カーローンにクレジットカードは使える?車購入時のお得な支払い方法を解説

クレジットカードでカーローンを払える?車購入時のお得な支払い方法を解説
カルモくんなら新車が

車を購入するにあたって、一括購入が難しい場合はカーローンを検討するのが一般的です。しかし、現金でローンを返済するよりも、クレジットカードの分割払いなどを利用すればポイントも貯められる分お得なのでは、とお考えの方もいるかと思います。では実際に、車の購入にクレジットカードは利用できるのでしょうか。

車を買うときの支払い方法について、カーローンのメリット・デメリットや、クレジットカードが利用できるのかどうかなど、詳しくお伝えします。

ただ最近は、カーローンを利用することなく、月々10,000円台からの支払いだけで新車に乗っている方が増えています。どのような方法なのか、気になる方はこちらのバナーからチェックしてみましょう。

新車を1万円

【この記事のポイント】
✔クレジットカードが使えるかどうかは販売店によって異なる
✔クレジットカードで車を買うときは決済手数料や金利に注意
✔カーリースなら負担を抑えて好きな車に乗れる

車の購入に必要な費用は?

車の購入に必要な費用は?

カーローンかクレジットカード払いか、といった支払い方法を検討するためには、車を購入するとき何にいくらかかるのか知っておく必要があります。車の購入時にかかる費用は、大きく以下の3つに分けられます。

  • 車両代金
  • 法定費用(自動車重量税などの各種税金や自賠責保険料)
  • 諸費用(車庫証明を取得するための費用や検査登録費用、代行費用など)

上記の費用のうち、大きな割合を占めるのはもちろん車両代金です。新車を購入する場合、普通車であれば100 ~300万円、軽自動車でも80~150万円ほどが必要になるでしょう。

また、上記の法定費用や諸費用は、まとめて「初期費用」などといわれることが多いのですが、一般的に初期費用は車両本体価格の10~20%程度といわれています。つまり100万円の車を購入した場合、10~20万円の初期費用がかかると予想されるということです。

新車の購入にクレジットカードは利用できる?

新車の購入にクレジットカードは利用できる?

先にご紹介した3つの費用のうち、支払いに一番頭を悩ませるのは金額の大きな車両代金です。
新車の購入にクレジットカードを利用することは可能です。ただ、全額をクレジットカード払いにできるディーラーや販売店は非常に少なく、クレジットカードが使える店の多くは、頭金など一部の代金に限定している場合が多いです。

また法定費用や検査登録費用などの初期費用も、現金払いとなるケースがほとんどです。

クレジットカードの一括払いで新車を購入することはできない

先述したように、クレジットカード払いでの新車一括購入は基本的にできません。なぜなら、車は高額商品のため店側がクレジットカード会社へ支払う決済手数料も高くなるからです。販売店の利益を下げないためにも、全額クレジットカード払い可としている店舗は少ないのです。

ただし、一部の正規ディーラーなどでは、特定のブランドのクレジットカードに限って新車購入時にクレジットカードが利用できるケースもあります。

頭金など一部ならクレジットカード払いできる場合がある

頭金など購入金額の一部であれば、クレジットカードで支払えるケースもあります。

しかし、クレジットカードの利用自体が断られることも珍しくありません。販売店の担当者と険悪になってしまわないよう、支払い方法については慎重に相談することをおすすめします。

中古車はクレジットカード払いが可能な場合もある

クレジットカードの利用は新車の購入時には難しい一方で、中古車であれば利用できる可能性が広がります。ただし中古車についても、クレジットカードの利用可否は販売店によって異なるので、ご注意ください。

また、中古車販売サイトには、クレジットカード利用の可否で検索できるところもあります。クレジットカードで買える中古車だけを探したい場合は、こうした機能を活用してみてはいかがでしょうか。

カーローンとクレジットカード、金利が高いのはどっち?

カーローンとクレジットカード、金利が高いのはどっち?

クレジットカードの分割払いを利用したいのなら、支払総額に大きな影響を与える金利に注目すべきです。

クレジットカードの分割払いは、一般的に年利15%前後で支払い回数が増えるほど高くなります。一方カーローンの金利は、低いところであれば2%前後の場合もあります。年利に13%ほどの差があるので、カーローンよりもクレジットカードの分割払いのほうが、支払総額がかなり大きくなるといえます。

また同じカーローンでも、銀行のカーローンとディーラーで契約するローンでは、金利が異なります。銀行系カーローンは慎重な審査が行われ、その分金利は低く設定されています。一方ディーラーローンは、ディーラーが提携している信販会社との契約になり銀行系カーローンより審査が通りやすいですが、金利が4~8%ほどと高い傾向があります。

車の購入にクレジットカードを使うメリット・デメリット

車の購入にクレジットカードを使うメリット・デメリット

先程説明したように頭金だけでもクレジットカードで支払うことができるなら、ポイントが貯まるというメリットが期待できます。その一方で、金利や決済手数料で損をしてしまうこともあるので、デメリットについても確認しておきましょう。

クレジットカードで車を買うメリット

車の購入にクレジットカードを利用できた場合、どんなメリットがあるのでしょうか。

  • クレジットカードのポイントが貯まる
    頭金などの一部の金額だとしても、車の購入となるとそれなりの金額になります。そのため、クレジットカードのポイントも一度にたくさん貯まります。
  • クレジットカードの利用実績を残せる
    クレジットカード払いで車を購入し遅延なく引き落とされれば、クレジットカードの利用実績になります。利用頻度が高い、長期間利用し続けている、支払いに遅延がない、という利用者は信販会社の評価が高くなり、クレジットカードの利用限度額が引き上げられたり、クレジットカードのランクアップ審査に通りやすくなったりするなどのメリットも期待できます。

クレジットカードで車を買うデメリット

車の購入にクレジットカードが使えるとしても、恩恵ばかりではありません。デメリットについても理解しておきましょう。

  • 金利が高い
    先述したように、一般的にクレジットカードの分割払いの金利は、カーローンの金利よりも高いです。
    クレジットカードで支払えるからといって分割払いやリボ払いを安易に利用すると、支払総額がカーローンの場合よりも高くなってしまうことも。金利や支払い回数、支払総額などを確認して、損はないか、無理なく支払えるかを検討することが大切です。
  • 決済手数料がかかる場合がある
    車は高額なため、決済手数料も高くなります。決済手数料は本来、販売店側がカード会社へ支払うものですが、車のように高額な商品の場合は、購入者が決済手数料を負担しなければならないケースも珍しくありません。

クレジットカードの決済手数料は一般的に5%前後ですが、店によっては15%前後と割高なところもあります。例えば、決済手数料が5%の店で頭金の30万円をクレジットカード払いにする場合、決済手数料として15,000円が加算されるため、31万5,000円を支払うことになります。

クレジットカード決済によってポイントやキャッシュバックといったメリットを得られるとしても、決済手数料というデメリットがそれらを上回ってしまうことがあるのです。決済手数料と各種還元率を確認した上で、クレジットカード払いが本当にお得なのかよく検討することをおすすめします。

車の購入にクレジットカードを使うときの注意点

車の購入にクレジットカードを使うときの注意点

車のような高額な買い物でクレジットカードを利用する場合、いくつか注意すべき点もあります。
クレジットカード払いで思わぬ負担が発生してしまうケースもあるため、事前に確認しておきましょう。

クレジットカードの利用限度額を確認する

販売店側がクレジットカードの利用を認めていても、支払額がクレジットカードの利用限度額を超えてしまっては、カード決済ができません。あらかじめ、使いたいクレジットカードの利用限度額を確認しておきましょう
もし利用限度額を上回ってしまうときは、カード会社に利用限度額を引き上げてもらう必要があります。利用限度額の引き上げには審査が必要なケースも多いため、できるだけ早めに申請しておきましょう。

決済手数料を確認する

クレジットカード払いにしていいのか見極めるために、決済手数料がいくらで、誰の負担になるのかを必ず確認しましょう。場合によっては、高額な決済手数料が車両代金に上乗せされ、現金で購入するよりも高くついてしまうこともあるのです。仮にポイントがつくとしても、決済手数料を払うのとどちらが得か、よく考える必要があります。

分割・リボ払いにする場合は支払総額を確認

クレジットカードの分割払いやリボ払いには金利が上乗せされるため、一括払いよりも支払総額が高くなります。
月々の返済額を抑えられるというメリットはありますが、分割・リボ払いにする場合はしっかりとシミュレーションした上で検討することをおすすめします。

また、クレジットカードには「割賦取引利用可能枠」が定められていて、ショッピング利用限度額内であっても、この範囲を超えると分割払いができないこともあるので、注意が必要です。

上記のようなことから、クレジットカードの利用限度額が低い場合や、金利や決済手数料を抑えたい場合は、クレジットカード払いよりもカーローンを利用したほうがいいといえます。クレジットカードの利用限度額は引き上げることができますが、審査などの手続きがあり時間も手間もかかります。

カーローンやクレジットカードを使わずにお得に車に乗る方法

カルモくん_new

カーローンとクレジットカード、それぞれの利点と難点を見てきましたが、どちらの支払い方法を選んでも、金利や決済手数料がかかります。また、購入後には車検や整備・点検など、さまざまな費用が必要になります。

しかしカーリースなら、月々定額の料金を支払うだけで、車に乗ることができます。まとまった資金がなくてもカーライフを実現する手段として実際に多くの方に選ばれているカーリース。そのしくみを見ていきましょう。

カーリースでお得に新車に乗れる理由

カーリース仕組み

カーリースは月々定額の料金を支払いながら好きな新車や中古車にマイカーのように乗れるサービスです。
カーリースがなぜ人気なのか、そのしくみや特徴をご紹介します。

●カーリースの月額料金には税金や保険料も含まれる
車を購入する場合、車両価格のほかに、初回車検分の自動車重量税や自賠責保険料、自動車税(種別割)なども支払わなければなりません。自動車税(種別割)は毎年、自動車重量税や自賠責保険料は車検を受ける度に支払う必要がありますが、カーリースであれば契約期間満了までのそうした費用が、月額料金に含まれているのです。

なお、燃料代や駐車場代などの維持費は、購入・カーリース問わず必要になります。
また、車検費用やメンテナンス費用も必要ですが、カーリース会社によってはメンテナンスプランがあり、加入することで維持費や車検にかかる費用もまとめて月々定額にして支払うことができます

●カーリースは頭金0円で利用できる
カーローンなどで車を購入するときは、頭金としてまとまった金額が必要です。その点、カーリースは頭金0円でも利用できるため、誰でも気軽にカーライフをスタートさせることができます。頭金がない分、同じ予算でもワンランク上の車種やグレードを選ぶことができるのではないでしょうか。

●カーリースは「残価設定」でカーローンよりもお得に
カーリースの月額料金は、車両本体価格から車の残価を差し引いた金額を基に、契約期間で割って算出されています。残価とは、車を下取りに出したときにつくと想定される価格のことです。あらかじめ残価を引いた金額を基にしているので、車両代金全額を支払うカーローンよりも料金が抑えられるのです。

カーリースのメリット・デメリットや料金設定について、詳しく知りたい方はこちらをチェック

カーリースと購入、どちらがお得なの?という方はこちらをチェック

カーリースは契約前のお試し審査も可能

クレジットカードの発行や各種ローンの利用時と同様に、カーリース契約でも審査に通る必要があります。カーリースの審査では、おもに年収や収入の安定性、資産、債務履歴、カーリース以外の債務状況などがチェックされます。

審査に通るか不安な方におすすめなのがカーリースの定額カルモくんの「お試し審査」です。一番安い車を選び、お試し審査を受けて通れば、契約可能な範囲の車を教えてもらうことができます。免許証を用意して必要な項目を入力するだけなので5分程度で終わります。結果は通常で翌営業日、最大でも3営業日以内に届きます。

お試し審査に通ったからといって必ず契約する必要もありません。そもそも自分はカーリースを利用できるのか知りたい、という方は気軽にお試し審査を利用してみてはいかがでしょうか

定額カルモくんの「お試し審査」を受けてみたい方は下のバナーからどうぞ。

3車種からお試し審査

クレジットカード払いやカーローンは手数料や金利に注意!

車を購入する際、頭金はクレジットカード払いができることもありますが、決済手数料が購入者負担になることがあるので注意が必要です。いくらポイントやキャッシュバックといったメリットがあっても、決済手数料というデメリットがそれを上回ってしまうことがあるからです。

またどの程度の金利がかかるのかにも注意が必要です。決済や申込みの前に、金利を含めた支払総額がいくらになるか確認しましょう。なお、カーローンとクレジットカードの分割払いでは、カーローンのほうが低金利で支払総額が抑えられるのでおすすめです。

しかし、カーローン、クレジットカード払いのいずれも、金利などの上乗せによって支払いの負担は大きくなります。カーローンを組まなくても車に乗ることができるカーリースという手段を検討してみてはいかがでしょうか。おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、国産メーカーの全車種・全モデルを取り揃えていて、日本一安い*ので、月額10,000円台で新車に乗ることができます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

カーリースってお得なの?カーリースのメリット・デメリットを知りたい方はこちら

定額カルモくんのしくみや特徴を詳しく知りたい方は下のバナーをクリック!

ローン無しでも新車

よくある質問

Q1:カーローンの支払いにクレジットカードは使える?

A:マイカーローンやオートローンと呼ばれるローンは銀行などが購入資金を貸し付けてくれる方法で、クレジットカードでの支払いは基本的にできません。カーローンではなく購入費用ならクレジットカード払いが可能な場合もあります。販売店によって対応はさまざまですので、確認してみましょう。

Q2:クレジットカードで車を買うときの注意点とは?

A:カードの利用限度額内に収まるのか、決済手数料が購入者負担にならないかを確認しましょう。さらに分割払いやリボ払いの場合は、金利がいくらか、支払総額がどれくらいになるのか、カーローンと比較して検討することをおすすめします。頭金や初期費用が不要で家計管理がしやすい方法として、カーリースもおすすめです。

Q3:カーローンやクレジットカード払いよりもお得な方法は?

A:毎月同額の利用料金を支払いながら車に乗るカーリースという方法があります。カーリースは車両本体価格から返却時の想定価格を差し引いてリース料を算出しているので、低料金で貸し出すことができます。中でも定額カルモくんは日本一安い*カーリースです。カーローンやクレジットカード払いにする前に、ぜひ検討をおすすめします。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー