ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースの維持費は実際いくらかかる?購入とどちらがお得かも徹底比較

カーリースの維持費は実際いくらかかる?購入とどちらがお得かも徹底比較

カーリースは、頭金や初期費用を用意しなくても車に乗れる便利なサービスですが、車の維持費は月額料金に含まれているのでしょうか。基本的なプランに含まれている維持費について確認し、含まれない維持費はどのように支払えばいいかも解説します。また、車の維持費を心配することなく乗れるプランがあるカーリースをご紹介します。

  • カーリースの基本プランには一部の維持費が含まれている
  • 車検などの維持費はメンテナンスプランでカバーできる
  • 充実したメンテナンスプランがあるカーリースがおすすめ

車検・税金コミコミで月額10,000円台から新車に乗れるカーリースについて知りたい方はこちら

カーリースの月額料金のしくみ

カーリースの月額料金のしくみ

カーリースの車は、契約者ではなくカーリース会社が購入するため、車両価格や取得時にかかる税金、自賠責保険料などはカーリース会社側に支払い義務があります。そのため、カーリースの月額料金には上記の費用のほか、車を登録するにあたりかかる諸費用などが含まれます。

では、車を維持する上でかかってくる修理、整備、車検といった費用はどうなるかというと、これはカーリース会社やプランによってそれぞれ異なり、カーリース会社と利用者がどのような契約を結ぶかによって、何をどのように支払うのかも変わります

カーリースの基本プランに含まれる費用

月々支払

カーリースの利用料には何が含まれているのでしょうか。「おトクにマイカー 定額カルモくん」を例に、一般的な個人向けカーリースの基本プランに含まれる費用について見ていきます。

・車両本体価格

カーリースの月額料金を決める重要な要素となるのが、残価設定です。残価とは、車を返却した際につくと想定される売却価格のことです。カーリースの月額料金は、車両本体価格から残価を引いた金額を基に算出されます。そのため、購入するよりも支払わなければならない車両本体価格が安くなり、残価が引かれた分だけカーリースはお得といわれます。

・自動車を取得したときにかかる税金

自動車税(種別割)と環境性能割、自動車重量税が含まれます。
環境性能割の支払いは購入時だけですが、自動車税(種別割)は毎年、自動車重量税は車検の度に支払いが発生します。車に乗っているあいだは払い続けることになる自動車税(種別割)と自動車重量税は、車の維持費といえます。

・自賠責保険料

車を所有したら必ず加入しなければならないのが、交通事故の被害者を救済するための自賠責保険です。自賠責保険に加入せずに車を運転した場合、50万円以下の罰金または1年以下の懲役が科せられるだけでなく、免許停止処分を受けることになります。ただし自賠責保険は補償が限られているので、別途任意保険(自動車保険)に加入するのが一般的です。自賠責保険料は車の維持費のひとつであり、一般的に車検と同時に支払います。

・その他の費用

車庫証明代行手数料や納車費用、ナンバープレート取得費用など新車の登録にかかる手数料などが含まれます。カーリースを契約すると、面倒な手続きをカーリース会社に代行してもらえる上、そうした手数料も月々払いにできるのです。また、仲介手数料やお客様サポート料など、カーリースを利用する上で発生する費用も月額料金に含まれます。

なお、この内訳はカーリース会社やプランによって異なります。

購入とカーリース、どちらが正解?

購入とカーリース、どちらが正解?

新車を購入する場合と比べて、カーリースはいいサービスなのでしょうか。
ここでは、トヨタ「アクア」のエントリーモデル(L)181万8,300円を選んだ場合について、一括購入した場合とカーローンを組んだ場合、そしてカーリースの定額カルモくんの基本プランを契約した場合で比較してみましょう。

なお、カーローンとカーリースはともに5年契約、カーローンは頭金なしのフルローンとし、カーリースにはオプションのメンテナンス費用は含まれていないものとします。カーローンは180万円を借り入れるとして、金利は一般的なディーラーローンの8%に設定しています。

<トヨタ「アクア」(L)について購入した場合とリースした場合の費用の比較>

 現金一括購入カーローンで購入
(頭金なし、返済期間5年、金利8%)
定額カルモくんで
カーリース
(5年契約)
支払総額181万8,300円218万9,850円224万7,000円
月々の返済額・支払額0円36,497円37,450円
別途必要な費用各種税金、自賠責保険料、任意保険料、登録諸費用、燃料代、駐車場代、メンテナンス費用各種税金、自賠責保険料、任意保険料、登録諸費用、燃料代、駐車場代、メンテナンス費用任意保険料、燃料代、駐車場代、メンテナンス費用
*2021年5月19日時点の情報を基に算出

このように、支払総額も月々の支払額(返済額)も、購入するよりカーリースを利用するほうが金額は高くなっています。実際のところはどうなのでしょうか。

車の購入には各種税金や自賠責保険料などがかかり、これらの費用は一般的に一括で支払います。またローンは頭金を用意することで借入額を下げることもできますが、当然それには多額の現金が必要です。また自賠責保険料や自動車税(種別割)などは、購入時だけでなく定期的に支払いが発生しますが、ローンで購入した場合はこうした費用と月々の返済の両方を支払わなければなりません。

一方カーリースの月々の支払いには、購入時の初期費用が含まれているので、まとまった資金がなくても車に乗ることができます。もちろん、頭金も不要です。また自動車税(種別割)や自賠責保険料といった維持費も込みで月々定額なので、税金などのタイミングで慌てることもありません。

このようなことから、支払総額を抑えることを優先する方には、現金一括や頭金を入れてのローン利用が正解えいますが、初期費用や維持費もできるだけフラットな支払いにしたい、まとまった資金がないけれど車に乗りたい、という方にとってカーリースはいい選択といえるのではないでしょうか。

お手頃価格で維持費もコミコミ払いにできるカーリースについて、詳しく知りたい方は  こちらへ

専門家も認めるカーリース

維持費の心配なくカーリースを利用するには?

メンテプランおすすめ

購入にしてもカーリースにしても、購入費用や利用料とは別に、車に乗るには維持費がかかります。しかし先述したように、カーリースの基本プランには自賠責保険料などの維持費がすでに含まれています。それ以外に発生する維持費としては、車検費用や消耗部品の交換費用などがありますが、多くのカーリース会社では、こうした費用をカバーするメンテナンスプランを用意しています。

メンテナンスプランに加入すると、車の維持費もカーリースの利用料と合わせて月々定額払いにでき、これはカーリースにおける大きなメリットといえます。定額カルモくんを例に、メンテナンスプランに入ることで補償される維持費を確認してみましょう。

・車検点検料

車検点検料とは、整備工場などで行う点検・整備費用です。車検には、車検点検料以外に法定費用も必要ですが、定額カルモくんの月額料金には法定費用が含まれているので、メンテナンスプランに入ることで車検に関わるすべての費用がカバーできます。

車検費用の相場は、ディーラーで行うと35,000円〜10万円ほど、カー用品店などでは10,000〜45,000円ほどで、いずれにしても大きな出費です。この費用を定額払いにできるのは大きな魅力なのではないでしょうか。

・法定点検費用

車検のほかに受けなければならない点検として、法定12ヵ月点検と24ヵ月点検があります。24ヵ月点検は車検時に行われますが、12ヵ月点検は別に受ける必要があります。メンテナンスプランに入るとこの費用も補償されます。

・消耗部品の交換費用

車を維持するには、エンジンオイル、オイルフィルター、エアコンフィルター、ワイパーゴム、ブレーキオイルなどの交換、タイヤのローテーションなども必要です。こうした維持費もメンテナンスプランに含まれます。
ただし、プランのグレードなどによって補償範囲が異なるので、注意しましょう。

月額料金にコミコミにできない維持費は?

カースリースでは車検費用なども月額料金に含めて支払うことができますが、それとは別に、車に乗っていると以下のような維持費がかかります。

  • 燃料代
  • 駐車場代
  • 任意保険(自動車保険料)

できるだけ燃料代の負担を少なくしたい方は、車を選ぶときに燃費の良い車やハイブリッド車などを選ぶのがおすすめです。
また任意保険は自賠責保険とは異なり、加入が義務ではありません。しかしその必要性からほとんどの方が加入しています。一般的には、カーリースの月額料金には任意保険は含まれておらず、利用者が自身で加入することになります。
定額カルモくんが自家用車を持っている全国の男女1,381人を対象に行った独自調査では、月々の任意保険料は、5,000円未満や5,000~10,000円未満が多いという結果になりました。つまり、任意保険料として毎月5,000円程度は必要ということです。

また、メンテナンスプランに加入していても、それがカバーする範囲はカーリース会社やプランによって異なります。プランによっては部品代や工賃などが別途必要になることもあるので、プランの内容を確認しておきましょう。

