車購入にかかる税金は自動車税など4種類!車の税のしくみを徹底解説

車の購入時にかかる税金を賢く管理しよう

車を購入するときには、自動車税や自動車重量税、環境性能割、消費税の4種類の税金がかかります。ボディタイプや車の重量、環境性能などによって金額が変わるため、自分の車が適応される税金についてしっかり把握しておくことが大切です。そこで、車にかかる税金について詳しくご紹介します。

車を購入する際にかかる税金4種類と具体的な金額を紹介

車を購入する際にかかる税金4種類と具体的な金額を紹介

車を購入する際には、自動車税や軽自動車税、自動車重量税、環境性能割、消費税の4種類の税金がかかります。それぞれの税金にどのような特徴があるのか見てしていきましょう。

1. 車の排気量に応じて課される「自動車税(種別割)」

自動車税(種別割)は、車の排気量に応じて課税されます。4月1日時点の車の所有者に支払い義務があり、1年に1度支払います。なお、2019年10月の税制改正より、「自動車税(種別割)」に変更になりました。そのため、2019年9月までに購入した「自動車税」と、2019年10月以降に購入した車では適応される税額が異なります。なお、軽自動車税も「軽自動車税(種別割)」に変更となりますが、金額は変わりません。

排気量自動車税自動車税(種別割)
軽自動車10,800円10,800円
1000cc以下29,500円25,000円
1000〜1500cc以下34,500円30,500円
1500〜2000cc以下39,500円36,000円
2000〜2500cc以下45,000円43,500円
2500〜3000cc以下51,000円50,000円
3000〜3500cc以下58,000円57,000円
3500〜4000cc以下66,500円65,500円
4000〜4500cc以下76,500円75,500円
4500〜6000cc以下88,000円87,000円
6000cc以上11万1,000円11万円

 

2. 車の重量に応じて課せられる「自動車重量税」

自動車重量税とは、車の重さに応じて課せられる税金のことです。車の新規登録や車検時に、車検証の有効期間分の税金をまとめて支払います。通常、0.5tごとに課税される税額が増えるしくみになっています。なお、エコカー減税対象車については、2021年4月30日の購入分まで適応される「エコカー減税」が適応されます。そのため、燃費性能や経過年数によって、25、50、75、100%と課せられる税率が異なります。

3. 燃費性能に応じて課税される「環境性能割」

自動車取得税に代わって、燃費性能に応じて課される「環境性能割」が2019年10月に導入されました。新車、中古車にかかわらず、燃費が良い自動車ほど税率が軽減されるのが特徴で、自動車からのCO2排出量を削減するために国が定めた「2020年度燃費基準」の達成度合いによって課税額が異なります。

また、普通車か軽自動車かによっても課税金額が異なります。さらに、暫定措置として2019年10月1日~2020年9月30日は、環境性能割の税率から1%軽減されます。なお、自家用車か営業車かによっても税率は異なりますが、ここでは2020年10月以降に購入した場合の自家用車の税率を見ていきましょう。

<2020年10月以降に購入した場合の自家用車の税率>

燃費性能など普通自動車軽自動車
電気自動車など非課税非課税
2020年度燃費基準+20%達成
2020年度燃費基準+10%達成取得価額の1%
2020年度燃費基準達成取得価額の2%取得価額の1%
2015年度燃費基準達成+10%達成取得価格の3%取得価格の2%
上記以外取得価額の3%取得価額の2%

※2019年 総務省発表「車体課税(地方税)の現状」参照
※2015年度および2020年度燃費基準達成については、排出ガス規制による基準を満たしていることを前提とする

4. 車両価格に対して課せられる「消費税」

日常の買い物と同様、車を買う際にも消費税がかかります。また、車両価格だけでなく、オプションや付属品にも課せられます。

車の購入にかかる税金を安く抑える方法はある?

車の購入にかかる税金を安く抑える方法はある?

車を購入する際には、ここまでに説明した4つの税金を支払わなくてはいけません。しかし、燃費性能の良い電気自動車やディーゼル車を選ぶ、税金の安い軽自動車を選ぶなど、いくつかのポイントを押さえることで、免税または減税することができます。
車の購入にかかる費用を抑えたい方は、車選びの際に以下を参考にしてみてください。

エコカー減税を活用する

エコカー減税を活用する出典:経済産業省ウェブサイト

エコカー減税とは、国土交通省が定める排ガスや燃費の基準をクリアしている車を購入した場合に、自動車重量税が減税、免税される特例措置のことです。なお、エコカー減税は2021年4月30日までに購入した車が対象となっています。

電気自動車やディーゼル車を買う

これまでに紹介した通り、燃費性能が高い車を購入することで「環境性能割」の税率が低くなります。中でも、電気自動車や、燃料電池自動車、クリーンディーゼル車などは非課税となるので、税金にかかる出費を減らすことができるでしょう。また、これらの車に該当しない場合でも、2019年10月1日~2020年9月30日までに購入すれば、1%減税となります。

グリーン化特例を利用する

グリーン化特例を利用する出典:経済産業省ウェブサイト

グリーン化特例(軽課)とは、燃費や排ガス性能の良い車を購入した際に、翌年度の自動車税(軽自動車税)の負担を軽減する特例措置のことをいいます。通常の自動車税や軽自動車税に対して、基準に応じて減税されます。なお、適応期間は2019年4月1日~2021年3月31日までとなっています。

自動車の登録日を月初めにする

車の購入時にかかる税金を少しでも抑えたいという場合、車の登録日を月初めにする方法も有効です。というのも、自動車税は月割で計算されるため、月末と月初というたった1日の違いで1ヵ月分多く自動車税を支払うことになってしまうからです。一方、軽自動車税は毎年4月1日時点の所有者に課せられます。そのため、4月2日以降に登録した場合には、その年の自動車税の支払い義務はありません。

軽自動車を買う

軽自動車と普通車では、自動車税や自動車重量税の金額の設定が異なります。例えば、普通車の自動車税が25,000円から設定されているのに対して、軽自動車税は一律10,800円となっています。また、自動車重量税においても、普通車は重量ごとに加算されるしくみに対して、軽自動車は重量に関わらず一律のため、税金の負担を抑えることができるでしょう。

車の購入時にかかる税金の納付時期や支払い方法

車の購入時にかかる税金の納付時期や支払い方法

車の購入時にかかる4種類の税金は、それぞれ納付のタイミングが異なります。また、支払いが遅れると延滞金が発生するので注意しましょう。

・自動車税、軽自動車税
自動車税、軽自動車税の納付書は、5月の初めに登録の住所に送付されます。現金払いの場合は、納付書を使用して金融機関や郵便局、コンビニなどで支払います。なお、クレジットカード決済も可能となっており、事前に手続きをしておけば口座振替を利用することもできます。

・自動車重量税
自動車重量税は、新車の購入時と車検の際に支払うため、新車購入時は初期費用に、車検時には車検費用と合わせて支払います。なお、車検時期より前に「国税クレジットカードお支払サイト」でクレジットカード決済することもできます。

・環境性能割
環境性能割は、新車の購入時に支払うため、初期費用と合わせて支払います。

・消費税
消費税は、車両価格に課せられるため、新車の購入時の初期費用と合わせて支払います。

税金の支払いを簡単にしたい方はカーリースを検討しよう

税金のしくみは複雑で、金額がわかりにくいものもあります。そのため、家計管理への負担を感じる方も多いのではないでしょうか。そこで、その都度費用を捻出しなくても簡単に税金の支払いができるカーリースがおすすめです。

中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、月額料金にすべての税金が含まれているため、毎月一定の金額を支払うだけで車を利用することができます。さらに、最長の11年契約(2020年3月定額カルモくん調べ)により、月額料金を安く抑えることが可能です。そのため、以下のような方にもおすすめです。

  • 車にかかる毎月の出費を一定にしたい
  • 車にかかる税金の管理を楽にしたい
  • 税金の払い忘れを避けたい
  • 車をより安く利用したい

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

車の購入時にかかる税金を賢く管理しよう

車の購入には多くの税金がかかるだけでなく、費用の捻出や金額の計算など、手間もかかるため、少しでも負担を減らしたいという方も多いでしょう。しかし、選ぶ車や購入時期によっても税金を抑えられるため、自分に合った方法を選んでみてはいかがでしょうか。また、車にかかる費用を抑えつつ、税金の管理も楽にしたい方は、月額定額で利用できるカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は2020年7月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr