未成年でもカーローンは組める? 審査に通る方法やカーローン以外の方法とは

未成年でもカーローンは組める? 審査に通る方法やカーローン以外の方法とは

運転免許は18歳から取得できるので、未成年でも自分の車を持ちたいという方も多いはず。しかし、カーローンでは年収などの属性や信用情報を基に審査が行われるので、利用できるのかわからないという未成年の方もいるのではないでしょうか。そこで、未成年でもカーローンを組めるのか、審査に通る方法やカーローン以外で車を持つ方法などについてご紹介します。

未成年がカーローンを組むための必須条件

未成年がカーローンを組むための必須条件

未成年がカーローンを組むには、保護者の同意や収入があることなど、いくつかの条件を満たさなくてはいけません。カーローンを申し込むときには、これらの条件についてあらかじめ理解しておくことが大切です。
なお、未成年がカーローンを組むにあたっては、次のような条件が前提となります。

1. 法定代理人を立てる

未成年者は成年者と比べて判断力や知識量などが未熟とされていることから、契約で不利益を被らないように法律で保護されています。それにより、法定代理人の同意なく行った契約などは取り消すことができると決められています。そのため、未成年がカーローンの契約を行う際は、必ず親権者法定代理人を立てなくてはいけません。この場合の法定代理人とは、おもに保護者を指します。

2. 同意書を提出する

法定代理人を立てることにもつながりますが、契約の際には保護者の同意を得たことを示す同意書を提出しなくてはいけません。カーローン契約時には、保護者に同行してもらうと手続きをスムーズに進めることができるでしょう。

3. 安定した収入がある

カーローンは、ローン会社に車両代金を立て替えてもらって、分割で返済していく方法です。そのため、返済能力を示す安定した収入が必須となります。審査では雇用形態も重視され、未成年でも正社員であれば優遇されますが、学生の場合もアルバイトなどの収入があることが前提となっています。

未成年でもカーローン審査に通るコツは?

未成年がカーローン審査を受けるとき、必須条件以外にも意識したいポイントがあります。そのひとつが審査の通りやすさです。カーローンにはいくつかの種類があるので、審査に通りやすいローンを選ぶと、カーローンを組める可能性が高まります。
ここでは、未成年がカーローン審査に通るコツについて見ていきましょう。

審査に通りやすいカーローンを使う

カーローンには、銀行などの金融機関が提供するマイカーローンや、カーディーラーのディーラーローン、販売店が独自に審査を行う自社ローンなどがあります。金融機関のマイカーローンは低金利でも審査が厳しく、ディーラーローンは高金利ながら審査がゆるい傾向にあるなど、それぞれに審査基準が異なるため、審査に通りやすいカーローンを使うのもひとつです。なお、学生を対象とした学生ローンを使うという方法もあります。

頭金を用意して申込み金額を減らす

頭金を用意して申込み金額を減らす

カーローンの審査では、年収に対して申込み金額が見合っているかも重要な審査項目となります。借入希望額が少ないほど審査に通りやすくなるので、頭金を用意して申込み金額を減らすのもおすすめです。

安い車や中古車を選ぶ

新車を購入する場合、軽自動車でも100万円前後の費用がかかります。その金額では審査通過が難しそうだと感じたときは、車両価格の安い車や中古車を選ぶと申込み金額を減らすことができるので、審査に通りやすくなります。

まずは審査

必須条件がそろっていても審査に落ちてしまう原因は?

未成年がカーローンを組む際の必須条件を満たし、審査に通りやすいコツを試しても、カーローン審査に落ちてしまうことはあります。残念な結果を招かないためにも、審査を受ける前に自分の状況をしっかり把握しておくことが大切です。ここでは、カーローン審査に落ちてしまう原因について詳しくご紹介します。

申込み金額が大きい

ローンの借入総額は、年収の3分の1が目安となっています。そのため、年収に対して申込み金額が大きすぎると、審査に通るのは難しいでしょう。自身の年収に対して借りることができる金額をあらかじめ把握しておくことが大切です。

携帯電話料金などを滞納した記録がある

ローン審査では、携帯電話料金やクレジットカード使用料などの支払いに遅延や滞納がないか、CICやJICCなどの信用情報機関の情報を通じてチェックされます。滞納などの記録があると、審査に通りづらくなります。

虚偽の申請をしている

ローン審査で申請した情報に虚偽の内容があると発覚した場合、審査に通ることはできません。また、就職している場合は、勤続先に電話で在籍確認が行われるため、正確な情報を記載するようにしましょう。

カーリースなら未成年でも新車に乗れる

車は購入時だけでなく、維持する上でもお金がかかります。収入が少ない未成年では、維持費を考えると車の購入は難しいと感じる方も多いでしょう。しかし、カーリースではそれらの費用を定額にできるので、まとまった出費の心配がなく車に乗れて、未成年の方にもおすすめです。そんなカーリースのメリットについて、詳しくご紹介します。

費用を抑えて新車に乗れる

費用を抑えて新車に乗れる

カーリースでは基本的に新車を提供しているため、カーローンでは手の届かなかった新車に、リース代だけで乗ることができます。また、長く乗れば乗るほど月額料金が抑えられるシステムになっているので、今後長く同じ車に乗り続けたいという方にもおすすめです。

保険料や税金は月額料金にコミコミ

定額カルモくん料金設計

カーリースの月額料金には、税金や自賠責保険料など車の購入や維持にかかる費用が含まれています。そのため、初期費用や税金など、急な出費の心配もありません。

サポート体制が整っている

初めてのカーライフでは、困ったことが起きたときや疑問を感じたときなどに、気軽に相談できる場所があると心強いものです。カーリースでは、契約者をサポートしてくれる専門の窓口が設けられていることが多いので、初めて車に乗る未成年の方でも安心して利用できます。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

カーリースなら「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめ

一本化用定額カルモくん

カーリースを提供している会社はたくさんありますが、できる限り費用を抑えて新車に乗りたいなら、「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。
定額カルモくんは、オンラインサービスに特化したカーリースです。実店舗を持たない分、料金が安く設定されていたり、契約満了後に車がもらえるプランがあったりと、ほかのカーリースにはないさまざまなメリットがあります。未成年にもおすすめの定額カルモくんのサービスについて見ていきましょう。

オンラインサービスだから料金が安い

定額カルモくんは店舗を持たないため、人件費などの実店舗にかかる経費を削減することで、より安い料金で新車リースを提供しています。また、カーリースは長く乗れば乗るほど料金が安くなるというしくみになっており、最長9年の契約年数が一般的ですが、定額カルモくんでは11年契約が可能なので、より安く利用することができます。

契約満了後に車がもらえるプランがある

カーリースでは契約満了後は車を返却することが原則となっていますが、定額カルモくんには、月々500円(税込)支払うことで契約満了後に車がもらえる「乗り放題オプション」というプランがあります。乗り放題オプションは、車種や契約年数などの条件を満たしていれば未成年でも利用できます。

未成年でも選び方次第でカーライフが始められる

未成年で車を持つのはまだ早いと考えている方も多いかもしれませんが、ドライブをしたり旅行に行ったりと、車があると行動範囲が広がり、経験の幅も広がります。カーローンやカーリースの審査内容やしくみを理解すれば、未成年でも自分に合った車の利用方法を見つけることができるはず。全額カーローンの購入にとらわれず、さまざまな方向からマイカーライフの実現を検討してみていはいかがでしょうか。

LINE

よくある質問

Q1:未成年でもカーローンは組める?

A:未成年がカーローンを組むには、保護者の同意や収入があることなど、いくつかの条件を満たさなくてはいけません。カーローンを申し込むときには、法定代理人を立てたり保護者の同意を得たり、という条件が必要となります。

Q2:未成年でもカーローン審査に通るコツは?

A:頭金を入れたり安い車種を選んだりして借入額を減らすことで審査に通りやすくなります。中古車であれば、さらに車両価格が抑えることができます。

Q3:審査に落ちてしまう原因は?

A:ローン審査では、現在の借入や返済状況、勤務形態などさまざまな条件をもとに審査が行われます。そのため、申込み金額と収入や借入状況が見合っていない場合などには審査の通過が難しいでしょう。

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr