軽自動車の購入に必要な書類とは?取得方法や購入までの流れを徹底解説

軽自動車の購入に必要な書類とは?取得方法や購入までの流れを徹底解説
貯金ゼロでも

軽自動車を購入する際は、さまざまな書類の準備や手続きが必要です。そのため、必要な書類や手続きのタイミングが事前にわかっていれば、スムーズに購入準備を進められるでしょう。

軽自動車を購入する際に必要な書類や取得方法と併せて、購入の流れや書類を取得するときの注意点についても解説します。

【この記事のポイント】
✔軽自動車を購入する際は6つの書類が必要
✔軽自動車購入前は駐車場の確保など事前準備が必要
✔カーリースなら車を購入するより必要書類が少なく手続きも簡単

軽自動車を購入する際に必要な書類

軽自動車を購入する際に必要な書類

軽自動車を購入する際は6種類の書類が必要になり、購入者自身が用意するものと、販売店に用意してもらうものとに分かれます。なお、軽自動車と普通車とでは、必要になる書類が異なるので注意が必要です。
ここでは、軽自動車と普通車の購入時に必要な書類を見ていきましょう。

〈軽自動車の購入に必要な書類〉

書類用意する人
自動車検査証(車検証)販売店
自賠責保険証販売店
委任状販売店
車庫証明書自分(販売店へ代行依頼も可)
住民票自分
印鑑(認印)自分

 

自動車検査証(車検証)、自賠責保険証、委任状は、販売店が用意してくれるため、記入が必要な箇所がある場合は指示に従って進めるようにしましょう。また車庫証明書は、地域によって不要な場合もあるので、事前に確認が必要です。

〈普通車の購入に必要な書類〉

書類用意する人
自動車検査証(車検証)販売店
自賠責保険証販売店
委任状販売店
車庫証明書自分(販売店へ代行依頼も可)
印鑑証明書自分
実印自分

 

普通車は法律上、資産として扱われるため、軽自動車に比べて手続きが多くなります。自動車検査証(車検証)、自賠責保険証、委任状、車庫証明書に加えて、印鑑証明書と実印が必要になるため、実印を持っていない方は、購入前に早めに作っておくと手続きもスムーズです。

軽自動車購入時の必要書類詳細と取得方法

軽自動車購入時の必要書類詳細と取得方法

軽自動車を購入する際に必要な6つの書類の詳細と取得方法は以下のとおりです。普通車の場合と併せて、確認しておきましょう。

住民票(軽自動車のみ)

住民票は、現住所を確認するために必要な書類です。住所登録している市区町村の役所やコンビニなどで入手でき、申請には運転免許証などの身分証明書が必要です。なお、住民票は3ヵ月以内に発行されたものが必要になるため注意しましょう。

印鑑(軽自動車のみ)

軽自動車を購入する場合は、実印は必要なく認印があれば手続きができます。ただし、シャチハタなどは使えない場合があるので、事前に販売店に確認しておきましょう。

自動車検査証(軽自動車・普通車)

軽自動車が保安基準に適合していることを証明する書類で、車検証とも呼ばれます。車の所有者や車に関する情報が掲載されていて、軽自動車を購入する際に管轄運輸局から発行されます。基本的に販売店が用意してくれる書類なので、自分で用意する必要はありません

委任状(軽自動車・普通車)

軽自動車、普通車問わず、車の登録に必要な手続きは通常販売店に代行してもらいます。その際に必要になるのが委任状です。委任状は、販売店が準備するので指示に応じて必要事項を記入しましょう。

車庫証明書(軽自動車・普通車)

駐車場を確保していることを証明する書類で、軽自動車の場合は以下の条件にあてはまると車庫証明書が必要になります。

  • 各都道府県の県庁所在地
  • 人口10万人以上の市町村
  • 東京や大阪の中心から30km圏内の市町村

車庫証明書は管轄の警察署に申請して発行してもらいます。申請時には「保管場所証明申請書」、「保管場所標章交付申請書」、「保管場所使用承諾証明書」または「保管場所使用証明書」、「保管場所の所在図」といった書類が必要です。警察署に行く前に書類を用意し、記入を済ませてから申請するようにしましょう。

自賠責保険証(軽自動車・普通車)

自賠責保険は、車を所有するすべての方に加入が義務付けられている保険です。万が一事故を起こした場合に、被害者に対して補償する対人保険で、加入した保険会社で自賠責保険証を発行してもらいます。販売店が手続きを代行してくれるため、自分で手続きする必要はありません

実印・印鑑証明書(普通車のみ)

軽自動車を購入する際は認印で問題ありませんが、普通車の場合は実印が必要です。事前に、市区町村の役所で印鑑登録を済ませておきましょう。

加えて、実印が本物かどうかを証明するための印鑑証明書も必要です。実印を登録した際に、併せて印鑑証明書も発行しておくとスムーズでしょう。なお、印鑑証明書も住民票と同様に、発行から3ヵ月以内のものが必要です。

軽自動車購入時に書類を準備するときの注意点

軽自動車購入時に書類を準備するときの注意点

軽自動車を購入する際に必要な書類の中には、役所や警察署で手続きが必要なものや、取得するのに日数や費用がかかるものがあります。手続きをスムーズに進めるためにも、あらかじめ確認しておきましょう。

早めに準備が必要なもの

●住民票
住民票は申請した当日に取得可能ですが、役所は基本的に平日の日中のみの対応となるため注意が必要です。ただし、自治体によってはマイナンバーカードや住民基本台帳カードを持っていれば、コンビニでも取得できます。

●車庫証明書
車庫証明書を取得するには、まず申請に必要な書類を用意します。書類は警察署で受け取るか、警察署のホームページからダウンロードし、必要事項を記入しておきましょう。書類の提出後、車庫証明書の交付までは3~7日ほどかかるので、早めに手続きを済ませておくと安心です。なお、軽自動車で車庫証明書が必要な場合は、申請後に即日発行されます。

●実印
軽自動車の購入時には不要ですが、今後普通車に乗り換える際には実印が必要です。実印を作るには、3~4日かかることが多いので早めに依頼しておきましょう。実印が用意できたら、市区町村の役所で実印登録し、併せて印鑑証明も発行しておきましょう。

書類の発行に手数料がかかるもの

以下の書類は、発行する際に手数料が必要になります。費用は市区町村によって若干異なるため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

●住民票……1通につき300円程度の手数料がかかります。

●車庫証明書……申請時に2,000円程度、発行時に500円程度の交付手数料がかかります。

●印鑑証明書……発行時に300円程度の手数料がかかります。

手続きの時間と手間を省きたい!購入よりも手軽に新車に乗る方法はこちら

簡単に車を乗り換える

軽自動車を購入する際の流れ

軽自動車を購入する際の流れ

軽自動車を購入する際の流れは、以下のとおりです。ステップごとに、それぞれ詳しく確認していきましょう。

1. 予算を決める

軽自動車を購入するにあたり、まずは予算を決めておきましょう。車を所有するには、購入時の費用だけでなく、維持するための費用もかかるため、それらも踏まえて考える必要があります。

2.車の条件を決める・車選び

予算が決まったら、次は車選びです。選び方はさまざまありますが、具体的な使用シーンをイメージすると選びやすいでしょう。例えば、毎日の通勤や買い物など、近所で使うことが多ければ小回りの利く軽自動車、週末にレジャーで使いたい場合は収納力が高くオフロードに強いSUVタイプなど、利用目的から考えると車種もしぼりやすくなります。

3.販売店に問い合わせる

気になる車種が見つかったら、販売店に問い合わせましょう。車の購入先は、自動車メーカーのディーラー(正規販売店)や中古車販売店などがあり、それぞれ価格やサービス内容が異なります。 問い合わせる際には、価格やサービス内容と併せて、購入後のメンテナンス対応などについても確認しておくといいでしょう。

4.現車確認・試乗

欲しい車が決まったら、販売店へ足を運んで現車確認と試乗を行います。車内空間の広さや運転のしやすさなど、試乗して初めてわかることもたくさんあるため、写真や動画だけでは確認しきれなかった部分を、しっかりチェックするようにしましょう。

5.見積り

購入する車が決まったら、販売店に見積りを出してもらいましょう。車を購入する際には車両価格以外に、自動車税・軽自動車税(種割別)や法定費用、登録手数料などがかかります

さらに、購入に必要な書類を代行してもらう場合は、その分手数料が上乗せされるため注意が必要です。特に手数料は店舗によって金額が異なるので、見積りの内容をしっかりチェックしておきましょう。

6.契約手続き

見積り内容に納得できたら、契約手続きに進みます。契約書は販売店が用意してくれるので、指示に従って必要事項を記入し書類を提出します。住民票など自分で用意する書類は、契約までにそろえておきましょう。

7.代金の支払い

必要書類がそろい、契約が完了したら購入代金を支払いましょう。支払いは、現金での一括払いのほか、クレジットカードやローンで分割払いにすることも可能です。ただし、ローンの場合、初期費用は少なくて済む半面、手数料が加算されてトータルで支払う金額が高くなるため注意が必要です

ローン不要で新車に乗れる!月々10,000円台から好きな車に乗る方法はこちら

ローン無しでも新車

8.納車

すべての手続きが終わったら、あとは納車を待つのみです。新車の場合、契約からおよそ1~2ヵ月、中古車の場合は2週間程度、納車までの時間がかかります。なお、納車時は契約どおりの車両かどうか、また傷がないかなど、しっかり確認するようにしましょう。

軽自動車を購入するまでにやっておいたほうがいいこと

軽自動車を購入するまでにやっておいたほうがいいこと

軽自動車を購入する際は、今乗っている車の売却や任意保険(自動車保険)の切り替え手続きなど、事前に済ませておいたほうがいいことがいくつかあります。直前になって慌てることのないよう、あらかじめ準備しておきましょう。

今乗っている車の売却手続き

買替えと同時に車を手放したいと考えている方は、車を購入する販売店へ下取りに出すか、中古車買取店に買取りを依頼する必要があります。販売店へ下取りに出す場合は、新車の購入手続きと併せて、今乗っている車の下取り価格を確認しましょう。

中古車買取店に依頼する場合は、納車前に売却してしまうと車に乗れない期間ができてしまうため、納車日が決まってから査定を依頼するのがおすすめです。

任意保険の切り替え手続き

車を買い替える場合は、任意保険の車両入替手続きが必要です。手続きをしておかないと、せっかく任意保険に入っていても買い替えた車に適用されず、万が一の事故や故障の際に補償されません。なお、手続きには車検証が必要になるため、事前に販売店から受け取っておきましょう。

駐車場の確保

車の契約と同時進行で駐車場探しを進めておきましょう。軽自動車でも、条件にあてはまる地域は車庫証明書を提出する必要があります。車を購入できても、車庫証明書が発行されるまでは納車されないので注意が必要です。

ローンの申込み

車を購入する際は、多くの方がローンを利用します。ローン会社によっては手続きや審査に1週間ほどかかる場合もあるため、余裕を持ってローンの申込みをしておきましょう。

カーリースなら車を購入するより手続きが簡単

カーリースなら車を購入するより手続きが簡単

軽自動車を購入する際は、書類の準備や、現在乗っている車の売却手続き、ローンの申込みなど、事前の準備に多くの時間と手間がかかります。そのため、「書類をそろえる時間がなかなか取れない」、「初期費用を抑えてできるだけ早く軽自動車に乗りたい」という方には、カーリースがおすすめです。

カーリースとは?

カーリースとは、利用者の選んだ車をリース会社が購入し、利用者は月額料金を払うだけで車に乗ることができるサブスクリプションサービスで、購入でもシェアでもない、車の新しい利用方法として人気を集めています。

一般的に、車を購入する際には頭金や税金、自賠責保険料などまとまった初期費用が必要になりますが、カーリースの場合は、これらの費用も月額料金に含まれているので初期費用がかかりません。契約を開始した月から、契約終了まで月額料金はずっと変わらないため、家計管理も楽になります。

車を購入するより必要書類が少なく手続きも簡単

車を購入する場合は、さまざまな書類が必要になりますが、カーリースの場合は一般的に以下の5点のみで契約可能です。ただし、リース会社によっては異なる書類を求められる場合があるので、リース会社から指示のあった書類を用意しましょう。

  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 車庫証明書
  • 免許証
  • リース会社が用意する契約書

カーリースを契約する際は、軽自動車の購入時と同様に住民票や車庫証明書が必要ですが、リース会社によっては車庫証明書の取得を代行できる場合もあり、さらに手数料は月額料金に含まれているため別途支払う必要がありません。

このように、購入に比べて手間を省くことができるため、書類の準備などに時間をかけられない方でも、手軽に新車に乗ることが可能です

月々10,000円台から!手軽に新車に乗るならカーリースの定額カルモくん

カルモくん_new

手間を省いてリーズナブルに軽自動車に乗るなら、月額10,000円台からと日本一安い*月額料金で新車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。契約手続きが簡単なのも特徴で、ネットと郵送のみで手軽にカーライフをスタートできます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月額10,000円台から利用可能!国産全車種・全グレードから好きな新車を選べる

カーリースの定額カルモくんでは、頭金なし、ボーナス払いなし、返却時の残価の支払いなしの完全定額制の料金体系では日本一安い*月額10,000円台から新車に乗ることが可能です。

選べる車種が豊富なのも特徴で、国産メーカーの全車種・全グレードから自分の好きな新車を選んで乗ることができるため、マイカーを購入するときと同じように車選びを楽しむことができるでしょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

即納車を選べば契約から最短3週間で納車可能

軽自動車を新車で購入すると、納車までに1~3ヵ月かかるのが一般的です。一方、定額カルモくんでは即納車であれば新車であっても、契約から最短3週間で納車が可能です。1日でも早く新車に乗りたいという方は、定額カルモくんで即納可能な車種を選ぶ方法も検討してみましょう。

ただし、即納車は台数も限られているため、気になる方は早めに確認するのがおすすめです。

人気の軽自動車も早いもの勝ち!3週間後に利用できる即納車はこちら

カルモくんの即納車

車選びから納車まで自宅で完結!事前に審査結果もわかる

車を購入する際は、必要書類を準備し、販売店に問い合わせて試乗し、見積りを取って契約……と時間も手間もかかります。その点、定額カルモくんはネットと郵送だけで車探しや料金シミュレーション、審査申込みから審査通過後の契約手続き、さらには契約後の納車まで完結します。

なお、スムーズに車選びをしたい場合は、ネットから5分ほどで申込みができる「お試し審査」をしておくのがおすすめです。審査結果は通常翌営業日(最大3営業日)にはわかり、結果を基に選べる車種も案内してもらえるため、無駄のない車選びが可能になるでしょう。

月額1万円台の車でお試し審査_追従

軽自動車の購入に必要な書類は効率よく取得しよう

軽自動車を購入する際は、必要書類の準備のほか、保険やローンの検討など、するべきことが多くあります。購入手続きをできるだけスムーズに進めるためにも、取得に日数のかかる書類は早めに用意するなど、事前にできることは済ませておくようにしましょう。

なお、手続きの手間を省きたい方や、負担を抑えて新車に乗りたいという方は、月額料金のみで手軽にカーライフを始められるカーリースもぜひ検討してみてください。定額カルモくんなら、月々10,000円台からと日本一安い*月額料金で人気の軽自動車の新車に乗ることができます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

よくある質問

Q1:軽自動車を購入する際に必要な書類は?

A:軽自動車を購入する際は、住民票、印鑑(認印)、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証、車庫証明書、委任状が必要となります。なお、車庫証明書は市町村によっては不要の場合があります。委任状は販売店に手続きを代行してもらう場合のみ必要です。

Q2: 書類を用意するときに注意することは?

A:必要書類は販売店が用意するものと、自分で用意するものがあるので、どの書類がいつまでに必要なのか、早めに確認しておくことをおすすめします。なお、住民票は市区町村の役所、車庫証明書は管轄の警察署に行って発行手続きを行う必要があるため、余裕を持って申請しておきましょう。

Q3:手間と負担を省いて軽自動車に乗るには?

A:頭金不要で月々の定額料金だけで希望の新車に乗ることができるカーリースがおすすめです。購入に比べて契約手続きも簡単なので、手間を省いてカーライフを始めたい方にぴったりでしょう。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー