ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車の買い替え・乗り換えは3年、5年、7年どれがいい?車検のタイミングで比較

新車の乗り換えは3年がいい?5年や7年など車検のタイミングで比較

車の価値は5年で半減するといわれています。そのような事情から、車を5年で買い替える方も多いでしょう。しかし、新車に乗って3年の初めての車検を前にして、買い替えを検討する方もいます。3年、5年、7年など、車検時期での車の買い替えはそれぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。それぞれのケースで比較していきます。

  • 3年で乗り換えれば車検費用は不要となるがローンの残債には注意が必要
  • ある程度高値で売りたいなら、5年がターニングポイント
  • 7年は、売却するか乗りつぶすかを判断する最後のタイミング
  • カーリースならローンや車検をきっかけとした乗り換えを気にしなくていい

新車を3年で買い替えるのは一般的?買い替えるタイミングで比べる特徴

新車で購入した車を買い替えるタイミングは人それぞれですが、車検のタイミングで買い替えを検討する方は一定数います。初めての車検で買い替えれば車検費用がかからないため、3年サイクルで買い替える方も多いです。
しかし、車の平均的な寿命は13年、廃車となる平均走行距離は10~15万kmといわれているので、3年で買い替えるのはかなり早いタイミングです。新しい車に乗り続けたい、高値で車を売りたいという気持ちがあってこそ、意味のある買い替えといえるでしょう。では、新車購入後3年で買い替える場合をはじめとし、5年、7年、13年と車検のタイミングで乗り換える場合の特徴についてそれぞれ解説していきます。

3年で買い替える場合

3年で乗り換える場合の最大のメリットは、車検費用がかからずに済むことです。また、まだ新車に近い状態のため、売却価格は高価になることが予想されます。今乗っている車を高値で売って、新しいモデルに買い替えたいという方にはおすすめです。

買い替えるタイミングが3年であれば、大きな故障も避けられるでしょう。仮に修理の必要な故障があったとしても、メーカーの特別保証の期限や条件を満たしている場合が多く、修理費がかからないケースがほとんどです。

3年で買い替える判断のポイントとしては、新しいモデルの車に魅力を感じるかどうか、修理やメンテナンスに費用をかけることが負担だと思うかどうか、が挙げられます。新車をこまめに乗り換えるカーライフを好む方なら、3年目はちょうどよい買い替えのタイミングとなるでしょう。

3年で乗り換える(買い替える)メリットはこちら

3年で乗り換える(買い替える)ときの注意点はこちら

5年で買い替える場合

新車購入から5年目は、2回目の車検のタイミングです。このタイミングは、3年目と比べてメーカーの特別保証の有効期限が切れたり、メンテナンス費が増えたりします。修理箇所によっては高額な費用が発生するため、それならば新車に乗り換えたほうがいいと判断する方も多いでしょう。

さらに車の価値から考えてみても、5年という年数はターニングポイントといえます。車の価値は年を経るごとに下がっていきますが、5年を経過すると価値は半分ほどになるといわれています。5年を機にその価値は一気に下がってしまうこともあるため、価値をある程度維持したまま売却するには、5年が目安になるといえます。
また、5年ほど経つと引越しをはじめとしたライフスタイルの変化などが起こりやすく、家族構成が変わる転機も訪れやすいものです。その変化に伴い、それに適した車に買い替えるケースは珍しくありません。さらに、走行距離やメンテナンス費を見て、今後さらに劣化が進み価値が下がることが予想されるようなら、5年目での買い替えをおすすめします。

5年で乗り換える(買い替える)メリットはこちら

5年で乗り換える(買い替える)ときの注意点はこちら

7年で乗り換える場合

7年目は3回目の車検のタイミングです。新車購入から7年が過ぎてしまうと、車の売却価格が極めて低くなることが予想されます。ここで売却するか、乗りつぶすかを判断する最後のタイミングになるでしょう。

ただし、7年間メンテナンスをしっかりとやってきて、走行距離が短い車であれば売却価格に支障がない場合もあります。売却価格によって乗り換えるか乗りつぶすか検討したい方は、一度査定に出してみるといいでしょう。

13年で乗り換える場合

13年以上になると自動車税(種別割)が引き上げられます。税金、燃費、メンテナンス費など、さまざまな側面から今後お金がかかることが予想されます。このまま乗り続けるメリットはほとんどありません。13年目が目前に迫ってきたら、今の自分に合った車に乗り換えましょう

新車を3年で乗り換える5つのメリットとは?

新車を3年で乗り換える5つのメリットとは?

先程紹介したように、新車の乗り換えについて検討する最初のタイミングとなるのが購入から3年目です。新しいモデルの車が好きな方なら、思い切って3年目で乗り換えてしまえばメリットが多いでしょう。3年目での乗り換えを検討するために、そのメリットをまとめます。

1. メーカーの新車保証期間内に売れる

メーカーの新車保証とは、一般保証と特別保証の2種に分けられる新車対象の保証です。一般保証は3年間、一部の消耗品を除いてほとんどの部品の交換や修理を保証してくれるものです。そして特別保証は、安全な運転のために重要な部品を対象にした保証で、保証期間は5年です。
いずれの保証も、対象となるのは「走行距離◯kmまで」と走行距離の上限が定められていて、その距離はメーカーによって異なります。3年で乗り換えるならこの新車保証の対象内であることが多く、修理やメンテナンスにかかる費用は、消耗品を除いてほとんどの場合節約できます

2. 任意保険の新車割引期間内に売れる

多くの任意保険(自動車保険)は、契約して25ヵ月が新車割引の適用期間です。新車割引期間内は、車種や保険の種類によって1~10%程度の保険の割引を受けることができます。約2年が新車割引期間ということになりますが、この期間内に新車に乗り換えた場合、さらに3年目も新車割引が受けられる場合があります。
そのため、常に3年で新車に乗り換え続けると、この新車割引が継続されたまま任意保険を受け続けることもできます。保険料を節約したい方にとっては、この割引システムはメリットといえるでしょう。

3. 下取り価格が高い

発売されてから3年しか経過していない車であれば、下取り価格も期待できます。流行や需要に合った車種であれば、予想以上に高値で売却できる場合もあります。3年目での乗り換えに前向きな場合は、早めに情報収集や下取り査定を依頼するといいでしょう。

4. メンテナンスコストが最小限で済む

乗り始めて3年程度で走行距離も平均的であれば、メンテナンス費は最小限で済みます。経年によって生じるトラブルを最小限に抑えられれば修理やメンテンナンス費用がかからない上に、常に良好な状態の車に乗れるので安全です。

5. 新発売の車に乗ることができる

3年で乗り換えるサイクルを続けると、常に最新の車に乗り続けることができます。昨今は燃費の良いシステムや新しい機能を搭載した車種が次々発表され、めまぐるしく車のアップデートが続いています。そうした時代の中で最新の車に乗り続けることは、経済性や安全性という面から見ても快適なカーライフにつながっているといえます。

新車を3年で乗り換えるときの注意点

新車を3年で乗り換えるときの注意点

上記に挙げたメリットのほかに、3年で乗り換えるときの注意事項もあります。新車を3年で乗り換えるときに事前に確認しておきたいことをまとめます。

ローンの残債があることが多い

車のローンは、多くの場合5年で完済できるように組まれています。3年で乗り換えるということは、ローンが残っているケースがほとんどです。この場合、車の名義は金融機関などであるため勝手に売却できません。買い替えるには、残債をゼロにしたり車の売却額をローンの返済にあてたりといった準備が必要になる場合があります。

何度も繰り返せばマイナスが出る

ローンの残債がある状態で繰り返し新車を購入し続けると、長期的に見れば新車購入の費用がかさんでいくことになります。新車であるほど高値で売却できるとお伝えましたが、それでも当然のことながら購入時よりは安くなるので、売却と購入の収支をトータルで見ればマイナスになります。この先もずっと3年ごとに新車に乗り換え続けたいと考えるなら、このマイナスがどの程度になるのかを計算しつつ、購入を検討する必要があるでしょう。

車の新しい乗り方を知りたい方は、こちらをチェック

ローン無しでも新車

新車を5年で乗り換える3つのメリットとは?

新車を5年で乗り換える3つのメリットとは?

5年を超えたころから車の価値は一気に下がり始めることから、5年目の車検を前にした選択は今後の車との付き合い方を決めるターニングポイントといってもいいでしょう。5年で乗り換える場合のメリットを見ていきましょう。

1. メーカーの特別保証が切れる前に売れる

メーカー保証は2種類あることを前述しましたが、そのうちの特別保証が切れるのが購入から5年です。特別保証で対象となっている、ステアリング機構やアクセル・ブレーキ機構、電子制御機構などの修理は、自身で行うとなるとかなり高額な出費となります。特別保証が切れる前なら、対象となる部品の修理費を保証でまかなってから売りに出せます

2. 買取相場が下がらないうちに売れる

車の買取価格の相場は、5年目までは高値の傾向があるといわれています。一般的に車の走行距離は1年に10,000kmが目安とされているため、5年で乗り換える場合の走行距離は50,000km以内と考えられます。50,000kmを超えると買取価格は大きく変動するので、ある程度の査定額を期待するなら5年未満で乗り換えるといいでしょう。

ただし、乗り方によっては5年で50,000kmを超える場合もあるため、走行距離の確認を忘れないようにしましょう。

3. ローンを完済してから売れる

車を購入するためのローンは、返済期間を5年に設定することが最も多くなっています。つまり、5年で乗り換えるならローンを完済している可能性も高いといえます。ローンの残債がなければ、車を自由に売却できるだけでなく、次のローンも組みやすくなるといったメリットがあります。

新車を5年で乗り換えるときの注意点

新車を5年で乗り換えるときの注意点

5年で車を乗り換える場合も、いくつかの注意事項があります。事前に確認しておきましょう。

モデルチェンジ後で旧型扱いになる

車のモデルチェンジは、メーカーにもよりますが、一般的に4年に1回のペースでフルモデルチェンジ、2年に1回のペースでマイナーチェンジが行われます。5年で乗り換える場合、すでにフルモデルチェンジが行われて間もない可能性が高く、売りに出す車は旧型扱いになってしまいます。
そうなると買取価格は想定していた額より低くなる可能性があります。日頃からメーカーのモデルチェンジ情報には気を配り、現行最新モデルのうちに乗り換えるようにしましょう。

過走行車となるギリギリのライン

車の買取査定は、使用年数より走行距離の多さがマイナス査定につながるといわれています。5年で走行距離50,000km未満なら問題ありませんが、それを超えてしまうと「過走行車」とみなされてしまいます。過走行車となると、年式は新しくても査定額が下がってしまうため、5年で乗り換えを考えている場合は、走行距離にも注意を払うことが大切です。

新車の乗り換えで、今の車を高く売るためのポイント

3年や5年で新車に乗り換える場合、少しでも今の車を高く売りたいと考えるはずです。また、今後も同じサイクルで乗り換えるならば、次の車選びも売却することを前提に賢く選びたいでしょう。そうした方に、新車に乗り換える際に知っておきたいお得な車選びのポイントを紹介します。

売却時期を工夫する

少しでも高値で売却したいならば、ディーラーや中古車販売店の決算期でもある3月と9月付近に査定に出すといいでしょう。新しい季節に向けて車の購入を検討する方が増える時期は、中古車の販売価格が高騰します。そのラッシュに向けた在庫確保の時期に合わせて売却できると、買取価格が高くなります。

乗り換え前に複数査定する

下取り価格を複数の買取店で査定してもらい、一番高く買い取ってくれるところに売却するようにしましょう。複数の買取店とやりとりするのは面倒だと感じるかもしれませんが、価格帯に大きな違いが出ることもあります。

また、事前に査定額がわかっていると、次に購入する車の金額の目安やローンの支払い目処も計算しやすいものです。今後資金繰りで困らないためにも、早めに複数業者に査定を出しておきましょう

次の車は売却価格を調査して車種をチョイス

次に乗り換える車は、その車の将来性まで見据えると賢く選べます。例えば、モデルチェンジした直後の車や、長く愛されている車種、限定モデルなど生産数が少ないものは、しばらく経っても価値が下がりにくい傾向があります。

また、人気に左右されない定番カラーは高く売れます。売却時に少しでも高値になるよう、人気が高く、時代に左右されない価値のある車を選択しましょう

新車同様の状態を保つ

3~5年という短期間で乗り換えたい方は、車を大切に扱うことも大きなポイントです。次の乗り換えで少しでも高値で売却するためには、できるだけ新車に近い状態を維持したいところです。外装と内装、いずれもきれいな状態を保つことを意識しましょう。

カーリースなら定額制で安心!初期費用も頭金も不要

ずっと定額

ここまで紹介したように、新車を乗り換えるときにネックになるのは、ローンとの兼ね合いやメンテナンスの費用など、資金面での悩みです。しかし、新しいモデルの車に乗る方法は、新車を購入するだけではありません

カーリースなら、毎月定額の支払いでお好みの新車を持つことができます。購入時に必要な頭金や初期費用が不要のため、お金の心配をせずに新車を楽しめます。中でも、カーリースの定額カルモくんなら、車検費用もすべて月額料金にコミコミにできるプランもあります。

カルモくんなら新車が

カーリースを検討するなら定額カルモくんをチェックしよう

カルモくん_new

車を乗り換えるなら「おトクにマイカー 定額カルモくん」のカーリースがおすすめです。定額カルモくんの契約期間は、1年から11年と幅広く、しかも1年単位での契約が可能なので、3年や5年で新しい車に乗り換えたい方や、家族の変化に合わせて契約期間を選びたい方、できるだけ長く同じ車に乗りたい方など、さまざまな要望に合わせやすいリースサービスといえます。

国産全メーカーすべての車種が選べて月額10,000円台から

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の精算も不要の日本一安い*カーリースです。国産全メーカーのすべての車種・グレードから選べ、月額10,000円台からとリーズナブルです。各種税金や自賠責保険料、登録諸費用もコミコミの定額料金なので、負担を抑えてカーライフを楽しめます。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

●例えばダイハツ「ミライース」なら月額11,220円から乗れる

ミライース

定額カルモくんで乗れるほかの新車はこちらからチェックできます

1万円台から乗れる車

車検費用も月額定額化が可能だから便利で安心

車の乗り換えは、車検をきっかけに行うことが多いといえます。3年、5年ともに車検の年にあたるため、車検費用を支払って乗り続けるべきかどうか、といった選択に迫られることも少なくないでしょう。

しかし、定額カルモくんのメンテナンスプランに加入すれば、車検を迎える度に乗り換えを意識させられることはなくなります。車検費用だけでなく、消耗品の交換や法定12ヵ月点検の費用までカバーされ、プラン料金は月額に含めて定額にすることができます。

定期的に発生する車検や点検にかかるまとまった費用を、その都度用意する必要がなくなるので、家計管理が楽になり安心です。

走行距離無制限&契約満了時に車がもらえる

3年や5年で新しい車に乗り換えたい方もいれば、なるべく同じ車に長く乗り続けたいという方も多いでしょう。定額カルモくんでは、7年以上の長期契約の方へ、うれしいサービスを用意しています。

カーリースでは、一般的に走行距離制限が設けられていますが、定額カルモくんでは7年以上の契約で走行距離が無制限になります。さらに月額500円の「もらえるオプション」を利用すれば、契約満了時にそれまで乗っていた車がそのままもらえます。どちらも、乗り慣れた車に長く乗り続けたい方にはうれしいサービスです。

「お試し審査」で車選びの相談もできる

定額カルモくんで車の乗り換えを考えている方は、まずは「お試し審査」への申込みをおすすめします。お試し審査では、希望の車種に近いものを選んで審査に通るかを気軽に試せます。さらに、審査通過後は申込み可能な範囲の車やプランを提案してもらえるので、乗り換えが心配な方でも安心です。

審査に通るか確認した後は、車選びやプランを相談しましょう!

まずは審査

定額カルモくんについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

新車の乗り換えは準備をしっかり整えてから!カーリースなら費用も安心

新車を3年で乗り換える場合は、車検費用を払わなくていい、新しいモデルの車種に乗り続けられるといったメリットがあります。一方で、ローンの返済状況や下取り価格などの状況を整理しておかないと出費が増えるため、事前のシミュレーションが欠かせません。

また、5年で車を乗り換える場合は、メーカー特別保証が切れる前に売却できる、ローンを完済しているケースでは次のローンが組みやすいといったメリットがあります。しかし、走行距離が50,000kmに達するギリギリの時期でもあるため、過走行にならないよう気を付けなければなりません。

どちらの場合も、現在乗っている車が少しでも高値で売却できるよう、複数から見積りを取ったり、高く売れる時期を選んだりと、細かな配慮をする必要があります。そうした準備が面倒な場合は、カーリースを利用すれば月々定額でお気に入りの車に乗ることができます。車検費用を月額の中にまとめることもできるので、おすすめです。

カーリースの定額カルモくんでは、乗り換えの際の手間のかかる手続きや購入時の初期費用が不要なのはもちろん、走行距離が無制限になったり、契約満了時に車がもらえたりと魅力のあるサービスがたくさん用意されています。契約期間も1年から11年のあいだで1年単位の設定が可能なので、短期間で新車に乗り換えたい方や、ライフプランに合わせた年数で乗り換えたい方には、ぴったりなサービスといえるでしょう。

よくある質問

Q1:新車の乗り換えはいつが最適?

A:購入から3年目つまり最初の車検の前に乗り換えれば、車検費用もかからず買取価格も高いため、短期で新車に乗り換えたい方にはおすすめです。また車の価値は5年で半分になるといわれます。5年でローンを完済して乗り換えれば、高額買取が期待できる上に次のローンが組みやすいというメリットがあります。

Q2:新車を乗り換えるときに注意する点は?

A:今乗っている車のローンが残っているかどうか確認しましょう。一般的な車のローンは5年で完済するよう組まれているので、3年目で乗り換えるならば残債がある場合がほとんどです。

Q3:乗り換え時期を設定しやすいカーリースはある?

A:定額カルモくんなら、1年から11年のあいだで1年単位の契約が可能です。短期間で新車に乗り換えたいと考える方や、ライフプランに合わせて乗り換える時期を設定したい方には、おすすめのカーリースです。

※記事の内容は2021年8月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー