ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

CX-60に乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

CX-60に乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説
CX-60に乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

出典:マツダ「CX-60」特長

マツダの新世代ラージ商品群の第1弾モデルであるプレミアムクロスオーバーSUV、「CX-60」。FRレイアウトならではのロングノーズ・ショートデッキのシルエットがマツダならではの造形の美しさと相まって独特の雰囲気を醸し出している魅力的な1台です。

しかし、CX-60は最も安いグレードで300万円弱、話題の直列6気筒ディーゼルエンジン+モーターのディーゼルマイルドハイブリッド車になると500万円を超えるため、購入となると金銭的な負担の大きさからほかのマツダのSUVで妥協しようか、と考えることもあるかもしれません。

しかし、初期費用が不要、しかも残価設定によって月額料金が抑えられているカーリースであれば、購入よりも楽にCX-60に乗れる可能性があります。

ここでは、CX-60に乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

CX-60に業界最安水準の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならCX-60に月々 41,860 円から乗れる
  • CX-60は車好きの心をときめかせるようなスペックのプレミアムSUVが欲しい方におすすめ
  • 初期費用なしで新車に乗れるカーリースなら、高額なCX-60にも乗りやすくなる

カーリースならCX-60に月々 41,860 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのCX-60の月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でCX-60を利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「25S S Package」の2WD車で、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のCX-60の月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年42,190円
10年44,830円
9年47,580円
8年51,650円
7年56,380円
6年58,640円
5年61,060円
4年67,770円
3年76,295円
2年95,105円
1年147,575円

※2024年6月25日時点の料金

このように、カーリースでCX-60に乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

CX-60の料金をシミュレーションしてみる

CX-60はリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい_CX-60

CX-60のような高額な車は、購入時にはまとまった初期費用が必要になります。また、高額なモデルはある程度ボディサイズが大きく、重量もあるため自動車税(種別割)や自動車重量税も高額になるため維持費の負担も大きくなりがちです。

近年車の新しい乗り方として注目を集めているカーリースであれば、そういった金銭面での負担を減らして購入よりも気楽にCX-60でのカーライフが始められます。ここで、なぜカーリースではそれが可能なのか、またカーリースの具体的なメリットにふれながら本当にお得にCX-60に乗れるのかなどを見ていきましょう。

カーリースならカーローンより手軽にCX-60に乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、CX-60をカーローンで購入した場合と、カーリースを利用した場合とでどの程度支払いに差が出るのかを確認してみましょう。グレードは「25S S Package」の2WD車で、カーローンの頭金やボーナス払いは使用しないものとしています。なお、カーローンの金利はディーラーローンの相場である6%とし、カーリースの料金は定額カルモくんの月額料金を例として使用しました。

以下の表は、この条件でシミュレーションした結果をまとめたものです。

〈CX-60の支払額比較〉

 カーローン*
(5年)
カーリース
(5年契約)
カーリース
(11年契約)
初期費用244,010円0円0円
月々の返済額または
月額料金
57,844円61,060円42,190円
自動車税(種別割)174,000円0円0円
自動車重量税+
自賠責保険料(24ヵ月)
52,810円0円0円

※2024年6月25日時点の情報

*カーローンの初期費用はメーカー公式サイトのシミュレーション結果で、月々の返済額は金利をディーラーローンの相場の6%として算出、自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料は車検1回分の費用を算出しています

シミュレーション結果によると、カーローンの月々の返済額が57,844円であるのに対し、カーリースの月額料金は53,800円と、カーリースのほうが約4,000円安く抑えられています。なお、先述のとおりカーリースの月額料金には契約期間中の税金や自賠責保険料が含まれています。

5年間で考えたとき、CX-60の該当グレードの初年度を除く自動車税(種別割)の合計は174,000円です。さらに5年のあいだには車検があるので、車検時に必要な法定費用である自動車重量税と自賠責保険料(24ヵ月)で52,810円かかります。

カーローンならこの金額を月々の返済額とは別に支払わなくてはならないのです。その点を考えると、月額料金の差である約4,000円よりも、実際はさらに大きな差があることがわかります。

また、初期費用でもかなりの差が発生します。CX-60は高額なモデルであることに加え、該当グレードはガソリンエンジン搭載で環境性能割やグリーン化特例などの恩恵があまり大きくないため、初期費用は24万円を超え、かなり高額です。

この初期費用は車両登録に必要な諸費用であり、カーローンを利用する場合でも一般的にはローンにまとめられず最初に支払う必要があるため、頭金を設定しないからといって初期費用がゼロになるわけではないのです。

その点カーリースでは頭金は原則不要であることに加え、登録に必要な諸費用もリース料金にコミコミです。さらにもっと月々の支払いを抑えたいのであれば、契約期間を長めに設定することで月額料金が安くなります。なお、定額カルモくんの場合、最長の11年契約であれば40,000円台でCX-60に乗ることができるのです。

カーローンよりも安い月々の支払額で、初期費用なし、税金や自賠責保険料の心配も無用。カーリースならかなりお得にCX-60でのカーライフが始められます。

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いCX-60を専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。CX-60に乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べる上、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでCX-60に乗るメリット・デメリット

リースでCX-60に乗るメリット・デメリット出典:マツダ「CX-60」特長

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、CX-60をリースする上で知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

CX-60はFRレイアウトや直列6気筒のディーゼルエンジン搭載が話題を呼んだモデルです。車好きの方であればかなり興味をそそられますが、ディーゼルエンジン搭載車は装備を簡略化した廉価グレードでも320万円以上します。さらに、ディーゼルエンジンにモーターを組み合わせたディーゼルマイルドハイブリッド車は最も人気があり、500万円以上とかなり高額です。

また、CX-60には多彩なグレードがあり、上位グレードにはナッパレザーシートなど魅力的な装備が搭載されています。購入であれば予算に縛られて好きなパワーユニットやグレードが選べないこともあるかもしれませんが、初期費用が不要で定額制でカーライフが維持できるカーリースなら自由な車選びが可能になります

なお、事業用にCX-60の利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、CX-60を利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

CX-60を取り扱うリース3社の料金比較

CX-60を取り扱うリース3社の料金比較出典:マツダ「CX-60」特長

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、CX-60を取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈CX-60の月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースコスモMyカーリース
11年42,190円47,630 円-
7年56,380円64,900 円52,910円
5年61,060円62,370 円61,270円

*月額料金は2024年6月25日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「25S S Package」2WD車の最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

カーリースの月額料金は、プランに何が含まれているか、また走行距離制限や残価の設定、契約満了時の車の扱いなどによって差が出ます。そのため月額料金を比較するときにはプラン内容をよく確認してから金額と内容を照らし合わせて検討することをおすすめします。

なお、一般的にカーリースの料金は契約年数が長いほど安くなるので、できるだけ月々の出費を抑えてCX-60に乗りたいのであればより長い契約期間が選択できるカーリースを選ぶのもいいでしょう。ここで挙げた3社の中で最も長い契約期間は定額カルモくんと「カーコンカーリース」の11年契約であり、最安月額料金を実現しているのは定額カルモくんです。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

CX-60の魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

CX-60の魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:マツダ「CX-60」特長

CX-60は現時点でのマツダの最上級クロスオーバーSUVであり、「これからのマツダを牽引する1台」と位置付けられているモデルです。

ここでは、CX-60でカーライフを始めたいとお考えの方に向けて、内装や燃費など、CX-60の魅力を詳しくご紹介します。

【CX-60の魅力】
✔FRレイアウトと、新開発の3.3L直列6気筒ディーゼルエンジンを採用
✔ディーゼルマイルドハイブリッド車の設定もある
✔「XD」「25S・XD S Package」を除くグレードに本革シートが標準装備

CX-60とは

マツダの新世代ラージ商品群の第1弾モデルであるクロスオーバーSUVのCX-60。プレミアムSUVの呼び名に恥じない、マツダのこだわりが詰まった1台です。

CX-60の最大のトピックは、エンジン縦置きのFRレイアウトと、新開発の3.3L直列6気筒ディーゼルエンジンを採用したことといえるでしょう。俊敏な加速レスポンスと高い燃費性能を両立させている、ディーゼルエンジンにこだわりのあるマツダならではの走りの質感は大きな魅力です。

また、FRレイアウトによるロングノーズ・ショートデッキのシルエットとマツダ独自の造形美が融合したエクステリアの美しさは特筆すべきものがあります。タフさやアクティブさが求められがちなSUVですが、SUVらしさを感じさせつつもエレガントさや品の良さをも感じさせるのはCX-60の大きな魅力といえるでしょう。

CX-60のグレード

CX-60のグレード出典:マツダ「CX-60」グレード・価格

マツダは全体的にグレード数が豊富な傾向があるメーカーですが、CX-60においても多彩なグレードをそろえています。なお、グレード名に「25S」がつくのはガソリン車、「XD」はディーゼル車、「XD-HYBRID」はディーゼルマイルドハイブリッド車です。

「XD」/「25S・XD S Package」の特徴

ディーゼル車のみに設定のある「XD」は、装備を簡略化して価格を抑えた廉価グレードです。マツダはやはりディーゼル車に人気がありますが、CX-60のディーゼル車はガソリン車よりもかなり高額な価格設定になっているので、ディーゼル車にこだわりがあるけれどもできるだけ安くCX-60に乗りたい方にはおすすめです。

元々プレミアムSUVであるため、廉価グレードといってもおもてなし装備が省かれる程度で、日常使いに不便を感じるようなことはありません。

ベーシックグレードの「S Package」はエクステリアにブラックを効果的に使用し、アウトドアシーンを感じさせる装いが魅力。フロントガラスに運転に必要な情報を映し出す「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」、マツダ独自のオーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス+8スピーカー」が標準装備になるほか、選択できるオプションの幅が広がります。

「25S・XD L Package」の特徴

「L Package」は20インチの大径アルミホイールを装着し、プレミアムモデルらしい迫力が備わります。さらに、ハンズフリー機能付きパワーリフトゲートなどの快適装備が追加され、使い勝手も向上しています。

「25S・XD Exclusive Mode」の特徴

ガソリン車とディーゼル車の最上級グレードとなる「Exclusive Mode」では、フットランプやアンビエントライト、ドアカーテシー&ポケットランプなどを備え内装にプレミアムモデルらしい上質さが加わります

また、ディーゼル車の「XD Exclusive Mode」ではパノラマサンルーフが標準装備です。

「XD-HYBRID Exclusive Sports/ Exclusive Modern」の特徴

ディーゼルマイルドハイブリッドの「Exclusive」がつくグレードは、パノラマサンルーフを除くほぼすべてのオプションが装備される、充実した装備が魅力です。

「Exclusive Sports」はハニカム形状のフロントグリルや漆黒メッキ仕様のシグネチャーウィングなどをまといスポーティーで精悍な雰囲気、「Exclusive Modern」は切削加工のアルミホイールやメッキパーツで洗練されたエレガントさを表現、といったエクステリアデザインの違いがあります。

「XD-HYBRID Premium Sports/Premium Modern」の特徴

パノラマサンルーフが標準装備され、別格の開放感が味わえる最上級グレードの「Premium Sports/Premium Modern」。エクステリアは「Exclusive Sports/ Exclusive Modern」と変わりありません。

CX-60の詳しいグレードの情報はこちら

CX-60の内装

CX-60の内装出典:マツダ「CX-60」特長

CX-60の内装は、グレードごとにシートの素材やカラーリングが変わります。なお、「XD」「25S・XD S Package」を除くグレードではすべて本革シートが標準装備なのはさすがプレミアムSUVというところでしょう。

「25S・XD L Package」では、ブラックと温かみのある色調のグレージュからシートカラーの選択が可能。また、「25S・XD Exclusive Mode」以上のグレードでは、より上質な質感のナッパレザーのシートになります。なお、「25S・XD Exclusive Mode」はブラックとラグジュアリーモデルらしいピュアホワイトの2色からシートカラーが選択できます。

ディーゼルマイルドハイブリッド車ではそれぞれのグレードでシートカラーが固定になり、「Exclusive Sports」はブラック、「Premium Modern」「Exclusive Modern」はピュアホワイト、最も人気のあるグレードである「Premium Sports」は、専用のシックで高級感あるタンカラーを採用しています。

また、CX-60は定員が乗車した状態で67Lのスーツケースが4個積載できる荷室容量を確保していることに加え、広い開口幅と荷室開口部とフロアに段差がないことから荷物が積み込みやすいように配慮されています。

CX-60の内装について詳しく知りたい方はこちら

CX-60の燃費

CX-60のWLTCモードカタログ燃費と実燃費は、以下のとおりです。

パワーユニット駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
2.5Lガソリンエンジン2WD14.0~14.2---
4WD13.0~13.1---
3.3Lディーゼルエンジン2WD19.6~19.8---
4WD18.3~18.5---
ディーゼルマイルドハイブリッド4WD21.0~21.117.1

*実燃費は2022年12月28時点のe燃費のデータを基に掲載しています

カタログ燃費と実燃費のあいだに差が出ていますが、これはCX-60に限ったことではありません。一定の決められた環境下で計測されるカタログ燃費に対し、実燃費は気温や道路環境、運転の仕方などの影響を受けるため、ある程度は悪化するのが一般的です。

CX-60のカタログ燃費と実燃費の差はそれほど大きな数値ではないため、許容範囲内といえるでしょう。

CX-60の燃費について詳しく知りたい方はこちら

CX-60の安全性能

CX-60は、プレミアムモデルらしく最新鋭の先進安全技術を多数採用しています。中でも注目なのが「2022~2023 日本自動車殿堂 カーテクノロジーオブザイヤー」に選定されたドライバー緊急時対応の技術「ドライバー・モニタリング」と「ドライバー異常時対応システム」でしょう。

「ドライバー・モニタリング」はカメラでドライバーの様子をモニタリングします。「ドライバー異常時対応システム」は「ドライバー・モニタリング」と連携し、ドライバーが急病などで運転不能な状態に陥ったときには自動で減速・停車し、ドアを解錠するとともにヘルプネットに自動接続してドライバーの早期救護に貢献する機能です。

また、CX-60には交差点での衝突被害軽減に対応した「スマート・ブレーキ・サポート」や、高速道路で先行車を追従しながらステアリング操作をサポートしてくれる「クルージング&トラフィック・サポート」などがあります。

CX-60の安全性能について詳しく知りたい方はこちら

CX-60は心がときめくようなプレミアムSUVが欲しい方におすすめ!

CX-60は心がときめくようなプレミアムSUVが欲しい方におすすめ!出典:マツダ「CX-60」特長

CX-60はエレガントで洗練されたエクステリア、マツダならではの贅を尽くしたラグジュアリーな内装に加え、車好きが無視できないスペックを有しているのが魅力です。

デザイン面、快適性はもちろん、性能面でも車が好きな方が満足できるプレミアムなモデルを探している方にはぴったりの1台でしょう。

CX-60に乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのCX-60でも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 41,860 円からCX-60に乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

CX-60のグレード別料金シミュレーション

CX-60は高額なモデルであり、選ぶグレードや契約年数によってはかなり高額な月額料金になります。また、カーリースではカーナビなどのオプション、定額カルモくんの場合は契約満了時にCX-60が自分の車になる「もらえるオプション」が追加できるため、必要なものを追加してトータルでどの程度の金額がかかるのかをシミュレーションして把握しておきましょう。

定額カルモくんでは、オンラインで何度でも納得のいくまでシミュレーションできます。また、定額カルモくんはオプションでカーナビやETC、バックカメラ、ドアバイザー、フロアマット、希望ナンバーが追加できますが、CX-60はバックカメラが標準装備です。

〈CX-60の料金シミュレーション〉*¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(25S L Package 2WD)
オプションなし83,775円62,650円46,590円
オプション選択*²91,156円66,401円49,131円
もらえるオプション選択-66,901円49,631円
上位グレード
(25S Exclusive Mode 2WD)
オプションなし91,255円68,920円50,880円
オプション選択98,636円72,671円53,421円
もらえるオプション選択-73,171円53,921円

*¹ 料金は2024年6月25日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合

ご希望の条件でシミュレーションしたい方はこちら↓

お申込みもこちら↓からどうぞ

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。CX-60のプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!CX-60に乗るならリースで決まり

ほかの車にはない魅力を持ったプレミアムSUV、CX-60。高額なモデルではありますが、初期費用が不要、定額制で車に乗れるカーリースであればCX-60に乗るハードルも下がります。

さらに、定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでCX-60に乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:CX-60のリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、マツダのプレミアムSUV「CX-60」も手頃な料金で利用することができます。なお、「25S S Package」であれば最長の11年契約なら月額40,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:CX-60をリースするメリットは?

A:CX-60は上質なプレミアムSUVであり高価格帯のモデルですが、残価設定によってお得な月額料金を実現していることに加え、初期費用なしで新車に乗れるカーリースであればCX-60の上位グレードにも乗りやすくなります。なお、定額カルモくんなら7年以上の契約で走行距離制限がなくなる、契約満了時にCX-60がもらえる「もらえるオプション」が追加できるなどのメリットがあります。

Q3:CX-60はどんな方におすすめの車?

A:CX-60はエンジン縦置きのFRレイアウトや新開発の直列6気筒ディーゼルエンジンを採用した、ほかのSUVにはない魅力満載のプレミアムSUVです。上質でステータス感のあるプレミアムSUVが欲しい方はもちろん、車好きの心をときめかせるようなスペックのSUVが欲しい方にはぴったりでしょう。

※この記事は2022年12月時点の情報で制作しています

マツダCX-60の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダCX-60の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る