ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

マイカーローンの仮審査とは?本審査との違いや審査通過のコツを徹底解説

マイカーローンの仮審査とはどういうものなのか、なぜ審査が不安な方におすすめなのか、仮審査と本審査はどう違うのかなどについて解説していることを表すタイトル画像
マイカーローンの仮審査とはどういうものなのか、なぜ審査が不安な方におすすめなのか、仮審査と本審査はどう違うのかなどについて解説していることを表すタイトル画像

マイカーローンの仮審査とは、審査通過の目安がわかる簡易的な審査のことです。仮審査は、多くのマイカーローンで比較的カジュアルに利用されています。なぜなら、審査に通る可能性をスピーディーに確かめられるからです。ただし、本審査とは審査結果が異なる場合があります。

ここでは、マイカーローンの仮審査と本審査の違いやそれぞれの審査内容、必要な手続きについて詳しく解説し、審査に通過して車を持つためのコツをご紹介します。

  • マイカーローンの仮審査では、デメリットなく審査通過の目安を確かめられる
  • マイカーローンの仮審査に通っても、債務履歴などが原因で本審査に落ちることがある
  • 審査に通りやすく、マイカーローンよりも気軽に新車を持てる方法がある

もっと手軽に新車を持てる方法でまず試してみる

ローンより楽に新車に乗る方法_審査に通るか調べてみる

マイカーローンの仮審査とは?本審査との違い

マイカーローンの仮審査とは?本審査との違いをイメージした画像

マイカーローンには、仮審査と本審査という2種類のローン審査があります。仮審査は必須ではありませんが、ローン審査に通るかどうかを簡単に調べたいときには便利な方法です。仮審査と本審査について、それぞれの審査内容や違いについて、詳しく見ていきましょう。

仮審査とは事前審査のこと

仮審査は「事前審査」とも呼ばれ、本審査の前に行われる簡易的な審査です。ローンの申入れをする方の年収や属性、勤続年数などの情報を基に、申込みの金額が内容と見合っているかがチェックされます。

審査時間は比較的短く、メールでの通知などで当日に結果がわかることもあります。なお、仮審査では以下のような事柄を申告しますが、ローン会社によって必要となる内容が異なります。

〈仮審査の申告内容例〉
名前、フリガナ、性別、生年月日、自宅の住所、電話番号、住居の種類、入居開始年月、未既婚、扶養家族の有無、家族との同居、職業、前年度の個人収入、借入希望額、借入希望期間、借入希望時期、借入れの目的、必要資金の合計額、現在の借入状況など

本審査の特徴

本審査は、実際にローンを組めるかを確認する審査です。借入可能額や適用金利も本審査で決まります。

本審査では、仮審査の審査内容に加えて、CIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)などの信用情報機関に登録されている個人情報を基に、債務歴や返済能力をチェックします。

信用情報機関には、クレジットカードでの支払いや携帯電話料金の振込などの遅延や延滞、自己破産といった自己情報があれば、その履歴が5〜10年分記録されています。事故情報が記録されているあいだは、ローン審査に通過することは難しいでしょう。

心配な場合は、信用情報機関に情報開示を請求して、自分の事故情報が残っていないかチェックしておくのがおすすめです。

〈本審査の申告内容例〉
名前、フリガナ、性別、生年月日、自宅の住所、電話番号、住居の種類、入居開始年月、未既婚、扶養家族の有無、家族との同居、職業、前年度の個人収入、借入希望額、借入希望期間、借入希望時期、借入れの目的、必要資金の合計額、支払先の情報、現在の借入状況、信用情報機関(CIC、JICC、KSC)の記録など

ローンを組まない方法で
審査に通るか試してみる

ローンを組まなくても、より手軽に車を持てる人気の方法があり、審査に通るかを事前に確認できます。審査結果次第では、ローンよりお得にワンランク上の車に乗れる可能性も。車種やプランは後から変更できるので、まずは一番安い車種で審査に通るか試してみるのがおすすめです。

ローンより楽に新車に乗る方法_審査に通るか調べてみる

マイカーローンの仮審査と本審査でチェックされる内容とは

マイカーローンの仮審査と本審査でチェックされる内容とはをイメージした画像

マイカーローンの仮審査と本審査は、いずれも借入希望者の返済能力を判断するために行われます。ただし、チェックされる内容については仮審査と本審査で異なるケースが多いです。それぞれでどのような内容が重視されるのか見ていきましょう。

なお、ローン会社により申告内容や基準は異なるため、ここでは一般的な例をご紹介します。

仮審査で見られる内容

仮審査では、おもに借入金額が収入などの条件に見合っているかどうかが重視されます。具体的なチェック内容は次のとおりです。

審査条件をクリアしているか

まず前提として、マイカーローンを組める基準をクリアしているかの確認が行われます。申告情報を基に、属性に関して間違いや虚偽の記載がないか、申込条件がある場合には年齢や年収などの制限をクリアしているかなどの基本的な内容をチェックしていきます。

なお、虚偽の申告をすると必ず発覚し、審査には通らないと考えておきましょう。

安定的な収入があるか

収入の安定性は、年収、雇用形態、勤続年数などを基に判断されます。明確な基準はありませんが、目安として年収200万円以上、勤続年数1年以上が審査を通過できるラインだといわれています。なお、フリーターや自営業者は収入が不安定と判断されやすく、会社員よりも審査通過がきびしい傾向があります。

滞りなく返済できるか

安定した収入があっても、収入と借入額のバランスや借入期間などから返済計画が無謀であると判断されれば審査を通過できません。また、完済時の年齢が高い、他社での借入れが多いなどのケースも審査に通らない可能性があります。

本審査で見られる内容

本審査では、仮審査のチェック内容に加え信用情報も重視され、さらに慎重な審査が行われます。個人信用情報機関に記録されている情報を基にチェックされる内容を見ていきましょう。

債務履歴に問題はないか

信用情報機関に登録されている情報を基に、過去の債務履歴に問題がないかを確認します。そのため、自己破産や債務整理の履歴がある方は審査の通過が難しいでしょう。短期間の支払遅延や携帯電話端末代の割賦料金の延滞なども信用情報に履歴が残るケースがあり、新たな借入れが難しくなります。

ほかの借入れと返済がどういう状況か

他社で借り入れているローンや、クレジットカードなどの利用履歴もチェックされます。また、これにマイカーローンの借入れが加わっても滞りなく返済可能であるかどうかの目安として、返済負担率という指標が用いられます。

返済負担率とは、すべての借入れを合計した年間返済額が年収に対して占める割合のことです。返済負担率が30%以上になると審査に通りにくくなるといわれています。

短期間で複数の申込みをしていないか

信用情報機関にはローン審査の申込み履歴も登録されています。短期間で複数回のローン申込みがあると、お金に困っていると判断されて審査が不利になる可能性があるので注意しましょう。

なお、本審査の場合、審査申込みの履歴だけでなく審査結果も信用情報に記録されるので、慎重に申し込む必要があります。

手軽に新車を持てると話題の方法を見る

マイカーローンの仮審査に通って本審査に通らないこともある?

マイカーローンの仮審査に通って本審査に通らないこともある?をイメージした画像

マイカーローンの仮審査に通ったからといって、必ずしも本審査に通るわけではありません。どのような場合に本審査で落ちるのか、実際に経験した方の声*をご紹介しましょう。

「レクサス」購入のために審査申込みをしたAさん(40代)
「レクサス」購入のために審査申込みをしたAさん(40代)

年収が少なく、ローンを組めるか確認するために仮審査を受けました。仮審査では500万円の借入れで申し込んで通ったので、本審査では700万円の借入れを希望しました。そしたら、収入に見合った金額ではなかったためか通りませんでした。結局、頭金を入れ、車のグレードも下げて400万円の借入れ希望で本審査に通りました。

トヨタ「エスティマ」購入のために審査申込みをしたBさん(30代)
トヨタ「エスティマ」購入のために審査申込みをしたBさん(30代)

250万円の借入れを希望して、本審査に通るか不安だったので仮審査を受けました。仮審査に通ったので、特に条件の変更をせずに本審査に申し込んだら落ちてしまい、結局車は買えなかったんです。多分、同じ時期にほかのローン審査を受けていたのが原因かなと思います。

スズキ「ハスラー」購入のために審査申込みをしたCさん(40代)
スズキ「ハスラー」購入のために審査申込みをしたCさん(40代)

仮審査でまず通過しておくほうが本審査に通りやすいかなと思い、仮審査を受けました。借入希望額を変更して120万円で本審査に申し込んだところ、過去の滞納履歴が影響したのか落ちました。その後、所得を上げて借入希望額を60万円にしてミニバンを購入しました。

このように、体験談を見てみると、本審査の前に条件や状況が変わったことで落ちてしまう可能性があることがわかります。仮審査は、あくまで審査に通る目安を知るものでしかないといえるでしょう。

*チャット調査ツール「Sprint」にて、2023年3月9日に「マイカーローンの仮審査に通ったが本審査で落ちた経験がある方」を対象として行ったインターネット調査を基に、カルモマガジン編集部がまとめています

マイカーローンの仮審査を受ける3つのメリット

マイカーローンの仮審査を受ける3つのメリットをイメージした画像

本審査と仮審査の結果が違うことがあるなら、仮審査は不要だと考える方もいるでしょう。しかし、仮審査を受けておくことは、マイカーローンを組むうえでとても有効です。一方、デメリットといえば仮審査を受ける手間がかかるくらいで、大きな不利益はありません。そのため、まずは仮審査を受けてみることをおすすめします。

ここでは、マイカーローンの仮審査を受けることで得られる3つのメリットを見ていきましょう。

信用情報に結果が残らない

本審査を受けると、結果も含めて履歴が信用情報機関に記録されます。そのため、短期間に複数のローンに申込みをすると、お金に困っている可能性があると判断されたり、審査落ちの結果を見られたりして、以後のローン審査に影響を与える可能性があります。

一方、仮審査は一般的にローン会社内でのローン審査で、信用情報機関への照会の履歴は残りますが、結果は記録されません。複数申し込んでもほかのローンに影響する心配が少ないので、マイカーローンが利用できるかを気軽にチェックできます。

借入可能額の目安がわかる

仮審査では、おおよその借入可能額がわかります。そのため、欲しい車が決まって借りたい金額の目処がついたものの、実際に自分の年収や属性で希望額を借りられるのかが知りたいときは、仮審査が便利です。仮審査の結果を基に頭金の金額を決めたり、ローンを組む金額を見直したりすることもできます。

短期間でローン審査の結果を知れる

仮審査の結果が出るまでの期間は3~7営業日程度と短く、最短1日という金融機関もあります。本審査に比べスピーディーに審査結果を知れるので、万が一審査に落ちても、条件を見直すまでの期間を最低限に抑えられるでしょう。車の購入を急いでいるときにも、ほかのローンに切り替える時間の余裕を持てます。

マイカーローンの仮審査はこんな方におすすめ

マイカーローンの仮審査はこんな方におすすめをイメージした画像

仮審査はこれからマイカーローンを利用する方なら受けておいて損のないものですが、次のような方には特におすすめです。

  • マイカーローンの審査に通るか不安な方
  • 複数のマイカーローンを比較検討している方
  • 借入可能額を目安に返済計画を立てたい方
  • 車の購入を急いでいる方

手軽に審査通過の目安がわかる仮審査は、審査が不安な方や、ローンの頭金や借入額で悩んでいる方に向いています。また、本審査に落ちると再審査はより通過が難しくなることもあるので、車の購入を急ぐときこそ仮審査を活用しましょう。

「お試し審査」もおすすめ!

ローンを組まなくても、初期費用0円、月々払いで新車を持てる「おトクにマイカー 定額カルモくん」の「お試し審査」も、審査に不安のある方におすすめです。通過後、審査に通る範囲の車種やプランを案内してもらえるので、効率的に車を持てます。申込みは、5分程度の入力で完了。結果は通常翌営業日にわかります。まずはお気軽にどうぞ。

車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

2024年新生活応援キャンペーン

 

仮審査を受ける前に知っておきたい!マイカーローンの種類

マイカーローンには、サービスを提供するローン会社によって、いくつかの種類があります。それぞれに審査基準や金利が異なるので、自分に合ったローンを選ぶことで審査に通る可能性が高まります。

車の購入に利用できるローンには、銀行系マイカーローン、ディーラー系カーローン、自社ローンの大きく3つがあります。それぞれの特徴をまとめると下の図のようになります。

銀行系カーローン、ディーラーローン、自社ローンの特徴を比較した図。銀行系カーローンは審査がきびしい一方、金利が低め、ディーラーローンは審査が比較的やさしい一方、、金利は高め、自社ローンは審査がやさしい一方、金利相当の手数料が高い傾向があることを表しています

以下でそれぞれ詳しく見ていきましょう。

銀行系マイカーローン

銀行や信用金庫など金融機関のマイカーローンは、低金利で利用できる一方で、審査期間が長く、審査基準もきびしい傾向があります。

マイカーローンとは?詳しくはこちらで解説

ディーラー系カーローン

ディーラー系カーローンは、大手メーカーの系列店や特約店であるディーラーが提供するローンです。車を購入する際に申し込めるため手続きが簡単です。また、銀行系マイカーローンに比べて審査に通りやすいというメリットがあります。

ディーラーローンとは?こちらで解説

自社ローン

自社ローンは、おもに中古車販売店で提供される分割払いのサービスです。金融商品であるマイカーローンとは異なり、お金の貸付をしないので金利は発生しません。また、信販会社を通さず独自基準で審査を行うため、銀行系マイカーローンやディーラー系カーローンよりも審査に通りやすいとされます。

自社ローンとは?詳しくはこちら

マイカーローン申込みの流れと必要書類

マイカーローン申込みの流れと必要書類をイメージした画像

スムーズにマイカーローンを利用するためには、申込みの流れや必要書類を把握して準備を進めておくことも大切です。ここで大まかな流れとそれぞれの手続きの内容、必要書類などを確認しておきましょう。

なお、求められる書類はローン会社によって異なる場合があります。実際の申込時にはローン会社の指示に従いましょう。

1. 車種と借入希望額、返済期間を決める

まずは購入を希望する車種を決め、見積もりを取りましょう。販売店にマイカーローンを検討している旨を伝えておけば、ローンの支払い例を含めた見積もりを作成してくれることがほとんどです。

見積もりを参考に、全体の予算や月々の返済額、頭金の投入金額、車に乗る期間などを考え、マイカーローンでの借入希望額、返済期間を決めましょう。

2. 仮審査に申し込む

大まかな借入金額と返済期間を決めたら、仮審査に申し込みます。なお、このステップは任意なので、直接本審査に進んでも構いません。仮審査に要する時間はローン会社によってさまざまですが、早ければ1日、長くても7営業日程度です。

仮審査はウェブで申し込めることが多く、内容も自己申告が中心なので提出が必要な書類はほとんどありません。ただし、より正確な審査結果を出すために、以下のような書類が必要になるケースもあります。

〈必要書類〉

  • 購入する車の見積書
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 源泉徴収票、確定申告書など年収がわかる書類

3. 仮審査の結果を基に、申込内容を調整する

仮審査の結果が通知されたら、その内容を基に本審査への申込内容を調整しましょう。以降はローン内容の変更ができないので、ここで無理のない返済計画を立てることが重要です。

なお、仮審査で落ちてしまった場合は、収入に対し返済の負担が大きすぎる可能性があります。頭金を用意して借入金額を下げる、より安い車に変更する、マイカーローンの種類を変えるなど、計画を見直しましょう。

4. 本審査に申し込む

借入金額や返済期間の調整ができたら、本審査に進みます。近年は本審査もウェブで申し込めるケースが増えてきていますが、金融機関の窓口での申込みが必要となることも多いです。審査結果が出るまでの期間は、1~2週間程度を想定しておきましょう。

本審査では、仮審査と違い収入やお金の使途を証明できる書類の提出が必須です。以下の例を参考に準備しておきましょう。

〈必要書類〉

  • 購入する車の見積書
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)
  • 所得証明書類(源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書など)
  • 入金および引き落とし口座の情報
  • その他(届出印、勤務先証明書類など)

5. 契約し、融資を受ける

無事本審査に通れば、マイカーローンの契約成立です。ほとんどのローンでは契約が成立した当日か、翌営業日にはお金が振り込まれます。融資を受けたお金で車の購入代金を支払い、月々の返済をスタートしましょう。

ローンを組まずにもっと手軽に新車に乗れる方法を見る

マイカーローンの仮審査・本審査に通るためには?

マイカーローンの仮審査・本審査に通るためには?をイメージした画像

自分に合ったマイカーローンを選んでも、ローン審査に通るかどうかは実際に受けてみなければわかりません。しかし、ローン審査に通りやすい対策をとることはできます。具体的には、次のようなことに気を付けるといいでしょう。

申込金額を減らす

ローン審査では、年収に対して無理なくローンを返済できる額かが重要なチェックポイントとなります。そのため、ローン審査に通る可能性のあるギリギリの金額で申し込むよりも、余裕を持った金額で審査を受けるほうが安心です。

頭金を多めに用意したり、車種のグレードをワンランク下げて選び直したりして、申込金額を減らすのもローン審査対策となります。

他社の借入れを解消する

複数のローン会社から借り入れていて、返済負担率をオーバーしてしまう場合は、マイカーローンが組めないこともあります。そのため、現在の借入れを完済するのがおすすめです。また、クレジットカードのキャッシング枠などもローン審査に影響するため、使用していないサービスなどがあれば、利用限度額を減らしたり解約したりしておくといいでしょう。

なお、変更情報が反映されるまで時間のかかる場合があるので、変更から1ヵ月程度経ってから、マイカーローンの審査を受けるようにしましょう。

連帯保証人を立てる

申込者本人の返済能力に加え、ほかの要素があれば審査を通過できそうな場合、ローン会社から連帯保証人を立てるよう求められることがあります。

学生やフリーター、自営業者などは連帯保証人を求められる傾向があるため、家族や親戚などに頼めないか相談しておくとよいでしょう。なお、連帯保証人は契約者と同等の返済責任を負うため、安定した収入がある方に依頼します。

マイカーローンの審査に落ちたときの対処法

イカーローンの審査に落ちたときの対処法をイメージした画像

上でご紹介したような対策を行っていても、マイカーローンの審査に落ちてしまうことがあります。それでも車を持ちたい場合は、次のような対処法を試してみましょう。

信用情報が回復するのを待つ

審査に落ちた原因がわからない方は、まず信用情報の照会をしてみましょう。もしも支払いの滞納や自己破産などの履歴が信用情報に残っていた場合、ほかの審査対策を行っても審査通過は困難です。信用情報から金融事故履歴が消えるまで待つしかありません。

長期延滞は解消してから5年、自己破産なら最長10年で記録が消えます。信用情報が回復してから改めてマイカーローンの利用を検討しましょう。

審査に通りやすいマイカーローンに申し込む

審査のハードルは、銀行系マイカーローン、ディーラー系カーローン、自社ローンの順に下がっていきます。審査がきびしいローンに落ちてしまったら、審査に通りやすい別のローンに変更してみるというのもひとつの方法です。

ただし、金利や手数料などによって返済金額が変わることがあるので、その都度、返済計画を立て直しましょう。

ほかの方法で車を持つ

車を購入するのではなく、カーシェアリングやレンタカー、カーリースなどを利用して車に乗るという方法もあります。月に1~2回車に乗る程度なら、カーシェアリングやレンタカーでも代用できます。

また、カーリースなら月額料金制で自分だけの車に乗れるので、毎日車に乗る方や、車を借りたり返却したりが面倒な方にもおすすめです。よりマイカーに近い感覚で利用できる方法といえます。

マイカーローンと同じように、カーリースにも審査がありますが、ローン審査に落ちてカーリースで欲しかった新車を持てたというケースもあります。初期費用0円で維持費もコミコミなど、マイカーローンにはないメリットも多いので、選択肢のひとつとして検討してみてもいいでしょう。

マイカーローンの審査に落ちたが新車を持てた!という体験談

前項でご紹介したカーリースなら、ローンを組まなくてもマイカー感覚で車の利用が可能です。また、カーリースはマイカーローンよりも月々の負担を抑えやすく、マイカーローンの審査に落ちた方でも利用できたという口コミが多くあります。

以下では、カーリースの定額カルモくんで実際に審査を乗り越えて新車を持てた方の体験談をご紹介しましょう。

ローン審査に落ちても、カーリースで欲しかった新車に乗れました!

カーリースの審査はローンよりも審査に通りやすいって本当?

Kさん・40代 | ダイハツ「ムーヴ」(11年契約・プラチナメンテプラン加入)

最初は車を購入するつもりでマイカーローンに申し込んだのですが、過去に携帯料金の払い忘れがあったことが影響したのか、審査に通らなかったんです。

仕事柄どうしても車が必要だったので、定額カルモくんなら審査に通るかもしれないと聞いてすぐに申し込みました

とはいえ、車のサブスクなんて知らなかったし、インターネットで車を買うことにも多少の抵抗はありました。でも、問い合わせ時の受け答えがすごくクリアで安心感があったので、大丈夫だなって。
無事に審査も通過して、欲しかったムーヴの新車にも乗れて、満足しています!

ダメ元で受けた審査に通った!おかげさまで妥協せずに新車に乗れています

契約者Kさん

Kさん・60代 | ホンダ「S660」(7年契約)

これまでいろいろな車をいじって乗り倒して、今回、車の楽しみと維持費の安さを両立した一番良い車に乗りたかった。ただ僕の場合、ローン審査は難しいと思っていたんです。いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも定額カルモくんに相談したら、一応やってみましょうよと言われてダメ元で審査を受けてみたら通ったのでびっくりしました。

リースは税金も何も全部コミコミで一定の月額が決まっていて、支払額が変わることがないから安心ですよね。だから、審査に通ったとわかって、じゃぁぜひぜひお願いしますと言って、おかげさまで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

ローン審査に落ちたことがあっても、無理なく新車を持ててうれしいです!

契約者Iさん

Iさん・30代 | ダイハツ「ウェイク」(11年契約)

車検がきっかけで乗換えを検討し始めました。それまで中古車だったので、新車に乗りたいと思って。車種は最初から決めていて、あとは買うかリースにするかの2択でした。

ただ、実は前の車を買う時にマイカーローンの審査に落ちたことがあるんです。大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいかもしれません。だからローンは難しいかなと。

それで、落ちたらどうしようという不安もあったんですけど、試しに審査を受けてみたら、受かったって連絡が来たのでうれしかったです。その後は担当の方にいろいろと相談しながらプランを決められたので安心でした。リースの魅力は無理なく車を持てる点だと思います。ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないですよね。

マイカーローンよりも楽に車を持てる!多くの方に選ばれているサービス

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年1月までで申込者数15万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

審査が不安なら、マイカーローンよりも審査に通りやすいといわれているカーリースがおすすめです。

カーリースは月額料金制で自分だけの車を持てるため、ローンでのマイカー購入と変わりません。しかも、月額料金には初期費用や維持費も含まれているので、車の支払いがぐっと楽になります。

中でも定額カルモくんは、ローン審査に落ちた経験のある方の利用実績が豊富で、サービス開始から5年で申込者数15万人を突破した人気のカーリースです。その魅力を詳しく見ていきましょう。

メリット満載!初期費用0円、月々 12,490 円から新車を持てる

定額カルモくんは、残価精算なし、初期費用0円、頭金・ボーナス払いなし、契約年数やプランの選択肢が多いメリットだらけのサービスで専門家からも高い評価を得ているというまとめ図

※【出典】調査方法:インターネット調査■調査期間:2022年12月15日(木)~12月19日(月)■調査概要:「カーリース」10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査■調査対象:男女、18-69 歳、全国、*¹ファイナンシャルプランナー107s、*²カーリース利用経験者 231s、*³カーディーラー勤務者100s■調査実施:株式会社ドゥ・ハウス■比較対象企業:「カーリース」でのGoogle検索 検索上位10社(2022年12月13日15時時点) ※個人向けカーリースのみ ※記事、広告、まとめサイトを除く

定額カルモくんは初期費用もボーナス払いも0円、業界最安水準*の料金で利用できるコスパの良さが魅力です。そのうえ、プランやオプションによって、カーリースのデメリットとして挙げられる車の走行距離制限や、契約満了時の車の返却もなしにできます。

つまり、マイカーと同様に自由に扱える車を、ローンを組むよりお得に手に入れられる可能性があるのです。

しかも、メンテナンスプランに加入していれば、車検やオイル交換といった車の維持費も定額です。ローンと違って税金や車検に都度お金を払う必要がないので、家計管理が楽にできます。維持費として考慮していた分で、ワンランク上の車の利用も検討できます

定額カルモくんについてもっと詳しく見る

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

業界最安水準*の月額料金で、審査のハードルが低いといわれている

カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図

カーリースでは、車を返却した際の予想下取り額である残価を設定し、あらかじめ車両本体価格から差し引いて利用者の負担する車両本体価格を決めています。このしくみのおかげで、一般的なマイカーローンよりも車両本体価格の支払いが少なく済み、審査対象となる金額も抑えやすいのです。

また、月々の負担額が少ないほど審査のハードルは下がる傾向があります。定額カルモくんの料金は業界最安水準*なので、他社と比較しても審査のハードルはより低いといえるでしょう。

審査のハードルが低い理由を詳しく見る

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

手軽に車を持てるか「お試し審査」で確かめてみる

マイカーローン同様、定額カルモくんの契約時にも審査はありますが、「お試し審査」を利用すれば、審査に通るか事前に調べることが可能です。通過後に、契約できる範囲の車を紹介してもらえたり、車の専門家と相談しながら車種やプランを選べたりと、一貫したサポートも受けられます。

お試し審査後に、契約するかどうか決められるので、とりあえず試してみたい方にもおすすめ。まずは書類提出不要のウェブ申込みで、自分がどのような車を利用できるか気軽に確かめてみましょう。

車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

仮審査を上手に利用してローン審査をクリアしよう

車の購入でマイカーローンを利用するには、ローン審査の内容や選び方など、さまざまな知識が必要となります。しかし、仮審査を上手に利用することで、本審査をクリアすることもできます。事前にしっかり理解しておくことで、無駄なく自分に合ったマイカーローンを選ぶことができるでしょう。

また、過去の審査落ち経験やローン返済額の高さに不安を感じている方は、もっと少ない負担で車を持てる選択肢も検討してみましょう。月額10,000円台から利用できる定額カルモくんなら、乗りたい車に乗れる方法がきっと見つかります。手始めに、気になる車を持てるか下のバナーからチェックしてみましょう。

申込者数15万人以上_お試し審査

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:マイカーローンの仮審査は、本審査とどう違うの?

A:マイカーローンの仮審査は「事前審査」とも呼ばれ、ローン会社内で行われる簡易な審査です。本人確認や、申込金額や内容が年収と見合っているかがチェックされます。審査時間は比較的短く、当日に結果がわかることもあります。仮審査を受けるのに向いている方について詳しくはこちらで解説しています。

Q2:マイカーローンで仮審査を受けるメリットは?

A:仮審査は必須ではありません。しかし、借入れができる可能性を簡単に調べることができます。また、信用情報機関にローン審査の履歴が残らない、借入可能額がわかる、短期間でローン審査の結果がわかるといったメリットもあります。そのため、審査に通るが心配なときや、複数の候補から借入先を選びたいときなどにおすすめです。

Q3:ローン審査に通るためのポイントは?

A:ローン審査に通りやすくする対策としては、年収に対して無理なくローンを返済できるように申込金額を減らすことが考えられます。具体的には、頭金を多めに用意したり、ワンランク下の車種やグレードに変更したりすることです。また、複数のローン会社から借入れをしていて、新たにマイカーローンを組むことで返済負担率をオーバーしてしまう場合は、先にある借入れを完済するのがおすすめです。

※この記事は2023年3月1日時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る

資料請求_ポップアップ