ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

CX-8のグレードごとの内装の違いや収納について解説

CX-8のグレードごとの内装の違いや収納について解説

出典:マツダ「CX-8」特長

車を使用する上で、ドライバーや乗員が最もふれることになるのは内装です。そのため、内装デザインが好みに合っているか、ストレスを感じることなく過ごせる仕様になっているのかをしっかりと見極めるのが満足度の高いカーライフを手に入れるためのひとつのポイントといえるでしょう。

ここでは、マツダ「CX-8」の内装について詳しく解説します。

  • CX-8は身長170cm の大人が無理なくくつろげる3列目シートの居住スペースを確保
  • グレードによってシート素材に差があり、上級グレードではレザーシートが標準装備されている
  • 荷室は定員乗車時でも9インチサイズのゴルフバッグが2個積み込める容量を確保

CX-8の室内空間の特徴

2017年12月に販売が開始されたCX-8は、3列シートを備えたクロスオーバーSUVです。多人数乗用車のミニバンに代わる選択肢として提案されたモデルで、海外で販売されているワンランク車格が上のCX-9をベースとしています。

CX-8は一般的に補助的な存在になりがちな3列目シートの居住性にこだわり、2列目シートの下に乗員のつま先を入れられるスペースを確保するなど、身長170cm の大人が3列目シートで無理なくゆったりとくつろげる快適性・実用性を追求しているのが大きな特徴です。

CX-8の内装

ここからは、CX-8のグレードごとの内装について見ていきましょう。

「25S」/「25S Smart Edition」/「XD」/「XD Smart Edition」

「25S」/「25S Smart Edition」/「XD」/「XD Smart Edition」 出典:マツダ「CX-8」特長

エントリーグレードにあたる「25S」「XD」の内装は、ブラックでまとめられた落ち着きのあるデザインです。

「25S」/「25S Smart Edition」/「XD」/「XD Smart Edition」 出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

インパネやドアトリムにあしらわれるデコレーションパネルにはガンメタリックを採用し、モノトーンでありながら質感を変えることで高級感をプラス。

「25S」/「25S Smart Edition」/「XD」/「XD Smart Edition」 出典:マツダ「CX-8」特長

シート素材にはカジュアルな印象のクロスを使用しています。

「25S PROACTIVE」/「XD PROACTIVE」

「25S PROACTIVE」/「XD PROACTIVE」出典:マツダ「CX-8」特長

「25S PROACTIVE」/「XD PROACTIVE」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

ワンランク上のグレード「PROACTIVE」では、シート素材やインテリアカラーはエントリーグレードと変わりありませんが、デコレーションパネルがウォームシルバーヘアライン/サテンクロームメッキになるほか、随所にクロームメッキやサテンクロームメッキ加飾が追加され、質感を向上させています。

「25S Black Tone Edition」/ 「XD Black Tone Edition」

「25S Black Tone Edition」/ 「XD Black Tone Edition」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

2020年12月に追加された特別仕様車「Black Tone Edition」は、エクステリアに効果的にブラックをあしらい、スポーティーさを強調したモデルです。内装では、シートをはじめステアリングホイール、シフトブーツなどにレッドステッチを施すことでエクステリアと共通の世界観を表現。

「25S Black Tone Edition」/ 「XD Black Tone Edition」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

シート素材は滑りにくく手触りも良い人工スエード調素材グランリュクス®+合成皮革のコンビシートです。

「25S Black Tone Edition」/ 「XD Black Tone Edition」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

なお、デコレーションパネルはハニカムブラックとサテンクロームメッキの組み合わせが採用されています。

「25S L Package」/「XD L Package」

「25S L Package」/「XD L Package」出典:マツダ「CX-8」特長

「25S L Package」/「XD L Package」出典:マツダ「CX-8」特長

上級グレードの「L Package」では、シートカラーがブラックとレッドから選択が可能です。レッドは深みのある色合いで大人の色気を感じさせるマツダらしいカラーです。

「25S L Package」/「XD L Package」出典:マツダ「CX-8」特長

シート素材はパーフォレーションが施されたレザーシート。上級グレードであることを実感させてくれる質感の高さが魅力です。

「25S L Package」/「XD L Package」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

デコレーションパネルはメタルウッド/サテンクロームメッキの組み合わせになり、メタルウッドの質感が高級セダンのような上質さを室内にもたらしています。

「25T Exclusive Mode」/「XD Exclusive Mode」

「25T Exclusive Mode」/「XD Exclusive Mode」出典:マツダ「CX-8」特長

「25T Exclusive Mode」/「XD Exclusive Mode」出典:マツダ「CX-8」特長

最上級グレード「Exclusive Mode」では、贅沢にナッパレザーを使用したシートを標準装備しています。ラグジュアリーさを極めた内装といえるでしょう。カラーはオーバーンとピュアホワイトから選択が可能です。

「25T Exclusive Mode」/「XD Exclusive Mode」出典:マツダ「CX-8」特長

シートにはキルティング加工とブラックのパイピングを施すことで、素材使いだけではなくデザイン性をも高め、最上級グレードならではの贅沢さを演出しています。

「25T Exclusive Mode」/「XD Exclusive Mode」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

デコレーションパネルはハニカムシルバーとサテンクロームメッキで、さりげない輝きをプラスすることで室内に上質さと品の良い華やかさをプラス。内装にこだわりのあるマツダらしい質の高い仕上がりが魅力です。

メルマガ登録

CX-8の座席周りの収納

CX-8の座席周りの収納にはどのようなものがあるのか、確認してみましょう。

アジャスター機能付きカップホルダー

アジャスター機能付きカップホルダー出典:マツダ「CX-8」特長

フロントシート用のカップホルダーはドリンクが固定できるアジャスター付きなので安定感は抜群です。低い位置に設置されているため、コマンダーやシフトの操作を邪魔することもありません。

アームレスト付きコンソールボックス

アームレスト付きコンソールボックス出典:マツダ「CX-8」特長

コンソールボックスはかなりの容量があるため、メイクポーチ、タオルなどの身の回りの品を収納しておくスペースとして活躍するでしょう。

セカンドシートアームレスト付きコンソール(「Exclusive Mode」に標準装備)

セカンドシートアームレスト付きコンソール(「Exclusive Mode」に標準装備)出典:マツダ「CX-8」特長

最上級グレードの「25T Exclusive Mode」と「XD Exclusive Mode」の2列目シートには、カップホルダーに加えて充電用のUSB端子が2個と小物入れ、ストレージボックス(6人乗りのみ)が備わっているため、快適にドライブが楽しめるでしょう。

このほか、CX-8にはフロントドアにはボトルホルダー付きのドアポケット、リアドアにボトルホルダー、3列目シートにもボトルホルダーが用意されていることに加え、運転席・助手席のシートバックポケット、オーバーヘッドサングラスホルダー、グローブボックスなどがあります。

なお、「L Package」と「Exclusive Mode」のグローブボックスの内側には植毛加工、LEDイルミネーションが追加されています。

CX-8の荷室&座席アレンジ

CX-8の荷室は3列目シート使用時でも9インチサイズのゴルフバッグが2個積み込める広さを確保しています。さらに床下には307mmの深さのサブトランクを装備しているため、普段あまり使わない清掃グッズなどもすっきりと収納しておけるでしょう。

CX-8の荷室&座席アレンジ出典:マツダ「CX-8」特長

また、「PROACTIVE」以上のグレードでは、足をセンサーにかざすと自動でリアゲートを開閉する「ハンズフリー機能付きパワーリフトゲート」を搭載しているため、雨の日や両手がふさがっている場合でもスムーズに荷物を積み込めます。

CX-8の荷室&座席アレンジ出典:マツダ「CX-8」特長

3列目シートに加え、2列目シートも前方に倒すと大人が横になれるフルフラットスペースが登場(「Exclusive Mode」6人乗りは除く)するため、休憩時などはゆっくりと体を横たえて休むことも可能です。

こだわりを感じさせる内装が魅力

CX-8はマツダのSUVのフラッグシップだけあり、細部までこだわりを感じさせる上質な内装が魅力です。グレードによって内装の雰囲気が大きく変わるので、CX-8を選ぶ際にはパワートレインや快適装備の充実度だけでなく、内装デザインについてもよく比較検討することをおすすめします。

よくある質問

Q1:CX-8の室内空間の特徴は?

A:CX-8は3列シートを備えるSUVです。一般的に3列シートSUVの3列目シートは補助的な存在になりがちですが、CX-8は3列目シートの居住性にこだわり、身長170cmの大人の方でも無理なくゆったりとくつろげるように工夫されています。

Q2:CX-8にはレザーシートの設定はある?

A:はい、「L Package」はレザーシート、最上級グレードの「Exclusive Mode」にはナッパレザーシートが標準装備されています。なお、「L Package」ではブラックとレッド、「Exclusive Mode」ではピュアホワイトとオーバーンのそれぞれ2色からシートカラーが選択可能です。

Q3:CX-8の荷室は?

A:CX-8は3列目シート使用時でも9インチサイズのゴルフバッグが2個積み込める容量を確保していることに加え、307mmの深さのサブトランクも用意されています。また「PROACTIVE」以上のグレードには「ハンズフリー機能付きパワーリフトゲート」を搭載し、利便性も高めています。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で執筆しています。

マツダCX-8の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダCX-8の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード