カーリースの料金相場は?1ヵ月や1年でかかる金額をシミュレーションで見積って徹底分析!

カーリースの料金相場は?1ヶ月、1年にかかる金額をシミュレーションで徹底調査!

新車をお得に使用できる手段としてカーリースが挙げられますが、実際にどのくらいの料金体系になっているのかは気になるところ。リース契約の期間、選んだ車両の価格によっても支払う値段は左右されますが、ここでは具体的なカーリースの料金相場を調べてみました

カーリースの料金相場はいくら?

カーリースの料金相場はいくら?

頭金などのまとまった初期費用なしで新車に乗れると話題のカーリース。ほかにも、「月額使用料を払うのみであとは契約終了までお金のことは考えなくていい」などといったお手軽さがよく取り上げられますが、実際に、月額使用料の相場はどのくらいなのでしょうか。

ここでは車のタイプ別に軽自動車のホンダ・N-BOXやミニバンのトヨタ・シエンタ、SUVの日産・エクストレイルの相場価格を調べてみましょう。
※契約年数5年、走行距離1,500㎞でメンテナンスパックなしの場合の1ヶ月の料金をおトクにマイカー 定額カルモくんとコスモスマートビークルで比較しました。

ホンダ・N-BOX

ホンダ・N-BOX

 1ヶ月料金
おトクにマイカー 定額カルモくん25,920円
コスモスマートビークル25,596円

※おトクにマイカー 定額カルモくんの表示料金は、重量税と自賠責保険がコミコミの料金です。コスモスマートビークルの表示料金は、重量税と自賠責保険料を含めない料金です。

トヨタ・シエンタ

トヨタ・シエンタ

 1ヶ月料金
おトクにマイカー 定額カルモくん37,692円
コスモスマートビークル40,392円

※おトクにマイカー 定額カルモくんの表示料金は、重量税と自賠責保険がコミコミの料金です。コスモスマートビークルの表示料金は、重量税と自賠責保険料を含めない料金です。

日産・エクストレイル

日産・エクストレイル

 1ヶ月料金
おトクにマイカー 定額カルモくん43,200円
コスモスマートビークル43,848円

※おトクにマイカー 定額カルモくんの表示料金は、重量税と自賠責保険がコミコミの料金です。コスモスマートビークルの表示料金は、重量税と自賠責保険料を含めない料金です。

*総括*

おトクにマイカー 定額カルモくんがオンラインゆえにやや安いという傾向は見られるものの、ほぼ同じ条件下においては、価格相場は同じような結果となり、安定しているといえるでしょう。カーリース会社によっては特選車としてお得な車種の設定があったり、キャンペーンを行っていたりもするので、他社よりも少し安くなるといった場合もあるようです。

ここでは、相場を調べるためにほとんどのカーリース会社に設定のある契約期間5年で調べましたが、おトクにマイカー 定額カルモくんのように契約期間が11年まである場合は、契約期間を長くすることで、もっとお手軽な料金で希望の車に乗ることも可能です。

価格帯別、リースできる車種はこれ!

ここからは、おトクにマイカー 定額カルモくんで11年契約をした場合に乗れる車種を価格帯別で紹介していきます。オプションなどを付けて見積もりたいという方もいると思うので、実際の細かい金額は以下からチェックしてください。

定額カルモくん割引バナー

1万円台で乗れる車

1万円台で乗れる車

軽自動車の多くは1万円台からのリースが可能なようです。なんとその数30車種以上。中でもダイハツ・ミライースやスズキ・アルトは1万円台前半から使用が可能とかなりお手軽な価格設定になっています。

  • ダイハツ ミライース
  • ホンダ  N BOX
  • ダイハツ ムーヴキャンバス
  • スズキ ワゴンR
  • スズキ スペーシア

など33車種

1万円の車をすべて見るならこちら

 

2万円台で乗れる車

2万円台で乗れる車

2万円台になると車種の幅も広がります。軽自動車以外にもトヨタ「ルーミー」や「シエンタ」「プリウス」、日産「エクストレイル」にスズキ「スイフト」などの人気車種も登場しています。また、この価格帯が車両の種類は一番豊富なようです。

  • スズキ  ソリオ
  • スズキ  スペーシアカスタム
  • トヨタ  シエンタ
  • マツダ  デミオ
  • ホンダ ステップワゴン

など37車種

3万円台で乗れる車

3万円台で乗れる車

日本一売れているミニバンであるトヨタ・ノアなども選べる3万円台。最近の主流となっている人気のSUV、トヨタC-HRやマツダ・CX-5などが多くひしめき合う充実したラインナップが魅力です。

  • トヨタ C-HR
  • トヨタ ヴォクシー
  • ホンダ オデッセイ
  • 日産 セレナ
  • スバル レガシー

など27車種

4万円台で乗れる車

4万円台で乗れる車

プレミアムSUVとして不動の人気を誇るトヨタ・ハリアーや大型ミニバンのトヨタ・ヴェルファイアが4万円台から使用できるのはやはりカーリースならではでしょう。こだわりの車種が揃います。

  • トヨタ  アルファード
  • トヨタ ランドクルーザープラド
  • マツダ ロードスター
  • 三菱 パジェロ
  • 日産  エルグランド

など

5万円以上で乗れる車

5万円以上で乗れる車

国産高級車の日産シーマやフォーマルな場でも引けを取らないトヨタ・クラウンもラインナップ。高級車を求める層にも対応する幅広い車両をそろえています。

  • トヨタ  クラウン
  • トヨタ  ランドクルーザー
  • 日産  シーマ

など

※車種については、モデルチェンジ中など、取り扱いが止まっているものもあります。実際に、この記事を書いているときと、読者の方がご覧になっているときでは取扱車種や値段などに変更があるかもしれません。一度、ご確認いただくのがよろしいかと思います。

カーリースの定額カルモくんの値段をチェック

維持費用の中にはリース代金の中に含まれるものもあります

維持費用の中にはリース代金の中に含まれるものもあります

月々支払うリース代には、車両価格と金利の他に、車の維持に必要な諸経費が含まれているのもリースの大きな特徴です。
以下に、リースの基本的なプランに含まれている維持費についてみてみましょう。

リース代金に含まれているもの

  • 車両本体価格
  • 環境性能割
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 新車登録手数料
  • 自賠責保険料
  • リースの金利(仲介手数料やサポート料なども含む)

これらのものがリースの料金に含まれていることがほとんどです。おトクにマイカー 定額カルモくんでもこれらは全て料金に含まれているコミコミ料金となっています。

基本、リース代として含まれていないもの

基本的なリースの料金には、メンテナンスに関する費用が含まれていない場合がほとんどです。

  • 車検費用
  • 定期点検費用
  • 一般修理費用
  • タイヤ・オイル交換費用
  • ロードサービス費用

こういった費用に関しては通常のカーリースのプランには含まれていません。しかし、最近ではより車の管理をお手軽にしたいという利用者のニーズもあり、カーリース会社によってはメンテナンスプランを打ち出し、これらの料金もカバーしているものもあります。

もっともその分リースの値段はあがりますが、車の管理が楽になるので一定のニーズはあるようです。

リースの月額以外にかかる車生活の費用

リース料金の他に必要になってくる費用にはどんなものがあるでしょうか。この値段を含めて考えないと、カーリースを契約したあとの車生活が苦しいものになってしまうかもしれません。

燃料代

燃料代

リース料金の他に車に関する支出として考えなければならないのは、まずはガソリンなどの燃料代が挙げられるでしょう。

燃料代はカーリース料金に含まれることはなく、リース料金の他に契約者が負担しなければならない費用の代表的なものです。リース料金以外に負担となるとすれば、この燃料代でしょう。燃料代を加味して車種を選ぶのであれば、燃費の良い車やハイブリッド車などを選ぶのもいいかもしれません。

駐車場代

駐車場代

自宅にガレージがある場合は問題ありませんが、そうでない場合は駐車場を借りることになり家計への大きな負担になってしまうでしょう。特に都心部などでは駐車場代がかなり高額になることが考えられます。

車の維持に駐車場は欠かせません。リース契約だけでなく車を持つ際には、駐車するスペースを準備している証拠を示す車庫証明が必要になります。
ですから、車を持つ以上は駐車場にかかる費用は必須の出費だと割り切ることも大切です。

任意保険料など

任意保険料など

リースの料金に保険が含まれていない時はその保険料、また自賠責保険が含まれている場合でも任意保険に加入する場合にはその費用も必要となってくるでしょう。

保険は万一の際に備えて必ず加入しておきたいものです。事故の可能性は誰にもありますし、保険に未加入で事故を起こしてしまったら大変なことになります。安さにこだわっても万一の際の備えだけは疎かにしないようにしましょう。

各種メンテナンス費用

各種メンテナンス費用

メンテナンスプランを選んだ場合には必要ありませんが、メンテナンスがついていない基本的なプランを選んだ場合には車検費用などが別で必要になってくるので注意しましょう。

またメンテナンスプランに加入している場合でも、内容によっては全てのメンテナンスをカバーしていない場合もありますので、自分がどういったプランを契約しているのかしっかりと把握しておくことが大切です。

法人だけじゃない!個人でも料金のメリットはある!

実は法人・個人事業主にメリットの多いカーリース

実は法人・個人事業主にメリットの多いカーリース

カーリースは個人向けよりも先に、法人向けとして浸透してきました。その証拠に、現在、多くの企業が社用車をカーリースでまかなっています。

法人に浸透したのは、経理処理のしやすさと税制面でのお得さが大きな理由となっています。企業が車を一括購入するとなるとその購入年度の経費ですべて落とすことはできず、規定の年数減価償却しての経費計上となります。
普通車の場合、耐用年数は6年と設定されているので6年かけて経費計上していくことになり、購入年度の資産が大きく減るのに経費計上できないということになります。

またローンを使用した場合でも経費に計上できるのは金利だけで、借入金は経費計上されません。その点、リースだと月々のリース料金はすべて経費計上できる上、経理処理も最も簡単。さらに、車両管理のしやすさからリースは法人に非常に合ったしくみとして浸透してきました。

とはいえ、カーリースは法人のためのしくみではありません個人の方にもメリットがあると、ここ数年で注目されてきたのです。

以下に、法人だけではない個人にもあるカーリースのメリットを箇条書きにしました。前出のものもありますが、改めてご確認ください。

個人にもあるメリット1.まとまった初期費用がいらない

個人にもあるメリット1.まとまった初期費用がいらない

個人のカーリースの料金面でのメリットとしては、まず初期費用が一切かからないことが挙げられるでしょう。基本的に月々のリース料金の他に頭金などを用意する必要はありません。もちろんおトクにマイカー 定額カルモくんでも頭金は不要です。

まとまった資金がなくても希望の新車に乗れることは個人においても大きなメリットといえるでしょう。

個人にもあるメリット2.月々の料金に税金や保険料などが含まれる

個人にもあるメリット2.月々の料金に税金や保険料などが含まれる

一括購入やオートローンを利用した場合には、自動車税や重量税、自賠責保険の料金などの用意が発生します。

リースの場合にはそれらの料金は全て含まれていますので、用意する必要はなく、月々の安定した支払いのみで安定した家計管理ができます。さらに、メンテナンスパックを利用している場合は車検費用なども含まれていることが多いので、車に関する大きな支出はほぼないといってもいいでしょう。

支払総額を比較すると……

支払総額を比較すると……

契約満了までの支払総額を比較すると、当然ですが一括購入に比べてカーリースのほうが料金が高額になります。
これはリース料金には金利に加え、保険料や税金の他、仲介手数料や各種サポート料金がプラスされているからです。

ローンの場合と比較すると、リースでは残存価格が設定される分、ローンよりも料金が安くなることもありますが支払総額としてはそう変わりがないでしょう。これも一括購入と同じくリースには保険料などが含まれているためといえます。

単純に金額を額面だけで比べると一括購入よりはリース料金のほうが高くなってしまうこともあるかもしれませんが、リース料金には自動車税などの税金や保険料が含まれています。その上、車検時には知らせてくれたりなど、様々なサポートがカーリースに付属していると思えば、個人においてもカーリースにメリットはあるといえるのではないでしょうか。

また、リースは1台の車をすきに乗れるというサブスクリプションサービスの考え方です。そもそも、総額で考えるのではなく、購入につきまとう面倒なことをなくし、気軽に手に入れられるといった、音楽配信サービスや動画配信サービスなどと変わりのない、買うではなく利用するというイマドキの車の乗り方なのです。

カーリースと購入時の料金を比較

カーリースを利用した場合と購入した際、どれだけ料金に差が出るのか比較してみましょう。ここでは例としてトヨタの人気車種、トヨタ・シエンタのエントリーグレードであるX“Vパッケージ”2WD7人乗りで比較してみます。メーカーオプションは追加していません。

カーリースと購入時の料金を比較

まず一括購入した際の車両本体価格に消費税をプラスした価格が1,689,709円、さらに各種税金や販売諸費用、リサイクル料金など新車購入にかかる費用をプラスすると1,876,076円です。

おトクにマイカー 定額カルモくんでトヨタ・シエンタをリースした際の料金を見てみましょう。1年、5年、9年、11年とそれぞれ比較します。

他の車両やメーカーオプションを付属して見積もりたいという方は、おトクにマイカー 定額カルモくんのサイトから確認してみましょう。以下からアクセスすることが出来ます。

詳しくはこちら

1年契約の料金

まず1年契約の場合、月々の料金は86,724円。契約満了時の支払総額は1,040,688円。月々の支払料金は大きいですが、購入価格からはかなり少ない金額になっています。

購入価格を全額ローン支払いにしたと考えると、単純に12ヶ月で割ると156,340円。リース料金の倍額以上という計算になります。

5年契約の料金

次に5年契約の場合、月々の料金は37,260円。1年契約の半分以下の月々の支払金額です。契約満了時の支払総額は2,235,600円。1年契約の2倍強、一括購入の金額とほぼ同額となりました。

全額ローンでは5年の場合、31,267円。リース代金とほぼ変わりありません。この場合、リースには保険料と税金が含まれているため、値段だけ見ればカーリースの方が安いと言えるかと思います。

9年契約の場合

9年契約になると月々の料金は28,080円、契約満了時の支払総額は3,032,640円です。

月々の使用料は5年契約よりもさらにお手軽になり、2万円台で新車のシエンタに乗れることになります。支払総額としては購入価格を約90万円超過する形になっています。とはいえ、9年間かけて料金を支払っていけば良いと考えると、家計には非常に優しいといえるでしょう。

11年契約の場合

おトクにマイカー 定額カルモくんでの最長契約期間である11年契約になると月々の料金は25,488円、契約満了時の支払総額は3,364,416‬円。

もはや、携帯代金などのやりくりで車を持つことも可能な値段と言えるでしょう。支払総額としては購入価格を約100万円超えることになりますが、大きなお金を用意することなく、税金も車検代も気にせず11年間車が持てると思えば、メリットと言えるのではないでしょうか。

*総括*金額面のみを比較すると5年契約がほぼ購入金額と同じになる

単純に金額面のみを比べてみると、5年契約のリース料金の支払総額が諸費用を込めた車両の購入価格に一番近くなっていました。頭金なしの5年ローンの月々の支払いとしても、リース料金とローンの支払料金はほぼ同じという結果になりました。

ただし、リース料金は契約期間中の重量税や保険料などが含まれていますから、その点に留意して比較するとリースのほうが断然お得と考えられます。

またリースでは契約期間が長期にわたると支払総額としては高額になりますが、その分、月々の支払いはかなりお手軽になってきます。そういったことも総合的に考えて契約期間など、自分に合った契約内容を検討してみてはいかがでしょうか。

1ヶ月の支払い金額シミュレーション

1ヶ月の支払い金額シミュレーション

では1ヶ月の支払料金は契約期間ごとにどのように変化してくるのでしょうか。トヨタ・シエンタを例におトクにマイカー 定額カルモくんでの金額をシミュレーションしてみましょう。

1年契約(12ヶ月)2年契約(24ヶ月)3年契約(36ヶ月)4年契約(48ヶ月)5年契約(60ヶ月)6年契約(72ヶ月)7年契約(84ヶ月)8年契約(96ヶ月)9年契約(108ヶ月)10年契約(120ヶ月)11年契約(132ヶ月)
料金86,724円54,864円43,632円41,796円37,260円35,100円32,940円30,456円28,080円26,784円25,488円

1年契約では8万円台とかなり高額な使用料ですが、2年契約になると5万円台まで一気に下がります。5年を超えると3万円台となり、バランスの取れた価格帯になってきます。さらに、9年を過ぎると2万円台に突入、月々の負担はかなり抑えられた価格になっています。

1年の支払い金額シミュレーション

1年の支払い金額シミュレーション

では、1年に支払う金額はどうなるのでしょうか。ここでも同じトヨタ・シエンタを例にして契約年数ごとの1年での支払額をシミュレーションしました。

1年契約(12ヶ月)2年契約(24ヶ月)3年契約(36ヶ月)4年契約(48ヶ月)5年契約(60ヶ月)6年契約(72ヶ月)7年契約(84ヶ月)8年契約(96ヶ月)9年契約(108ヶ月)10年契約(120ヶ月)11年契約(132ヶ月)
年間支払額1,040,688円658,368‬円523,584円501,552‬円447,120‬円421,200‬円395,280円365,472円336,960‬円321,408‬‬円305,856‬円

この通り、年間支払額は契約年数が長くなればなるほどお手軽になっていきます。最短契約の1年と最長契約の11年では3倍以上の差が生じています。

また、先ほどの月額シミュレーションではわずかな差しかなかったものが、年間を通すと大きな差になっていることがわかります。

月々の料金ももちろんですが、子供の学費、住宅ローンなど様々な支払いを年単位で考えている方は、この年額のシミュレーションも参考にすると今後の家計の計画が立てやすいのではないでしょうか。

終わりに

終わりに

最近話題となっているカーリースですが、具体的な金額や価格相場を知ることでカーリースがどんなものかお分かりいただけたのではないでしょうか。

実際にどのくらいの金額が必要になるのか、月々の支払いとともに年間の支払額を把握しておくとより安定した家計管理が可能になります。しかも契約している期間中は料金が変わることもなく、車に関する費用は一定に抑えられるので、複数年にわたる長期的な家計を考えた時にもカーリースは非常に家計管理の楽な車の導入方法といっても過言ではないでしょう。

幅広い車種から新車が選べ、頭金もなく月々の使用料だけで始められるカーリースのある生活、これからの時代のスタンダードなものになってくるかもしれません。

よくある質問

Q.カーリース会社で料金の安いところは?

A.トータル料金のお得さで考えるとおトクにマイカー 「定額カルモくん」がおすすめです。月額固定でボーナス加算はなく、返却時の差額の支払いもありません。リース期間も最長11年の設定が可能なので、月々の料金を安くすることができます。

Q.カーリースの料金相場で安い車はどれ?

A.軽自動車であれば、1万円台からリース可能な車があります。「ダイハツ ミライース」「ホンダ N-BOX」「ダイハツ ムーヴキャンバス」「スズキ ワゴンR」などの人気車が該当します。※カーリース会社によって値段は異なります。

Q.カーリースを契約するなら何年?

A.用途にもよりますが、頭金なし、月々定額で乗れるのがカーリースのメリットです。また、契約年数を増やせば増やすだけ毎月の支払額が安くなるので、支払額を抑えたい人には長期リースが向いているでしょう。

(2018年7月の情報を基に執筆しております)

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr