ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「トヨタカローラアクシオ」コンパクトなボディと使い勝手の良い室内が魅力の5ナンバーセダン

「トヨタカローラアクシオ」コンパクトなボディと使い勝手の良い室内が魅力の5ナンバーセダン

この記事は、 5 分で読めます。

2012年に登場した11代目カローラのセダンモデルがカローラアクシオ。先代モデルに比べてコンパクトになったボディなど原点回帰を目指したモデルです。2019年9月に後継モデルとなる12代目カローラが発売された後も、貴重な5ナンバーサイズセダンとして継続販売されています。まもなく販売終了の噂もあるカローラアクシオですが、その魅力を改めて徹底レビューしましょう。

新型が登場したものの継続販売されるカローラアクシオ

新型が登場したものの継続販売されるカローラアクシオ

2019年9月にトヨタカローラセダンはフルモデルチェンジを行い、12代目モデルへと世代交代しました。現行型カローラセダンはトヨタのクルマづくりの構造改革である“TNGA”を採用し、ボディサイズが全幅1,745mmの3ナンバーサイズに拡大。低重心でスポーティーなスタイリング、走る楽しさと、取り回しの良さを両立しています。安全装備も「Toyota Safety Sense」の全車標準化といった安全性能の強化や、国内トヨタ初となるディスプレイオーディオの標準搭載とスマートフォンとの連携などコネクティッドサービスを充実させています。

カローラセダンはフルモデルチェンジを行い新型へと進化しましたが、5ナンバーサイズの先代モデル、カローラアクシオもラインナップを縮小しつつ併売されています。ここでは、貴重な5ナンバーサイズ国産セダンのトヨタカローラアクシオについて、徹底レビューしたいと思います。

メルマガ登録

先代モデルよりもコンパクトサイズで原点回帰

先代モデルよりもコンパクトサイズで原点回帰

カローラアクシオとしては2代目、カローラセダンとして通算11代目モデルは2012年5月に登場しました。これまでモデルチェンジを行う度にボディサイズが大型化してきましたが、ターゲット層の高齢化が進むカローラアクシオは原点回帰を敢行。コンパクトカー、ヴィッツのシャシーを流用することで、「大人4人が安心・安全、快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」をテーマに開発されました。ボディサイズは先代に比べて全長が50mm短くなり、全幅は1,695mmで5ナンバーサイズとなっています。

2013年に好燃費のハイブリッドを追加

2013年に好燃費のハイブリッドを追加

登場時に搭載していたパワートレインは最高出力95ps&最大トルク121Nmを発生する1.3L直列4気筒自然吸気エンジンと、109ps(4WD車は103ps)&136Nm(132Nm)の1.5L直列4気筒自然吸気エンジンでした。そして2013年8月に74ps&111Nmを発生する1.5L直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドシステムを追加しました。

組み合わされるトランスミッションは5速MTとCVTで、燃費性能はJC08モードで1.3L車が20.6km/L、1.5L車は16.4~23.4km/L、そしてハイブリッド車は34.4km/Lを実現しています。安全装備は全車に横滑り防止装置のVSC、タイヤ空転抑制機能のTRC、SRSサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグ(ビジネスパッケージを除く)が標準装備でした。

2度のマイナーチェンジで安全装備を充実

2度のマイナーチェンジで安全装備を充実

2015年4月にマイナーチェンジを実施。主な内容は“複数の安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」の採用”、“モダンな内外装デザインへの刷新”、“JC08モード走行燃費23.4㎞/Lを実現した1.5L新開発エンジンの搭載”などです。中でも、新開発の1.5LガソリンエンジンはアトキンソンサイクルのほかVVT-iEなどを採用することで燃費と動力性能を高い次元で融合。さらにアイドリングストップ機能を標準装備しています。

さらに、2017年10月に2度目のマイナーチェンジを行います。改良点は“アクセルペダルの踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」の新設定および「Toyota Safety Sense C」の全車標準装備化”、“フロントグリルを中心とした意匠変更”、“新パッケージ「W×B」の設定”、そして“ハイブリッド車のモーターやエンジンなどの制御を改良し、JC08モード燃費33.4㎞/Lの実現”となっています。

さらにスマートエントリー&スタートシステムの設定拡大、クルーズコントロールの新設定も行われています。インテリアも助手席側のインパネにメッキ加飾を施し、「ハイブリッド」、「1.5X」、「1.3X」のシート色に黒を採用して質感を向上させています。

2021年9月にも一部改良

2019年9月に12代目が登場した後もカローラアクシオはグレードを統廃合して併売され、2021年9月には一部改良を行っています。改良の内容としては、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」のプリクラッシュセーフティを、歩行者(昼)検知機能付衝突回避支援タイプに、そしてコンライトを全車標準装備として安全性を向上しています。

コンパクトなボディながら使い勝手の良い室内はいまだに魅力的

コンパクトなボディながら使い勝手の良い室内はいまだに魅力的1

コンパクトなボディながら使い勝手の良い室内はいまだに魅力的2

コンパクトなボディながら使い勝手の良い室内はいまだに魅力的3

現在、カローラアクシオは1.5Lガソリンエンジンを搭載した「EX 」2WDのMT車とCVT車、CVT車の4WD、そして「ハイブリッドEX」の2WDの4グレードを販売。車両本体価格は155万7,600円〜213万4,000円。燃費性能はWLTCモードで15.6〜27.8km/Lを実現しています。

カローラアクシオは国産では貴重になった5ナンバーサイズのセダンです。コンパクトなボディながら大人4人がくつろげる空間を確保し、ゴルフバッグが4個入る461Lの大きなラゲッジスペースを実現するなど、使い勝手の良さはいまだに一線級の実力を持っています。

まもなく生産終了となる可能性も高いので、購入するのであれば早めがいいでしょう。新車ではグレードや仕様に制限があるので、高年式の中古車も検討に入れると選択の幅が広がるのでオススメです。

メルマガ登録

※記事の内容は2021年10月時点の情報で制作しています。

トヨタカローラアクシオの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラアクシオの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード