ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースは自動車税がかからないって本当?しくみや費用を徹底解説!

カーリースは税金がかからないって本当?しくみや費用を徹底解説!
税金自賠責込_業界最安カーリース

自動車税(種別割)や自動車重量税など、車に乗るためにはさまざまな税金がかかります。マイカーを購入する場合は、それらの税金を自身で納めなくてはなりません。では、車を借りてマイカーのように乗れるカーリースでは、どのように税金が支払われるのでしょうか。

ここでは、カーリースにおける税金のしくみや費用について解説します。さらに、おトクに車に乗れる方法を知りたい方には、おすすめのカーリースについてもご紹介します。

税金コミコミで月々10,000円台から利用できるカーリースはこちら

  •  カーリースの場合、自動車税(種別割)などの税金は月額料金に含まれる
  •  カーリースの税金を納めるのは、契約者ではなくリース会社
  •  各種税金込みで業界最安水準のカーリースは「 定額カルモくん

カーリースは税金がかからないって本当?

カーリースの仕組み

カーリースとは、契約者が希望する車をリース会社が代わりに購入し、貸し出してくれるサービスです。カーリースを利用するためには、リース会社に毎月定額の使用料金を支払うことになります。毎月の支払いがフラットになるので大きな出費を心配せず、家計管理がしやすいというメリットがあります。

さらにカーリースの月額料金には、自動車税(種別割)をはじめとする各種税金が含まれています。カーリースに含まれる税金について、詳しく確認していきましょう。

カーリースの月額料金に含まれている税金は?

リース会社によっても異なりますが、カーリースの月額料金に含まれている税金は、おもに以下のようなものです。

  • 自動車税(種別割)
  • 環境性能割
  • 自動車重量税
  • 車両本体にかかる消費税

カーリースでは、車の購入時にかかる自動車税(種別割)をはじめとするほぼすべての税金が、月額料金に含まれています。車を購入した場合は、車検時など特定のタイミングで一度に納税しなければなりませんが、税金を分割して支払っていけるのは、カーリースの大きなメリットといえるでしょう。

なお、それぞれの意味や税額などは後段で説明しています。

カーリースの税金は誰が納めるの?

カーリースは、リース会社が所有する車を貸し出すサービスです。つまり、車の所有者はリース会社であり、契約者は車の使用者ということになります。契約者が車を所有するわけではないことから、契約者が自動車税(種別割)などを直接支払う必要はありません。カーリースでは、リース会社が税金を納めてくれます

直接納税する手間がかからず、納め忘れる心配もないので、契約者の負担はだいぶ軽減されるでしょう。納税時期にまとまった出費が必要になることもないため、気軽に安心して車に乗れます。

納税証明書はどうなるの?

自動車税(種別割)を納税したことを証明する書類が、納税証明書です。自身で自動車税(種別割)を納める場合は、手元に納税証明書が残りますが、カーリースではリース会社が納税するため利用者が直接受け取ることはありません。リース会社が納税を済ませたら契約者に郵送されてきます。

車の購入や維持にはどんな税金がどれくらいかかる?

車の購入や維持には、自動車税(種別割)をはじめとする税金が思った以上にかかってきます。ここでは、車を持つためにかかる税金とその金額、納めるタイミングなどを確認してみましょう。

〈車の購入や維持にかかる税金一覧〉

税金の種類税額
普通車
税額
軽自動車
納めるタイミング
自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)25,000円〜11万円10,800円毎年5月
環境性能割取得価額の0〜3%取得価額の0〜2%自動車取得時
自動車重量税12,300〜73,800円
車検時8,200円
新車登録時9,900円
車検時6,600円
新規登録時あるいは車検時
印紙税車庫証明書取得 約2,500円
車検手数料 1,100円
車庫証明書取得時 約500円
車検手数料 1,100円
車庫証明書取得時、車検時
消費税車両本体価格の10%購入時

 

自動車税(種別割)、軽自動車税(種別割)

自動車税(種別割)とは、毎年4月1日時点での自動車の所有者に課せられる税金のことです。自動車の排気量によって税率が異なり、自家用車の場合は25,000円から500cc刻みで増額、軽自動車の場合は一律10,800円と定められています。

環境性能割

環境性能割とは車の取得時にのみかかる税金で、燃費性能に応じて、登録車は0~3%、軽自動車は0~2%が課税されます。燃費の良い車ほど税が軽減されるしくみとなっており、電気自動車の場合は非課税(0%)です。なお、中古車の場合は残価率を用いて車の経過年数を基に算出するため、計算方法が異なります。

自動車重量税

自動車重量税とは、自動車の重量に応じて課税される税金です。新車新規登録と車検の際に、次の車検までの期間分をまとめて納めます。自家用車の場合は車両の重さによって税額が変わり、0.5t以下では新車新規登録時に12,300円、車検時には8,200円で、重量が0.5t増えるごとに増額します。なお、エコカーの場合は燃費基準によりますが、新車登録時には3,700円~5,600円、車検時には2,500円~3,700円で0.5t増えるごとに増額します。

一方、軽自動車は重さにかかわらず一律で、新車新規登録時は9,900円、車検時には6,600円です。なお、エコカーの場合、新車登録時には1,800円~5,600円、車検時には1,200円~3,700円で0.5t増えるごとに増額します。

また、どちらも新車登録から13年目と18年目に税額が上がるしくみとなっています。

印紙代

車の保管場所を申請する車庫証明書を取得する際は、必要な費用を印紙で納めます。車庫証明書取得時にかかる印紙代は地域によって異なりますが、普通自動車であれば2,500円前後、軽自動車であれば500円前後です。また、車検の手数料も印紙で支払うことになります。初回の車検にかかる印紙代は、1,100円です。

消費税

車購入時にかかる消費税は、車両本体価格やオプションに対して10%が課せられます。たとえば人気車種のホンダ「N BOX」であれば、エントリーモデルであるGグレードで14万2,890円の消費税がかかります。消費税だけでも金額が大きいので、購入時の負担は予想以上に大きくなるといえるでしょう。

自動車税(種別割)をはじめとする税金の金額を合計すると、10万円を超えることもめずらしくありません。車を購入するときにはほとんどの税金をまとめて支払うことになるため、大きな負担となって家計を圧迫してしまいます。

また、税金は車を購入するときにのみかかるのではなく、車を維持するために定期的に支払わなければならないものです。車検時など特定のタイミングで大きな出費が発生し続けると、家計が長期的に圧迫されることになります

税金込みのカーリースの料金は?

カーリースの月額料金にはさまざまな税金が含まれているので、高くなるのではと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、カーリースの月額料金は、安くて利用しやすい設定になっていることがほとんどです。カーリースの料金はどうして抑えられるのか、人気車種の例を見ながら確認しましょう。

カーリースが税金込みでも安い理由

リース料金の残価設定

カーリースが税金込みでも安い月額料金で新車に乗れるのは、残価を設定しているからです。残価とは残存価格の略で、契約満了時に車に残ると想定される価値のことです。

カーリースの月額料金は、車両本体価格から残価を差し引いた金額に、自動車税(種別割)などの費用を加え、契約月数で割ることによって決まります。
つまり、車両本体価格から残価が差し引かれているので、税金込みでも安い料金が実現するのです。

カーリースなら人気車種にも手頃な価格で乗れる!

カーリースなら、人気の車種にも安い月額料金で乗ることができます。業界最安水準で利用できる「おトクにマイカー 定額カルモくん」であれば、月額10,000円台から乗れる新車もそろっています

実際に月額10,000~20,000円台で乗れる人気の車種を、カーリースの定額カルモくんを例に見てみましょう。

安さ重視の方におすすめ!ダイハツ「ミライース」

ミライース

軽自動車に安く乗りたい方におすすめなのが、ダイハツ「ミライース」です。販売価格は86万200円からと低価格で低燃費、さらに安全性能が整っているため、高い人気を誇っています。親しみやすい外観で、性別や世代を問わず乗ることができます。定額カルモくんなら月額11,220円から乗れるため、月々の負担を減らしながら新車に乗りたい方におすすめです。

月額料金:11,220円~
*軽自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、自賠責保険料、登録諸費用などが含まれています。

10017_ミライース

不動の人気を誇る軽スーパーハイトワゴン ホンダ「N BOX」

N-BOX

ホンダ「N BOX」は、軽自動車の中でも高い支持を集めている車種です。車内空間が広いスーパーハイトワゴンなので、大人が4人乗車しても快適に過ごせます。さらに、自由にシートアレンジができ、収納スペースを広げることも可能です。コンパクトな軽自動車が欲しいけれど、収納スペースや居住空間にゆとりを持たせたいという方に適しています。

月額料金:17,320円~
*軽自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、自賠責保険料、登録諸費用などが含まれています。

N-BOX

話題のコンパクトカー トヨタ「ヤリス」

ヤリス

トヨタ「ヤリス」は、国内外で評価が高いコンパクトカーです。外観にも内装にも無駄を削ぎ落としたスタイリッシュさがあり、洗練されたデザインの車を好む方に適しています。また、安全性能や運転支援システムが充実しているため、安心してカーライフを楽しみたい方にもおすすめです。

月額料金:20,510円~
*自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、自賠責保険料、登録諸費用などが含まれています。

ヤリス

すでに欲しい車種が決まっている場合は、以下のバナーから月額料金を確認してみましょう!

料金をチェック

税金・自賠責保険コミコミで業界最安水準のカーリースは?

カルモくん_new

定額カルモくんは、業界最安水準のカーリースです。自動車税(種別割)をはじめとする各種税金が月額料金に含まれている上、月10,000円台から新車に乗れます。税金だけでなく自賠責保険料や各種手数料などもコミコミなので、お得にカーライフを始めたい方におすすめです。さらに、メンテナンスプランをつけることで、車検基本料や消耗品交換費用なども定額にできます。

そのほかにも知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

1. 車検費用込みで月々10,000円台から新車に乗れる

定額カルモくんは、業界最安水準の月額料金で利用できるカーリースです。そのため、車検費用もカバーするメンテナンスプランをつけても10,000円台から利用できます。さらに、車種は国内メーカー全車種・全グレードから選べ、車を購入するのと同じ感覚で車選びが楽しめます。お好きな車をいくらで利用できるのか、さっそくチェックしてみましょう。

車を選んで好みのプランを選ぶだけ!月額料金を確認するならこちら

2. 顧客対応満足度98.9%*!初めての方でも安心

料金の安さだけでなく、サポートも充実している定額カルモくんは、利用者からも安全に利用できるカーリースとして顧客対応満足度98.9%*という高い評価を得ています。実際の口コミの一部をご紹介します。

  • 車に詳しくなくても、担当の方が理解できるまで親切に教えてくれた
  • 申込みをしてからすぐに審査結果がわかり、不明点もすぐに対応してくれた
  • 5社くらい比較検討したが、メンテナンスプランの内容が充実していた
  • オンラインで申込みから納車まで完了でき、時間の節約になった
  • 値段がきちんと表示されていてわかりやすく、迷わず申込みできた

定額カルモくんでは、ネット上で手軽に車が選べ、簡単な手続きで利用することができます。さらに、わからないことがあれば、専門知識を持ったマイカーコンシェルジュが車やプラン選びなど、丁寧にサポートしてくれます。契約後はもちろん、契約前であっても無料で相談ができるので安心して利用できるでしょう。下記LINEのバナーから気軽に相談してみてください。

LINE
フリーダイヤル

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

税金や車検込みのカーリースなら、最初から最後まで定額で安心!

自動車税(種別割)をはじめとする税金は、車を購入する際に大きな負担となります。カーリースであれば、月額料金に自動車税(種別割)などの税金が含まれているため、特定のタイミングで大きな出費が発生することなく家計の負担を軽減できます。また、税金はリース会社が納めてくれるので、直接納税する手間がかかりません。

業界最安水準の定額カルモくんなら、税金や車検費用を含めて月額10,000円台から新車に乗ることができます。また、必要書類や難しい手続きなしで新車に乗れるので、できるだけ早く車に乗りたい方にもおすすめです。

定額カルモくんのお試し審査では、必要書類は運転免許証のみ、インターネットから5分程度の入力で簡単に手続きが完了します。審査結果も通常翌営業日にはわかります。審査後にプランや車の変更も可能なので、ひとまず希望に近い車で審査だけ済ませ、審査通過後にじっくり車を選ぶこともできます。
車に乗りたいと思ったときにすぐに利用できるよう、スキマ時間でぜひお試し審査をしてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:車にかかる税金ってどのような種類があるの?

A: 毎年4月1日時点での自動車の保有者に課せられる自動車税(種別割)や、燃費性能に応じてかかる環境性能割、車両の重さに応じて課税される自動車重量税などがあります。これらは新車購入時や車検時など、特定のタイミングで納税が必要となります。

Q2:カーリースの自動車税(種別割)は毎年誰が払うの?

A:カーリースを利用する場合、自動車税(種別割)などの税金は、リース会社が支払います。車の所有者であるリース会社が税金を支払い、使用者には車検前に納税証明書が送られてきます。

Q3:カーリースの料金には何が含まれているの?

A: 定額カルモくんなら、月額料金には自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金と自賠責保険料、各種手数料などが含まれています。さらにメンテナンスプランをつければ、車検基本料や消耗品交換費用なども含めて定額払いにできます。

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
保険税金コミコミ