ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ルークスのグレードはどう選ぶ?グレードごとの特徴を紹介

ルークスのグレードはどう選ぶ?グレードごとの特徴を紹介

出典:日産「ルークス」外観・デザイン

車種選びの次にはグレード選びが待っています。車種を選ぶ際にはライバル車と比較検討し、走行性能や燃費など細かい部分までチェックする方は多いようですが、グレード選びはよくわからないからといって一番売れているというグレードを内容の確認もせずに選んだり、価格のみで決めたりするケースも少なくないようです。しかし、車のグレード選びはカーライフの満足度を左右する重要なポイント。必要な装備を搭載しているグレードをしっかりと見極めなければ、こんなはずではなかったと後悔することになりかねません。

ここでは、日産「ルークス」のグレードについて詳しく紹介します。

  • ルークスには標準モデルとエアロモデルのハイウェイスターがある
  • ターボエンジンを搭載するのは最上級グレード「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」のみ
  • プロパイロットや両側ハンズフリーオートスライドドアが標準装備の「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」がおすすめグレード

ルークス

ルークスのグレード構成

ルークスでは、上品で洗練されたスタイルの標準モデルと、メッキパーツを多用しワイド感や質感の高さを表現したハイウェイスターの2つのスタイルが用意されています。

グレードは標準モデルには「S」「X」、ハイウェイスターには「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」の計5種類が設定されており、価格はこの順に高額になります。なお、駆動方式はすべてのグレードに2WDと4WDがあります。

ルークスのグレード別の装備内容

ここからは、ルークスのグレード別の装備内容を見ていきましょう。

シンプルな装備内容のエントリーグレード「S」

シンプルな装備内容のエントリーグレード「S」出典:日産「ルークス」グレード詳細

価格を抑えたグレード

最も価格の安いグレードである「S」では、スライドドアが手動式であったりヘッドランプがハロゲン式であったりなど、あまり近年の新型車らしい装備はありませんが、その分価格を抑えているのでできるだけ安くルークスに乗りたい、という方には選択肢のひとつになるでしょう。キーシステムはリモートコントロールエントリーシステム、エアコンはマニュアルエアコンなので、今どきの装備が欲しい、という方には少し物足りないかもしれません。足回りが14インチのスチールホイールなのも少し寂しさを感じさせる部分です。

先進安全装備は搭載

衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い時急発進抑制装置などの先進安全装備は搭載しているので、安全性に関しては十分な装備内容といえるでしょう。

「S」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

新型車に期待したい装備がそろう「X」

新型車に期待したい装備がそろう「X」出典:日産「ルークス」グレード詳細

充実した装備

「X」は、ガラス類のIR(赤外線)カット機能や99%紫外線をカットするスーパーUVカット機能、キーを携帯していればその都度キーを取り出さなくてもドアの解錠や施錠ができるインテリジェントキーや、スイッチ操作でエンジンが始動できるプッシュエンジンスターター、タッチパネル式のオートエアコンなど、新型車に期待したい装備がそろうグレードです。

助手席側ハンズフリーオートスライドドアを標準装備

助手席側にはハンズフリーオートスライドドアを標準装備。これは自動で開閉するだけでなく、足をドアの下に振り入れるだけでスライドドアが開く機能です。子供を抱っこしていたり、荷物で両手がふさがっていたりするときでもスムーズに乗り降りができる優れものです。

またインテリジェント アラウンドビューモニターやディスプレイ付きの自動防眩ルームミラーなどの視界をサポートする機能が追加されます。

このほか、日産オリジナルナビ取付けパッケージ(GPSアンテナ、TVアンテナ)は標準装備に。また、この「X」からプラズマクラスター搭載リアシーリングファンや後席のパーソナルテーブル、USBソケットなどが含まれたセットオプション「快適パックA」の追加が可能です。

「X」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

力強いルックスが魅力の「ハイウェイスターX」

力強いルックスが魅力の「ハイウェイスターX」出典:日産「ルークス」グレード詳細

専用外装をまとった迫力のあるスタイルが特徴

「ハイウェイスターX」は、ハイウェイスター専用装備であるクロームのフロントグリル、フロント・リアエアロバンパー、バックドアフィニッシャー、ルーフスポイラーなどをまとい、標準モデルとは異なる迫力のあるスタイルが特徴です。

ハイウェイスターシリーズでは足回りはアルミホイールが標準装備になるのもうれしいポイント。「ハイウェイスターX」では14インチのものを採用しています。

LEDヘッドランプを採用

また、ヘッドランプがLEDにグレードアップし、シグネチャーLEDポジションランプやLEDフォグランプが追加されるため夜間の視認性・被視認性が向上するだけでなく、先進的な印象をエクステリアに与えて質感もアップ。そのほかの快適装備などはほぼ「X」の内容に準じます。

「ハイウェイスターX」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

日産自慢の「プロパイロット」が搭載される「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」

日産自慢の「プロパイロット」が搭載される「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」出典:日産「ルークス」グレード詳細

「プロパイロット」を標準装備

このグレードから、日産自慢の最新の運転支援機能「プロパイロット」が標準装備されます。「プロパイロット」は高速道路においてアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をシステムがアシストしてロングドライブ時のドライバーの運転負荷を大幅に軽減してくれる機能です。

このほかにも両側のハンズフリーオートスライドドア、電動パーキングブレーキなども搭載され、上級グレードらしく充実した装備内容となっています。

「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

ターボエンジンが搭載される最上級グレード「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」

ターボエンジンが搭載される最上級グレード「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」出典:日産「ルークス」グレード詳細

ルークスで唯一ターボエンジンを搭載するグレード

最上級グレードの「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」は、ルークスで唯一最高出力64psを発揮するターボエンジンを搭載するグレードです。足回りもインチアップし15インチタイヤ&アルミホイールが採用されているため、走りの力強さや質感が大幅に向上しているのがこのグレードの特徴といえるでしょう。

そのほかの装備内容はほぼ「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」に準じます。

「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

月々17,390円から乗れるルークスのお試し審査をチェック!

ルークス

ルークス 月額17,390円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
ルークスは月額17,390円で乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくルークスのプランを知りたい方はこちら

ルークスのおすすめグレードは「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」

ルークスに乗るのであればやはり「プロパイロット」は外せないでしょう。ロングドライブを楽しむことが多いのであればなおさらです。両側のハンズフリーオートスライドドアも魅力的。その点を考えると、「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」がおすすめです。走りに余裕が欲しい方はターボエンジンを搭載する「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」もいいかもしれません。

グレード選びはカーライフの満足度に大きく関わります。細かい部分まで確認して、目指すカーライフが実現できるグレードを見極めましょう。

よくある質問

Q1:ルークスのグレード構成は?

A:ルークスには標準モデルとエアロモデルのハイウェイスターの2種類のスタイルが用意されています。標準モデルには「S」「X」、ハイウェイスターには「ハイウェイスターX」、「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」、「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」の計5種類のグレードが用意されています。

Q2:ルークスのグレードはどうやって選べばいい?

A:ルークスは標準モデルとハイウェイスターの2種類のスタイルがあるため、まずはどちらのルックスが好みかを検討しましょう。その上でルークスの目玉装備ともいえる運転支援機能「プロパイロット」の有無や、ハンズフリーオートスライドドアが両側に必要かどうかによってグレードを選ぶことをおすすめします。

Q3:ルークスのおすすめグレードは?

A:ルークスを選ぶのであればやはり最新の運転支援機能である日産自慢の「プロパイロット」は欲しいところ。さらに両側のハンズフリーオートスライドドアが装備される「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」がルークスのおすすめグレードです。

※記事の内容は2020年11月時点の情報で執筆しています。

ルークスの利用を検討されている方へ

トヨタや日産、ホンダなどのメーカーも参入している、個人向けカーリースをご存じでしょうか?
ご利用されてる方からは「買うよりお得」という声もあるそうです。

カーリースで解消されること

おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者の多くが以下の思いを解決しています。

  • お金がないから新車を諦めて中古車に乗る
  • 車のために、お金を使うのを我慢する

もう、このような思いをする必要はありません。頭金を用意せず、維持費も安く新車に乗れるのがカーリースなのです

カーリースの特長

おトクにマイカー 定額カルモくんを例に、カーリースのおもな特長をご紹介します。

  • 頭金なしなので、貯金を崩さず車に乗れます。
  • 税金・自賠責保険代金コミ、プランによって車検もコミなので、大きなお金が出ていくこともありません。
  • 返却の際もお金がかかりません(契約期間中の解約は違約金がかかります)。
  • 走行距離も月平均1,500キロまで(返却時に総走行距離を割って計算します)。
    ※車種によっては返却せずそのままもらえたり、走行距離制限がなかったりするものもあります。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんの資料をご覧になりたいという方はこちらをどうぞ

資料請求

日産ルークスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産ルークスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー