ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

軽自動車リースにデメリットはある?リースのしくみや失敗しないコツを紹介

軽自動車リースにデメリットはある?リースのしくみや失敗しないコツを紹介

初期費用が不要、月々10,000円台などで手軽に軽自動車に乗れるリースは、費用の負担を抑えてカーライフが始められると近年人気を集めています。その一方で、デメリットがあるのではないかと気になっている方もいるでしょう。

そこで、軽自動車リースのメリット・デメリットに加えて、リースのしくみや軽自動車リースで失敗しないコツを紹介します。

  • 軽自動車リースには月額料金が安く手間がかからないというメリットがある
  • 一方、原状回復義務や走行距離制限などのデメリットもある
  • デメリットをカバーできる内容の軽自動車リースを選ぶと安心

軽自動車リースのメリット・デメリット

軽自動車リースのメリット・デメリット

軽自動車リースを利用すべきかどうかを判断するためには、メリットとデメリットの両方を知る必要があります。また、デメリットについて正確に把握することは、カバーできるかどうかの判断基準にもなるでしょう。そこで、軽自動車リースのメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

・月額料金が安い
軽自動車リースの大きな特徴は、月額料金を安く抑えられる点です。軽自動車は自賠責保険料や税金などの維持費が普通車よりも安いので、ローンを組んで購入しても負担を抑えやすい車といえます。しかし、ローンの返済額に含まれるのは基本的に車両本体価格と利息だけなので、維持費は別途準備しなければいけません。

一方、軽自動車リースなら、安い月額料金に維持費もコミコミにして支払うことができます

・貯金がなくてもカーライフが始められる
貯金がなくてもカーライフを始められるのも、軽自動車リースのメリットです。車を購入する場合は、初期費用として税金や自賠責保険料、各種手数料などをまとめて支払わなければいけません。軽自動車は普通車よりも初期費用を安く抑えられるものの、数万〜数十万円を一括で支払うことになるので、貯金に余裕がなければ購入は難しいでしょう。

しかし、軽自動車リースであれば、月額料金に税金や自賠責保険料などが含まれるので初期費用がかかりません。そのため、軽自動車リースなら貯金がなくてもすぐに車を用意できます。

・マイカー同様に車が選べる
リース会社によって取扱車種は異なりますが、カーリースの中には、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているケースもあります。そのため、選択肢が豊富な軽自動車リースを選ぶと、マイカー同様に車選びが楽しめます。

最近の軽自動車は、安くてコンパクトなだけでなく、種類も豊富で機能的な車種が増えています。そのため、カーリースでもさまざまなメーカーの軽自動車を比較することで、より自分に合った1台を選べるでしょう。

・手間がかからない
マイカーを手放すときには、売却や廃車の手続きをする必要があります。さらに、車を乗り換えると、購入や契約手続きで販売店に出向かなくてはいけません。

一方、軽自動車リースであれば、契約期間が満了したらリース会社に車を返却するだけで手続きが完了します。また、車を乗り換えるときも店舗を訪れる必要がなく、無駄な手間をかけずにカーライフを継続できます。

・オンラインで手軽に申し込める
軽自動車リースのメリットには、オンラインで申し込めることも挙げられます。軽自動車を購入する場合はディーラーに足を運び、スタッフとやりとりをしたり契約手続きを進めたりしなければいけません。忙しい方や交渉が苦手な方にとっては、ハードルが高いでしょう。

一方、軽自動車リースなら、ウェブサイトから希望の車やプランを選べば申込みが完了します。スタッフとのやりとりもメールや電話でできるので、手軽かつ安心して申し込めます。

・自宅まで納車してくれる
車を購入する際には、整備された車を販売店に受け取りに行くのが一般的です。しかし、カーリースの中には、自宅まで納車してくれるサービスもあります。そういったサービスの場合、ディーラーの担当者から連絡があった際に、希望日時を伝えるだけで納車してくれるので、自宅にいながらカーライフが始められます。

・法人や個人事業主は税金対策になる
通常、事業用車として軽自動車を購入する場合は、法定耐用年数の4年かけて減価償却していくことになります。また、ローンで車を購入した場合、経費に計上できるのは利息のみであり、借入金の元金は経費にできません。

しかし、軽自動車リースなら月額料金をそのまま経費に計上できるため、購入する場合よりも経費として計上できる金額が多くなります。さらに、車検費用やメンテナンス費用なども月額料金に含められる軽自動車リースを利用すれば、より大きな節税効果が期待できるでしょう。

デメリット

・返却しなくてはいけない
軽自動車リースはマイカーのようにいつでも車を使えるものの、車の所有権はリース会社にあります。契約者はあくまで使用権を得て車を借りている状態なので、契約期間が終わったら車を返却しなければいけません。長年乗り続けて愛着の湧いた車をマイカーにできないのは、デメリットだと感じる方もいます。

このように軽自動車リースで車の返却を懸念している方は、契約満了後に車がもらえるサービスを利用するのがおすすめです。

・原状回復義務がある
軽自動車リースでは、返却時に車を借りたときの状態に戻す原状回復をしなければいけません。車に傷やへこみなどができてしまった場合は、きちんと修理してから返すことになります。車の状態によっては原状回復費用が高額になるため、軽自動車リースのデメリットになり得るでしょう。

ただし、このような契約満了時の出費が心配なら、原状回復費用が補償されるプランを提供している軽自動車リースを選ぶと安心でしょう。

・走行距離制限がある
多くの軽自動車リースでは、契約満了まで車の価値を保つために走行距離制限を設けています。なお、車は走行距離に応じて劣化が進むことが理由です。そのため、通勤や通学、休日のドライブなどさまざまなシーンで車を使いたい方は、走行距離制限のある軽自動車リースはデメリットが大きいと感じるでしょう。

しかし、軽自動車リースの中には走行距離制限がないサービスもあるので、好きなだけ車を使いたい方はそのようなリース会社を選ぶといいでしょう。

・カスタマイズがしにくい
軽自動車リースでは、契約者は使用権を得ている状態なので、借りた車を自由にカスタマイズすることはできません。元に戻せないようなドレスアップやカスタマイズは、軽自動車リースではできないと思ったほうがいいでしょう。

ただし、契約満了後に車がもらえるサービスを提供しているカーリースを選ぶと、カスタマイズの幅は広がるのではないでしょうか。

・中途解約ができない
軽自動車リースでは、基本的に中途解約が認められていないため、車が不要になったり契約期間を変更したりしたくても、原則として契約時に決めた期間を変更することはできません。

なお、やむを得ない事情で中途解約が認められた場合も、違約金が発生することが多いでしょう。違約金は残りの契約期間分の月額料金をまとめて支払うなど高額になりやすいので、カーリースのデメリットとされることもあります。

このような中途解約による違約金のリスクを抑えるためには、1年単位で契約期間を決められるなどライフプランに合わせた契約ができる軽自動車リースを選ぶといいでしょう。

・契約満了時に費用がかかることがある
軽自動車リースの契約方式には、オープンエンドとクローズドエンドの2種類があります。

このうち、オープンエンドのカーリースは、返却時の査定額が、契約時に想定した価値よりも下がっていた場合に差額を請求されるのが特徴です。このような残価精算義務があるオープンエンドでの契約の場合、契約満了時に多額の出費が発生するため、カーリースの大きなデメリットといえます。

一方、クローズドエンドの軽自動車リースでは、残価精算の義務はありません。そのため、返却時の車の価値にかかわらず、契約満了時に費用の請求はないので、最後まで安心してカーライフを送ることが可能です。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

カーリースはもともと法人向けに利用されてきたサービスのため、個人利用の認知度が高いとはいえない状態です。また、リース会社によっても費用面やサービス面での違いがあるため、異なるリース会社のサービスをカーリースという言葉で一括りにするには難しい部分もあります。

このような状況なので、さまざまな見解のメリットやデメリットが出回り、真逆の情報を目にすることもあるのではないでしょうか。そのため、正しいしくみを知り、デメリットと感じる点をカバーできるカーリースを選ぶことが大切です。

軽自動車をリースするときに知っておきたいしくみ

軽自動車をリースするときに知っておきたいしくみ

カーリースをお得に利用するためには、しくみを理解しておくことが大切です。また、デメリットを回避するためにも、正しく理解しておくことは欠かせません。ここでは、軽自動車リースのしくみについて見ていきましょう。

月額料金の算出方法

カーリースでは、契約満了時に車に残っている想定価値である残価を契約時に設定します。また、月額料金を算出する際に、実際の車両本体価格から残価を差し引くことで、契約者の金銭的な負担を抑えることができるのもカーリースの大きな特徴といえるでしょう。

このように、軽自動車リースの月額料金は、車両本体価格から残価を差し引き、税金や自賠責保険料などの維持費を加えた金額を契約期間で割ることで算出します。その結果、さまざまな費用を含めて月々定額の料金で新車に乗ることができるしくみです。

車の使用方法

軽自動車リースにおいて、車の所有権はリース会社にあり、契約者は使用権を得て車を長期的に借ります。そのため、車検証の「所有者」欄にはリース会社の名前が記載されますが、リースした軽自動車はマイカーのように使用できます

同様に車を借りるサービスとしてレンタカーやカーシェアリングなどがありますが、軽自動車リースはこれらとはしくみが異なります。レンタカーやカーシェアリングは、数時間から数日間程度の短期間だけ車を借りるしくみです。そのため、必要に応じて予約をした上で、利用のたびに車を返却しなくてはいけません。

一方、軽自動車リースは1年以上の長期で契約することが多く、使い終わるごとに車を返却する必要がありません。マイカーと同様自宅の駐車場などに車を保管し、いつでも自由に運転できます。

軽自動車リースで失敗しないコツ

軽自動車リースで失敗しないコツ

軽自動車リースで失敗しないためには、カーリースによくあるデメリットをカバーできるサービスを選ぶことが大切です。以下のような特徴を持つカーリースであれば、カーリースのデメリットを解消しながらお得にカーライフを送れるでしょう。

国産の全メーカーを扱っている

国産の全メーカーの車を提供しているなど取扱車種が多いカーリースなら、さまざまなメーカーの軽自動車をまとめて比較できます。軽自動車といっても車両本体価格や車内空間の広さ、安全性能をはじめとする機能などは多岐にわたるので、多くの軽自動車を比べることができれば、より自分に合う1台を選びやすくなるでしょう。

契約方式がクローズドエンド方式

契約方式がオープンエンドの軽自動車リースでは、契約満了時に残価精算が発生します。そのため、せっかくの定額制のメリットがなくなってしまう可能性があります。

そのため、軽自動車リースはクローズドエンド方式の契約を採用しているものを選びましょう。クローズドエンドの軽自動車リースなら、残価精算の義務もないので、契約満了まで安心してカーライフが送れます。

契約期間が無駄なく選べる

カーリースの中途解約のリスクを抑えるためには、契約期間を細かく設定できる軽自動車リースを選ぶのがおすすめです。多くのカーリースでは、3・5・7年など車検に合わせて契約期間が決められています。しかし、中には1年単位で契約期間を無駄なく選べるリースもあり、ライフプランに合わせた契約が可能です。

走行距離が無制限にできる

多くのカーリースでは走行距離制限を設けているので、たくさん車に乗りたい方にとっては大きなデメリットとなるでしょう。しかし、走行距離を無制限にできる軽自動車リースもあります。なお、一定以上の期間での契約など、走行距離制限をなくすための条件が設定されていることもあるので、契約前に確認しておきましょう。

原状回復費用補償がある

お得な月額料金で軽自動車に乗れても、返却時に多額の原状回復費用を支払うことになっては家計の負担となってしまいます。そのため、原状回復費用補償がある軽自動車リースを選ぶのがおすすめです。オプションプランに原状回復費用補償が含まれるリース会社もあるので、そういったサービスを選べば、突発的な出費を抑えられます。

メーカーオプションが選べる

カーリースでは原則として自由にカスタマイズができません。とはいえ、カーナビやETC、バックカメラなど、車の性能を高めるカスタマイズができればより便利なカーライフを送れるのではないでしょうか。

そこで、軽自動車リースを利用する際は、車種だけでなくメーカーオプションも自由に選べるサービスを選びましょう。契約時にメーカーオプションである程度カスタマイズをすると、あとからカスタマイズしなくても軽自動車の利便性を高められます。

契約満了時の選択肢が豊富にある

通常、軽自動車リースの契約満了後は、車を返却することになります。しかし、返却以外の選択肢が豊富にある軽自動車リースなら、希望に合わせたカーライフを送ることが可能です。

再リースして同じ車に乗り続ける、乗っていた車を買い取るなどの選択肢ができれば、愛着が湧いた車を長く大切にできるでしょう。また、リース会社によっては契約満了時に車をもらえるプランを提供しているので、金銭的な負担を抑えてマイカーが欲しい方におすすめです。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

カーリースを選ぶときには、まずは車の用途を基に必要な期間を考えましょう。例えば、子供の送迎に車が必要なら、サポートが必要な期間に合わせて契約するなどです。

ほかにも、今後のライフプランを想定することも大切です。車に求める機能や広さ、使い勝手の良さは、家族構成の変化によっても異なるので、あらゆるケースを想定した上で車種や契約内容を決めることで、中途解約や失敗のリスクを抑えられるのではないでしょうか。

軽自動車リースのおすすめ車種TOP3

軽自動車リースのおすすめ車種TOP3

軽自動車の種類は豊富なので、リースでどの車を選べばいいかわからない方もいるでしょう。
そこで、カーリースの「定額カルモくん」の2018年3月から2022年3月17日までの契約者情報を基にした独自のランキングから、人気の軽自動車TOP3をご紹介します。

1位:販売台数第1位の安心感!ホンダ「N BOX」

N-BOX

ホンダ「N BOX」は、2021年に軽自動車の新車販売台数が7年連続で第1位となった人気車種です。コンパクトな軽自動車の中でも車内空間が広く、さまざまな用途で活躍します。また、全グレードに先進運転支援システム「Honda SENSING」が標準装備されているため、安全性を重視したい方にもおすすめです。

「定額カルモくん」では月々17,500円から新車の「N BOX」に乗れます。車検がコミコミになるメンテナンスプランを付けても、月々20,000円台前半からというコストパフォーマンスの良さも魅力です。

N-BOX

2位:月額料金の安さが魅力!ダイハツ「ミライース」

ミライース

ダイハツ「ミライース」は、シンプルで幅広い世代から人気がある軽自動車です。燃費性能も高く、軽快で安定した走行を楽しめます。小回りが利くサイズなので、狭い街中でもスムーズに運転することが可能です。

また、軽自動車の中でも月額料金の安さが魅力で、「定額カルモくん」では月々11,220円から新車のミライースに乗れます。メンテナンスプランをつけても月々14,560円から乗れるため、できるだけ費用負担を抑えてカーライフを始めたい方におすすめです。

10017_ミライース

3位:アウトドア派からも人気!スズキ「ハスラー」

ハスラー

スズキ「ハスラー」は、見た目のデザイン性の高さも魅力の軽SUVです。軽ワゴンの車内空間の広さと、SUVの走破性能の両方を兼ね備えているので、休日にアウトドアを楽しみたい方からも高い人気を誇ります。また、予防安全システムの「SUZUKI Safety Support」を標準装備しているなど、安全性能の高さも魅力です。

「定額カルモくん」では月々16,730円からハスラーの新車に乗れます。メンテナンスプランを付けても21,280円からとなっているため、日頃の通勤や送迎だけでなく、休日の趣味でも活躍する車に安く乗りたい方におすすめです。

ハスラー

軽自動車リースにおすすめのサービスとは?

セールススタッフ

軽自動車リースを探している方には、顧客満足度98.9%*の「定額カルモくん」がおすすめです。「定額カルモくん」は料金が安いだけでなく、カーリースによくあるデメリットをカバーできるので、安心してカーライフを送れます。ここでは、「定額カルモくん」の魅力を見ていきましょう。

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

業界最安水準の月額料金

「定額カルモくん」の月額料金は、業界最安水準です。特に月々10,000円台から乗れる軽自動車が多くあるので、費用負担を抑えてカーライフを始めたい方も安心して利用できるのではないでしょうか。また、軽自動車に安く乗れるからこそ、出費を抑えてメーカーオプションで自分好みにカスタマイズすることも可能です。

充実のサービス

メンテナンスプラン

定額カルモくんのメンテナンスプラン内容

「定額カルモくん」は、一般的な軽自動車リースによくあるデメリットをカバーするサービスが充実しています。まず、「定額カルモくん」はクローズドエンド方式のカーリースなので、契約満了時に残価との差額を精算する必要がありません

また、契約期間が1年単位で選べるのも「定額カルモくん」の魅力です。1〜11年のあいだの1年単位で期間を決められるため、ライフプランにあわせて契約できます。さらに、消耗品交換費用や車検費用を月額料金に含められるメンテナンスプランには、返却時の原状回復費用補償も含まれています

走行距離が無制限になる

「定額カルモくん」では7年以上で契約した場合、走行距離が無制限になります。一般的な軽自動車リースでは走行距離制限が設けられることが多く、走行距離を無制限にするには追加料金がかかることもあるので、制限を気にせずにカーライフを楽しみたい方には「定額カルモくん」がおすすめです。

また、「定額カルモくん」ではメーカー保証と同等の保証がリース期間満了まで受けられるプランもあるので、長期利用でも安心して利用できるのではないでしょうか。

契約満了後に車がもらえる

「定額カルモくん」では、7年以上で契約の方を対象に、月々500円の追加料金を支払うだけで、契約満了時に車をそのままもらえるオプションを提供しています。契約期間中は定額の料金で軽自動車に乗り、最終的にはマイカーとして車が手に入るので、家計への負担を軽減しながら、長くカーライフを楽しむことができます。

オンラインで簡単に審査できる

どの軽自動車リースでも、利用するためには審査を受けなければいけません。「定額カルモくん」の審査はオンラインで簡単に申し込めるので、忙しい方も手軽に手続きができます。また、審査通過後の手続きもメールや電話、郵送で進められるため、店舗に足を運ぶ必要がなく気軽にカーライフを始められます

また、審査が不安な方には、5分で申込みが完了するお試し審査がおすすめです。「定額カルモくん」の利用者の中には、ローン審査に落ちた経験のある方もいるので、まずは審査に通るのか確かめてみてはいかがでしょうか。

気軽におためし審査

軽自動車リースはデメリットがカバーできるサービスを選ぼう

軽自動車リースはデメリットがカバーできるサービスを選ぼう

軽自動車リースには、初期費用のかからない定額制など、さまざまなメリットがあります。しかし、走行距離制限や原状回復など、独自のルールもあるので、きちんとしくみを理解した上で選ぶことが大切です。「定額カルモくん」のようにさまざまなデメリットをカバーできる軽自動車リースで、お得にカーライフを始めてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:軽自動車をリースするデメリットは?

A:軽自動車リースでは、原則として車を返却しなければいけません。また、返却が必要だからこそ原状回復や走行距離制限、カスタマイズ不可などのデメリットもあります。中途解約ができない、契約方式によっては残価精算しなければならないなどの点にも注意しなければいけません。

Q2:軽自動車リースのデメリットを回避する方法はある?

A:リース会社によっては、契約満了時に車がもらえるプランを提供しています。また、原状回復費用補償や走行距離無制限などのサービスを提供しているリース会社もあるので、そういったカーリースを選べば、お得に利用できるでしょう。

※この記事は2022年3月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー