ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーローン10社を徹底比較!損しない選び方やお得に新車に乗る方法も紹介

カーローン10社を徹底比較!損しない選び方やお得に新車に乗る方法も紹介

カーローンには、銀行や信用金庫などから借り入れる「マイカーローン」や、販売店が提携している信販会社から借り入れる「ディーラーローン」などがあります。ここではディーラーローンと比較して金利が低い傾向が見られる「マイカーローン」について解説します。

一口にマイカーローンといっても、借入先によって金利、申込みのしやすさ、審査スピードなどはさまざまです。そこで人気のカーローン10社をいろいろな観点から徹底比較してみましょう。

人気のカーローン10社比較をすぐに確認したい方はこちら

  • 最低金利1.0%以下で利用できるカーローンもある
  • 金利以外にも保証料や事務手数料を忘れずにチェックしよう
  • カーリースといったローン以外の選択肢も比較することが大切

カーローンの基本をおさらい

カーローンの基本をおさらい

カーローンとは、車の購入を目的とした融資のことです。「マイカーローン」や「オートローン」のほか、資金使途を明確にして「新車ローン」や「中古車ローン」などと呼ばれることもあります。基本的な資金使途は車の購入となっていますが、中には車検費用や車の修理費用に使えるローン商品もあります

なお、カーローンは融資であるため、利用者は金融機関などの借入先に対して、借入金に加え利息を支払わなければなりません。利息は借入金額や返済期間、金利などによって異なりますが、通常、返済期間は10年以内であることが多く、金利は1%から10%台となっています。返済期間が長く、金利が高いほど、利息総額は大きくなります。

カーローンの種類を比較

カーローンには大きく、マイカーローン、ディーラーローン、残価設定型ローンの3種類があります。これらのしくみ上の大まかな違いは「誰から借入れるか」と「どのように借入れるか」の2点です。また、それぞれのメリットやデメリットなどは異なるため、以下で詳しく確認しましょう。

マイカーローン

マイカーローンとは、銀行や信用金庫といった金融機関から借入れるカーローンのことです。おもな銀行系のローンには三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」や三井住友銀行の「マイカーローン」などがあり、信用金庫系のローンには東京東信用金庫の「カーライフプラン」や城南信用金庫の「城南マイカーローン」などがあります。

金融機関のカーローンの特徴は、ディーラーローンに比べて金利が年2~5%程度と低いことです。また、ローン利用中でも車の所有権が利用者にある、繰り上げ返済に対応しているといった利点もあります。一方で、車の購入とは別にローンの申込み手続きが必要になる、金利が低いため審査が厳しいといった欠点もあります。

ディーラーローン

ディーラーローンとは、車を担保にディーラー(販売店)が提携している信販会社から借り入れるカーローンのことです。トヨタの「トヨタクレジット」、ホンダの「クレジット」、日産の「ニッサン オートクレジット」などが該当します。

ディーラーローンの特徴は、車の購入と同時に申込み手続きを行えることです。また、マイカーローンに比べると審査に通りやすく、多少の値引き交渉ができるといわれています。しかし、完済まで車の所有権がディーラーにあり利用者は自由に処分できない、マイカーローンに比べると金利が年6~9%と高いなどの欠点もあります。

残価設定型ローン

残価設定ローンもディーラーローンと同じで、ディーラーが提携している信販会社から借り入れるカーローンの一種です。トヨタの「残価設定型クレジット」や、ホンダの「残クレ(残価設定型クレジット)」などが該当します。

残価設定ローンの特徴は、購入時に「残価」と呼ばれる数年先の下取り査定額の相当額を設定し、車両価格から残価を差し引いた残りの金額を3~5年かけて返済することです。

例えば、車両価格が250万円、残価100万円の場合は、差額の150万円を返済します。そのため、全額借り入れるフルローンに比べると、月々の支払額を少なくできます。ただし、走行距離や損傷の程度によっては、ローン期間終了時に追加料金が発生することもあります。

カーローンのおもな比較ポイント

カーローンのおもな比較ポイント

カーローンのおもな比較ポイントには、金利、諸費用、借入可能額などがあり、さまざまな視点から検討することが大切です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

金利

カーローンを利用する場合、車両価格のほかに利息を支払う必要があります。金融機関や信販会社によりますが、金利の相場は2~5%台となっていて、適用金利によって最終的な支払総額が変わります

例えば、借入金額が250万円、借入年数が3年の場合、金利が2%なら総額約265万円ですが、金利が5%なら総額約288万円に増えます。このように金利によって支払総額は変わるため、カーローンを利用する際は各社の金利を比較することが大切です。

また、同じ金融機関が提供しているカーローンであっても、「変動金利」や「固定金利」といった金利タイプによって金利は異なります。

変動金利

変動金利とは、景気などに応じて金利が変動するタイプです。ローン利用中に金利が上がる(または下がる)という金利変動リスクはありますが、一般的には固定金利と比較して金利は低めに設定されています。そのため、金利が変わらなければ(あるいは下落すれば)、固定金利よりも有利にカーローンを利用できます。

固定金利

固定金利とは、借入開始から完済まで契約時点の金利が適用されるタイプです。変動金利と違って金利変動リスクはありませんが、変動金利と比較して一般的に金利は高めに設定されています。金利が変わらないため、月々の返済額を安定させることができる点はメリットです。

諸費用

カーローンを利用するにあたり、保証料、事務手数料、団体信用生命保険の保険料、繰上返済手数料といった諸費用が必要になる場合もあります。思わぬ出費にならないよう、事前に無料か有料かなどを確認しておきましょう。

保証料

保証人(連帯保証人)を設定しないでカーローンを利用する際は、信用保証会社を使うのが一般的です。そして、信用保証会社を利用する際に支払う手数料のことを「保証料」といいます。カーローンによって「保証料込みの商品」と「保証料別の商品」があるため、契約前には保証料の有無を確認する必要があります。

事務手数料

事務手数料(事務取扱手数料)とは、ローン契約にあたって金融機関に支払う手続き費用のことです。事務手数料は無料の場合もありますが、金融機関によっては固定で数千円徴収する場合や、借入金額に応じた手数料を調整する場合もあります。

団体信用生命保険の保険料

団体信用生命保険とは、カーローンの利用者(債務者)に万が一のことがあったときに、生命保険会社から支払われるローン残高相当の保険金のことです。これによりカーローンが完済され、以降の支払いは不要になります。団体信用生命保険は任意であることが多く、加入する場合は保険料が金利に上乗せされます。

繰上返済手数料

繰上返済(一部返済・全額返済)とは、毎月の返済とは別にまとまったお金を返済する手続きのことです。繰上返済手数料の有無は金融機関によって異なり、有料の場合は1回あたり数千円の費用が発生します。一般的にネットバンキングからの利用であれば無料の場合が多いですが、窓口だと有料の場合もあります。

借入可能額

借入可能額とは、金融機関から借りられるカーローンの限度額のことです。上限を1000万円としている金融機関が多いですが、金融機関や商品によって借入可能額は異なります。また、希望額どおりに借りられるかは、申請者の収入や借入状況などによっても変わります

借入年数・返済期間

最終的な返済総額は借入年数によっても変わります。借入年数とはローンを利用する期間のことで、一般的には10年以内の場合が多いです。借入年数は基本的に任意で設定できますが、中には固定の商品もあります。そのため、契約前によく確認するのが大切です。

なお、借入期間を長くすると、月々の返済額は減りますが、利息負担が増えるため返済総額は多くなります。一方、借入期間を短くすると、月々の返済額は増えますが、返済総額は少なくなります。

返済方法

カーローンの返済方法は、元利均等方式であることが多いですが、元金均等方式を選べる場合もあります。元利均等方式とは毎月の返済金額は一定で、その内訳である元金と利息の割合が変化する返済方法です。毎月の返済金額が変わらないため、返済計画を立てやすいという利点があります。

一方、元金均等方式とは、毎月返済する元金を一定にして、その元金に利息金額を加えた額を返済する方法です。借入当初は負担が大きくなりますが、少しずつ返済金額は減ります。

キャンペーン

金融機関によっては、「金利の割引キャンペーン」などを行っていることもあります。例えば、三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」の場合、通常金利が年2.975%のところ、借入金額が500万円以下の場合は年2.45%、500万円超の場合は年1.70%に割引きされます(2021年10月時点の情報です)。

キャンペーン内容や申込条件などは金融機関によって異なるので、有利にカーローンを利用するためにも各社のキャンペーン内容もよく比較しておきましょう。

カーローンを組まずに定額料金だけでマイカーを入手する方法はこちら

人気の10社のカーローンを徹底比較

人気の10社のカーローンを徹底比較

現在、カーローンは70社以上の金融機関から提供されています。その中から、ここでは特に人気がある10社のカーローンについてご紹介します。先ほどご説明した比較ポイントについてもチェックしてみましょう。

三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」には、通常タイプと据置タイプの2種類があります。このふたつの違いは、通常プランは金利が低く借入期間を6ヵ月以上10年以内(1ヵ月単位)から選べるのに対し、据置タイプは金利が高く借入期間は10年間と固定である点です。ただし、据置タイプなら借入時から3年間は利息のみを返済する形でも問題ありません。

また、ネットDEマイカーローンの特徴の一つは、キャンペーンが充実していることです。例えば、「金利の割引き(据置タイプは対象外)」、「Amazonギフト券プレゼント」などがあります。キャンペーン金利適用後は年1.70~2.45%でカーローンを利用できます。さらに、三菱UFJ銀行の住宅ローンを利用していれば金利が低くなります。

〈三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」の商品概要〉

商品名ネットDEマイカーローン
金利タイプ変動金利
金利通常金利:年2.975%
キャンペーン:年1.70~2.45%
担保・保証人・保証料不要(金利に保証料を含む)
事務手数料なし
団体信用生命保険なし
繰上返済手数料店頭:5,500円
ネットバンキング:無料
借入可能額50万円以上1,000万円以内
借入期間6ヵ月以上10年以内
審査スピード最短即日(事前審査)
返済方法元利均等返済
申込方法ウェブ(原則来店不要)

※2021年10月時点の情報です

横浜銀行「横浜銀行マイカーローン」

横浜銀行の「横浜銀行マイカーローン」の特徴には、金利が0.9~2.4%のあいだで適用されること、新車でも中古車でも借換えでも同一金利が適用されることがあります。また、最短で翌日に仮審査結果が確認できること、申込みから契約までウェブ上で完結する来店不要型のカーローンであることも特徴です。

横浜銀行マイカーローンは他行と比較して低金利であることが魅力ですが、利用条件には神奈川県、東京都(一部地域を除く)、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市、みどり市)に居住またはお勤めの方と記載があります。対象地域以外の方は利用できない点に注意しましょう。

〈横浜銀行「横浜銀行マイカーローン」の商品概要〉

商品名横浜銀行マイカーローン
金利タイプ変動金利
金利年0.9~2.4%
担保・保証人・保証料不要
事務手数料取扱手数料:3,300円
団体信用生命保険なし
繰上返済手数料・一部繰上返済
ネットバンキング:無料
店頭:5,500円
・全額繰上返済
店頭:3,300円
借入可能額10万円以上1,000万円以内
借入期間1年以上10年以内
審査スピード最短翌日
返済方法元利均等返済
申込方法ウェブ

※2021年10月時点の情報です

千葉銀行「ちばぎんマイカーローン」

千葉銀行では、最大1,000万円まで借りられる「ちばぎんマイカーローン」と、最大3,000万円まで借りられる「マイカーローン<プレミアム>」が用意されています。このうち、ちばぎんマイカーローンの特徴は、新車の環境配慮車を購入する場合は最低金利0.85%で借りられる可能性があることや、下取車のローン残債資金も借りられることなどです。

千葉銀行ではウェブ、郵送、店頭の3つの方法でカーローンの申込みを受け付けています。申込資格には年齢や収入状況が設けられているほか、千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県(横浜市、川崎市)に住まいがあることなどが条件となっています。

〈千葉銀行「ちばぎんマイカーローン」の商品概要〉

商品名ちばぎんマイカーローン
金利タイプ変動金利
金利年0.85~2.55%
担保・保証人・保証料不要(金利に保証料を含む)
事務手数料なし
団体信用生命保険なし
繰上返済手数料・一部繰上返済
ネットバンキング:無料
店頭:5,500円
・全額繰上返済
店頭:5,500円
借入可能額10万円以上1,000万円以内
借入期間6ヵ月以上10年以内
審査スピード翌営業日以降(ウェブ)
返済方法元利均等毎月返済
申込方法ウェブ、郵送、店頭窓口

※2021年10月時点の情報です

福島銀行「ふくぎんマイカーローン「車助」 非対面Web完結型」

福島銀行の「ふくぎんマイカーローン「車助」」には、来店不要で1,000万円までの融資に対応した「Web完結型ローン」と1,000万円以上借りたい方向けの「郵送・窓口対応ローン」があります。このうち「Web完結型ローン」であれば申請から融資実行までをウェブサイトや専用アプリから行うことが可能です。

ふくぎんマイカーローン「車助」の特徴には、完済時に満75歳以下の方であれば申込みできること、居住地域に関係なく全国どこからでも申込みできることなどがあります。ただし、融資実行までに福島銀行の普通口座の開設が必要になります。

〈福島銀行「ふくぎんマイカーローン「車助」」の商品概要〉

商品名ふくぎんマイカーローン「車助」非対面ウェブ完結型
金利タイプ変動金利
金利年1.7~1.9%
担保・保証人・保証料不要(金利に保証料を含む)
事務手数料取扱手数料:3,300円
団体信用生命保険なし
繰上返済手数料・全額繰上返済
11,000円
借入可能額10万円以上1,000万円以下
借入期間6ヵ月以上10年以内
審査スピード最短2日程度
返済方法元利均等毎月返済
申込方法ウェブ

※2021年10月時点の情報です

常陽銀行「常陽マイカーローン「JOYO車」」

常陽銀行では、一般向けの「常陽マイカーローン「JOYO車」」と、アルバイトやパートをしている女性向けの「常陽女性向けマイカーローン Oh! My Car!」などを用意しています。いずれも来店不要のネット完結型カーローンで、ローンに申込みをしてから借入可能額に応じて車を選ぶこともできます。

常陽マイカーローンの特徴には、繰上返済手数料が無料であること、アルバイトやパートの方でも申込めることなどがあります。また、ウェブ契約者を対象に「金利割引キャンペーン」を実施しており、金利が0.1%割引きされます。借入金額により金利幅は異なり、例えば、800万円以上の場合は年0.95%~2.35%に設定されています。

〈常陽銀行「常陽マイカーローン「JOYO車」」の商品概要〉

商品名常陽マイカーローン「JOYO車」
金利タイプ変動金利
金利通常金利:年1.05~2.45%
キャンペーン:年0.95%~2.35%
担保・保証人・保証料不要(金利に保証料を含む)
事務手数料取扱手数料:5,500円(店頭)
団体信用生命保険なし
繰上返済手数料なし
借入可能額10万円以上1,000万円以内
借入期間6ヵ月以上10年以内
審査スピード最短当日
返済方法元利均等毎月返済
申込方法ウェブ

※2021年10月時点の情報です

関西みらい銀行「関西みらいマイカーローン」

関西みらい銀行の「関西みらいマイカーローン」は、借入可能額が1,200万円までと高めに設定されているのが特徴です。また、全国どこからでも申込みできることや、任意で団体信用生命保険(ガン保証付きプラン)に加入できることも特徴です。なお、借入期間は新車の場合は最長10年以内ですが、中古車の場合は最長8年以内となっています。

関西みらいマイカーローンの金利タイプは、変動金利と固定金利から選べます。変動金利は年1.90~3.80%、固定金利は返済期間が5年以内の場合で年2.95~4.05%、5年超の場合で年3.10~4.20%となっています。また、関西みらい銀行で住宅ローンを契約している場合、店頭表示金利より年0.5%割引きされます。

〈関西みらい銀行「関西みらいマイカーローン」の商品概要〉

商品名関西みらいマイカーローン
金利タイプ変動金利、固定金利
金利変動金利:年1.90~3.80%
固定金利:2.95~4.20%
担保・保証人・保証料不要(金利に保証料を含む)
事務手数料なし
団体信用生命保険借入金利+0.3%で利用可能
繰上返済手数料なし
借入可能額50万円以上1,200万円以内
借入期間6ヵ月以上10年以内
審査スピード最短3日程度
返済方法毎月元利均等返済
申込方法ウェブ、郵送

※2021年10月時点の情報です

福岡銀行「ふくぎんニューオートローンDX」

福岡銀行の「ふくぎんニューオートローンDX」は、最大1,500万円まで借入れできる固定金利タイプのカーローンです。また、完済時の年齢が75歳以下であれば申込みできる、任意で団体信用生命に加入できる、申込んでから車を選べるといった特徴もあります。

ふくぎんニューオートローンDXの通常金利は年3.3%ですが、福岡銀行に給与振込がある方やmybank+会員は年2.8%になります。また、郵送申込みや店頭申込みではなく、ウェブ申込みをすれば年2.7%の金利がローン完済まで適用されます。ただし、団体信用生命希望者や福島銀行に口座を持っていない方は、ウェブ完結型申込みを利用できません。

〈福岡銀行「ふくぎんニューオートローンDX」の商品概要〉

商品名ふくぎんニューオートローンDX
金利タイプ固定金利
金利通常金利:年2.8~3.3%
キャンペーン:年2.7%
担保・保証人・保証料不要(金利に保証料を含む)
事務手数料なし
団体信用生命保険借入金利+0.3%で利用可能
※ウェブ完結申込みの場合は不可
繰上返済手数料・一部繰上返済
ネットバンキング:無料
店頭:5,500円
・全額繰上返済
ネットバンキング:無料
店頭:5,500円
借入可能額10万円以上1,500万円以内
借入期間6ヵ月以上10年以内
審査スピード2~3営業日以内(ウェブ・電話)
返済方法元利均等毎月返済
申込方法ウェブ、郵送、店頭窓口

※2021年10月時点の情報です

足利銀行「マイカーローン“アポインと”」

足利銀行の「マイカーローン“アポインと”」には、ウェブ完結型と店頭契約型があります。ウェブ完結型であれば来店不要で、仮審査から融資の実行まで可能です。また、審査状況にもよりますが、通常は1~2週間で実際の融資まで行われます。その上、店舗契約型と比較して、ウェブ完結型のほうが適用金利も低く設定されています。

マイカーローン“アポインと”の特徴は、キャンペーン金利を実施していることです。ウェブ完結型の通常金利は年2.7%ですが、例えば、800万円以上借り入れる場合は年0.95~2.65%の間で金利が適用されます。また、店頭契約型の通常金利は年3.9%ですが、足利銀行との取引状況によっては最大で年1.2%も割引きされます。

〈足利銀行「マイカーローン“アポインと”」の商品概要〉

商品名マイカーローン“アポインと”
金利タイプ変動金利
金利通常金利:年2.7~3.9%
キャンペーン:年0.95〜2.65%
担保・保証人・保証料不要(金利に保証料を含む)
事務手数料取扱手数料:5,500円
団体信用生命保険なし
繰上返済手数料なし
借入可能額10 万円以上 1,000 万円以内
借入期間1 年以上 10 年以内
審査スピード最短申込み日の翌日
返済方法毎月元利均等返済
申込方法ウェブ、店頭窓口

※2021年10月時点の情報です

池田泉州銀行「マイカーローン」

池田泉州銀行の「マイカーローン」にはウェブ契約と店頭契約があり、それぞれ適用金利が異なります。まずウェブ契約の場合は通常金利が年2.875%のところを、年1.725%に割引きされます。一方、店頭契約の場合は通常金利が年2.275~2.875%のところを、池田泉州銀行との取引状況によって最大年0.6%割引きされます。

池田泉州銀行の「マイカーローン」の特徴には、新車でも中古車でも借り換えでも同一金利が適用されること、繰上返済手数料が無料であること、車を購入する前に申込みできることなどがあります。ただし、申込み資格に池田泉州銀行営業エリア内にお住まいの方とあるので、対象地域が限られている点には注意しましょう。

〈池田泉州銀行「マイカーローン」の商品概要〉

商品名マイカーローン
金利タイプ変動金利
金利通常金利:年2.875%
キャンペーン:年1.725%
担保・保証人・保証料不要(金利に保証料を含む)
事務手数料1,100円
団体信用生命保険なし
繰上返済手数料なし
借入可能額10 万円以上 1,000 万円以内
借入期間6ヵ月以上10年以内
審査スピード最短3営業日
返済方法毎月元利均等返済
申込方法ウェブ、店頭窓口

※2021年10月時点の情報です

auじぶん銀行「auじぶん銀行カードローン」

auじぶん銀行の「auじぶん銀行カードローン」は一般的なマイカーローンではなく、事業性資金を除き資金使途が自由となっているカードローンです。申込みから融資までウェブ上で完結できる商品であり、申請から最短1時間程度で審査結果が出るのが特徴となっています。また、限度額の範囲内であれば何度でも借入れ可能です。

auじぶん銀行カードローンは自由度の高さが魅力ですが、マイカーローンよりも金利は高めに設定されている点には注意が必要です。限度額によって金利は異なり、年1.48~17.5%と幅があります。なお、auIDを持っていれば通常金利より0.1%割引きされ、他行からの借換えの場合は0.5%割引きされます。

〈auじぶん銀行「auじぶん銀行カードローン」の商品概要〉

商品名auじぶん銀行カードローン
金利タイプ変動金利
金利通常金利:年1.48~17.5%
誰でもコース:年1.38~17.4%
借り換えコース:年0.98~12.5%
担保・保証人・保証料不要(金利に保証料を含む)
事務手数料無料
団体信用生命保険なし
繰上返済手数料なし
借入可能額10万円以上800万円以内
借入期間1年(審査の上自動更新)
審査スピード最短1時間
返済方法期日指定返済、35日ごと返済
申込方法ウェブ

※2021年10月時点の情報です

カーローンの申請から契約までの基本の流れ

カーローンの申請から契約までの基本の流れ

カーローンはさまざまな金融機関から提供されています。もし気になる商品が見つかったら、どのように申込みをすればいいのでしょうか。ここでは、カーローンの基本的な申込み方法と申込んだ後の流れをご紹介します。

1. 仮審査申込み

一般的にカーローンの手続きは、仮審査申込みから行うことになります。最近はウェブ上から仮審査申込みを受け付けている金融機関が増えており、専用ページを使って個人情報や希望条件などを入力、送信することで手続きができます。気になるカーローンがあったら、まずはパソコンやスマートフォンなどから仮審査を申込んでみましょう。

2. 仮審査

ウェブサイトなどから個人情報や希望内容などを送信すると、その申請内容をもとに金融機関が仮審査を行います。仮審査ではおもに申請内容に基づいて、融資額や融資期間などを申込者の希望どおりにできるかを判断されます。審査結果は早ければ申請当日、遅くても1週間以内には出るのが一般的です。

3. 本審査申込み

実際に希望の金融機関が決まったら本審査に進みます。本審査の申込み方法は、ウェブ申込み、郵送申込み、窓口申込み、電話申込みなどが一般的です。それぞれ特徴が異なり、例えば、窓口申込みなら店頭スタッフと相談しながらカーローンを検討でき、ウェブ申込みなら窓口申込や郵送申込みなどと比較して金利面で有利になることが多いです。本人確認書類、資金使途がわかる書類、年収や所得がわかる書類などの必要書類を用意して、本審査の手続きを行いましょう。

4. 本審査

本審査の書類を送付すると、その内容をもとに金融機関が本審査を行います。仮審査との一番の違いは、本審査では信用情報の照会といって、申込み者の過去のクレジットカードやローンに関する申込み状況や取引き状況などを確認されることです。この結果を踏まえて正式に、融資の可否、金利、融資金額、融資期間などが決定されます。

5.契約手続き

本審査に通過し、融資内容に同意できる場合には金融機関と契約手続きに進みます。おもな契約方法にはウェブ契約、郵送契約、窓口契約があり、指定された方法で契約手続きを行います。無事に契約が成立すると、指定日に銀行口座などへお金が振り込まれます。

カーローンで頭金は入れたほうがいい?

カーローンで頭金は入れたほうがいい?

車両価格の全額をカーローンで借入れることもできますが、頭金として車両価格の一部を自己資金で支払うこともできます。しかし、フルローンと比較してメリットがあるのか、どれくらい頭金を入れればいいのかを悩む方も少なくありません。そこで、頭金を入れるメリットや頭金の目安などについてご紹介します。

頭金を入れるメリット

頭金を入れるメリットには、月々の支払い負担が少なくなる、返済総額が少なくなる、カーローンの審査に通りやすくなるといった点が挙げられます。自己資金に余裕がある場合は、これらのメリットのために頭金を入れるといいでしょう。

月々の支払い負担が少なくなる

頭金を入れることで、月々の返済額を少なくできます。例えば、借入期間を36ヵ月とした場合、200万円借りたときは月に55,556円の返済が必要ですが、頭金を50万円入れて150万円だけ借りたときは月に41,667円の返済で済みます。

支払総額が少なくなる

頭金を入れると、最終的な支払総額も少なくできます。例えば、金利3%、借入期間を36ヵ月とする場合、200万円借りたときの支払総額は約218万円です。一方、150万円借りたときの返済総額は約164万円で、頭金50万円と合わせた支払総額は約214万円となります。このように頭金を入れると支払総額も少なくできるというメリットがあります。

カーローンの審査に通過しやすくなる

頭金を入れると、その分借入金額を少なくできることからカーローンの審査に通りやすくなるといわれています。いい換えると、頭金を入れることで金融機関に対して返済能力があることをアピールできるのです。その結果、審査に通る可能性を上げることができます。

頭金の目安

カーローンの頭金の目安は、一般的に車両価格の2~3割程度といわれています。例えば、車両価格が200万円の場合には40万~60万円程度が頭金の目安となります。

なお、頭金の金額はローン希望者が自由に設定できるのが一般的ですが、中には車両価格の1割未満は頭金として認めないという銀行もあるため注意が必要です。

頭金不要!初期費用0円で乗りたい新車に乗る方法はこちら

覚えておきたいカーローンを申し込む際の注意点

覚えておきたいカーローンを申し込む際の注意点

カーローンを申し込むにあたり、いくつか注意点もあります。この注意点を知らずにカーローンに申し込むと、損をしたり、将来的に契約しにくくなったりすることもあるので気を付けましょう。

適用金利は審査結果によって変わる

カーローンの金利は通常「〇~〇%」のように、金利幅が設けられているのが一般的です。そして、実際に適用される金利は申込内容や審査結果などによって変わるため、必ずしも最低金利になるわけではありません。そのため、金利を確認するときには最低金利だけでなく、最高金利もよく比較しておく必要があります

変動金利には金利変動リスクがある

変動金利には金利変動リスクがあるため、景気変動などに伴い金利が変化する可能性があります。昨今の日本は超低金利時代が続いていて、変動金利の目安となる「短期プライムレート」にも大きな変化は見られません。

このように金利が安定している時期にはあまり心配はありませんが、変動金利を選ぶ以上は何かしらの理由で金利が変わる可能性があることは覚えておきましょう。なお、金融機関は通常、半年ごとに金利の見直しを行っています。

頭金を入れすぎると後で資金繰りに困る

頭金を入れることでカーローンの審査に通りやすくなったり、支払い負担が減ったりしますが、頭金を入れすぎると融資後の資金繰りが大変になる可能性があります。特に忘れがちなのが、自動車税や自賠責保険料といった車両取得にかかる諸費用や、ガソリン代や駐車場代といった維持費などです。

また、ライフステージや家族構成の変化によっては、まとまったお金が必要になる可能性もあります。このようなことも想定して、無理のない範囲で頭金を入れるようにしましょう。

一度に複数の申込みを行わない

本審査の申込みはできれば1つに絞るほうがいいでしょう。同時期に複数社へ申込みを行うと「お金に困っている人」と判断されてしまい、審査に悪影響を与えてしまう可能性があります。

また、本審査の場合は信用情報機関に「カーローンの審査に落ちた」といった記録も残ります。「同時期に複数社に落ちた」という記録が残っていると、カーローンだけでなくそのほかの融資にも悪影響が出てしまう可能性があります。

条件次第で保証人を求められることがある

カーローンでは保証会社を利用するのが一般的であるため、原則として保証人(連帯保証人)は不要です。しかし、借入希望者が未成年であったり、勤続年数が短かったりすると、金融機関から保証人を求められることがあります。

保証人になってくれる人がいる場合は、その指示どおりに保証人を立てるようにしましょう。一方、保証人を立てられない場合には、頭金を用意する、安めの車にするといった対応を検討するのもひとつの手です。

審査に時間がかかることもある

カーローンの仮審査であれば申込み当日、申込み翌日などに結果がわかるのが一般的です。しかし、本審査となると、通常は申込みから早くても1~2週間程度の期間を要します。また、提出書類が不足していたり、不備があったりすると振込までにさらに時間が必要になります。

通常、本審査への申込みは、車の売買契約を結んだタイミングで行います。本審査に想定以上に時間がかかってしまうと、車の支払いに困ってしまうので注意しましょう。

ローンを組まずに車に乗る方法とは?

ローンを組まずに車に乗る方法とは?

カーローンを利用する場合、金利や借入金額、借入期間などさまざまなことを比較検討する必要があります。また、「最後まできちんと返済できるか」といった不安なども残ってしまうものです。そのような不安や心配がある方は、カーローンを組まずに新車に乗れる「カーリース」を検討してみるのがおすすめです。

カーリースのしくみ

カーリースとは、リース会社が契約者の希望する新車を購入し、毎月使用料を支払ってその車に乗るサブスクリプションサービスのことです。

毎月の使用料には車両価格、自賠責保険料、各種税金、各種手数料など、車の取得に必要な費用も含まれています。そのため、ほかに必要なのはガソリン代や駐車場代といった維持費だけです。日本では1990年代から個人向けカーリースが始まり、昨今「新しい車の乗り方」として注目を集めています。

カーリースのメリット

カーリースにはさまざまなメリットがありますが、カーローンと比較するなら以下のメリットは特に押さえておきたいポイントです。

  • 車にかかる費用を1本化できる
  • 頭金が不要なので自己資金がなくても利用できる
  • 希望の新車を選んで乗ることができる

カーローンと同じように毎月の支払いは行いますが、カーリースであれば新車を購入する場合よりも負担を抑えることができる上、頭金が不要であるため自己資金がなくても利用できます。また、「ローンを組まないで済む」ということから、利息による経済的負担、ローンそのものによる心理的負担が少ないこともメリットといえます。

日本一安く*新車に乗れてそのままマイカーにすることもできる!

カルモくん_new

近年新しい車の乗り方として注目を集めているカーリースですが、中でもおすすめなのが「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。定額カルモくんは月額10,000円台から新車に乗れるサービスで、日本一安い*月額料金が魅力です。ここでは、定額カルモくんの特徴や魅力を詳しくご紹介します。

* 一般社団法人日本車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

車をもらう選択肢があるのでマイカーが手に入る!

定額カルモくんの魅力の一つに、「もらえるオプション」があります。月々500円の追加料金を支払うことで、契約満了時に追加料金なしでそのまま車をもらうことができます。対象となる車種はすべての新車で、契約期間が7年以上の場合に利用できます。「長く乗り続けたい」という方には、特におすすめのオプションです。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

事前に審査結果を確認できる「お試し審査」

定額カルモくんでは、審査に通るかどうかが事前にわかる「お試し審査」を受けることができます。やり方は5つの車種から好みの車を選び、返信用の連絡先とアンケートを入力するだけです。これだけで、通常翌営業日(最大3営業日)に審査結果を知ることができます。
本契約前であればキャンセルすることもできるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

5車種からお試し審査_追従

気になるカーローンで仮審査をしてみよう

カーローンはさまざまな金融機関から提供されていますが、気になる商品があったらまずは仮審査を行ってみるのがおすすめです。仮審査であれば本審査と違って、信用情報に履歴は残さずに借入可能額の目安を知ることができます。そして、数社を比較してみて、より条件のいいカーローンに申し込むといいでしょう。

なお、できるだけ負担を抑えて車に乗りたい場合は、カーリースを選択するのもおすすめです。定額カルモくんなら最小限の負担で自分の好きな新車に乗りながら、いずれはマイカーを手に入れることも可能です。
どのような車にどれくらいの金額で乗れるのか気になる方は、早速以下のバナーからチェックしてみてください。

料金をチェック

よくある質問

Q1:カーローンにはどんな種類がある?

A:銀行や信用金庫といった金融機関から借り入れる「マイカーローン」や、ディーラー(販売店)が提携している信販会社から借り入れる「ディーラーローン」、「残価設定ローン」などがあります。一般的に、金利はマイカーローンのほうが低く、申込みはディーラーローンのほうが簡単といわれています。

Q2:カーローンを選ぶときのポイントとは?

A:比較ポイントには金利、借入可能額、返済期間、申込みのしやすさ、申込み方法、審査スピード、返済方法などがあります。申込み資格だけでなく、「将来的に無理なく返済できるか」や「借り入れしやすいか」なども重要です。各社が用意しているカーローンの商品概要をよく比較し、有利に借り入れられるローンを選びましょう。

Q3:カーローンを組まずに車に乗る方法はある?

A: カーリースならカーローンを組まずに新車に乗ることができます。頭金や初期費用も必要ないため、まとまった資金を用意できない場合でも、カーライフを始めることができるでしょう。定額カルモくんなら、人気車種の新車にも月々10,000円台からとリーズナブルな料金で乗ることができます。

※この記事の情報は2021年11月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
カーローンよりおトクに新車