カーリースの1年契約は損?メリット・デメリットと他サービスとの料金比較

カーリースの1年契約は損?メリット・デメリットと他サービスとの料金比較
貯金ゼロでも

毎月定額料金を支払うことで、新車にマイカーのように乗ることができるカーリース。5年や7年と長期契約で利用するイメージが強い方もいるかもしれませんが、中には1年から利用できるカーリースもあります。

1年だけ車が必要な場合、カーリースをはじめ車に乗る手段はいくつかありますが、どの方法なら損をせずに車に乗れるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットや料金を比較して、最もお得に車に乗れる方法をご紹介します。

【この記事のポイント】
✔1年間車に乗る費用相場は中古車カーリースが一番安い
✔カーリース料金には各種税金や自賠責保険料、メンテナンス費用などの維持費が含まれる
✔定額カルモくんなら1年からでも契約できて手軽に乗り換えもできる

Group 19

月額10,000円台から新車に乗れる業界最安水準のお得なカーリースはこちら

車を1年だけ使いたいときはどうする?

車を1年だけ使いたいときはどうする?

車が1年だけ必要という場合はカーリースを1年契約する方法をはじめ、おもに以下の4つの方法があります。

  • 新車カーリースを1年間利用する
  • 中古車カーリースを1年間利用する
  • レンタカーを1年間利用する
  • 新車または中古車を購入する

これら4つの方法には、それぞれ費用面や車の使いやすさなどにおいてメリットとデメリットがあります。ここからは、一つひとつ確認していきましょう。

新車カーリースを1年だけ利用するメリット・デメリット

新車カーリースを1年だけ利用する場合、次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 最新性能が搭載された新車に乗れる(安全機能、燃費)
  • 契約満了後の手続きが簡単
  • 月々定額で乗れるのでコスト管理しやすい
  • 車種の選択肢が多く好きな車に乗れる

新車のカーリースでは、購入時のようにまとまった頭金などを用意する必要がなく、1年間毎月定額料金を支払うことで最新の安全機能を搭載した車や燃費効率の良い車に、乗ることができます。

また、契約時も契約満了後も簡単な手続きで車を乗り始められたり返却したりできるため、購入するよりも手間がかからず、手軽に乗り換えができます。

デメリット

  • 1年のみ契約できるカーリース会社が少ない
  • 1年契約だと費用が割高になる
  • 納車まで時間がかかる
  • 車庫証明など書類が必要

カーリースは契約期間が長いほど月々の料金が抑えられるため、1年間と短期契約の場合は料金が割高になる傾向があります。また、納車には1~3ヵ月程度かかるため、余裕をもって申込む必要があるでしょう。

1年単位で自由に契約期間が選べるカーリースならこちら

中古車カーリースを1年だけ利用するメリット・デメリット

中古車カーリースを1年だけ利用するメリットとデメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

メリット

  • 新車カーリースより月額料金が抑えられる
  • 納車スピードが早い
  • 月々定額で乗れるのでコスト管理しやすい

中古車カーリースは、新車カーリースよりも月額料金を抑えられる点が魅力といえるでしょう。また、新車よりも早く納車されるため、なるべく早く車が必要な場合にも便利です。

なお、定額カルモくんの中古車カーリースは、最短4日で納車できる車もあるため、急ぎで車が欲しい方でも、すぐに車に乗ることができます。

マッハ納車

デメリット

  • 選べるカーリース会社や車種が限られる
  • 中古車なので使用感がある

1年間だけ利用できる中古車カーリースは少なく、利用できる業者が限られます。また、車の選択肢も新車ほど多くない点と、中古車ゆえに年式や走行距離などの車の状態にはばらつきがある点にも注意が必要です。
取扱台数が豊富で、故障保証やメンテナンスプランの内容が充実した中古車カーリースなら、安心して利用できるでしょう。

レンタカーを1年だけ利用するメリット・デメリット

レンタカーを1年だけ利用する場合のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリット

  • カーリースよりも開始手続きがしやすい
  • 初期費用がかからない
  • 審査なしで利用できる

レンタカーは審査なしで利用できるため、カーリースよりも利用開始手続きがスムーズな点がメリットです。またカーリースと同様に、初期費用をかけずに車に乗ることができます。

デメリット

  • 費用負担が大きい
  • 選べる車種が限られ新車には乗れない

1年間レンタカーを利用するとなると、どうしても費用は割高になってしまいます。また、1年間ずっと同じ車を借りられるレンタカーは少ないため、マンスリーレンタカーなどで1ヵ月ごとに更新手続きや契約をし直す必要があり、面倒に感じる方もいるでしょう。

加えて、車の選択肢が少ないことや、ほかの利用者も使っている車に乗らなくてはならない点もデメリットといえます。

新車・中古車を購入する場合のメリット・デメリット

新車または中古車を購入して、1年後に売却するという方法もあります。メリットとデメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

メリット

  • 時間や距離に制限がなくいつでも自由に車に乗れる
  • 好みの車を自由にカスタマイズできる

マイカーを購入してしまえば、ほかの方法よりも自由に車を使用することができます。好きな車を選べて自由にカスタマイズできるため、不便さを感じることはないでしょう。

デメリット

  • 車両本体価格が高く、ローン購入だと金利もつく
  • 初期費用以外に維持費もかかる
  • 売却手続きが必要

新車も中古車も、現金で一括購入するとなると、まとまった資金が必要です。また、ローン購入する場合は金利による負担がかかるため、損に感じてしまう方もいるでしょう。さらに、車を所有するとなるとメンテナンス費用や各種税金、保険料などの維持費も必要になります。

カーリース、レンタカー、購入の費用比較

カーリース、レンタカー、購入の費用比較

カーリース、レンタカー、購入それぞれにメリットとデメリットがあるため、どの方法で車に乗るべきか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。ここからは、各手段で1年間車に乗る場合の費用をシミュレーションしていきましょう。

新車カーリース・中古車カーリース・レンタカーの料金比較

新車カーリース・中古車カーリース・レンタカーをそれぞれ1年間利用する場合の料金を比較してみましょう。
ここでは、ホンダ「N BOX」の料金を例に、それぞれの料金相場でシミュレーションしていきます。

<ホンダ「N BOX」を1年間利用した場合>

 新車カーリース中古車カーリースレンタカー
1ヵ月あたりの料金76,120円33,000円67,952円
1年間の料金91万3,440円42万9,000円81万5,424円

※カーリースはボーナス払い・メンテナンスプランなしの料金です

1年間利用する場合、料金は中古車カーリース<レンタカー<新車カーリースの順で安いことがわかります。料金面だけでいえば、最もお得なのは中古車カーリースです。

ただし、利用料金はカーリース会社やレンタカー会社によって異なります。また、中古車カーリースやレンタカーは新車ではないため、必ずしも目当ての車が見つかるとは限りません。それぞれのメリットとデメリットも踏まえて、乗りたい車の料金シミュレーションをしつつ判断することをおすすめします。

ホンダ「N BOX」を新車で購入して1年後に売却した場合

カーリースやレンタカーと同じく、ホンダ「N BOX」を新車で購入する場合の費用を見ていきましょう。

<現金一括購入時にかかる費用>

車両本体価格142万8,900円
法定費用(税金・自賠責保険料など)自動車重量税 3,700円
自賠責保険(24ヶ月)19,730円
印紙代1,100円
合計24,530円
諸費用・手数料約82,200円
合計約153万5,630円

 

N BOXの1年後の下取り相場は80万円程度です。つまり、購入費用から下取り価格を差し引いた約73万8,530円が、新車でN BOXを購入した場合の1年間の費用の目安となります。

カーリースやレンタカーと1年間の料金を比較すると、中古車カーリース<新車購入<レンタカー<新車カーリースの順で安くなります。しかし、ローンを組んで車を購入する場合は、上記の金額に加え手数料や金利を負担する必要があるため、支払い金額がさらに大きくなるでしょう。

新車にできるだけ安く乗りたい場合、新車のカーリースであればローンを組まずに好きな車に乗ることができます。
ローンを組まずに新車に乗れる!業界最安水準のカーリースはこちら

契約年数が長いほどお得!カーリースの支払いシミュレーション

1ヶ月の支払い金額シミュレーション

カーリースの料金シミュレーションから、カーリースは1年契約だと割高になる傾向であることがわかりました。しかし、カーリースには契約年数が長いほどお得に新車に乗れるという特徴もあります。1ヵ月の支払料金と年間の支払料金は、契約年数ごとにどのように変化するのでしょうか。

トヨタ「シエンタ」を例に、定額カルモくんでの金額をシミュレーションしてみましょう。

契約年数月額料金年間支払額
1年契約(12ヵ月)96,140円112万5,960円
2年契約(24ヵ月)589620円70万920円
3年契約(36ヵ月)46,640円55万440円
4年契約(48ヵ月)40,750円48万7,680円
5年契約(60ヵ月)37,120円45万8,640円
6年契約(72ヵ月)36,130円43万2,240円
7年契約(84ヵ月)33,160円39万7,920円
8年契約(96ヵ月)30,520円36万6,240円
9年契約(108ヵ月)28,100円33万7,200円
10年契約(120ヵ月)26,780円32万1,360円
11年契約(132ヵ月)25,350円30万2,880円

※2021年11月時点の料金です

1年契約では1ヵ月あたり90,000円台と高額な使用料ですが、2年契約になると50,000円台にまで一気に抑えられます。5年を超えると30,000円台となり、バランスの取れた価格帯に。さらに、9年を過ぎると20,000円台に突入し、月々の負担はかなり抑えられた価格になっています。

月額料金と同様に、年間支払額も契約年数が長くなればなるほど抑えられます。最短契約の1年と最長契約の11年では、年間支払額に3倍以上の差が生じています。このように、月額料金だけでなく年間支払額もシミュレーションすることで、契約年数によっていかに費用負担の大きさが変わってくるのかがよくわかります。

カーリースは長期的に利用するほどお得なサービスであるため、今後の子供の学費や住宅ローンなどさまざまな支払いを控えている方は特に、年額のシミュレーションもすることで今後の家計の計画を立てやすくなるでしょう。

貯金なしでも乗り換えOK!新車のトヨタ「シエンタ」が20,000円台から乗れる!

10007_シエンタ

カーリースの月額料金はほとんどの維持費がコミコミ!

維持費用の中にはリース代金の中に含まれるものもあります

カーリースは原則として返却を前提としたサービスのため、返却時に想定される残存価格(残価)を車両本体価格から差し引くことで、月々の料金を抑えて提供することができています。また、月額料金には、車両本体価格のほかにも車の維持に必要な諸経費が含まれているのも大きな特徴です。

そこで、カーリースの基本的なプランにはどのような費用が含まれているのかを見てみましょう。なお、定額カルモくんでもこれらの費用がリース料金に含まれています。

リース料金に含まれているもの

  •  車両本体価格
  •  環境性能割
  •  自動車税(種別割)
  •  自動車重量税
  •  新車登録手数料
  •  自賠責保険料
  •  リースの金利(仲介手数料やサポート料なども含む)

カーリースの料金には、車両本体価格に加えて各種税金や自賠責保険料、さらに車の購入時に必要な各種手数料なども含まれています。維持費などの車関連の支払いがまとめられているため、家計管理も非常に楽になります。

リース料金以外にかかる車の費用

各種メンテナンス費用

車に乗り続ける上で、リース料金のほかに必要となる費用にはどのようなものがあるのでしょうか。家計に負担をかけないためにも、この金額を含めてリース料金を考えておくことが大切です。

燃料代

リース料金のほかに車に関する支出として考えなければならないのは、まずはガソリンなどの燃料代が挙げられます。
燃料代はリース料金に含まれていないので、リース料金のほかに契約者が負担しなければならない費用のひとつです。そのため、燃料代を少しでも節約したいという場合は、燃費のいい車やハイブリッド車などを選ぶのがおすすめです。

燃料代は車種や走行距離、車の性能などによって変わってきますが、目安として燃費15㎞/ℓ、年間走行距離1万㎞、1ℓあたり130円で計算すると、1年間で86,000円程度かかります。

駐車場代

自宅にガレージがある場合は問題ありませんが、そうでない場合は駐車場を借りなくてはいけません。特に都心部では駐車場代が高額になることが考えられるので、事前に検討しておきましょう。

なお、リース契約の際には、車を駐車するスペースを確保していることを証明するための「車庫証明書」が必要になるので、事前に準備しておくと安心です。

任意保険料

リース料金には自賠責保険料が含まれていることが多いですが、任意保険は自身で契約するケースが大半です。
任意保険は、もしもの事故などに備えて必ず加入しておきたいものです。保険に未加入で事故を起こしてしまうと取り返しのつかないことにもなりかねないので、安さだけにこだわらず、補償内容をよく検討しておきましょう。

任意保険料はプランや補償内容によって異なりますが、相場は年間30,000~70,000円程度となります。

各種メンテナンス費用

月額料金に含まれない各種メンテナンスや車検にかかる費用も別途必要になります。メンテナンスプランなどに加入すれば、月額料金にそのような費用も含めて定額にできるので、定期的に発生する費用を心配する必要がなくなるでしょう。なお、1年間の利用であれば、車検が切れることはないため車検費用はかかりません。

また、メンテナンスプランに加入している場合でも、プランの内容によってカバーできる範囲が異なるので、しっかり確認しておきましょう。メンテナンスプランの料金は補償範囲によって異なりますが、1ヵ月あたり4,000~10,000円程度が相場となります。

定額カルモくんでは、オプションのメンテナンスプランに加入することで以下のような費用をカバーすることができます。なお、プランの種類によって内容は異なります。

  • 返却時の原状回復費用補償
  •  車検点検料
  •  法定12ヵ月点検
  •  エンジンオイル交換
  •  オイルフィルター交換
  •  メーカー保証と同程度の延長保証 など

定額カルモくんには、カバー範囲が充実したメンテナンスプラン以外にもさまざまな魅力がありますので、詳しくご紹介します。

1年単位で契約可能!車検代込みで10,000円台から新車に乗れるカーリース

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんは、メンテナンスプランに加入することで、メンテナンス費用や車検代も月額料金に含めることができます。車関連の支払いがわかりやすくまとめられるため、家計管理もしやすくなるでしょう。

また、カーリースでは契約満了時に残価精算が行われるケースもありますが、「おトクにマイカー定額カルモくん」では契約満了時に残価精算を行わない契約方式を採用しています。契約中の支払いはもちろん、契約満了時の残価精算にも気を取られることなく、安心したカーライフが送れます。
安心してお気に入りの新車に乗れる定額カルモくんの、魅力満載の特徴を見ていきましょう。

契約年数を1年単位で選べ、月額料金は業界最安水準

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の差額精算も不要のカーリースです。初期費用がかからない上、月額10,000円台からと業界最安水準のお得な料金で利用できるので、軽い負担で新車に乗ることができます。

また、カーリースの契約期間の設定方法は各カーカーリース会社によって異なり、「3年・5年・7年」から選択するといった限定的なものが多く見られますが、定額カルモくんでは1年から11年のあいだの1年単位で自由に選べます。用途に合わせて柔軟に利用することができるでしょう。

さらに、7年以上の契約なら、月額500円をプラスするだけで「もらえるオプション」が利用できます。契約満了時には今まで乗っていた車がそのままもらえるため、返却も原状回復も不要になります。カーリースでは禁止となっているカスタマイズも可能になるので、車の楽しみ方がさらに広がるでしょう。

選べる車は国内メーカー全車種!気になる車を選んだらプランもチェックしよう

料金をチェック

オンラインで約5分!スピーディーな審査で車選びがスムーズ

カーリースの利用手続きはオンラインで申込みできる場合が多く、購入時と比べ乗り換えも簡単ですが、よりスムーズに手続きを進めるなら、事前に審査に申込んでおくのがおすすめです。

定額カルモくんでは、オンラインで手軽に「お試し審査」を受けられます。所要時間は5分程度で、結果は最短1営業日(最大3営業日)で届くため、いつでも好きなタイミングで車やプランを選び、カーリースの利用可否を確認することができます。

もちろん、お試し審査後でもキャンセルしたり内容を変更したりすることができるため安心です。

まずは審査

利用者の声「車検費用を月額料金に含められたのがよかった」

カーリースの口コミ1.月々の支払いがシンプルで消耗品以外の出費がないのが嬉しいですね!1

Kさん(40代)神奈川県在住:ダイハツ「ムーヴ」を11年リース

定額カルモくんは、頭金を用意する必要がなかったので家計的にすごく助かりました。実際に利用してみて、税金とか車検費用も毎月の支払いにコミコミにできる点は、維持費のことを考えなくて済むのでうれしいですね。

車検のたびに今月はいくら必要かとか考えるのが面倒だなと思って。カルモくんならメンテナンスプランをつけて月々払っていればそういう心配もいらないじゃないですか。同じお金を払うなら手間がないほうがいいですよね。

Kさんの詳しいインタビューはこちら

車を1年だけ利用するなら手軽なカーリースがおすすめ

終わりに

カーリースは1年間だけ利用する場合は料金が割高になりがちですが、初期費用や頭金不要の定額制で新車に乗れることや、月額料金に維持費も含められるといったメリットもあるため、一概に損というわけではありません。

長期契約にすることで、かなり費用負担を抑えて新車に乗ることもできるため、シミュレーションも行いつつ、契約期間は慎重に設定することをおすすめします。

よくある質問

Q1:カーリースは1年だけでも利用できる?

A:カーリースは「5年・7年・9年」など長期契約を前提とした会社が多いですが、中には1年契約で利用できるところもあります。

Q2:カーリースを長期で乗るメリットは?

A:カーリースは契約期間が長いほど月額料金を抑えられます。例えば定額カルモくんでは、長期契約にすることでメンテナンス費用も月額料金に含めながら、人気車種の新車に月々10,000円台から乗ることも可能です。

Q3:1年だけ車に乗るのにお得で手軽な方法は?

A:定額カルモくんは、1年から11年のあいだなら1年単位で契約期間を設定できる業界最安水準のカーリースです。ネットと郵送で手続きが完結する上、手軽にお試し審査も受けられるため、手間をかけずに利用を開始することができます。

※記事の内容は2021年11月時点の情報で執筆しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

ローンを組まなくても