ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車の買い替えはディーラーが安心?利用のコツと注意点を徹底解説!

車の買い替えはディーラーが安心?利用のコツと注意点を徹底解説!

車を買い替える際、ディーラーの利用を選択する方は多いです。ディーラーはメーカーと特約店契約を結んでいるため、安心感を得られるということが最たる理由と思われます。

しかし、ディーラーで車の買い替え時に気を付けたいこともあるので、ご紹介します。また、他メーカーの車への買い替えはどうしたらいいのかなどの疑問にも答えながら、費用が気になる方におすすめの乗り換え方法もご紹介します。

  • ディーラーで車を買い替える際は、車が下取りに出せる状態かを確認する
  • ディーラーでの車の買い替えでも、他社の車を下取りしてもらえる
  • 初期費用がかからず、買い替えよりお得に乗り換える方法がある

ディーラーのように安心で、初期費用なく新車に乗り換える方法は​こちら

LINE買い方診断

ディーラーで車を買い替える際の流れと注意点

ディーラーで車を買い替える際の流れと注意点

車を買い替える場合、まず今乗っている車をどうするか考えなければなりません。ディーラーの下取りを利用して車を買い替えたい場合には、どのような手順を踏んで、何に注意したらいいでしょうか。

今の車が売却できる状態かどうかを確認

買い替えたいと思っても今乗っている車がディーラーに下取りに出せる状態でなかった場合、計画は頓挫してしまいます。まず確認したいのは、自動車税を滞納していないか、自動車税納税証明書はあるか、自動車ローンは完済しているか、の3点です。

自動車税を滞納している、自動車税納税証明書がないといった場合は、名義変更ができないため下取りに出すことはできません。自治体の事務所に連絡の上、指示を仰ぎましょう。また、自動車ローンが残っていて名義がディーラーや金融機関になっている場合も、ローンを完済して自身の名義にする必要があります。

今の車の相場をチェックする

今乗っている車が下取りに出せる状態だとわかったら、次にその車の価値を調べましょう。下取り相場や買取相場はインターネットで簡単に調べられます。おおよその価値を知っておけば、買い替える車の予算も決めやすくなる上、ディーラーで提示された下取り価格との比較もできます。

ただし、下取りの場合は、中古車販売店などの買取りよりも査定額は低くなるのが一般的です。ディーラーでの下取りを希望する場合、買取相場は参考程度に考えておいたほうがいいでしょう。

買い替えたい車を決めて値引き交渉をする

どの車に買い替えるかを決めたら、ディーラーに足を運んで下取りの交渉へと進みましょう。下取り価格を上げられれば、実質的な値引きにつながります。

想定していた下取り価格より安い金額を提示されたときは、調べておいた下取り相場を基に交渉するのも有効な手段といえるでしょう。ディーラーは新車の販売がおもな目的ですので、下取り価格を少しでも高くつけて新車の購入に結び付けたいと考えます。

交渉が成立したら代金を支払う

下取り価格に納得し交渉が成立したら、新車購入契約と下取り契約を交わします。なお、支払方法にローンを予定している場合には別途手続きが必要です。新車の価格から下取り価格を差し引いた代金と初期費用を取り決めた方法で支払います。

このように、車の買い替え先にディーラーを選べば、古い車の売却から次の車の契約まで1つの店舗で行えるため手間が省けて便利です。

ひとつ注意しておきたい点は、買い替えには車両本体価格以外に、税金や自賠責保険料など車両価格の1~2割程度の初期費用がかかるということです。加えてローンを利用する場合、頭金を用意しなければならないケースもあるので、注意しましょう。

下取り価格を気にすることなく新車に乗り換える方法もあります。詳しくはこちら

ディーラーでは中古車への買い替えもできる?

ディーラーでは中古車への買い替えもできる?

一般的な認識として、ディーラーは新車を買うお店というイメージがありますが、中古車を買うこともできます。ディーラーが下取りした自社の車や、試乗車、展示車などです。ディーラーで扱う中古車は、走行距離が少なめで高品質な車が多いですが、その分、価格は高くなります。

ディーラーで中古車を買う場合のメリット・デメリットと併せて、中古車を安く買える時期にも目を向けて見ていきましょう。

ディーラーで中古車を買うメリットとは

ディーラーはメーカーと特約店契約を結んでいるため、中古車でも保証内容が充実しているというメリットがあります。修理や点検の技術においても安定性があり前のオーナーを把握した中古車がそろうという点でも安心感が得られます

さらにディーラーでは、第三者機関によるきびしい検査基準をクリアしてきた認定中古車も扱っています。認定中古車は、点検のみならず消耗部品の交換なども行われ、内外装もきれいに整えられているのが一般的です。こういった良質な中古車に出会えるのはディーラーならではといえるでしょう。

ディーラーで中古車を買うデメリットとは

ディーラーで扱う中古車は自社の車が中心となるため、選択できるメーカーが限定されていること、価格が高めということは、デメリットとして挙げられるでしょう。

中古車が安く買える時期とは

ディーラーに並ぶ中古車は価格が高めですが、それでも時期によってはお得に買える場合もあります。
1~3月、9~10月は、新生活のスタートや企業の決算期、またボーナス時期などと重なるため、車の需要が高まる時期といえます。この時期はディーラーの書き入れ時であり、売上目標達成のためにセールを開催したり、値下げ交渉にも応じてくれたりする傾向があります。

中古車を少しでも安く買いたいと思ったら、こういったタイミングに合わせて前もって計画を立てておくことが大切です。

いつでもお得な価格&初期費用不要で、中古車に乗る方法もあります。詳しくはこちら

ディーラーで他メーカーの車は下取り可能?

ディーラーで他メーカーの車は下取り可能?

利用したいディーラーが決まっていても、下取りに出す車が他社の車であるケースもあります。そんな場合、下取りはしてもらえるのでしょうか。

他メーカーの車でも下取りしてくれる

ディーラーは自社の車でなくても下取りをしてくれます。ディーラーのおもな目的は新車を販売することですが、その条件として下取りを提案しているのです。ディーラーとしては新しい顧客を獲得するチャンスですので、別のメーカーの車でも問題はありません。

ただし、まれに対応できないディーラーもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

他社の車は下取り査定額が低くなる?

他社の車でも下取りをしてくれますが、下取り査定額が低くなりやすいという傾向があります。自社の車であれば査定から再販までのノウハウが備わっていますが、他社の車であるとそうはいきません。そのため査定価格が下がる傾向にあります。

ちなみに、ディーラーで買い取られた他メーカーの車は、オートオークションに売りに出されるのが一般的です。オートオークションとは会員制の中古車専門卸売市場のことです。他社の車の下取りはこのようなしくみによって可能になっているのです。

車を買い替えたら自動車保険の手続きも忘れずに!

車を買い替えたら自動車保険の手続きも忘れずに!

車の保険には自賠責保険と任意保険(自動車保険)の2種類があります。車を購入すると必ず加入しなければならない自賠責保険は、買い替えで車が変わると契約を引き継ぐことができません。したがって、買い替えた場合は新たに加入することになります。

一方の任意保険のほうは、買い替えで車が変わった場合、「車両入替」という手続きを行って、新しい車に保険の補償を移行できます。この手続きを忘れてしまうと、新しい車で事故を起こしてしまったときに補償を受けられません。なお、車両入替の手続きを行うことで保険の等級も引き継がれます。

ディーラーでの車の買い替えよりもお得な乗り換え方法とは?

ディーラーでの買い替えは安心感がありますが、下取り価格が買取相場より低いケースが多く、次の車の購入資金とるすには足りないと感じてしまうこともあります。さらに、初期費用や頭金など、ある程度まとまった資金が必要です。

少しでも負担を抑えて乗り換えたいなら、カーリースがおすすめです。カーリースは、近年利用者が増えている車のサブスクリプションサービスです。レンタカーやカーシェアリングとは違い、利用者が選んだ車をリース会社が代わりに購入して中長期的に貸し出してくれるサービスです。利用者はリース車を自身で管理できるため、マイカー同然に使用することができます。もちろんナンバープレートも「わ」ナンバーではないので、一般車とまったく同じです。

カーリースの月額料金には、税金や保険料、登録諸費用といった初期費用が含まれているため、利用の際に別途費用を用意する必要がなく、月々定額の利用料を支払えば好きな新車に乗ることができます
車の買い替えを考えている方は、ぜひ、カーリースを選択肢のひとつに加えてみてください。次項ではおすすめのリースサービスをご紹介します。

カーリースについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

コスパよく安心のおすすめサービス

カルモくん_new

数あるリースサービスの中でもおすすめは「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の精算(残価精算)も不要で、業界最安水準のカーリースです。
ほかにも、定額カルモくんには安心できるさまざまなサービスがそろっているので、ご紹介しましょう。

専門家も認めたサービス充実のカーリース

専門家が選ぶカーリース_3冠

定額カルモくんは車の専門家が選ぶカーリースで、コスパの高さや価格、サポートの充実度に関するランキングで1位を獲得*しています。長く利用することの多いカーリースにおいて重要になる、料金やサポートで高い評価を受けているので、安心して利用することができます。

*調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

ディーラーで買うのと同じ安心感&選択肢

カーリースは選択肢が限られるのでは?といった心配も無用です。定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種・全グレードの中から好きな新車を選べます。また、ディーラーで購入したときと同じように、純正オプションやリミテッドカラーなどにも対応しています。

アフターサービスも万全でメーカー保証と同等の保証がつく上に、メンテナンスプランに加入すれば車検代も含めて定額払いにできます。車検の依頼先はディーラーを含む全国30,000店から選べるので、購入したときと変わらないカーライフを送れます。

欲しい車にいくらで乗れるのかは下のバナーから簡単にチェックできます。契約期間やオプションを選んで、料金をシミュレーションしてみてください。

料金をチェック

定額カルモくんについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくん資料請求

ディーラーでの買い替えは安心。でもコスパを求めるなら別な手段も

ディーラーはメーカーと特約店契約を結んでいるため安心を得られる、売却から新車購入まで1つの店舗で完結できるというメリットがあります。

しかし、ディーラーでの下取りはそれほど高値がつかないのも事実です。少しでも負担を抑えて乗り換えたいなら、カーリースを検討するといいでしょう。カーリースなら初期費用がかからない上、利用中の維持費を抑えることも可能です。そして、もしカーリースにディーラーのような安心感を求めるなら、専門家も認めた「定額カルモくん」がおすすめです。

定額カルモくんについてのお問い合わせは、こちらからどうぞ

フリーダイヤル
LINE

よくある質問

Q1:車の買い替えをディーラーで行う前に注意することは?

A:今乗っている車が下取りに出せる状態かどうかを確認しましょう。確認するのは、自動車税を滞納していないか、自動車税納税証明書はあるか、自動車ローンは完済しているか、の3点です。これらの1つでも欠けていると、車の名義が自身でない可能性があるため売却できません。

Q2:他社の車でもディーラーは下取りしてくれる?

A:自社の車でなくても下取りをしてくれます。しかし、他社の車は、自社の車よりも少し査定額が低くなる傾向があります。

Q3:買い替え以外に負担を抑えて車に乗り換えるには?

A:カーリースを利用すれば、初期費用は不要で利用中の維持費も抑えることが可能です。ディーラーのような安心感が得られることをカーリースに求めるなら、「定額カルモくん」がおすすめです。

LINEクルマの買い方診断

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
高コスパ