ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーローン申込みのタイミングはいつ?ローン契約の流れや必要書類を紹介

カーローンの必要書類はいつ何を用意すればいい?申込みの流れと必要書類における注意点とは
目次上_審査に落ちた_新車乗れる

カーローンを組むためには、提出しなくてはいけない書類がいくつかあります。書類に不備があったり準備が遅れたりすると、その後の手続きが滞ってしまうため、契約をスムーズに進めるためにもきちんと準備しておくことが大切です。ここでは、カーローンの契約までに必要な書類や提出期限、契約するまでの流れなどについてご紹介します。

そもそも、カーローンでは購入の際にかかる必要書類の準備といった手間だけでなく、税金や保険の処理や車検の手配などといった車を持ってからの手間もかかります。
しかし、カーリースなら月々10,000円台から税金や自賠責保険料、車検代もコミコミの定額制で新車に乗ることができます。特にカーリースの定額カルモくんなら必要書類取得のサポートもさせていただきますので、安心です

通常記事_コミコミ1万円バナー
  • カーローンの必要書類は5つ
  • 自分に合ったカーローンを選べるかが重要
  • カーリースなら、カーローンより簡単に申込み手続きができる

カーローンを契約するまでの流れ

カーローンを契約するまでの流れ

車をローンで購入する場合、一般的には車種を決めて、最終的な購入価格が決まってからローンの申込みを行います。しかし、銀行系カーローンでは、契約までに車種と金額が確定することを条件に、仮の金額で受け付けてくれる場合があります。

ただし、車種と金額の確定後に売買契約書などを提出する必要があり、借入額が確定前の金額を超える場合は再審査になることもあります。そのため、欲しい車の候補がいくつかあるときは、一番高額な車種で申し込むと安心です。
カーローン契約の流れや契約に必要な準備について見ていきましょう。

カーローン契約の流れ

カーローンを利用するためには、ローンの申請手続きや審査の通過が必要です。
ここでは、カーローン契約の申請から契約完了までの流れを見ていきましょう。

1. 申請
カーローン会社既定の用紙やインターネット上で申請します。見積りと併せて、氏名や生年月日、勤務先、勤続年数、年収、他社での借入れ状況などを申告します。

2. 仮審査
申請内容をもとに仮審査が行われます。通過した場合は申込み手続きへ移行します。

3. 申込み
必要書類を提出して、正式に申込みます。

4. 本審査
申込み内容をもとに、本審査を行います。融資の可否だけでなく、融資額や融資期間、適用金利なども本審査で決められます。

5. 契約
本審査に通過した場合は、正式な契約を交わして融資を受けます。

準備のタイミング

ディーラーローンなど販売店が提供しているローンを利用する場合は、ローン契約と購入手続きを同時に行うことができます。しかし、銀行系カーローンなどを利用する場合は、見積りの取得や借入額の検討などの事前準備が必要となります。
事前準備の流れを見ていきましょう。

1. 見積りを取る
購入したい車が決まったら、販売店で見積りを出してもらいましょう。見積りを取ることで諸費用を含めた総額がわかるだけでなく、カーローン契約時に必要となる利用目的の証明書として使用することができます

2. 借入額や返済期間を決める
借入額を決める際には、頭金の有無も合わせて検討しなくてはいけません。頭金は車両代金の10〜30%くらいを支払うことが多いですが、頭金なしで組めるカーローンもあります。返済期間も含めて、無理のない返済計画を立てましょう。

このようにして返済計画が決まり、必要書類が用意できたら、借入先にカーローンの申請手続きを行います。

上記のようにローンを契約するためには、手間も時間もかかります。しかし、オンライン上で申込み手続きができるカーリースなら、もっと簡単に新車に乗ることができます。

カーローンの契約までに必要な書類5つ

銀行やディーラーなど、カーローンの申請先によって若干の違いはありますが、カーローンを契約するまでには、次のような書類が必要になります。なお、書類の提出は郵送か窓口に出向いての提出が一般的ですが、昨今はウェブ上にアップロードした画像での対応など、窓口へ出向くことなく契約できるカーローンも増えています。
ここでは新車の購入を例に必要な書類5つと提出のタイミングをご紹介します。

ローン無しでも新車

1.本人確認書類
運転免許証やパスポート、個人番号カードなど、本人であることが確認できる公的な書類が申込み時に必要となります。

2.収入を証明する書類
給与所得者は直近の源泉徴収票や市区町村が発行する所得証明書、個人事業主は確定申告書や納税証明書など、年収や所得がわかる書類が申込み時に必要となります。

3.資金使途確認書類
用途が限定される銀行のカーローンでは、車の見積書や注文書、売買契約書など、申込者の氏名、購入金額、販売店名が確認できる書類が必要です。

4.支払済確認書類
銀行で融資を受けた後に、カーローンの借入金を支払ったことが証明できる振込受取書や領収書などが必要になることがあります。

5.その他
そのほかにも、カーローンの返済に使う口座の通帳や、印鑑証明、保証会社の契約に関する書類などが必要になる場合もあります。実際に必要な書類については、カーローン会社で事前に確認しておきましょう。

必要書類に関する注意点

必要書類に関する注意点

必要書類を準備するにあたり、定められた期間に有効期限内の書類を提出するのはもちろんですが、それ以外にも注意しておきたい点があります。

銀行のカーローンでは契約する銀行の口座が必要

銀行のカーローンを契約するときには、ローンの返済に他行の口座を指定することができません。そのため、契約先の口座を持っていない場合には新規開設する必要があります。その際は、口座開設に必要な書類も別途必要になります。

仮審査から申込みまでには期限があるので注意

仮審査の結果には有効期限があります。期限を過ぎると申込みができず、申請からやり直しになるため、取得に時間がかかりそうな書類は余裕をもってそろえておきましょう。事前に必要書類を確認し、いつまでにどこで何を取得するかリストアップしておくと安心です。

金額に変更があったらすぐに報告する

カーローンは決められた用途以外に使用することはできません。売買契約書などを提示するのも、別の用途で使用したり、差額をもうけたりしていない証明の意味合いがあります。そのため、グレードの変更や頭金の増減など、購入金額に変更が生じた際は、すぐにカーローン会社へ連絡しましょう。

保証人を立てるときは、保証人にも必要な書類がある

多くのカーローンでは、指定の保証会社を利用することで保証人は不要としています。ただし、年収や勤続年数などによっては、保証人が必要になるケースもあります。その場合、保証人の本人確認書類や収入証明書が必要となるため、事前にお願いしておきましょう。

書類の有無に関係なく、申請ができないケースもある

必要書類がそろっていても、個人間の売買でカーローンを利用したり、一括で購入した後に同額のカーローンを申請したりすることはできません。また、融資が希望額に満たなかったなどの理由で、カーローンを締結した以外のカーローン会社で不足分を申請するなど、同じ車に対し2社以上でカーローンを契約することもできません。

カーローンの借換えでは必要な書類が増える

現在のカーローンを借換えたい場合は、車の所有者が本人の場合に限り申請が可能です。その際は、申込みで必要となる書類のほかに、対象となる車両の車検証、現在借りているカーローンの残高証明書、返済予定表などの書類も必要になります。

書類に不備がなくても、審査に通らない可能性はある

仮審査では、主に申請で申告された内容をもとに精査します。対して本審査は、提出した必要書類の内容に加えて、申込み内容に虚偽がないか、信用情報のブラックリストに載っていないかなど、より詳細な調査をして、支払い能力などを確認します。そのため、仮審査を通過して、不備なく書類をそろえても、本審査を通過できない可能性があります。

カーローンの審査はどのような基準で行われるの?

カーローンの審査基準はローン会社によっても異なりますが、一般的には以下のような基準で審査が行われます。

年収

多くのローン審査では、収入が安定しているかどうかが重要視されます。年収は200万円以上がひとつの目安といわれていますが、年収が低くても継続的に安定した収入があれば審査に有利になることもあります。また、一般的に融資限度額は年収の3分の1以内とされるため、年収のバランスを基に車種を検討する必要があります。

職業、勤続年数

パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用でもカーローンに申し込むことはできますが、正社員や公務員など、収入が安定している職業のほうが、審査に通りやすい傾向があります。また、勤続年数が短い場合も収入の安定性が低いと判断されることがあり、勤続1年以上であれば審査に通りやすいとされています。

信用情報

過去に他社のローンやクレジットカードで支払いに問題があった場合、審査に落ちてしまうことがあります。このような支払いの遅延や延滞などの信用情報は、一般的に5年から10年のあいだ、信用情報機関で保管されています。滞納や自己破産、債務整理がある場合は、自身の信用情報について確認しておくといいでしょう。

ディーラーローンや銀行系カーローン、自分に合ったカーローンを選ぶことが大切

自分に合ったカーローンを選ぶことが大切

新車や中古車の購入時に使用することが多いカーローンですが、ローンの種類によって使用できる用途が異なります。

銀行系カーローン

銀行系カーローンは、銀行などの金融機関から借入れをするカーローンです。金利が低い一方で、審査が厳しい傾向があります。車両代金やオプション費用だけでなく、車検や修理費用、消耗品の購入費用、免許の取得費用など車に関する幅広い用途で使用できることが多いのが特徴です。

ディーラーローン

ディーラーローンは、ディーラーと提携している信販会社などから借入れをするカーローンです。金利は高いですが、審査に通りやすい傾向があります。用途はディーラーで購入する車の車両代金やオプション費用のみに限られています。

残価設定ローン

残価設定ローンは、ディーラーで取り扱っているローンのひとつです。車両代金から想定される下取り価格である残価を据え置いた金額を分割で支払います。残価を据え置くため、毎月の返済額を抑えることができますが、車の価値を保持するために走行距離やカスタマイズが制限されていることがあります。
自分に合ったローンかどうかを確認してから申込みを行いましょう。

カーローンよりもお得に新車に乗れる「カーリース」がおすすめ

カーローンを利用して車の購入を検討していても、審査に通らなかったり、希望する金額が借りられなかったりすることがあります。また、新車の購入時は、車両価格のほかに、各種税金や手続き上の手数料など、カーローンの対象に含まれない初期費用も必要となり、ある程度の現金も用意しておかなければなりません。
そのような心配をせずに新車を手に入れたいという方は、カーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

カーリースってどんなサービス?

カーリースは、リース会社が購入した新車を、定額制のリース契約を結ぶことで長期的に借りられるサービスです。一時的に利用するカーシェアやレンタカーとは違い、年単位で必要な期間だけ利用できるので、契約期間中はマイカーのように自由に乗ることができます。また、カーローンでは購入時や数年ごとに必要となる自賠責保険料や各種税金なども、リース料に含まれているので、突然の大きな出費の心配もありません。

知っておきたいカーリースのメリット

ずっと定額

カーリースには、次のようなメリットがあります。
・契約開始から終了まで、ずっと同じ金額で新車に乗り続けられる
・残価を差し引いた車両価格でリース料が設定されるので、安く車に乗れる
・契約年数が長くなるほど、月々のリース料が安くなる
・車の購入はリース会社が行うため、カーローンのような手続きのわずらわしさがない
・まとまった資金がなくてもカーライフが始められる

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

ローン審査に落ちたがカーリースの審査に通った!利用者の声

カーローンの審査に通らないのではないかと不安な方も、実際に落ちてしまった経験のある方も、車をあきらめる前にカーリースという車の持ち方にも目を向けてみてはいかがでしょうか。カーリースの定額カルモくんは、カーローンの審査に通らなかった経験を持つ方がたくさん利用しています。その中から体験談や感想をご紹介しましょう。

ローン審査に落ちても、カーリースで欲しかった新車に乗れました!

契約者Kさん

Kさん・40代 | ダイハツ「ムーヴ」(11年契約・プラチナメンテプラン加入)

最初は車を購入するつもりでカーローンに申し込んだのですが、過去に携帯料金の払い忘れがあったことが影響したのか、審査に通らなかったんです。
仕事柄どうしても車が必要だったので、定額カルモくんなら審査に通るかもしれないと聞いてすぐに申し込みました。

とはいえ、車のサブスクなんて知らなかったし、インターネットで車を買うことにも多少の抵抗はありました。でも、問い合わせ時の受け答えがすごくクリアで安心感があったので、大丈夫だなって。
無事に審査も通過して、欲しかったムーヴの新車にも乗れて、満足しています!

ダメ元で受けた審査に通った!おかげさまで妥協せずに新車に乗れています

「還暦過ぎたんだから、好きな車に乗らせてよ」車に妥協はしたくない、おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者に聞く、カーリースの良さ。

Kさん・60代 | ホンダ「S660」(7年契約)

これまでいろいろな車をいじって乗り倒して、今回、車の楽しみと維持費の安さを両立した一番良い車に乗りたかった。ただ僕の場合、ローン審査は難しいと思っていたんです。いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも定額カルモくんに相談したら、一応やってみましょうよと言われてダメ元で審査を受けてみたら通ったのでびっくりしました。

リースは税金も何も全部コミコミで一定の月額が決まっていて、支払額が変わることがないから安心ですよね。だから、審査に通ったとわかって、じゃぁぜひぜひお願いしますと言って、おかげさまで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

ローン審査に落ちたことがあっても、無理なく新車を持ててうれしいです!

契約者Iさん

Iさん・30代 | ダイハツ「ウェイク」(11年契約)

車検がきっかけで乗換えを検討し始めました。それまで中古車だったので、新車に乗りたいと思って。車種は最初から決めていて、あとは買うかリースにするかの2択でした。

ただ、実は前の車を買う時にカーローンの審査に落ちたことがあるんです。大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいかもしれません。だからローンは難しいかなと。

それで、落ちたらどうしようという不安もあったんですけど、試しに審査を受けてみたら、受かったって連絡が来たのでうれしかったです。その後は担当の方にいろいろと相談しながらプランを決められたので安心でした。リースの魅力は無理なく車を持てる点だと思います。ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないですよね。

カーリースなら車がもらえる「定額カルモくん」がおすすめ

カルモくん_new

カーリースの普及に伴ってカーリース会社は増えていますが、選べる車種が限られていたり、月間走行距離が制限されていたり、契約満了時には原状回復をして返さなければいけないなどのルールを設けている場合が多くなっています。

しかし、カーリースの定額カルモくん では、7年以上の契約であれば走行距離制限がありません。さらに、契約満了時にそのまま車がもらえるオプションや、車検や消耗品の交換から返却時の原状回復までの費用を定額にできるメンテナンスプランなどがあります。
カーリースのデメリットをカバーしながらお得にカーライフを送ることができる、定額カルモくんについて詳しく見ていきましょう。

車がもらえる「もらえるオプション」

定額カルモくんでは、7年以上の契約を対象にした「もらえるオプション」に加入すると、月額500円でリース契約満了時に0円で車をもらうことができます

もらえるオプションを利用すれば、マイカー感覚でリース車に乗れるので、初めてのカーリースでも安心して利用できるのではないでしょうか。

維持費も定額化できるメンテナンスプラン

定額カルモくんには、リース返却時の原状回復費用補償や車検基本料、消耗品の交換費用などの維持費も月額に含められるメンテナンスプランが用意されています。予算に合わせて選べるように、数種類のプランが用意されているので、自分に必要なメンテナンスを定額化することができます。

このように、カーリースには購入や維持にかかる費用の違いや、料金のしくみなど、カーローンにはないメリットが多くあります。

カーローンよりカーリースがお得な理由をもっと 知りたい方はこちら

カーローンのやり方を理解してスムーズに手続きしよう

カーローンのやり方や申込みのタイミングについて理解して、自分に合ったカーローンを選んでお得に新車に乗りましょう。ローンの手続きが面倒に感じる方は、カーリースを選んでみてはいかがでしょうか。

定額カルモくんならオンラインで審査申込みができ、一部の車種は契約から3週間(※)で納車されるので、すぐに車が必要な方にもおすすめです。

※時期や状況、お客様の居住地域等で異なります

即納車について詳しく知りたい方はこちら

よくある質問

Q1:カーローンの申込みに必要な書類は?

A:一般的には、カーローンの申込書、本人確認書類、収入が証明できる書類、資金の使い道が確認できる書類、借入金の支払いが確認できる書類、カーローンの返済に使う銀行口座の通帳などが必要です。そのほかの書類が必要になるケースもあるため、必ず確認しておきましょう。

Q2:書類はいつまでに用意したらいい?

A:必要書類の種類にもよりますが、本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類は仮審査後の申込みまで、支払済確認書類は、銀行で融資を受けた後に必要になることが多いです。

Q3:カーローンの審査に通らなかったら、車はあきらめるしかない?

A:カーローンが契約できなくても、一括払いであれば車を購入できます。しかし、まとまったお金が必要になるので、初期費用不要で、定額で新車に乗り続けられるカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー