リース車は改造NG?OKなケースもあるの?

リース車は改造NG?OKなケースもあるの?

この記事は、 6 分で読めます。

カーリースは契約時に定めた契約期間が終了すると、車をリース会社に返却するというシステムです。また、原則として返却時に原状回復をすることがルールとなっています。そのため、改造は基本的に禁止されていますが、例外としてOKなケースもあるといいます。
そんなリース車の改造についてのルールや例外のケースなどについてご紹介します。

リースとは?

リースは、定額制で車に乗れるサブスクリプションサービスです。マイカー購入時にかかる税金や自賠責保険料などの費用が月々の料金に含まれているので、まとまった出費が家計の負担になることもありません。
また、リースには返却を前提としていることや原状回復が必須などのルールがあります。まずはこれらのルールについてみていきましょう。

返却が前提、原状回復が必須

リースでは、一般的に契約満了時に車を返却することが前提となっているため、返却の際には車の原状回復をしなくてはいけません。そのため、改造やカスタマイズを禁止しているリース会社も多いというわけです。

途中解約や期間変更は不可

リースでは契約時に利用したい年数を決めて契約を行い、車両代金を契約期間で割って月額料金を算出するので、契約期間が長くなるほど月額料金が安くなるというしくみになっています。
そのため、リース契約中に車が必要でなくなったときや期間を変更したいという場合も、基本的には途中解約や期間変更はできません。そのため、契約時にしっかりと利用プランを考えておくことが大切です。しかし、契約満了時に再度リース車として借りたりマイカーとして買い取ったりすることができる場合もあります。

さらに詳しくカーリースのことを知りたい方はこちら

改造が認められるのはどんなとき?

改造が認められるのはどんなとき?

原則として改造は禁止といわれるリースですが、純正オプションでの変更や安全に使用するための改造など、カスタマイズが認められるケースがあります。

純正オプションで変更

リースではオプションなどの指定がない場合にはノーマルの状態で納車されますが、メーカーやディーラーが設定しているオプションや装備などであれば装着することが可能です。そのため、メーカーオプションをつける場合には契約時に申し出るとスムーズでしょう。なお、納車後に自身で購入したパーツなどを装着する場合には、リース会社に相談しておくことをおすすめします。

安全に使用するためとリース会社が判断したとき

契約者が身体的な障害を抱えている場合や、カスタマイズを加えないと安全な走行ができないと判断したときは、改造などの変更が可能となります。そのため、それらのカスタマイズが必要な場合にはリース会社にあらかじめ相談しておきましょう。

リース車を勝手に改造したらどうなる?

リース車を勝手に改造したらどうなる?

リース車の改造が禁止されていることはわかりましたが、万が一そのルールを知らずに改造などをしてしまったらどうなるのでしょうか。リース会社によって判断基準が異なるので、まずは契約内容の確認や相談をすることが大切ですが、一般的な対応には以下のようなものがあります。

原状回復できる範囲ならOK

原状回復ができる範囲で、取り外し可能なパーツを付けるなどはOKとしているリース会社もあります。しかし、契約者が自身でパーツをつけたり外したりすること自体を禁止しているリース会社もあるので注意しましょう。

違約金が発生する

返却時に原状回復ができない状態の場合、違約金が発生することがあります。
違法性のある改造やリース会社が認めていないカスタマイズなども、違約金の請求につながるので注意しましょう。

買取りをする

違法性のない改造であれば、契約満了時に買取りをすることで違約金の発生がないケースもあります。また、買取りをする際には、契約時に設定している残価、もしくはそのときの査定額のどちらかの金額が買取金額となります。これらのルールはリース会社によって異なるので確認しておきましょう。

リースなら定額カルモくんがおすすめ

定額カルモくん

審査申込みまですべてオンラインで行うことができるおトクにマイカー 「定額カルモくん」は忙しい方でもスムーズに契約をすることができるのが魅力。また、実店舗を持たないことでさらに安い価格で車を提供しています。
そのほかにも、充実したメンテナンスプランや契約満了後にマイカーとして車がもらえるオプションプランなど、定額カルモくんの魅力についてご紹介します。

国産メーカー全車種を取り扱い

定額カルモくんでは、国産自動車メーカーのすべての車種、グレードを取り扱っています。価格を抑えたい方へのベースグレードから装備も豪華な特別仕様車まで、選択肢が豊富なのであなた好みの一台に出会うことができるはずです。

充実したメンテナンスプランで安心

安心してカーライフを送るためには欠かせないのが車のメンテナンス。定額カルモくんでは、ベーシックな「シルバーメンテプラン」と消耗品の交換費用もコミコミの「ゴールドメンテプラン」という2種類のメンテナンスプランを用意しています。どちらも点検を定額制で行うことができるので、大きな出費もなく車を維持することができます。

もらえるオプションプランでマイカーとして乗れる

一般的にリースでは契約満了時に車を返却することが義務付けられていますが、定額カルモくんでは契約内容により月額500円(税込)を支払うことで契約満了時に車がもらえるオプション「乗り放題オプション」を利用できます。「乗り放題オプション」を設定することで原状回復が必須ではなくなるので、カスタマイズを楽しみたいという方にもおすすめです。

改造やカスタマイズは純正品で楽しむのがおすすめ

初めてカーライフを始める方や憧れの車を手にした方も、より自分好みの一台に仕上げたいという願いはあるはず。しかし、リースの場合は返却時の違約金などのペナルティの心配だけでなく、安全にカーライフを送るためにも改造やカスタマイズは純正品で楽しむのがおすすめです。

よくある質問

Q1:リース車は改造できないの?

A:カーリースでは、契約満了時に車を原状回復してリース会社に返却するというルールがあります。そのため、基本的に原状回復ができない改造はNGとされています。しかし、例外的に改造がOKなケースも存在します。

Q2:改造がOKのケースって?

A:ディーラーやメーカーが設定している純正オプションでの変更は可能です。オプションをつけたい場合には、契約時に申し出るとスムーズですが、納車後に自分で純正パーツを購入して装着する場合はリース会社に相談することをおすすめします。また、契約者が身体的な障害を抱えている場合や、カスタマイズしないと車が安全に走行できないとリース会社が判断した場合は改造が認められます。

Q3:リース会社に無断で改造したらどうなるの?

A:車体に穴をあけるなど、原状回復できない改造や違法性のある改造の場合は違約金が発生することがあります。原状回復ができるカスタマイズであればOKとしている場合もありますが、リース会社によってはパーツの取り外しや装着自体を禁止している場合もあるので注意してください。

※記事の内容は2019年12月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr