ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースがやばいといわれる理由は?注意点やメリット、利用者の声を紹介

カーリースはやばい?利用すべき方やメリット・デメリットについて解説!|カーリースならカルモマガジン
カーリースはやばい?利用すべき方やメリット・デメリットについて解説!|カーリースならカルモマガジン
貯金ゼロでも

カーリースに興味はあるものの、「カーリースはやばい」という口コミなどを目にして、いまひとつ踏み出せないという方も少なくありません。

しかし、カーリースは選ぶポイントさえ間違えなければ、負担を抑えてお得にカーライフを送れる便利なサービスです。

そこで、カーリースがやばいといわれる理由やカーリースで失敗しない方法と併せて、カーリースに向いている方と向いていない方の特徴をご紹介します。また、実際にカーリースを利用している方の口コミも見ていきましょう。

  • カーリースはやばいといわれるのには理由があり、解決策もある
  • カーリースで失敗しないためには契約内容を事前にチェックすることが大切
  • カーリースを利用するなら専門家からも評価されている会社を選ぼう

カーリースとは?

カーリースとは?

カーリースがやばいといわれる理由を理解するためには、カーリースの特徴について知っておくことが大切です。まずは、カーリースの概要や購入との違いについて確認していきましょう。

カーリースの概要

カーリースとは利用者に代わってカーリース会社が車を購入し、利用者はカーリース会社に毎月定額料金を支払うことで車を使用できる「サブスク型」のサービスです。

車に関する支払いのほとんどが定額になることで支出が管理しやすくなることや、初期費用をかけずに新車に乗れるなどのメリットがあり、車の新しい乗り方として、近年人気を集めています。

カーリースの契約方式

カーリースの契約方式には、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類があります。オープンエンド方式の場合、契約時に設定した残価と車を返却する際の残価に差があった場合、その差額を精算しなければなりません。

残価とは、契約満了時の車の下取り想定価格のことで、カーリースでは契約時に設定され、車両本体価格から差し引いた上で月額料金が算出されます。差額の精算が必要になってしまうのは、このように残価を基に月額料金が決められているためです。

しかし、クローズドエンド方式の場合は、車を返却する際に残価精算を行う必要がありません。そのため、最後の最後まで一定の月額料金だけで車に乗ることができます。

購入との違い

車を自身で購入して乗るのと、カーリースを利用して乗るのとでは、以下のように大きな違いがあります。

購入 カーリース 
・初期費用がかかる 
・毎月の出費が変動する 
・車検代やメンテナンス費用がその都度必要 
・初期費用がかからない 
・月々の支払額が一定 
・車検代やメンテナンス費用も定額にできる 

 

自身で車を購入する場合、頭金などある程度まとまった初期費用が必要になりますが、カーリースの場合、月々の定額料金のみで車に乗り始められるため、初期費用を用意する必要がありません

また、車を購入した場合は各種税金や保険料の支払いに加えて、メンテナンス費用など突発的な出費も多く発生します。

一方、カーリースは月々の支払いが一定で、家計の管理が行いやすい点がメリットです。プランによっては車検代やメンテナンス費用も毎月の定額料金に含めることができるため、購入するよりも維持費の負担も抑えやすいでしょう。

カーリースがやばいといわれる理由

カーリースがやばいといわれる理由

カーリースの基礎知識を踏まえて、ここからはカーリースがやばいといわれる理由について解説します。また、同時に解決策についても見ていきましょう。

中途解約すると違約金が発生するから

カーリースは契約期間の途中で解約することが原則できません。これは、契約時に残価を設定した上で月額料金を算出しているためです。

やむをえない事情で中途解約が認められることもありますが、多くの場合、高額な違約金が発生するため、カーリースはやばいといわれてしまうことがあります。

しかしこの問題は、契約期間を1年単位など細かく設定できるカーリースを利用することで解決可能です。

まずは必要最低限の期間で契約し、さらに車が必要な場合は契約満了時にリース期間を延長すれば、中途解約のリスクを下げられるでしょう。

カスタマイズや改造に制限があるから

リース車両の所有権はあくまでもカーリース会社にあります。そのため、カーリースでは自由にカスタマイズや改造を行うことができません。

これもカーリースがやばいといわれる理由のひとつで、車を自分好みにカスタマイズしたり改造したりしたい方にとっては、デメリットとなるでしょう。

ただし、契約満了時に車がもらえるオプションを用意しているカーリースを選べば、いずれはマイカーにできるため、自由にカスタマイズや改造を楽しむことが可能です。

走行距離に制限があるから

カーリースでは多くの場合、走行距離制限が設けられており、制限を超過した場合は追加料金が発生します。このような注意点があることから、カーリースはやばいといわれてしまうこともあります。

しかし、カーリースの走行距離制限はひと月あたり1,000〜2,000km程度と、普通の乗り方であれば十分事足りる設定になっています。

また、中には走行距離制限をなしにできるカーリースもあるため、もし制限が気になるのであれば、このような会社を選択するといいでしょう。

原状回復する必要があるから

リース車両は返却時に元の状態に戻さなければなりません。このことを「原状回復」と呼び、返却時に車に傷などがあると原状回復のための費用がかかります。これも、カーリースはやばいといわれてしまう原因のひとつです。

ただし、カーリースでは車検や定期的なメンテナンスにかかる費用も月額料金に組み込めるメンテナンスプランが用意されているのが一般的です。

例えばカーリースの定額カルモくんの場合、メンテナンスプランへの加入で車検代やメンテナンス費用を定額にできる上、返却時の原状回復費用までカバーすることができます。

全損事故を起こすと違約金が発生するから

カーリースでは、契約間中に事故などを起こし車が全損して利用ができなくなると、リース契約はそのまま終了となる上に違約金まで支払わなくてはなりません。そのため、カーリースはやばいといわれてしまうこともあります。

ただし、こうしたリスクについてはカーリース専用の任意保険(自動車保険)に入ることでカバーすることが可能です。

全損事故のリスクはカーリースに限らず、車に乗る上で常に付きまとうもののため、任意保険には必ず入っておくようにしましょう。

カーリースの魅力とは?

カーリースの魅力とは?

やばいといわれることもあるカーリースですが、利用する上でさまざまな魅力もあります。ここではカーリースの魅力についてご紹介します。

家計の管理がしやすい

車を購入した場合、税金や車検など、その都度支払わなければならない費用があります。故障トラブルが起きると予想外の費用も発生するので、車にいくらかかるのか事前に予測できないことにストレスを感じる方も少なくありません。

その点、カーリースは毎月の支払額が固定されているので、家計の管理がしやすい点が魅力です。車検や定期的なメンテナンスにかかる費用も定額化できるメンテナンスプランに加入すれば、家計のコントロールもさらに簡単になるでしょう。

貯金0円でも新車に乗ることができる

通常、車を購入する場合には、まとまったお金を用意しなくてはならないため、金銭的な負担がかかってしまいます。

その点、カーリースであれば初期費用がかからず、たとえ貯金が0円だとしても新車に乗ることが可能です。なるべくお金をかけずに新車に乗り始めたいと考えている方には、ピッタリのサービスといえるでしょう。

購入するより負担する車両本体価格が安くなる

カーリースでは、契約時に契約満了時の車の下取り想定価格である残価を設定し、車両本体価格から差し引いた上で月額料金を算出します。

購入する場合は、車両本体価格の全額を負担する必要がありますが、カーリースの場合はこのようなしくみがあることから、負担する車両本体価格が安くなるのも魅力といえます。

費用を心配することなくメンテナンスを受けられる

車に長く乗り続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。しかし、メンテナンスには出費も伴うため、つい後回しにしてしまうという方も少なくないでしょう。

その点、カーリースならメンテナンス費用も定額にできるプランに加入することで、費用を心配することなくメンテナンスを受けることができます

定期的に適切なメンテナンスを行うことで常に車を良好な状態に保つことができ、安心・安全なカーライフを実現できるでしょう。

カーリースで失敗しない3つのポイント

カーリースで失敗しない3つのポイント

カーリースで失敗しないためには事前にいくつかのポイントを押さえておくことが大切です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

契約内容をしっかりとチェックする

まず、契約内容をよく確認しておくことが大切です。先述したとおり、カーリースの契約方式にはオープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類があります。契約方式によって、残価精算の有無も変わってくるため、忘れずにチェックしましょう。

また、走行距離の上限を超えた場合、追加料金が発生するケースもあります。契約前に走行距離制限の上限や追加料金の設定についても確認しておきましょう。

契約期間は慎重に決める

カーリースは中途解約すると違約金が発生してしまうので、契約期間は慎重に決める必要があります。長期契約を検討している方は、特に注意するようにしましょう。

もし、先の予定がわからないなどで解約のリスクが不安であれば、1年単位で契約期間を選べるカーリースを利用するのがおすすめです。

ひとまず短期間で契約しておくことで、契約期間満了時に延長と返却のいずれの選択もできるようになります。

任意保険に加入する

カーリースの月額料金には、自賠責保険料も含まれているのが一般的ですが、任意保険については多くの場合、別途自分で加入することになります。

任意保険に加入しておくことで、自賠責保険ではカバーできないドライバーや同乗者、物損の賠償補償なども加えることができます

車に乗る以上、事故のリスクは付き物で、万が一事故を起こしてしまい車が全損した場合、多額の違約金が発生する可能性もあるため、いざというときのためにも加入しておくことをおすすめします。

カーリース会社と保険会社が提携してサービス設計した、カーリース専用の保険もあるため、事前にチェックしておきましょう。

カーリースに向いている方とは?

カーリースに向いている方とは?

カーリースは状況に応じて正しく利用すればメリットの多いサービスです。ここでは、カーリースの利用に向いている方の特徴について解説します。

初期費用をかけたくない方

車に乗るにあたり、初期費用をかけたくない方はカーリースに向いているといえるでしょう。車を購入する場合は、たとえ中古車であっても初期費用がどうしても高くついてしまいます。

その点、カーリースであれば新車でも初期費用0円で乗れるため、乗り始めにかかる負担を減らすことができます

車の維持費に悩まされたくない方

車を維持するためには、各種税金や車検代など、さまざまな費用を支払う必要があります。特に車検代に関しては、車の状態によっては10万円を超えてしまうケースもあり、家計を圧迫してしまいがちです。

こうしたまとまった出費がわずらわしいと感じる方は、さまざまな維持費を定額にできるカーリースがおすすめです。毎月の出費が固定されることにより、家計の管理も行いやすくなるでしょう。

ライフスタイルに応じて車を変えたい方

カーリースの契約期間は、3・5・7・9年というように、数年単位で選択するのが一般的です。そのため、就職や結婚、出産など、ライフスタイルに応じて車種を変えたいという方に向いているといえるでしょう。

車を購入する場合は、乗り換える度に初期費用などまとまったお金が必要になりますが、カーリースであれば、金銭的な負担を抑えて簡単に乗換え可能です。

煩雑な手続きが面倒な方

車を購入する場合、ディーラーに足を運んで車を選んだり、書類関係の手続きをしたりと、さまざまな手間がかかってしまいます。ローンを組む場合は、さらに手続きが増えるでしょう。

その点、カーリースであればそうした煩雑な手続きを行わずに済みます。申込みから契約手続きまでネットと郵送のみで完結できるカーリース会社もあるため、忙しくてなかなか時間が取れないという方でも安心です。

近所への買い物や街乗りがメインの方

カーリースでは、1ヵ月あたり1,000~2,000km程度の走行距離制限が設けられているのが一般的で、この制限をオーバーした場合、追加料金を支払わなくてはなりません。

そのため、普段の生活で長距離の移動が少ない方はカーリースに向いているといえます。近所への買い物や街乗りがメインの方は、走行距離制限に悩まされることもないでしょう。

なお、カーリース会社によっては走行距離制限をなしにできるプランを用意しているところもあります。もし制限が気になる場合は、そのような会社を選ぶといいでしょう。

車に飽きやすい方

車を購入しても、しばらくするとほかの車種に乗りたくなる方や、さまざまな車種に乗ってみたいと思う方はカーリースに向いているといえます。

国産メーカー全車・全グレードから選べるカーリース会社もあるため、そのような会社を利用すれば、選べる車種が少なくて不満を感じるようなこともないでしょう。

また、1〜3年など短期契約にすれば、より多くの車種に乗ることが可能です。いろいろな車種に乗りたい方や常に最新型の車に乗りたい方は、あえて短い期間で契約するのもおすすめです。

レンタカーナンバーを使用したくない方

カーリースでは、レンタカーやカーシェアリングのように「わ」や「れ」ナンバーではなく、自家用車ナンバーとなります。そのため、レンタカーナンバーを使用したくない方は、カーリースに向いているといえます。

また、カーリースでは希望ナンバーの登録も行うことができます。自分の生年月日にしたいなど、ナンバーにこだわりがある方は希望ナンバーの申請を行いましょう。

カーリースに向いていない方とは?

カーリースに向いていない方とは?

続いて、カーリースの利用に向いていない方の特徴についても見ていきましょう。

1台の車に長く乗り続けたい方

カーリースは契約期間が決まっており、契約満了時は車を返却するのが基本です。契約期間は最長でも11年程度となっているため、1台の車に長期的に乗り続けたい方には不向きといえるでしょう。

ただし、カーリース会社によっては契約満了時にそのまま車がもらえるプランを用意しているところもあります。

このようなカーリース会社を利用すれば、契約満了時に車をもらい、そのままずっと乗り続けることも可能です。

車のカスタマイズや改造を楽しみたい方

カーリースでは原則、車のカスタマイズや改造は行うことができません。そのため、カスタマイズや改造によって自分好みの車にしたい方は、カーリースには向いていないといえます。

ただし、先述したとおり、契約満了時に車をもらえるプランがあるカーリース会社であれば、いずれはマイカーになるため、自由にカスタマイズや改造を行えます

現金一括で車を購入できる方

カーリース会社によっては、現金一括で車を購入するよりも、料金が割高になってしまう場合があります。そのため、車を現金一括で購入できるくらいの余裕がある方は、カーリースには向いていない可能性があるでしょう。

ただし、月額料金の安いカーリースを選べば、リーズナブルに新車に乗ることも可能です。現金一括購入はできるけれど、貯金は取り崩したくないという方は、料金設定の安いカーリースを利用するといいでしょう。

頻繁に車を使用する方

先述したとおり、カーリースには基本的に走行距離制限が設けられています。そのため、通勤などで頻繁に車を使用する方には向いていないといえるでしょう。

ただし、走行距離制限をなしにできるカーリース会社を利用すれば、マイカーのように好きなだけ走行できるので、制限に悩まされることもありません

カーリースを利用している方の口コミは?

カーリースを利用している方の口コミは?

一部では「やばい」といわれることもあるカーリースですが、実際に利用している方はどのように感じているのでしょうか。ここでは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」を利用している方のリアルな声をご紹介します。

利用者の声1. 子供の送迎や家計の管理が楽になった

契約者Oさん

子供の成長を考えると今後も学費などが必要になるので、初期費用がかからないことと、9年間のあいだは大きなお金が動かないことは家計管理や将来設計という意味でも安心につながりました。

また、オンラインで納車まで完了できるので時間の節約にもなってとても助かりました。担当者の方にも電話でいろいろ相談することができたのもよかったです。家事や育児に限らず、忙しい方に定額カルモくんをおすすめしたいですね。(30代女性・9年契約)

利用者の声2. 若い方ほど定額制のメリットは大きいと思う

契約者Mさん

一人暮らしをしていると、なかなかお金が貯まらないんですよね。いざ車が必要ってなったときも、今の稼ぎでは初期費用や維持費のハードルが高い選択肢はなかったんです。

そんなとき、いろいろ調べてカーリースなら費用や条件面で今の自分にしっくりくるなと感じました。

車検などの維持費も月々の支払いにまとめられるメンテナンスプランに加入し、9年間は車に関して大きな出費がなくなりました。これってすごい解放感というか、安心感があって今はカーライフを楽しんでいます。

費用面で不安なく車に乗れる定額カルモくんは、今の自分のようになかなかお金の貯まらない若い方にとって、メリットが大きい選択肢だと思います。(20代男性・9年契約)

利用者の声3. 人生初の新車に乗れた

契約者Kさん

一度だけ携帯電話料金の支払いを忘れたことがあって、そのせいで車購入のローンが組めなかったんです。そんなときに定額カルモくんを知って、リースOKの結果が出たときはホッとしました

車のお金だけじゃなくて税金とか車検代とかも毎月払いにコミコミにできるし、頭金もないので、家計的にすごく助かるなって。

初回の支払いから少額で始められる定額カルモくんだから、人生で初めて新車に乗ることができました。新車は高いからとあきらめている方にぜひすすめたいですね。(40代男性・11年契約)

評価の高いカーリースを選べば安心してカーライフを送れる

カルモくん_new

「やばい」という声も一部ではありますが、カーリースは選び方さえ間違わなければ、便利でお得なサービスです。ここでは、独自プランが豊富でサポート体制も充実している、定額カルモくんの特徴についてご紹介します。

「専門家が選ぶ」カーリースで3冠を達成

定額カルモくんは、専門家が選ぶカーリースで以下のように3冠を達成しています。

「コストパフォーマンスが高い」と思う、カーリースNo.1(1)
「サポートが充実している」と思う、カーリースNo.1(2)
「納得価格」と思う、カーリースNo.1(3)

「カーリースはやばい」という口コミを見て不安に思っている方にとっては、このように高い評価を得ている点は大きな安心材料となるでしょう。

調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

メンテナンスプランを利用すれば維持費の管理も簡単

カーリースがやばいといわれる原因のひとつとして、契約満了時に原状回復費用が発生するリスクが挙げられます。

もし、こうしたリスクが不安な方は定額カルモくんのメンテナンスプランに加入しておけば安心です。メンテナンスプランに加入することで、車検や日常のメンテナンスにかかる費用も定額にできます

普段から車の手入れを定期的に行えるため、返却時に原状回復費用が発生してしまうリスクもぐっと抑えられるでしょう。

契約7年以上で走行距離が無制限になる

カーリースがやばいといわれる理由として、走行距離制限も挙げられますが、定額カルモくんでは、7年以上の契約で走行距離制限がなくなります。そのため、走行距離を気にせず、長距離ドライブも楽しめるでしょう。

このように、定額カルモくんには一般的なカーリースのデメリットを解消できるプランやサービスが充実しています。定額カルモくんで車に乗れるか気になり始めた方は、所要時間5分程度で申し込める「お試し審査」を利用してみましょう。

お試し審査では、事前にカーリースの利用の可否を確認できるだけでなく、利用できる車の価格帯を教えてもらうことも可能です。

カーリースは適切に利用すればメリットの多いサービス

カーリースは一部では「やばい」といわれることもありますが、状況に合わせて適切に利用すればメリットも多いサービスです。

もし、これから利用する場合には、口コミが良く専門家の評価を得ているカーリースを選ぶのがいいでしょう。

定額カルモくんは利用者からも好評で、専門家からの評価も高い点が特徴です。これからカーリースの利用を考えている方は、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

カルモが人気の理由

よくある質問

Q1:カーリースがやばいといわれる理由は?

A:カーリースがやばいといわれる理由として「契約途中での解約が難しい」「走行距離制限がある」「原状回復費用が発生するリスクがある」「カスタマイズや改造が自由にできない」「全損事故になると違約金が発生する」などが挙げられます。ただし、これらの問題は、カーリース会社やプランを正しく選べば回避することが可能です。

Q2:カーリースのメリットは?

A:毎月定額の料金で車に乗れるので、家計管理がしやすいです。また、メンテナンスプランに加入すれば車検代なども月額料金に含められるので、まとまった出費を避けられ、負担を減らして車に乗ることができるでしょう。

Q3:カーリースで失敗しないためには?

A:まず契約内容をしっかりチェックしましょう。また、契約期間については本当に必要な期間を選択することが大切です。定額カルモくんであれば、1~11年のあいだなら1年単位で契約期間を決めることができ、中途解約のリスクを下げやすくなっています。

※この記事は2022年3月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
顧客満足度