維持費も幅広くカバーするおすすめのカーリース

カルモくん_new

車の維持費を心配することなく、楽しいカーライフを送るには充実した内容のメンテナンスプランがあるカーリースを選びたいものです。定額カルモくんのメンテナンスプランには、車検点検料や法定12ヵ月点検料、エンジンオイル交換費用などが含まれています。
さらに、車を返却する際の修理費用を補償する原状回復費用補償が含まれている上、メーカーと同等の保証がついています

定額カルモくんのメンテナンスプランについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

メンテバナー

維持費だけじゃない、定額カルモくんの強み

車の維持費も幅広くカバーする定額カルモくんですが、ほかにも以下のようなメリットがあります。

月々10,000円台から新車に乗れる

定額カルモくんは日本一安い*カーリースで、自賠責保険料や自動車税(種別割)などの維持費も含んだ月額料金が月10,000円台から。大きな初期費用を支払うことに抵抗がある方も、安心して車がある生活をスタートさせられます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

国産メーカーの全車種・全グレードを用意

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種・全グレードから好きな車を選べます。特別カラーを指定する、メーカーオプションを追加するといったことも可能なので、細部にまでこだわって自分好みの車を選びたい方におすすめです。

料金をチェック

オンライン店舗なので手間なくスピーディー

新車を購入するためには、さまざまな手続きが必要です。車を購入するまでに何度もお店に足を運び、車種を相談して試乗し、見積りの相談や金額の交渉を進め、必要書類を提出してからようやく納車というのは、なかなかの時間と手間を要します。
その点、定額カルモくんなら、納車までの多くの手続きがオンラインでスピーディーに完了します。ま

車がもらえる&走行距離制限がない

定額カルモくんには、月額500円を追加すると契約満了後に車をそのまま自分のものにできる「もらえるオプション」があります。もらえるオプションは新車で7年以上の契約の方を対象としています。

また一般的にカーリースには走行距離制限がありますが、定額カルモくんでは7年以上の契約の場合、走行距離制限がありません。車がもらえて、好きなときに好きなだけ車に乗れるので、まさにマイカー感覚で使えるカーリースといえます。

返却時の残価精算の心配なし

カーリースの中には、月額料金を安く抑える代わりに契約満了後に残価精算が発生するケースがあります。契約時の設定残価と返却時の査定額に差が生じたときに、差額を利用者が支払うということです。
しかし定額カルモくんは、契約満了時に精算を行いません。最後まで安心して乗り続けられます。

カーリースで維持費の負担もフラットにして無理なく乗ろう

車に乗る以上、必ずかかってくるのが維持費です。維持費には各種税金や保険料、車検費用、メンテナンス費用、駐車場代などがあります。カーリースなら、税金などの一部の維持費は基本プランの月額料金に含まれています。さらにメンテナンスプランに加入することで、車検費用やメンテナンス費用もまとめて月々定額払いにすることができます。毎月定額で少しずつ支払っていくなら、家計に大きな負担をかけることがない上に、家計管理がしやすくなります。車の維持費が心配な方にこそ、定額カルモくんのような充実したメンテナンスプランがあるカーリースがおすすめです。

メルマガ登録

よくある質問

Q1:カーリースって維持費も込み?

A:一般的に、カーリースの基本プランに含まれるのは、自動車税(種別割)、環境性能割、自動車重量税、自賠責保険料などです。しかし多くのカーリース会社がメンテナンスプランを用意していて、加入することで上記以外の維持費、例えば車検や法定点検などの維持費も利用料とまとめて月々定額で支払うことができます。

Q2:リースの利用料と別に、自分で支払う維持費とは?

A:車検費用、法定点検費用、オイル交換などのメンテナンス費用、任意保険(自動車保険)料、駐車場代、燃料代などです。定額カルモくんの場合、車検、法定点検、オイル交換などの費用はメンテナンスプランに加入することでカバーできる上、原状回復費用の補償もついてきます。

Q3:維持費の不安なく乗れるカーリースは?

A:定額カルモくんなら、各種税金や自賠責保険料は月額料金に含まれています。また車検などの維持費もメンテナンスプランに入ることで月々定額払いにすることができます。定額カルモくんのメンテナンスプランは複数あるので、自分に合った補償内容のものを選べて、費用の無駄なく車に乗れます。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
保険税金コミコミ