ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

フェアレディZの燃費は?実燃費やライバル車とも比較!

フェアレディZの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

出典:日産「フェアレディZ」webカタログ トップ

カーリースでは車両代金や法定費用はもちろんのこと、メンテナンスプランを追加すれば車検費用やメンテナンスの費用まで定額制にすることができます。しかし、燃料費は月額料金にまとめることはできないため、維持費として別に用意しなければなりません。

そのため、燃料費を左右する車の燃費性能は車選びの重要ポイントといえます。ここでは、日産「フェアレディZ」の燃費について紹介します。

【この記事のポイント】
✔フェアレディZのトランスミッション別WLTCモードカタログ燃費と実燃費はこちら

トランスミッションカタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
6MT8.4~8.56.1~8.3
7AT8.6~8.88.5

 

✔フェアレディZのカタログ燃費はトヨタ「スープラ」より劣るが、日産「GT-R」を上回る
✔フェアレディZは優れたハンドリングの応答性と快適な乗り心地を両立させている

フェアレディZの特徴

日本を代表するスポーツカーとして、国内のみならずグローバル市場でも高い人気を誇る日産「フェアレディZ」。初代は1969年に登場し、半世紀以上愛され続けているモデルです。現行型のモデルは2008年12月に登場しました。ロングノーズ、ショートデッキの典型的なスポーツカーのスタイル、そして駆動方式はFR(後輪駆動)という硬派なスポーツカーに仕上がっています。

標準モデルに搭載されるエンジンは最高出力336psを誇る日産の独自技術・VVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)を採用した3.7LのV6NAエンジン。VVELはドライバーのアクセルの踏み込み量に応じてバルブの作動角・リフト量を可変制御するシステムで、スポーツカーに期待される機敏なレスポンスやコントロール性を実現します。

空力性能に特化したボディを持ち、専用チューニングが施されたエンジンを搭載した「NISMO」では、最高出力355psを発揮します。組み合わされるトランスミッションは6速MTと7速ATで、トランスミッションの違いによる燃費の差はそれほど大きくありません。

フェアレディZのカタログ燃費

フェアレディZのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式トランスミッション燃費(km/L)
フェアレディZ2WD6MT8.5
7AT8.8
フェアレディZ Version T2WD7AT8.8
フェアレディZ Version S2WD6MT8.5
フェアレディZ Version ST2WD6MT8.5
7AT8.8
フェアレディZ NISMO2WD6MT8.4
7AT8.6

 

フェアレディZの実燃費

フェアレディZに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」によると、フェアレディZの実燃費(2021年9月7日時点)は以下のとおりです。

グレード駆動方式トランスミッション燃費(km/L)
フェアレディZ
フェアレディZ Version T
フェアレディZ Version S
フェアレディZ Version ST
2WD6MT6.1
7AT8.5
フェアレディZ NISMO2WD6MT8.3
7AT---

 

路面の状態や運転の仕方、電装品の使用状態、乗員や荷物の重量などによって実燃費は変わりますが、一般的にWLTCモード燃費では平均1~1.5割程度はカタログ燃費よりも実燃費が低くなるといわれているため、フェアレディZのカタログ燃費と実燃費の差は7AT車とNISMOの6MT車は平均値よりも小さいといえるでしょう。

フェアレディZとライバル車のカタログ燃費を比較

フェアレディZのライバル車としては、トヨタ「スープラ」や、日産「GT-R」が挙げられるでしょう。ここではこの2車種と比較してみます。

トヨタ「スープラ」

トヨタ「スープラ」出典:トヨタ「スープラ」ギャラリー

2002年にいったん生産休止され、2019年5月に17年ぶりに登場した現行型のトヨタ「スープラ」は、技術提携しているBMWとの共同開発車であり、トヨタのスポーツモデル専用ブランド「GR」初となる専売車種の2シーターのピュアスポーツカーです。駆動方式はフェアレディZと同じFR、組み合わされるトランスミッションは8速ATのみとなっています。

スープラのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式トランスミッション燃費(km/L)
SZ2WD8AT13.1
SZ-R2WD8AT12.7
RZ2WD8AT12.0

 

スープラの排気量は3.0Lと2.0Lと、フェアレディZよりも小さいこともあり単純比較はできませんが、燃費の数値だけ見るとフェアレディZはスープラに大きく引き離されているといえるでしょう。

さらにスープラではアイドリングストップ機構が搭載されていることも燃費に影響していると考えられます。

日産「GT-R」

日産「GT-R」出典:日産「GT-R」外観・デザイン

2013年にはNISMOモデルがドイツ・ニュルブルクリンク北コースでの当時の量産市販車最速ラップをたたき出すなど、常に車好きの注目を集めている日産「GT-R」。2019年には特別仕様車「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」を発売したことでも話題になりました。駆動方式は4WD、トランスミッションは6速DCTと、パワートレインはフェアレディZと異なります。

GT-RのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式トランスミッション燃費(km/L)
GT-R Pure edition4WD6DCT7.8
GT-R Premium edition4WD6DCT7.8
GT-R Black edition4WD6DCT7.8
GT-R Track edition engineered by NISMO4WD6DCT7.8
GT-R Premium edition T-spec4WD6DCT7.8
GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec4WD6DCT7.8

 

フェアレディZとGT-Rの比較では、フェアレディZの燃費がGT-R を上回っていることがわかります。

メルマガ登録

フェアレディZの走行性能・乗り心地

フェアレディZの走行性能・乗り心地出典:日産「フェアレディZ」webカタログ トップ

現行型のフェアレディZでは、フロントに剛性が高くレーシングカーなどに採用されることが多いダブルウィッシュボーン式、リアに高級車に採用されることの多いマルチリンク式のサスペンションを採用することによってステアリング操作に対する応答性を高めるとともに、快適な乗り心地を実現しています。

モータージャーナリスト・萩原文博さんのレビュー記事でフェアレディZの走行性能を詳しくチェック!

硬派なスポーツカーならではの魅力を持つフェアレディZ

フェアレディZは趣味性の高いモデルであり、セカンドカーとして選ばれる方も多いかもしれません。そういった特性のため、日常的に使用する軽自動車やミニバンなどと比較すると燃費性能は優れている、とは言い難いものがあります。

しかし、フェアレディZの魅力はその走行性能や硬派なスポーツカーならではのスタイリングにあります。燃費性能が近年の車としては多少物足りないとしても、それを補って余りある魅力を持つモデルであるといえるでしょう。

よくある質問

Q1:フェアレディZのカタログ燃費はどのくらい?

A:フェアレディZに搭載されるエンジンは3.7LのV6NAエンジンで、トランスミッションは6MTと7ATがあります。カタログ燃費は6MTが8.5km/L、7ATが8.8km/Lです。なお、エンジンの出力を引き上げたNISMOのカタログ燃費は6MT車が8.4km/L、7ATが8.6km/Lとなっています。

Q2:フェアレディZの実燃費は?

A:フェアレディZの実燃費は6MTが6.1km/L、7ATが8.5km/L。NISMOの6MTは8.3km/Lです。WLTCモードではカタログ燃費と実燃費のあいだに1~1.5割程度の差が生じるのが一般的なので、7ATとNISMOの実燃費は平均値よりも差が少ないといえるでしょう。

Q3:フェアレディZのカタログ燃費をライバル車と比較すると?

A:フェアレディZのライバル車としては、トヨタ「スープラ」や日産「GT-R」が挙げられます。この2車種とフェアレディZの燃費を比較すると、フェアレディZの燃費の数値はスープラには後れを取っていますが、GT-Rの燃費は上回っています。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で執筆しています。

日産フェアレディZの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産フェアレディZの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード