カーリースの自動車税はどうやって払うの?カーローンとの維持費を徹底比較

カーリースの自動車税はどうやって払うの?カーローンとの維持費を徹底比較

車は購入後にも自動車税などの税金が維持費としてかかるもの。維持費はまとまった費用となることも多いので、どんな税金があって、いくら払うことになるのかなどをしっかり知っておくことが大切です。また、カーローンとカーリースのどちらを利用するかによっても税金の支払い方は異なります。
ここでは、カーリースを利用した場合の税金の扱いやカーローンとの維持費の違いについてご紹介します。

カーリースの自動車税はどうなる?

カーリースはリース会社が所有する車をあらかじめ期間を定めて借りるサービスのことで、契約者は月々定額の使用料を支払うことでマイカーのように車を利用することができます。カーリースの月額料金には、購入や維持にかかる費用が含まれており、自動車税もそのうちの一つです。
ここでは、カーリースの自動車税の納め方や月額料金に含まれる税金についてみていきましょう。

カーリースの自動車税の納め方

車の購入や維持にかかる税金は車の所有者に納める義務があるため、カーリースの場合は税金を支払うのは車の所有者であるリース会社となっています。また、カーリースでは月額料金にさまざまな税金が含まれているので、別途支払いを求められることはありません。そのため、支払いを一本化することができるので、支出の管理が簡単です。

リース料金に含まれている税金

カーリースのリース料金に含まれている税金には次のようなものがあります。

・自動車税、軽自動車税
毎年4月1日午前0時の時点での車の所有者に課せられる税金です。金額は車の種類や排気量などによって定められています。

・環境性能割(旧自動車取得税)
新車・中古車を問わず、車を購入した際にかかる税金です。燃費などの車の環境性能に応じて取得価格の0~3%が課税されます。

・自動車重量税
車の重さや環境性能、用途などをもとに税額が決まり、車検の際に課せられる税金です。なお、軽自動車は重量を問わず一律となっています。

・消費税
車を購入した際にかかる税金です。ほかの買い物と同じく車両価格の10%となります。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

カーローンとカーリースの費用の違いは?

カーローンとカーリースの費用の違いは?

月額料金に税金が含まれているカーリースに対して、カーローンを利用した場合にはどのくらいの費用の違いがあるのでしょうか。
ここでは、ダイハツ「ミライース」のLグレード(税抜81万円)を例として、カーローンとおトクにマイカー 「定額カルモくん」のカーリースを利用した場合の費用を比べてみましょう。

カーローンで購入した場合

カーローンでは、車両価格の一部を頭金として支払い、残りを3~7年設定のローンとして支払うのが一般的です。
カーローンを利用した際にかかる費用を車両価格・税金・その他手数料に分けて計算すると、以下のようになります。

・車両価格
頭金を241,000円、5年ローンと設定した場合は以下のようになります。
本体車両価格891,000円(税込)
頭金 241,000円
ローン 650,000円
月々  11,679円(金利3%)、もしくは12,870円(金利7%)
総支払額 700,753円(金利3%)もしくは、772,213円(金利7%)

・税金
また、排気量約660ccのミライースの税金は以下のようになり、環境性能割は非課税です。
・自動車税 10,800円
・自動車重量税 3,700円
※エコカー減税対象車のため自動車重量税は最初の1年は免税(2021年4月30日まで)
※グリーン税制対象のため自動車税種別割は翌年度分が半額(2021年3月31日までに新車新規届出の場合)

・その他手数料など
・購入時の自賠責保険料 35,610円(37ヵ 月分)
・購入後の自賠責保険料 25,070円(車検ごと)
・自動車登録代行費用、車庫証明代行手数料、納車費用など 約15,000~30,000円

訴求用N-BOX

定額カルモくんのカーリースを利用した場合

定額カルモくん

定額カルモくんのカーリースでは各種税金や自賠責保険料、その他諸費用はすべて月々の使用料に含まれているため別途の支払いはありません。リース期間は1~11年から選ぶことができ、使用料は契約年数やオプションプランの有無によって異なります。例えば11年契約の場合には、月々12,200円(税抜)から利用することができます。

カーリースでは契約期間満了後はリース会社に車を返却するのが原則となっていますが、定額カルモくんでは月々500円(税込)の「乗り放題オプション」を利用することで、契約満了時に車をもらうことができます。また、リース車の原状回復費用などがカバーできるメンテナンスプランを利用することで、マイカーと同じように気軽に利用することができます。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

よくある質問

Q1:車にかかる税金にはどんな種類があるの?

A:車の購入や維持には、自動車税(軽自動車税)や環境性能割(旧自動車取得税)、自動車重量税、消費税という税金がかかります。また、これらの税金は車の重量や種類、排気量などによって決められています。そのため、軽自動車やコンパクトカー、ハイブリッドカーなどは、比較的税金も抑えられる傾向があります。

Q2:カーリースではどうやって税金を納めるの?

A:カーリースでは、税金の支払いは所有者であるリース会社が行うため、手続きなどもありません。また、車の購入や維持にかかる税金は月額料金に含まれているため、まとまった費用を用意する必要もなく、支払いも一本化することができます。

Q3:カーローンとカーリースの違いは?

A:カーローンは車を購入する際に、車や購入にかかる手数料などを分割で購入する方法です。また、カーリースは定額でリース会社の所有する車を長期的に借りる方法です。どちらにも利用する際に審査があり、安定した収入があることや信用情報などの債務歴をもとに利用の可否が決まります。

カーリースなら支払いも管理も簡単!

期間限定の減税措置などもあることから、車にかかる税金は分かりづらく、まとまった費用となりがちです。また、月々の維持費とは別に用意しておかなくてはいけないので管理が大変ですが、カーリースはそれらの費用が月々の料金に含まれているので家計の管理が簡単です。また、支払いを一本化することもできるので、これからマイカーを考えている方は利用してみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は2019年11月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す