ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

CX-8の後悔につながるポイントは?デメリットや利用者の口コミをチェック

マツダ「CX-8」を購入して後悔した人はいるのか確かめようとしている女性の画像
マツダ「CX-8」を購入して後悔した人はいるのか確かめようとしている女性の画像

多人数乗車が可能な車の新しい選択肢といえる、マツダのクロスオーバーSUV「CX-8」。CX-8はしっかりとした居住性を確保した3列目シートを備えたモデルですが、CX-8に魅力を感じている方が「後悔した」という口コミを見かけて購入に不安を抱くケースも見られます。

そこで、後悔につながるのは具体的にどのようなポイントなのか、実際の利用者の口コミを踏まえて解説します。またCX-8はどのような方であれば後悔なく乗れるのかなども見ていきましょう。

  • ボディサイズが大きすぎる、ディーゼルエンジンの音が気になるなどのデメリットがある
  • 洗練された上質なデザインや運転する楽しさを感じられる走行性能の高さが魅力
  • 予算に縛られずにグレードが選べる車の入手方法もある

CX-8を買ったとき後悔しそうなポイント

車種画像バナー

CX-8に限らず、どのような車にもメリットとデメリットがあります。そのデメリットとなる部分を許容できるか、自身のカーライフには大きな影響を及ぼすことはないかなどを確認しておきましょう。

ここでは、CX-8の後悔につながりかねないポイントについて見ていきます。

ミニバンには居住性・乗降性の面で後れを取る

CX-8はミニバンに代わる多人数乗車が可能な車の選択肢とマツダが位置付けている3列目シートを備えたクロスオーバーSUVです。

3列目シートを備えるSUVはほかにもありますが、いずれも3列目シートが補助的な存在であるのに対し、CX-8は3列目シートもしっかりとした居住性が確保されているのが特徴です。そうはいっても、やはり箱型で室内空間が広い大型ミニバンと比較すると狭いことは否めません。

また、CX-8はスライドドアではなくヒンジドアを採用しています。CX-8のような大きなボディの場合、ヒンジドアでは駐車場の幅によっては乗り降りしにくいことや、またSUVであるためミニバンよりもステップ高が高く、小さな子供や高齢者の乗り降りに不安がある、といった点が後悔につながることもあるかもしれません。

とにかく大きすぎる

CX-8は全長4,925mm、全幅1,845mm、全高1,730mmと国産SUVとしてはボディサイズが大きく、ホイールベースも2,930mmあります。そのため小回りが利かず、狭い道が入り組んだような場所では取り回しにくさを感じる可能性があります。また、都市部に多い立体駐車場の場合、駐車できないケースも見られます。

さらに運転初心者や運転が苦手な方にとっては、大きすぎて運転しにくいと感じることが多く、大きさが後悔するポイントとなる可能性があります。

ディーゼルエンジン特有の音が気になる

ガソリンエンジンに加え、クリーンディーゼルエンジンがラインナップされているのがマツダ車の特徴でもあります。ディーゼルエンジンはトルクが太い、燃料費がガソリンよりも安いなどのメリットがありますが、独特の「ガラガラ」というようなディーゼルノック音があります。

マツダはディーゼルエンジンの静粛性を追求しており、このディーゼルノック音を低減する独自の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を採用しています。とはいえ静粛性においてはガソリン車に軍配が上がるので、走行性能の高さに魅力を感じてディーゼル車を選んだけれどもやはり音が気になる、という声も耳にします。

【聞いてみた】実際にCX-8に乗っている利用者の口コミ

実際にCX-8を購入して乗った経験のある方の口コミ*を見ていきましょう。CX-8が自身に合っているかどうかの判断材料のひとつとして、カタログの情報だけではなく口コミも積極的にチェックすることをおすすめします。

車庫入れに苦労する

北海道在住・30代前半・男性
北海道在住・30代前半・男性

元々車が好きで、特にマツダ車のファンです。CX-8はデザインの良さが圧倒的で、カスタマイズのしがいがあると思ったので購入しました。もちろんボディサイズが大きいことは納得済みで購入したのですが、思ったよりも扱いにくく、自宅の駐車場への車庫入れはちょっと苦労する点が後悔ポイントですね。

ナビがちょっと使いにくい

愛知県在住・20代前半・男性
愛知県在住・20代前半・男性

CX-8のディーゼルモデルを購入しました。乗り心地の良さと装備とのバランスがとれているのかどうかが自分の車選びのチェックポイントなのですが、CX-8はそれだけではなく見た目も良いことが気に入りました。でも実際に乗ってみるとちょっとナビが使いにくい。オプションで大きなディスプレイも選べるみたいなので、そっちにすればよかったかなと後悔しています。

今のところ特に後悔はない

居住地・年齢・性別不詳
居住地・年齢・性別不詳

今のところ、取り立てて後悔しているポイントはありません。昔からマツダ車のフォルムが好きなんですが、CX-8は特にカッコ良さが際立っていました。土日は高速に乗ってドライブするのが今の楽しみです。大きさもありデザインも良いので、優越感に浸れますね。

車選びで後悔したくない方は、カーリースの利用を検討してはいかがでしょう。
カーリースは「車のサブスク」ともいわれ、頭金などの初期費用0円、月々定額で新車に乗れます。
費用を抑えて車に乗り始める方法として、おすすめです。

申込者数15万人以上_おすすめのサービスをみる

*チャットアンケートツールを用いた独自調査による

「後悔」なんてする必要なし?CX-8にはこんなメリットがある

「後悔」なんてする必要なし?CX-8にはこんなメリットがある出典:MAZDA CX-8

CX-8には後悔につながるポイントもいくつか見受けられますが、魅力的な部分も多くあります。ここでは、CX-8ならではのメリットにはどのようなものがあるのかを確認してみましょう。

洗練されたデザインや独特のボディカラー

CX-8は都会的で洗練されたデザインが大きな魅力といえます。日本では多人数乗車ができる車=箱型というイメージがありますが、CX-8はそれとは一線を画す、躍動感や走りの良さを感じさせる独特のプロポーションを創出。ボディ表面の光の動きで品格や造形の美しさを際立たせています。

内装ではナッパレザーや本杢を使用した加飾パネルなどを使用し、素材感や厳選された絶妙な色使いで大人のゆとりや落ち着きを感じさせる室内空間を作り出しています。

また、職人による手塗りを再現したマツダ独自の塗装技術である「匠塗」がCX-8のエクステリアの造形をより美しく際立たせます。

なお、CX-8では、匠塗はマツダのデザインテーマ「魂動デザイン」を象徴する「ソウルレッドクリスタルメタリック」、独特な金属質感を表現した「マシーングレープレミアムメタリック」、日本ならではの引き算の美学や「禅」の世界から着想した「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」の3色の設定があります。

多彩なグレードの選択肢がある

マツダ車全体にいえることですが、CX-8にも豊富なグレードの選択肢が用意されています。2022年11月の大幅改良では、ピアノブラック塗装のガーニッシュなどをエクステリアにあしらい、さらにスポーツカーのような情熱を感じさせるレッドのスムースレザーシートを備えた新グレード「Sports Appearance」と、家族で自然の中に快適に出掛けられることをコンセプトとした特別仕様車「Grand Journey」が追加されました。

また、最上級グレードの「Exclusive Mode」は細部にわたって作り込み、贅を尽くしたラグジュアリーさが特徴と、グレードによって個性を大きく変えているので選ぶ楽しみを存分に味わうことができます

運転が楽しくなる走行性能の高さ

CX-8は、ミニバンでは得られない走る楽しさが実感できる走行性能の高さも魅力です。マツダ独自の車両制御技術「G-ベクタリング コントロール プラス」を標準装備し、ライントレース性を向上させるとともに高速走行時や悪路での安定性を向上させ、マツダの走りのコンセプトである「人馬一体」の走りを実現しています。

4WD車には悪路走破性を高める「オフロード・トラクション・アシスト」を搭載。さらに、2022年11月の大幅改良時には、好みや走行環境によってドライブモードを選択でき、人馬一体感をさらに高める「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT」を採用し、走りの質感も進化させています。

出費を抑えて新車に乗れる!カーリース(車のサブスク)で後悔しない車選び
この車種で料金シミュレーションをする

CX-8に乗っても後悔しないのはどのような方?

CX-8は、ミニバン以外で6~7人の大人数が乗れる車を探している方におすすめのモデルです。大人数が乗れる車であっても運転する楽しさをあきらめたくない方や、所有欲を満たしてくれる上質で洗練されたクロスオーバーSUVが欲しい方にも向いているでしょう。

ただし、国産モデルとしてはボディサイズが大きいため、自宅周辺の道路環境や駐車場の大きさ、出庫・入庫のしやすさなどは確認しておく必要があります。

また、個性が異なるグレードが多数用意されているため、豊富な選択肢から自身の感性に合った1台を選びたい方にもぴったりです。

購入するより手軽な方法でCX-8に乗れば後悔しないかも

カルモくん_new

現金一括やローンを組んで車を購入するのではなく、「車のサブスク」とも呼ばれるカーリースを利用してマツダ「CX-8」に乗る方法もあります。

カーリースは、月々定額で新車に乗れるサービスです。車を購入するときのようにまとまった初期費用を用意する必要がなく、気軽に車に乗り始めることができます。

とりわけカーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」は業界最安水準*で、CX-8を月々 43,290 円から利用できます

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

CX-8の特徴を知れば後悔することなくカーライフを楽しめる

洗練されたデザインのCX-8にも、見方によっては後悔しうるデメリットがあるでしょう。しかし、そのようなデメリットをあらかじめ知っておけば、きっと上手にCX-8を乗りこなせるでしょう。

カーリースのように費用を抑えながら、マイカー同様、新車に乗れるサービスを利用すれば、さらに安心してCX-8に乗れるのではないでしょうか。

乗りたい車の特徴を把握しベストな方法を選ぶことで、後悔しないカーライフを送りましょう。

カーリースにも、カーローンを組んで車を購入するときと同様、審査があります。

「定額カルモくん」の「お試し審査」は、審査に通るかどうか簡単に確かめられるツールです。まずはこの「お試し審査」で、CX-8に乗れるかどうか確かめてみてはいかがでしょう。

申込者数15万人以上_お試し審査

2024年新生活応援キャンペーン

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:マツダ「CX-8」を買ったら後悔する?

A:CX-8は国産クロスオーバーSUVとしてはボディサイズがかなり大きく、走行シーンによっては取り回しに難があるほか、駐車する場所を選び場合があります。また静粛性を高める工夫がされているとはいえ、ディーゼル車はディーゼルエンジン特有の音が気になるという声もあります。

Q2:CX-8はどのような方に向いている車?

A:CX-8はミニバン以外で大人数が乗れる車を探している方や、所有欲を満たしてくれる上質で洗練されたクロスオーバーSUVが欲しい方に向いています。

Q3:後悔することなくCX-8に乗るには?

A:「車のサブスク」として月々定額でCX-8に乗れるカーリースの利用がおすすめです。カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」であれば、車にまつわる相談ができるマイカーコンシェルジュが在籍しているため、車種やグレード選びで後悔するデメリットを回避できるでしょう。

※この記事は2023年3月1日時点の情報で制作しています

マツダCX-8の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダCX-8の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる