ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

フォレスターに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2018年~現行モデル)

フォレスターに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2018年~現行モデル)
フォレスターに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2018年~現行モデル)

出典:スバル「フォレスター」フォトギャラリー

スバル「フォレスター」のようなミドルサイズSUVを新車で購入するとなると、数百万円の資金が必要です。カーローンを利用するという方法もありますが、頭金が必要であったり、車両登録に必要な諸費用は現金で支払わなければならなかったりなど、ある程度のまとまった額の出費は避けられません。

対して、近年注目を集めている車の新しい乗り方「カーリース」では、初期費用を用意することなく好きな新車が利用できることに加え、カーライフに必要な維持費が月額料金にコミコミで家計管理がしやすいなど、さまざまなメリットがあります。

ここでは、フォレスターに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

フォレスターに業界最安水準*の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならフォレスターに月々 39,990 円から乗れる
  • フォレスターは走行性能・安全性ともにレベルの高いSUVが欲しい方におすすめ
  • サブスク感覚の定額制で利用できるから予算に縛られないグレード選びが可能になる

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

カーリースならフォレスターに月々 39,990 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのフォレスターの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でフォレスターを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「Touring」で、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のフォレスターの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年42,960円
10年45,710円
9年49,450円
8年53,850円
7年58,910円
6年52,150円
5年53,580円
4年58,530円
3年64,745円
2年78,825円
1年117,435円

※2024年4月1日時点の料金

このように、カーリースでフォレスターに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

フォレスターの料金をシミュレーションしてみる

フォレスターはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい_フォレスター

車は家の次に大きな買い物といわれることもあり、購入するとなるとかなりの資金がかかります。コンパクトカーや軽自動車には比較的車両本体価格が安く買いやすいモデルもありますが、フォレスターのようなミドルサイズSUVとなると300万円程度は必要であることがほとんどです。

しかし、近年注目を集めている車の新しい乗り方であるカーリースなら、購入するときほどの大きな金銭的負担なしに、より気楽にカーライフが始められます。ここでは、カーリースではなぜそれが可能なのか、また本当にカーリースならフォレスターにお得に乗れるのかなど、詳しく見ていきましょう。

カーリースならカーローンより手軽にフォレスターに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、フォレスターの「Touring」をカーローンで購入した場合と、カーリースで利用した場合とでどの程度支払いに差が出るのかを比較してみましょう。なお、カーローンの返済期間は5年で頭金やボーナス払いは利用せず、金利はディーラーローンの相場である6%としています。また、カーリースの月額料金は定額カルモくんの料金を例として使用しました。

以下の表は、この条件でシミュレーションした結果をまとめたものです。

〈フォレスターの支払額比較〉

 カーローン*
(5年)
カーリース
(5年契約)
カーリース
(11年契約)
初期費用16万7,260円0円0円
月々の返済額または
月額料金
59,332円53,580円42,960円
自動車税(種別割)14万4,000円0円0円
自動車重量税+
自賠責保険料(24ヵ月)
50,450円0円0円

※2024年4月1日時点の情報

*カーローンの初期費用はメーカー公式サイトのシミュレーション結果で、月々の返済額は金利をディーラーローンの相場の6%として算出、自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料は車検1回分の費用を算出しています

単純に月々の負担を比較しただけでも、カーリースがお得であることがわかります。カーローンの返済期間と同じ5年契約のカーリースの月額料金はカーローンの返済額よりも8,000円以上安く、5年間で考えると48万円程度の差になります。

しかも、カーリースの料金には契約期間中の車に関する税金、自賠責保険料が含まれています。それでいてカーローンよりも月々の負担が抑えられているので、この時点ですでにカーリースはカーローンよりもお得です。カーローンで購入した場合、カーリースよりも高い金額を毎月返済しつつ、さらに税金や自賠責保険料を別にその都度支払わなければならないので、カーリースに比べると負担はかなり大きいといえるでしょう。

なお、カーリースなら契約期間をより長く設定してさらに月額料金を安くすることも可能で、定額カルモくんの場合、最長の11年契約なら月々40,000円台まで抑えられます

また、初期費用においても違いがあります。車の購入時には車両本体価格のほかに、車両登録のための諸費用がかかります。カーローンではこの諸費用を借入金とは別に支払いを求められることがほとんどで、完全に初期費用なしで車に乗り始めることはできません。

諸費用の金額は車によって異なりますが、フォレスターの該当グレードの諸費用は16万円を超えています。カーリースではこの諸費用もリース料金にコミコミなので、初期費用なしでフォレスターでのカーライフが始められます。

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いフォレスターを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。フォレスターに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べるうえ、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでフォレスターに乗るメリット・デメリット

リースでフォレスターに乗るメリット・デメリット出典:スバル「フォレスター」フォトギャラリー

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、フォレスターをリースするうえで知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

フォレスターのようなミドルサイズSUVは、軽自動車やコンパクトカーと比較すると初期費用が高くなりがちです。そのためカーローンで購入する場合、手元の予算次第では欲しいグレードをあきらめワンランク下のグレードにせざるをえないこともあるかもしれません。

しかし、初期費用が不要なことに加え定額制で利用できるカーリースなら、カーローンと同じ予算で機能性を高めた上位グレードを選んだり、安全性を向上させるメーカーオプションを追加したりすることが可能になります。また、2022年8月にラインナップに追加された最上位モデル「STI Sport」にも手が届くかもしれません。

なお、事業用にフォレスターの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、フォレスターを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

フォレスターを取り扱うリース3社の料金比較

フォレスターを取り扱うリース3社の料金比較出典:スバル「フォレスター」フォトギャラリー

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、フォレスターを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈フォレスターの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースコスモMyカーリース
11年42,960円49,390円-
7年58,910円64,020円48,070円
5年53,580円61,050円55,220円

*月額料金は2024年4月1日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「Touring」の最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

この表からは、同じ車種・グレードで契約期間が同じであっても、月額料金が異なることがわかります。これは個人向けのカーリースでは一般的に税金と自賠責保険料、登録諸費用はリース料金に含まれていますが、そのほかの項目がどこまで基本のプランに含まれているのかはリース会社によって異なるからです。

含まれる項目に加え、走行距離制限や残価、契約満了時の選択肢などによっても月額料金は変わってくるので、リース会社やプランを選ぶ場合には細かい部分までよく比較検討することをおすすめします。

なお、ここで比較した3社の中で最も安い月額料金を実現しているのは定額カルモくんの11年契約です。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

フォレスターの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

フォレスターの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:スバル「フォレスター」フォトギャラリー

スバル「フォレスター」は、ライバルの多いミドルサイズSUVの中でも高い走行性能を持つモデルとして定評があります。

ここでは、フォレスターでカーライフを始めたいとお考えの方に向けてグレードごとの装備や安全性能など、フォレスターの魅力を詳しくご紹介しましょう。

【フォレスターの魅力】
✔高い悪路走破性とオンロードでの快適性を両立
✔豊富なグレードの選択肢がある
✔「新世代アイサイト」を採用し、高い安全性を確保

フォレスターとは

フォレスターは1997年2月に登場したミドルサイズSUVであり、高い走破性を有するグローバルモデルです。現行型は2018年7月に販売が開始された5代目モデルで、スバルの最量販車種であり世界的に高い人気を得ています。

近年はSUV人気が高まっていることもあり、ミドルサイズSUVは各メーカーがさまざまな個性を持つモデルを登場させていますが、フォレスターはスバル伝統の水平対向エンジンや「シンメトリカルAWD」の採用によって卓越した走破性を有しているのはもちろん、オンロードにおいても安定感のある走りを実現しているのが特徴です。

また、現行モデルは2021年8月に大幅改良を受けており、スバルのデザインコンセプトである「DYNAMIC×SOLID」をさらに進化させた「BOLDER」思想を取り入れたエクステリアデザインの採用、さらに最新鋭の予防安全パッケージ「新世代アイサイト」を搭載し、洗練されたスタイルと高いレベルの安全性を有しているのも魅力といえるでしょう。

フォレスターのグレード

フォレスターのグレード出典:スバル「フォレスター」グレード・価格

フォレスターは、2.0Lガソリンエンジンに電動モーターを組み合わせた「e-BOXER」を搭載したマイルドハイブリッドと、1.8L直噴ガソリンターボエンジンを搭載した2種類のパワートレインがあります。

「e-BOXER」には「Touring」「X-BREAK」「Advance」があり、1.8L直噴ガソリンターボエンジンには「SPORT」「STI Sport」があり、さらにこれらに加え2種類の特別仕様車がラインナップ。フォレスターは豊富な選択肢から自分に合った1台を選ぶことができます。

「Touring」の特徴

「Touring」はベーシックなグレードではありますが、左右独立温度調整機能、クリーンフィルター付きの3連ダイヤルタイプのフルオートエアコンや後席ベンチレーション、運転席・助手席のシートヒーターがあり快適性は上々です。

17インチのアルミホイールはダークメタリック塗装+切削光輝仕上げの凝ったデザインなので、高級感があります。

「X-BREAK」の特徴

「X-BREAK」は、オフロード志向の装備やデザインが特徴です。エクステリアにはレッドオレンジ加飾が施され、アクティブさを演出。ルーフレールも標準装備になります。撥水性ポリウレタンを表皮に使用したシートや撥水加工のカーゴフロアボードを採用し、アウトドアレジャーを楽しむ方向けのグレードといえるでしょう。

さらに運転席&助手席8ウェイパワーシート、運転席のシートポジションメモリー機能、後席左右のシートヒーターなどが搭載され、快適性も向上しています。

「Advance」の特徴

「Advance」はe-BOXER搭載モデルの最上位グレードで、メッキ加飾付きのダークメタル塗装のフロントグリル、シルバー加飾をあしらったフロント・リアバンパーガード、サイズアップした18インチのアルミホイールなどの採用によってエクステリアの上質感が高まります。さらに、「アイサイトセイフティプラス」などの運転支援機能が標準装備されており、快適かつ安全なドライブを楽しめます。

「SPORT」の特徴

1.8L直噴ガソリンターボエンジンを搭載した「SPORT」は、内外装にスポーティーさを持たせた専用パーツを採用しています。装備面では「Advance」と同等の快適装備を備えています。

「STI Sport」の特徴

「STI Sport」はフロントサスペンションに快適な乗り心地と俊敏でスポーティーな走りを両立するSTIチューニング 日立Astemo製SFRDフロントダンパーを採用、リアダンパーにもSTI専用チューニングを施して安定性を高め上質な乗り心地を実現している最上位グレードです。エクステリアにはブラックを効果的にあしらい、精悍でスポーティーな雰囲気を強めています。

また、特別仕様車である「XT-EDITION」「X-EDITION」はそれぞれ「SPORT」「Touring」をベースにし、よりデザインの質感や機能性を高めつつ買いやすい価格を実現したコストパフォーマンスの良さが魅力のモデルです。

フォレスターの詳しいグレードの情報はこちら

フォレスターの内装

フォレスターの内装出典:スバル「フォレスター」フォトギャラリー

フォレスターの現行型は「スバルグローバルプラットフォーム」の採用により、肩周りや足元空間に余裕を持たせ、乗員がどこに座っても余裕を持ってドライブが楽しめる室内空間を実現しています。

インテリアデザインはシート素材やカラーをグレードごとに変えているのが特徴です。「Touring」では、撥水ファブリックと合成皮革を組み合わせたグレー/ブラックのシートにシルバーステッチを施しています。

一方、「X-BREAK」はエクステリアに使用されたレッドオレンジをインテリアでもアクセントカラーとしてあしらい、アウトドア志向のレジャーを楽しみたい方に適したアクティブなデザインとしています。撥水性ポリウレタンのシート表皮で、濡れや汚れに神経質になる必要もありません。

「Advance」の標準仕様のシートは撥水ファブリックと合成皮革のコンビシートですが、オプションでブラウンもしくはブラックのナッパレザーシートが選択可能で、上質なラグジュアリー感を演出しています。

スポーティーな印象を持つ「SPORT」では、ウルトラスエード®と本革を使用したシートを採用。「STI Sport」はボルドー&ブラックの専用ナッパレザーシートとボルドー表皮巻きの加飾類が大人の色気や洗練された雰囲気を表現しているのが特徴です。

特別仕様車の「XT-EDITION」「X-EDITION」は、シート表皮に撥水ファブリックと合成皮革を使用し、シルバーステッチやブレイズガンメタリック加飾でタフさと機能性を両立しています。

フォレスターの内装について詳しく知りたい方はこちら

フォレスターの燃費

フォレスターのパワートレインは、現行モデルのデビュー時は当時新開発であった2.5Lの水平対向ガソリンエンジンのみでしたが、2018月9月にはマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」、2020年10月に新たに力強い走りと環境性能を両立させた1.8L直噴ガソリンターボエンジンが追加されました。一方で2.5Lエンジンは1.8L直噴ガソリンターボエンジンの追加のタイミングで廃止になっています。

フォレスターのWLTCモードカタログ燃費と実燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
Touring/X-BREAK/Advance
(e-BOXER)
AWD14.011.5
SPORT/XT-EDITION/STI Sport
(1.8L直噴ターボ)
13.610.7

*実燃費は2023年10月13日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

なお、フォレスターと競合する車としては日産「エクストレイル」やトヨタ「RAV4」がありますが、フォレスターの燃費はこの2車種に後れを取っています。

フォレスターの燃費について詳しく知りたい方はこちら

フォレスターの安全性能

フォレスターは広角のステレオカメラと改良されたソフトウェアが組み合わされたスバル最新の予防安全パッケージ「新世代アイサイト」が採用されており、より高度な運転支援を実現しています。この技術は、衝突被害軽減ブレーキを中心とした「アイサイト コアテクノロジー」と視界拡張、運転支援を担う「アイサイトセイフティプラス」に分けられます。

全車標準装備である「アイサイト コアテクノロジー」含まれる「プリクラッシュブレーキ」は車両や歩行者を検知し、衝突を回避または被害を軽減するためにブレーキ制御を行う機能で、交差点右左折時にも対応。「AT誤発進抑制制御」や「後退時ブレーキアシスト」はペダル操作ミスなどによる急発進や急加速を防ぎ、事故防止に貢献します。

また、「アイサイトセイフティプラス(運転支援)」では、隣車線後方からの接近車両を検知して警告する「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)」や接近車両と接触する危険がある状態で車線変更を開始するとステアリング操作を支援して危険を回避するようにサポートする「エマージェンシーレーンキープアシスト」などが含まれます。

このほかにも視界を拡張して死角を減らす「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)」として「フロントビューモニター/スマートリアビューモニター」やドライバーの挙動をモニタリングして疲労や眠気を検知すると警告する機能などもあり、フォレスターは先進安全技術の充実度が高いモデルといえるでしょう。

フォレスターの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

フォレスターは走行性能や安全性の高いミドルサイズSUVが欲しい方におすすめ!

フォレスターは走行性能や安全性の高いミドルサイズSUVが欲しい方におすすめ!出典:スバル「フォレスター」フォトギャラリー

フォレスターは数あるミドルサイズSUVの中でも屈指の優れた走行性能を有していることに加え、新世代アイサイトを搭載し安全性のレベルも高いといえます。

走破性や走りの良さにこだわる方や、安全性の高いSUVを探している方にはぴったりではないでしょうか。

フォレスターに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのフォレスターでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 39,990 円からフォレスターに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

フォレスターのグレード別料金シミュレーション

カーリースを具体的に契約する段階になったら、実際にどの程度の月額料金を払うことになるのかオンラインシミュレーションで確認しておきましょう。一般的にカーリースでは契約期間を長くするほど月々の負担は軽くなりますが、一方で原則として中途解約ができないので、月額料金とのバランスを考慮しつつ無理のない契約年数に設定することが大切です。

以下の表は、おすすめグレードである「X-BREAK」と、上位グレードの「SPORT」で条件を変えて数パターンのシミュレーションをした結果をまとめたものです。

〈フォレスターの料金シミュレーション〉 *¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(X-BREAK)
オプションなし
メンテプランなし
68,155円62,870円45,710円
オプション選択*²
メンテプランなし
75,052円66,258円48,009円
もらえるオプション選択

プラチナメンテプラン加入*³
-73,738円55,989円
上位グレード
(SPORT)
オプションなし
メンテプランなし
62,325円65,620円47,580円
オプション選択
メンテプランなし
69,585円69,129円49,879円
もらえるオプション選択

ゴールドメンテプラン加入
-74,399円55,149円

*¹ 料金は2024年4月1日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
メンテナンスプランについて詳しくはこちら

ご希望の条件でシミュレーションしたい方はこちら↓
お申込みもこちら↓からどうぞ

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。フォレスターのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!フォレスターに乗るならリースで決まり

車のサブスクであるカーリースは、フォレスターに手軽に乗るための新しい選択肢のひとつといえます。定額制で利用できるので予期せぬ出費の心配もほとんどありません。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでフォレスターに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:フォレスターのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、スバルの人気車種「フォレスター」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードの「Touring」であれば最長の11年契約なら月額40,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:フォレスターをリースするメリットは?

A:初期費用を別に用意することなく定額制で車に乗れるカーリースなら、フォレスターにも負担を減らしながら乗ることができます。さらに定額カルモくんならメンテナンスプランの追加でメンテナンスの費用も月額料金にまとめたり、7年以上の契約で走行距離制限をなくしたりするなどのメリットもあります。

Q3:フォレスターはどんな方におすすめの車?

A:フォレスターは高い走行性能と安全性を有したミドルサイズSUVです。走破性や走りの良さにこだわる方や、車の安全性には高いレベルを求める方にはおすすめの1台といえるでしょう。

※この記事は2023年10月3日時点の情報で制作しています

スバルフォレスターの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスバルフォレスターの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る