ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

RAV4を購入して「後悔した」と思うのはどんなとき?利用者の声やデメリットを解説

トヨタ「RAV4」を購入して後悔した人はいるのか確かめようとしている女性の画像
トヨタ「RAV4」を購入して後悔した人はいるのか確かめようとしている女性の画像

トヨタのクロスオーバーSUV「RAV4」。現行型は一時的な日本撤退後、2019年4月に再導入された5代目(国内モデルとしては4代目)で、発売直後から受注が殺到、さらに「2019 – 2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど専門家からの評価も高い1台です。

人気モデルなら失敗は少ないかというと、必ずしもそうとは限らないのが車選びの難しさといえます。そこで、RAV4について後悔につながる可能性のあるデメリットやRAV4利用者の口コミ、そしてRAV4ならではのメリットなど、車選びに役立つ情報をご紹介します。

  • RAV4はサイズが大きく取り回ししにくいことや、ガソリン車の加速の弱さが気になることも
  • 居住空間や荷室の広さはRAV4の大きな魅力
  • 車両本体価格が高いRAV4のハイブリッド車や上位グレードにも無理なく乗れる方法がある

RAV4を買ったら後悔しそうなポイント

車種画像バナー

RAV4は、トヨタのSUVラインナップの中では比較的大きなサイズのクロスオーバーSUVといえます。RAV4が属するミドルサイズSUVは競争の激しいクラスといえますが、現行型のRAV4はタフさを感じさせるルックスの良さで定評のある1台です。

ここでは、人によっては後悔につながりかねないRAV4のマイナスポイントとなる部分を見ていきましょう。

サイズが大きく、取り回ししにくい

RAV4のボディサイズは全長4,600~4,610mm、全幅1,855~1,865mm、全高1,685~1,690mmであり、国内モデルとしては全幅が大きいといえます。同クラスのライバルとなるSUVである日産「エクストレイル」やスバル「フォレスター」よりも大きいことに加え、グレードによってはトヨタのワンランク上のプレミアムSUV「ハリアー」の全幅も超えているため、狭い道などでの取り回しや車庫入れ時などに難を感じる可能性があります。

免許を取得して間もない運転初心者や、あまり運転が得意ではないという方にとっては「大きすぎて運転しにくい」ということが後悔するポイントになる可能性があります

上位グレードに2WDの設定がない

元々RAV4はそれほどグレード数が多いモデルではありませんが、4WDの場合ハイブリッド車(プラグインハイブリッド車を含む)、ガソリン車ともに4種類のグレードと特別仕様車の設定があるので、4WDであれば価格や搭載する装備を見比べて選ぶことが可能です。

しかし、2WDはハイブリッド車、ガソリン車ともに1種類のグレードのみ。しかもエントリーグレードのみなので、2WDを選択した場合は「パノラミックビューモニター」が追加できない、運転席がマニュアルシート、上位グレードで標準装備される運転席ランバーサポートや、運転席・助手席の「快適温熱シート+シートベンチレーション」といった快適装備が省かれます。

これは、2WDで装備が充実したグレードが欲しい方には大きなデメリットといえるでしょう。

ガソリン車の加速が弱い

RAV4のガソリン車に搭載されるエンジンは最高出力171ps、最大トルク207Nmを発揮する2.0Lダイナミックフォースエンジン。対してハイブリッド車に採用されているエンジンは2.5Lでガソリン車よりも排気量が大きいことに加え、システム最高出力は2WDで218ps、E-Four(電気式4WD)は222psです。

RAV4は車両重量が1.5tを超えているので、ハイブリッド車であれば馬力は十分ですが、ガソリン車だと乗員の人数や荷物の量によっては、登坂時や高速道路の加速時などにパワー不足を感じることがあるかもしれません。

【聞いてみた】実際にRAV4に乗っている方の口コミ

実際にRAV4に乗っている方の口コミを見てみましょう。人によって感じ方は異なりますが、スペックだけでは判断できない利用者ならではの感想は車選びの参考になります。

「ちょっと価格が高い」

千葉県・30代前半・男性
千葉県・30代前半・男性

ハリアーと悩んだのですが、RAV4のほうがSUVらしいタフな雰囲気が強いのが気に入ってRAV4に決めました。燃費が良いハイブリッド車を選んだこともあり、車両本体価格だけで400万円超え。諸費用を足すと結構高くなりました。

気に入ってはいるのですが、この価格帯になると「プレミアムSUV」という印象が強いハリアーと変わりません。そうなると価格なりのステータス感のあるハリアーがよかったかな、とも感じています。

「車内が広く、カッコいい」

神奈川県・20代前半・女性
神奈川県・20代前半・女性

RAV4にあこがれていたので、一番買いやすい価格の「X」グレードを購入しました。武骨さのあるいかにもSUV!という感じのエクステリアがカッコよくて最高です。室内も広くて使いやすく、キャンプでも活躍しています。

とても満足しているのですが、このグレードにももうちょっとオプションの選択肢があればうれしいなと思います。上位グレードには手が届かなくても、オプションで欲しい装備だけでも追加できたらよりよかったですね。

「ボディサイズの割には運転しやすく、乗り心地も良し」

新潟県・20代後半・男性
新潟県・20代後半・男性

サイズは大きいですがSUVなのでアイポイントも高く、比較的運転しやすいかなと思います。友人を乗せていても「乗り心地が良い」と評判が良く、遠出も苦になりません

中古車でもそれなりの価格がしましたが、やっぱり価格なりの良さはありますね。車格から考えると燃費も良く、特に不満のないカーライフを送っています。

車選びで後悔したくない方は、カーリースの利用を検討してはいかがでしょう。
カーリースは「車のサブスク」ともいわれ、頭金などの初期費用0円、月々定額で新車に乗れます。
費用を抑えて車に乗り始める方法として、おすすめです。

申込者数15万人以上_おすすめのサービスをみる

RAV4にはこんなメリットがある

RAV4にはこんなメリットがある出典:トヨタ「RAV4」

RAV4は人気モデルだけあり、魅力もたくさんあるクロスオーバーSUVです。ここでは、RAV4ならではのメリットについて見ていきましょう。

ゆとりのある居住空間を確保している

ボディサイズが大きいと小回り性能は落ちますが、その分室内空間は広くなります。コンパクトSUVとは違う広々とした居住空間はミドルサイズSUVならではのメリットといえるでしょう。室内高も1,230mmを確保しているので、ヘッドクリアランスにも十分な余裕があります。

前後乗員間距離も広く取ってあることに加え、フロントシートの下に足を入れるスペースを確保しているので後席の乗員も足を伸ばしてゆったりとくつろぎながらドライブが楽しめます。

クラストップレベル(2019年4月時点、トヨタ調べ)の荷室容量

RAV4では後席を使用した状態でも580L(デッキボード下段時)の大容量の荷室を確保しています。9.5インチのゴルフバッグであれば4個積載できるので、荷物が多くなりがちなキャンプなどのアウトドアレジャーでも荷物の置き場所に困ることはないでしょう。

プラグインハイブリッド車を除き標準装備される2段デッキボードを下段に設定すると、背の高い荷物も積み込めます。上段に設定して後席を倒すとほぼ床面がフラットな状態で荷室が拡大するので、大きな荷物も積載しやすいほか、空間を無駄なく使用できます。

安全性が高く、ロングドライブをサポートしてくれる機能もある

RAV4の全車に標準装備される衝突被害軽減ブレーキである「プリクラッシュセーフティ」は、2022年10月の一部改良時にアップデートされ、直進時だけではなく交差点右折時の対向直進車や、右左折時の横断歩行者の検知も可能になりました。
さらに、衝突する危険が極めて高い場合にドライバーの回避操舵をきっかけに操舵アシストを行い車両安定性確保や車線からの逸脱を防止するようにサポートする「緊急時操舵支援」、低速走行時に直前にいる歩行者や自転車運転者などを検知して加速を抑制することで衝突の回避や衝突被害軽減に貢献する「低速時加速抑制」などの機能も搭載しています。

そのほか、高速道路で車速に応じた車間距離を維持する機能や、車線中央付近の走行を維持するようにサポートしてくれる機能もあるため、安全かつ快適にドライブが楽しめるのもRAV4の魅力といえます。

出費を抑えて新車に乗れる!カーリース(車のサブスク)で後悔しない車選び

RAV4に乗っても後悔しない方

RAV4はSUVらしいタフなデザインで、室内が広く荷物がたくさん積み込める実用的なSUVが欲しい方には最適でしょう。運転に慣れている方であれば、サイズ感も気にならないのではないでしょうか。

運転が苦手な方は車の周囲の画像を映し出して車庫入れ時や狭い道でのすれ違い時などの安全確認をサポートしてくれる「パノラミックビューモニター」が搭載されているグレード、またはオプションで追加できるグレードを選ぶことをおすすめします。

購入するより手軽にRAV4に乗ればきっと後悔しない

カルモくん_new

現金一括やローンを組んで車を購入するのではなく、「車のサブスク」とも呼ばれるカーリースを利用してトヨタ「RAV4」に乗る方法もあります。

カーリースは、月々定額で新車に乗れるサービスです。車を購入するときのようにまとまった初期費用を用意する必要がなく、気軽に車に乗り始めることができます。

とりわけカーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」は業界最安水準*で、RAV4を月々 40,980 円から利用できます

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

RAV4の特徴を知れば後悔することなくカーライフを楽しめる

アウトドアに適したRAV4にも、見方によっては後悔しうるデメリットがあるでしょう。しかし、そのようなデメリットをあらかじめ知っておけば、きっとうまくRAV4を乗りこなせるでしょう。

カーリースのように費用を抑えながら、マイカー同様新車に乗れるサービスを利用すれば、さらに安心してRAV4に乗れるのではないでしょうか。

乗りたい車の特徴を把握し、ベストな方法を選ぶことで後悔しないカーライフを送りましょう。

カーリースにも、カーローンを組んで車を購入するときと同様、審査があります。

「定額カルモくん」の「お試し審査」は、審査に通るかどうか簡単に確かめられるツールです。まずはこの「お試し審査」で、RAV4に乗れるかどうか確かめてみてはいかがでしょう。

申込者数15万人以上_お試し審査

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:RAV4を買ったら後悔する?

A:RAV4はボディサイズ、特に全幅が大きいので、小回り性能はそれほど高くありません。そのためコンパクトなSUVと比較すると取り回ししにくいことが後悔につながる可能性があります。

Q2:RAV4はどのような方に向いている車?

A:RAV4は、広い室内空間と使い勝手が良く荷物がたくさん積み込める荷室を備えたクロスオーバーSUVが欲しい方に向いています。また、SUVらしいタフさのあるデザインが好きな方にもおすすめです。

Q3:後悔することなくRAV4に乗るには?

A:「車のサブスク」として月々定額でトヨタ「RAV4」に乗れるカーリースの利用がおすすめです。カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」であれば、車にまつわる相談ができるマイカーコンシェルジュが在籍しているため、車種やグレード選びで後悔するデメリットを回避できるでしょう。

※この記事は2023年5月1日時点の情報で制作しています

トヨタRAV4の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタRAV4の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる