ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カローラアクシオに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

カローラアクシオに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説
カローラアクシオに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

出典:トヨタ「カローラアクシオ」ギャラリー

トヨタ「カローラアクシオ」は、特にビジネスユースが多い5ナンバーサイズのセダンです。登場から年月が経過しており、最新鋭のモデルというわけではありませんが、車両本体価格は最も安いものでも160万円を超えており、ハイブリッド車になると200万円を上回ります。

そのため購入となるとカーローンを利用するとしても頭金や登録諸費用でまとまった資金が必要になります。しかし、近年話題の車のサブスク、カーリースであれば定額制で車が維持できるため、大きな負担なくカーライフを始めることが可能になります。

ここでは、カローラアクシオに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

カローラアクシオに業界最安水準の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならカローラアクシオに月々 23,710 円から乗れる
  • カローラアクシオは大きすぎない適度なサイズで運転しやすいセダンが欲しい方におすすめ
  • 定額制で車が維持できるカーリースなら負担を減らしながらカローラアクシオでのカーライフが楽しめる

カーリースならカローラアクシオに月々 23,710 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのカローラアクシオの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でカローラアクシオを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「EX」MT車の2WDで、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のカローラアクシオの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年24,590円
10年25,690円
9年26,790円
8年29,540円
7年32,510円
6年30,150円
5年31,250円
4年34,990円
3年39,335円
2年50,225円
1年80,585円

※2024年5月17日時点の料金

このように、カーリースでカローラアクシオに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

カローラアクシオの料金をシミュレーションしてみる

カローラアクシオはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

今ではさまざまな分野でサブスクリプションサービスが浸透してきています。初期費用なし、定額料金の支払いで好きな車をマイカー感覚で利用できるカーリースも車のサブスクとして注目を集めています。

ここでは、カーリースのしくみや具体的なメリットに加えて、カローラアクシオをカーローンで購入したときとカーリースを利用した場合のシミュレーション結果を踏まえて本当にカーリースならお得にカローラアクシオに乗れるのかを確認してみましょう。

カーリースならカーローンより手軽にカローラアクシオに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、カローラアクシオの「EX」MT車2WDをカーローンで購入した場合と、カーリースを利用した場合でどの程度支払額に差が出るのかを確認してみましょう。なお、シミュレーションにおいてカーローンの返済期間は5年で金利はディーラーローンの相場である6%、頭金やボーナス払いは設定しないものとし、カーリースの料金は一例として定額カルモくんの料金を使用しています。

まず初期費用から比較してみましょう。メーカー公式サイトのシミュレーションによると、カローラアクシオの該当グレードの場合、諸費用として17万3,360円*が必要です。この諸費用には検査登録法定費用やリサイクル料金、手続き代行費用などが含まれており、カーローンで頭金を設定しない場合でもこの費用は最初に支払う必要があります。

つまり、カーローンの場合は頭金なしとしても初期費用の負担が発生するのです。対してカーリースでは頭金は不要なのはもちろん、諸費用も月々のリース料金に含まれているため初期費用なしでカーライフが始められるという大きな差があります。

次に、月々の支払額や車検時、納税時の出費について見てみましょう。上記の条件でシミュレーションすると、カーローンの返済額は31,157円*となりました。それに対し、5年契約でのカーリースの月額料金は33,230円*であり、月々2,073円カーリースが高くなっています。

しかし、カーリースの料金には契約期間中の税金・自賠責保険料が含まれています。カローラアクシオの場合、自動車税(種別割)は初年度を除く4年で12万2,000円*、車検時には44,610円*の法定費用がかかりますが、カーローンではこれを別に支払わなければならないのに対し、カーリースではその必要なく、契約期間中はリース料金以外の車に関するまとまった出費はほぼありません

さらに、カーリースなら契約年数を長く設定することでカーローンよりも月々の負担を抑えて利用することもできます。定額カルモくんの場合、最長の11年契約であれば月々20,000円台*からカローラアクシオに乗ることができます。

こうした点を考えると、カーリースはフラットな支払いで家計が安定する、お得な車の乗り方であるといえるのではないでしょうか。

*2022年12月時点の金額であり、変更となる可能性があります

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いカローラアクシオを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。カローラアクシオに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べる上、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでカローラアクシオに乗るメリット・デメリット

リースでカローラアクシオに乗るメリット・デメリット出典:トヨタ「カローラアクシオ」ギャラリー

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、カローラアクシオをリースする上で知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

カローラアクシオはハイブリッド車もしくはガソリンCVT車を選択した場合、オプションの「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」を追加しなければ「サポカーSワイド」になりません。そのため「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」の追加はマストといえますが、オプションを追加すると購入金額が高くなり、必要な初期費用も大きくなります。

その点初期費用なしでカーライフが始められるカーリースであれば、手元の資金を気にすることなくオプションを追加したり、車両本体価格の高いハイブリッド車を選んだりすることも可能になるでしょう。

なお、事業用にカローラアクシオの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、カローラアクシオを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

カローラアクシオを取り扱うリース3社の料金比較

カローラアクシオを取り扱うリース3社の料金比較出典:トヨタ「カローラアクシオ」ギャラリー

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、カローラアクシオを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈カローラアクシオの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースコスモMyカーリース
11年24,590円26,950円-
7年32,510円33,990円29,150円
5年31,250円35,420円34,540円
*月額料金は2024年5月17日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「EX」MT車・2WDの最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

同じ契約期間でもリース会社によって月額料金は異なります。そのため月額料金には何が含まれているのか、走行距離制限はどのくらいなのか、また契約満了時の車の扱いなどについて確認して自身が納得のできるカーリースを選ぶことをおすすめします。なお、ここで比較した3社の中でも最も月額料金を抑えてカローラアクシオに乗れるのは定額カルモくんの11年契約です。

また、定額カルモくんの7年契約の月額料金は「コスモMyカーリース」の7年契約の料金よりも高くなっていますが、コスモMyカーリースのこの価格は走行距離制限が月500kmであるのに対し、定額カルモくんでは7年以上の契約になると走行距離制限がなくなるという違いがあります。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

カローラアクシオの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

カローラアクシオの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:トヨタ「カローラアクシオ」ギャラリー

トヨタ「カローラアクシオ」は、使い勝手が良い5ナンバーサイズのセダンです。ここでは、カローラアクシオに乗りたいとお考えの方に向けて、カローラアクシオの魅力を詳しくご紹介します。

【カローラアクシオの魅力】
✔5ナンバーサイズで運転しやすい
✔荷室容量は461Lを確保し、9.5インチ×46インチのゴルフバッグが4個積載可能
✔ハイブリッド車は27.8km/L(WLTCモード)の低燃費を実現

カローラアクシオとは

日本とは道路事情が異なる海外において、車は大型化が進んでおりトヨタのグローバルモデルであるカローラも例外なくその影響を受け、大型化していきました。そこでグローバルモデルと差別化し、日本の道路事情に適した「5ナンバーサイズのカローラ」として登場したのがカローラアクシオです。

カローラアクシオの初代の登場は2006年。現行型は2012年にフルモデルチェンジされた2代目で、2015年、2017年にマイナーチェンジを受けています。

なお、2018年に12代目となる新型カローラが日本にも導入されました。本来であればこの時点で旧型モデルにあたるカローラアクシオは廃番になるのですが、12代目カローラがグローバルモデルと同じプラットフォームを採用して大型化し3ナンバーとなったため、使いやすいサイズの5ナンバーサイズのカローラアクシオはグレード整理の上で販売が継続されています。

カローラアクシオのグレード

カローラアクシオのグレード出典:トヨタ「カローラアクシオ」価格・グレード

カローラアクシオのグレードは「EX」と「HYBRID EX」の2種類のみで、シンプルなグレード構成となっています。ガソリン車、ハイブリッド車にそれぞれ1グレードずつで装備に関してもそれほど大きな差はないため、おもにパワーユニットの違いで選ぶことになります。

なお、ガソリン車の「EX」は2WD、4WDの設定があり、2WD車ではCVTに加えてMTの設定もありますが、ハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID EX」は2WDのみ。トランスミッションはCVTに限定されます。

2017年の2度目のフルモデルチェンジ以降、細かい改良は何度か行われていますが大型のアップデートはないため、近年の新型車に搭載されるような最新装備はほぼありません。快適装備としてはスマートキーを身につけていればキー操作なしでドアの施錠・解錠やエンジンスタートができる「プッシュボタンスタートシステム+スマートキー」や体格に関係なくベストなドライビングポジションが確保できるチルト&テレスコピックステアリング、運転席シート上下アジャスターなどがあります。

また、2022年8月の一部改良では全車ヘッドランプがLED化されたことに加え、充電用USB端子や「ナノイーX」が標準装備されるなど、販売開始から10年以上経っているモデルではありますが今の車に求められる最低限の利便性は維持できるように随時改良が行われています。

なお、ガソリン車とハイブリッド車で大きく異なる装備としては、ガソリン車はエアコンがマニュアル式であるのに対し、ハイブリッド車ではオートエアコンが装備される点といえるでしょう。

カローラアクシオの詳しいグレードの情報はこちら

カローラアクシオの内装

カローラアクシオの内装出典:トヨタ「カローラアクシオ」ギャラリー

カローラアクシオはコンパクトで運転しやすい5ナンバーサイズでありながら、広さを感じさせる設計で乗員はゆとりをもってドライブが楽しめます

内装はファミリーユースでもビジネスユースでも使いやすいブラックを基調とした、モダンかつシックなデザインとなっています。室内のアクセントとなるのはパーキングブレーキレバーボタンのメッキ加飾程度で、派手さのない実用性重視の印象です。ハイブリッド車にはステアリングホイールに高輝度シルバー塗装があしらわれます。

シート表皮はブラックのファブリックで、「EX」「HYBRID EX」共通です。なお、シート素材のアップグレードオプションや内装色のバリエーションは用意されていません。

また、近年ではセダンであっても後席に分割可倒機構を搭載しシートアレンジができたり、トランクスルー機構を持っていたりするモデルも少なくありませんが、カローラアクシオの後席は一体固定式であり、シートアレンジはできない仕様となっています。ただし、荷室容量はステーションワゴンの「カローラフィールダー」の定員乗車時の容量を超える461Lという大容量を確保しています。

9.5インチ×46インチのゴルフバッグであれば4個積載できる十分な広さを備えているため、プライベートでもビジネスでも活躍してくれるでしょう。

カローラアクシオの内装について詳しく知りたい方はこちら

カローラアクシオの燃費

カローラアクシオのハイブリッド車には、初代「アクア」や3代目「プリウス」などに採用された「THS II」を搭載。高いレベルの低燃費と静粛性を実現しています。

ガソリン車は2WDにおいて最高出力109ps、4WDにおいて最高出力103psを発揮する1.5L直列4気筒エンジンを採用しました。なお、ハイブリッド車とガソリン2WDのCVT車にはアイドリングストップ機能も搭載されています。

カローラアクシオのWLTCモードカタログ燃費・実燃費は、以下のとおりです。

 駆動方式トランスミッションカタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
ガソリン車2WDCVT19.816.5
MT17.216.6
4WDCVT15.610.4
ハイブリッド車2WDCVT27.825.2
*実燃費は2022年12月24日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

カタログ燃費と実燃費のあいだには一定の乖離が生じるものですが、ガソリン4WDにおいては若干差が大きい傾向が見られます。

カローラアクシオの燃費について詳しく知りたい方はこちら

カローラアクシオの安全性能

カローラアクシオには、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備されています。ただし、今のトヨタの新型車には性能の高いミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた検知システムを採用しているのに対し、カローラアクシオは登場から年数を経たモデルであるため旧世代のシステムといえるレーザーレーダー+単眼カメラ方式を搭載しています。

カローラアクシオの「Toyota Safety Sense」に含まれる先進安全機能は、衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱の危険があれば注意喚起する「レーンディパーチャーアラート」、ヘッドランプの自動切替えを行う「オートマチックハイビーム」の3つです。なお、2021年9月の一部改良において、「プリクラッシュセーフティ」に昼間の歩行者検知機能が追加されました。

このほかにMT車を除いてオプションで追加できる先進安全技術として、ペダル踏み間違い急発進抑制装置に相当する「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」があります。この「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」装着車、もしくはMT車は「サポカーSワイド」の認定となりますが、MT車以外で「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」を追加しない標準仕様のカローラアクシオは「サポカー」となります。

カローラアクシオの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

カローラアクシオは運転しやすい適度なサイズ感のセダンが欲しい方におすすめ!

カローラアクシオは運転しやすい適度なサイズ感のセダンが欲しい方におすすめ!出典:トヨタ「カローラアクシオ」Top

今ではSUVやミニバンが人気を博し、セダンは以前ほどもてはやされなくなりました。また車の大型化が進み、国産セダンであっても3ナンバーの車が増えていく中、カローラアクシオは貴重な5ナンバーサイズのセダンといえます。

高級セダンのような大きくて取り回しにくいものではなく、狭い道でも運転しやすい適度なサイズ感のセダンが欲しい方にとってカローラアクシオは最適な選択肢といえるのではないでしょうか。

カローラアクシオに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのカローラアクシオでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 23,710 円からカローラアクシオに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

カローラアクシオのグレード別料金シミュレーション

定額カルモくんはオンラインで手軽に審査申込みができることに加え、月額料金もオンラインでシミュレーションすることができます。乗りたいカローラアクシオのグレードや駆動方式を決めたら、契約年数やカーナビなどのオプション、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」の有無などを変え、何度でも納得のいくまでシミュレーションしてみましょう

この段階で疑問が出てきたり、どのグレードにすればいいのか悩んだりした場合には契約前であってもマイカーコンシェルジュにメールや電話などで相談することもできます。

ここでは、定額カルモくんのおすすめグレードである「EX」CVT車の2WDと、低燃費を実現するハイブリッドシステムを搭載した上位グレードの「HYBRID EX」2WDで、契約年数などの条件を変えてシミュレーションした結果をまとめました。

〈カローラアクシオの料金シミュレーション〉*¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(EX FCVT 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
36,915円33,830円25,360円
オプション選択 *²
メンテプランなし
43,449円36,976円27,538円
もらえるオプション選択

プラチナメンテプラン加入*³
-44,456円35,518円
上位グレード
(HYBRID EX FCVT 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
39,665円39,990円29,540円
オプション選択
メンテプランなし
46,199円43,136円31,718円
もらえるオプション選択

ゴールドメンテプラン加入
-48,406円36,988円
*¹ 料金は2024年5月17日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
*³ メンテナンスプランについて詳しくはこちら

ご希望の条件でシミュレーションしたい方はこちら↓
お申込みもこちら↓からどうぞ

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。エブリイワゴンのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!カローラアクシオに乗るならリースで決まり

根強い人気があるカローラアクシオ。初期費用が不要、定額制で新車に乗れるカーリースであれば少ない負担でカローラアクシオでのカーライフを始められるのはもちろん、車両本体価格が高いハイブリッド車にも手が届くかもしれません。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでカローラアクシオに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:カローラアクシオのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、トヨタの5ナンバーサイズのセダン「カローラアクシオ」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードの「EX」であれば最長の11年契約なら月額20,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:カローラアクシオをリースするメリットは?

A:頭金不要で、登録に必要な諸費用や税金、自賠責保険料がリース料金にコミコミのカーリースなら大きな負担なくカローラアクシオでのカーライフが始められます。また定額カルモくんであればメンテナンスプランを追加してメンテナンスの費用もリース料金にまとめたり、7年以上の契約で走行距離制限がなくなったりするなどのメリットがあります。

Q3:カローラアクシオはどんな方におすすめの車?

A:セダンが欲しいけれども、トヨタ「クラウン」のような大型高級セダンではなく、運転しやすいサイズ感の使い勝手の良いセダンを探している方におすすめです。

※この記事は2022年12月時点の情報で制作しています

トヨタカローラアクシオの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラアクシオの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る