらえるオプションも

定額カルモくんは7年以上の契約ですべての車種に「もらえるオプション」を付けられます。もらえるオプションとは月々500円をプラスすることで、契約満了時に車が自分のものになるサースです。さらに、7年以上の契約なら走行距離制限がなくなるため、より自由にカーライフを送れるでしょう。

7年以上など長く乗ると維持費が高くなりそう、と不安に思われる方もいるかもしれません。しかし定額カルモくんの「メンテナンスプラン」なら安心です。メンテナンスプランとは、メンテナンス費用や車検代も月額料金に組み込めるサービスです。

メンテナンスプランを選択すれば車の維持費を気にすることなく、いつも車を万全な状態に保てるため、安心して長く車に乗ることができるでしょう。

定額カルモくんの魅力をもっと詳しく知りたい方はこちら

無理のない返済計画で住宅や車を手に入れよう

住宅ローンの借入額の目安は年収が基準になりますが、購入後の諸費用を考慮して慎重に決めることが大切です。理想の住宅を手に入れるために多額の借入れをする場合、家計が苦しくなってしまう可能性もあるので、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

また、住宅と併せて車も欲しい場合は、ローンを組まずに月々の支払いで車に乗れるサブスクの利用もぜひご検討ください。特に「コストパフォーマンスの高さ」「納得価格」「充実のサポート」がそろった定額カルモくんは、「専門家が選ぶカーリース」で3冠を獲得*しました。

定額カルモくんの充実したサポートは、契約前の車選びから始まります。専任のマイカーコンシェルジュが、車やプランの選び方から契約中の困りごとまでサポートしてくれるため、車のサブスクが初めての方でも安心です。
また、定額カルモくんについての詳しい情報や、実際に利用している方の声など、こちらでご紹介しています。ぜひご参考にしてください。

定額カルモくんのマイカーコンシェルジュに車のことを相談するならこちら

LINE
フリーダイヤル

*調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

よくある質問

Q1:年収から見る住宅ローン借入額の目安は?

A:住宅ローンの借入額は、住宅購入価格が年収の何倍であるのかを示す「年収倍率」が5~7倍程度、年収に対する1年の返済額の割合である「返済負担率」が35%以下になるように設定するのが妥当です。

Q2:住宅ローンと車のローンを同時に組むときのポイントは?

A:住宅ローンと車のローンを同時に組むときは、返済額の合計で算出した返済負担率が35%以下に収まるように借入額を調整しましょう。また、住宅と車、いずれもローン返済以外の費用を考慮して慎重な返済計画を立てることが重要です。

Q3:ローンを組まずに車に乗るには?

A:ローンを組まずに車に乗るには費用負担を抑えられるサブスクリプションサービスがおすすめです。中でも定額カルモくん は月額10,000円台から好きな新車を選んで乗れますし、1~11年と契約期間が幅広いので人気です。

※記事の内容は2021年12月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
ローンを組まなくても