ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

【FP監修】低金利のマイカーローン10社を比較!お得なローンの選び方とは?

【FP監修】低金利のマイカーローン10社を比較!お得なローンの選び方とは?
【FP監修】低金利のマイカーローン10社を比較!お得なローンの選び方とは?
貯金ゼロでも

車の購入に使えるローンにはディーラーローンなどもありますが、金利が高いため、銀行のマイカーローンのほうが比較的、低金利で利用できます。しかし、ローンによって金利に幅があり、比較が難しいため、どこがいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、ファイナンシャルプランナーが選んだ低金利のマイカーローン10社をご紹介します。ファイナンシャルプランナー伊藤真二さんの解説も併せて、マイカーローンの種類や低金利マイカーローンの上手な選び方についても見ていきましょう。

ファイナンシャルプランナー伊藤

ファイナンシャルプランナー 伊藤真二さん

ファイナンシャルプランナーの伊藤真二です。節約や資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を得意としています。選び方次第で家計の負担が大きく変わるマイカーローンについて、上手な選び方を一緒に見ていきましょう!

マイカーローンを組まなくても分割で新車に乗れる方法を知りたい方はこちら

  • 低金利のマイカーローンを選ぶときは最低金利だけでなく、最高金利もチェックする
  • 適用金利は審査を受けないとわからないので金利幅が大きい場合は注意
  • 金利が高いときは購入せずに分割払いで新車に乗れる方法を検討しよう

【2022年最新】低金利マイカーローンおすすめ10社の比較ランキング

 マイカーローン金利
1位京都銀行「京銀マイカーローン」1.775~1.975%
2位常陽銀行「常陽マイカーローン『JOYO車』」0.950~2.350%
3位横浜銀行「横浜銀行マイカーローン」0.900~2.400%
4位三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」1.500~2.450%
5位千葉銀行「ちばぎんマイカーローン」0.850~2.550%
6位池田泉州銀行「マイカーローン(自動車ローン)」1.725~2.875%
7位福島銀行「マイカーローン車助」1.198~3.100%
8位関西みらい銀行「関西みらいマイカーローン」1.200~3.300%(変動金利)
2.250~3.550%(固定金利・返済期間が5年以内)
2.400~3.700%(固定金利・返済期間が5年超)
9位静岡銀行「しずぎんマイカーローン」1.200~3.500%
10位損保ジャパン「ジャパンダ・ネットマイカーローン」1.900~3.950%
1.400~3.450%(エコカー割)

※2022年9月16日時点の情報を基にしています
※キャンペーンも含めた金利です

マイカーローンの金利とは、利息を算出する際に用いる年間の利率です。金利が高いほど利息が増え、月々の返済額や返済総額が高くなります。月々の返済額や利息の支払いを安く抑えるには、可能な限り低金利のマイカーローンを選ぶことが大切です。

そこで、低金利でおすすめのマイカーローン10社を、各社の比較も交えながらランキング形式でご紹介します。

なお、記載されている金利は調査時点(2022年9月16日)のキャンペーンなども含めた、各社が提示している金利です。独自の基準で対象ローンを選出し、最高金利が低い順にランキングを作成しています。

1. 京都銀行「京銀マイカーローン」

 

京都銀行「京銀マイカーローン」

出典:京都銀行「京銀マイカーローン」

金利1.775〜1.975%
契約形態変動金利
借入可能額10万~1,000万円
借入可能期間6ヵ月~10年
年齢制限満20歳~
最終返済時の年齢が満71歳未満
その他ネット申込みで京都銀行の普通預金口座を
持っていない場合は
京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、
奈良県に居住している方

 

京都銀行の「京銀マイカーローン」では「エコカーライフ応援キャンペーン」を実施しています。キャンペーン対象となるすべての申込者に1.975%、エコカー関連資金として借りる場合はさらに0.200%の金利優遇によって年1.775の低利率で借入れできます

キャンペーンは、2022年9月30日(金)までに申し込み、2022年10月31日(月)までに借り入れる方を対象としています。

期間限定ながら、年2.000%を切る低金利で借り入れることができ、融資額も上限1,000万円と高額です。新車でも中古車でも同一金利の上、希望すれば固定金利も選択できます。

なお、ネット申込みで京都銀行の普通預金口座を持っていない場合は、京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県に居住していることが条件となる点に注意しましょう。

【おすすめポイント】
✔️1.775〜1.975%と、金利幅が小さい
✔️上限金利が適用されても2.000%以下で利用できる
✔️新車でも中古車でも同一金利が適用される

FP:伊藤
FP:伊藤

マイカーローンによっては、金利幅が大きいものも少なくありません。しかし、適用金利は利用条件や審査結果によって決められるため、最低金利で利用できるとは限りません。
その点、京銀マイカーローンは金利幅が小さく、上限金利が適用されたとしても十分に低い金利で利用できます。

マイカーローンを組まずに新車に乗る方法を知りたい方はこちら

2. 常陽銀行「常陽マイカーローン『JOYO車』」

9. 常陽銀行『常陽マイカーローン 「JOYO車」』出典:常陽銀行『常陽マイカーローン 「JOYO車」』

金利0.950~2.350%
契約形態変動金利
借入可能額10万~1,000万円
借入可能期間6ヵ月~10年
年齢制限満18歳以上70歳未満の個人で、
完済時75歳未満の方
その他茨城県、東京23区内、宮城県、福島県、
群馬県、埼玉県、千葉県
に居住地や勤務地がある方
(茨城県以外は一部の地域を対象とする)

 

常陽銀行の「常陽マイカーローン『JOYO車』」では、2022年10月31日まで金利割引キャンペーンを実施中です。

店頭金利が4.975%のところ、キャンペーン期間なら1.050~2.450%まで下がります。さらに、契約をインターネット上で行う場合にはさらに0.100%の金利優遇が受けられて0.950~2.350%となります。

具体的には、電気自動車・燃料電池車を購入する場合、もしくは新規契約金額が800万円以上になった場合、金利0.950%が適用されます。ガソリン車からの乗換えを希望している方は検討してみてはいかがでしょうか。

ガソリンや軽油などの化石燃料を使用する車の場合、契約金額に応じて1.750~2.350%の金利が適用されます。

【おすすめポイント】
✔️茨城県全域に加え、東北と関東の一部エリアの方が利用できる
✔️インターネットで申込み・契約すれば0.100%の金利割引が適用
✔️電気自動車や燃料電池車の購入もしくは800万円以上の新規契約で金利が0.950%になる

FP:伊藤
FP:伊藤

キャンペーン中は店頭金利でも1.050~2.450%と比較的低金利で利用できますが、インターネットでの契約ならさらに0.100%の金利値引があります。最低金利0.950%というのはマイカーローン全体でもかなりの低金利なので、電気自動車に買替えを検討している方にはおすすめです。

3. 横浜銀行「横浜銀行マイカーローン」

2. 横浜銀行「横浜銀行マイカーローン」出典:横浜銀行「横浜銀行マイカーローン」

金利0.900~2.400%
契約形態変動金利
借入可能額10万〜1,000万円
借入可能期間1〜10年
年齢制限満18歳以上、
最終返済時の年齢が満70歳未満
その他神奈川県、東京都(一部地域を除く)、
群馬県(前橋市、高崎市、桐生市、みどり市)
に居住または勤務している方

 

横浜銀行が提供する「横浜銀行マイカーローン」は、0.900~2.400%と全国的に見てもかなり低金利のマイカーローンです。
他社のキャンペーン金利に近い金利が常時適用されるのは、横浜銀行マイカーローンならではの魅力といえます。

新車・中古車購入時のローンとして利用できるだけでなく、他社マイカーローンやディーラーローンからの借換えにも利用できます。

ただし、神奈川県全域と、一部地域を除く東京都、群馬県の一部の市に居住または勤務している方を対象としていて、その他の地域では利用できない点に注意が必要です。

【おすすめポイント】
✔️神奈川県・東京都・群馬県の方におすすめ!
✔️上限金利が2.400%と、いつでも低金利だから利用しやすい
✔️他社マイカーローン、ディーラーローンからの借換えにも利用できる

FP:伊藤
FP:伊藤

仮審査の結果がわかるのは最短翌日とスピーディーなので、「今すぐ乗り換えて金利負担を減らしたい」と考えている方にもおすすめです。

4. 三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」

三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」

出典:三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」

金利1.500~2.450%
契約形態変動金利
借入可能額50万〜1,000万円
借入可能期間6ヵ月〜10年(据置タイプは10年契約のみ)
年齢制限満18歳以上、
完済時に満70歳の誕生日まで
その他前年度の税込年収(事業所得の方は申告所得)が200万円以上

 

三菱UFJ銀行が提供している「ネットDEマイカーローン」の適用金利は1.500~2.450%です。以前は年2.975%の金利が適用されていたことを考えると、上限金利だったとしてもお得に借入れできるようになっています。

事前審査の結果は最短翌日、本審査結果は最短翌々営業日には開示されるので、急ぎで審査結果を知りたい方にも向いています。
インターネットでの契約なら印紙代も不要で、来店や書類の記入も必要ありません。

また、3年間は元金を据え置いて利息だけの支払いにできる「ネットDEマイカーローン(据置タイプ)」も選べます。その場合、金利が3.975%となりますが、直近3年の月々の返済額を抑えられます。ただし、借入期間が10年のみなので、長期で返済していく必要があります。

【おすすめポイント】
✔️前年度の収入が200万円以上あることが条件
✔️本審査の結果が最短で翌々営業日にはわかる
✔️向こう3年の返済を減らしたい方には据置タイプという選択肢もある

FP:伊藤
FP:伊藤

対象エリアは全国なので、ほかの低金利マイカーローンが利用できないエリアにお住まいの方の有力候補となるでしょう。インターネット契約なら来店も不要で、全国どこからでも申込みしやすい環境が整えられています。

5. 千葉銀行「ちばぎんマイカーローン」

千葉銀行「ちばぎんマイカーローン」

出典:千葉銀行「ちばぎんマイカーローン」

金利0.850~2.550%
契約形態変動金利
借入可能額10万~1,000万円
借入可能期間6ヵ月~10年
年齢制限満18歳以上満65歳未満で
最終約定返済時満70歳未満
その他千葉県、東京都*、茨城県、
埼玉県*、神奈川県*
に居住もしくは勤務している方
(*一部除く)

 

千葉銀行が提供する「ちばぎんマイカーローン」の通常金利は2.550%で、ハイブリッド車や電気自動車などの環境配慮車の購入資金として借り入れる場合は、借入額に応じて最低金利0.850%まで金利の引き下げが受けられます。

金利割引の対象になる範囲が「ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車・クリーンディーゼル車・電気自動車・燃料電池車・水素自動車等の乗用車またはオートバイ」と幅広いため、多くの申込者が金利優遇を受けられるでしょう。

ただし、金利優遇を受けるには「ちばぎんアプリ」を利用するという条件がつく点に注意が必要です。

インターネットからの申込みでは来店不要で手続きが完了しますが、最寄りの窓口やローンプラザを利用すれば対面の相談も可能です。

【おすすめポイント】
✔︎最低金利が0.800%台という低金利が魅力
✔︎「環境配慮車」にクリーンディーゼルやプラグインハイブリッドも含まれ、対象範囲が広い
✔︎窓口やローンプラザでの対面相談も受け付け

FP:伊藤
FP:伊藤

居住や勤務地の対象エリアは限られますが、金利優遇の対象範囲が広いのが特徴です。ハイブリッド車や電気自動車などの購入を検討している方にとっては、魅力的なマイカーローンといえるでしょう。

6. 池田泉州銀行「マイカーローン(自動車ローン)」

池田泉州銀行「マイカーローン(自動車ローン)」

出典:池田泉州銀行「池田泉州銀行マイカーローン(自動車ローン)」

金利1.725~2.875%
契約形態変動金利
借入可能額10万~1,000万円
借入可能期間6ヵ月~10年
年齢制限満20歳~満65歳未満で、
最終返済時の年齢が満70歳以下
その他大阪府、兵庫県、京都府、
和歌山県の池田泉州銀行営業エリア内
に居住している方

 

池田泉州銀行が提供する「池田泉州銀行マイカーローン(自動車ローン)」を窓口で契約した際の通常金利は2.275~2.875%ですが、同銀行で住宅ローン、給与振込、クレジットカード、つみたてNISAのサービスを利用している場合、0.200~0.600%の金利優遇が受けられます。

さらに、インターネットでの契約であれば通常金利から1.150%引き下げられます。
新車・中古車の購入だけでなく、車検、修理、バイクや自転車の購入にも利用できます。

【おすすめポイント】
✔️同行のサービスを利用すれば最大0.6%金利引下げ
✔️インターネット契約なら金利が年1.725%まで割引き
✔️仮審査申込みから最短3営業日で審査結果が回答される

FP:伊藤
FP:伊藤

池田泉州銀行のマイカーローンは、車だけでなく、バイクや船舶も同じ金利で利用できます。またホームページには「お借り入れ10秒診断」があり、簡単な入力だけで借入れが可能かどうかを調べられます。

7. 福島銀行「マイカーローン車助」

福島銀行「マイカーローン車助」

出典:福島銀行「マイカーローン車助」

金利1.198~3.10%
契約形態変動金利
借入可能額10万~1,000万円
借入可能期間6ヵ月~10年
年齢制限申込時年齢が満20歳以上で、
完済時75歳以下の方
その他全国からの申込みに対応

 

福島銀行の「マイカーローン車助」では100周年金利キャンペーンとして、金利優遇を実施しています。2022年7月1日から12月30日までにインターネットから申し込めば、最低金利が1.198%まで下がるキャンペーンです。

さらに地方銀行としては珍しく、全国からの申込みに対応しているというメリットもあります。来店は一切不要で過去に福島銀行と取引がなくても金利優遇を受けられるため、ほかの地方銀行に申し込めない方にとっては良い選択肢になるでしょう。

ふくぎんATMだけでなくゆうちょやコンビニのATMも利用できるので、返済場所に困ることもありません。

【おすすめポイント】
✔️ 全国どこからでも申し込める
✔️ キャンペーンの最低金利が1.198%と低い
✔️ ゆうちょ・コンビニATMも利用できる

FP:伊藤
FP:伊藤

地方銀行の場合、申込条件として居住地域に制限があることも少なくありませんが、「車助」は全国対応しています。「クイック5秒診断」で借入れ可能か調べられるので、審査に通るか不安な方にも、利用しやすいローンといえるでしょう。

金利の心配をすることなく新車に安く乗りたい方はこちら

8.関西みらい銀行「関西みらいマイカーローン」

関西みらい銀行「関西みらいマイカーローン」

出典:関西みらい銀行「関西みらいマイカーローン」

金利1.200~3.300%(変動金利)
2.250~3.550%(固定金利・返済期間が5年以内)
2.400~3.700%(固定金利・返済期間が5年超)
契約形態変動金利・固定金利
借入可能額50万~1,200万円
借入可能期間6ヵ月~10年(新車の場合)
年齢制限満20歳以上満65歳以下
その他全国からの申込みに対応

 

関西みらい銀行が提供している「関西みらいマイカーローン」は、固定金利か変動金利かを選択できる数少ないマイカーローンです。

2022年9月30日まではキャンペーンを実施しており、変動金利は1.200〜3.300%、固定金利は借入期間に応じて2.250~3.700%と比較的低金利での借入れが可能です。

金利優遇キャンペーンの対象となるのは以下の(1)または(2)のケースです。(1)キャンペーン期間中に仮審査を申し込み、同一口座で所定の住宅ローンを利用中で、「マイゲート」を契約した方(2)キャンペーン期間中に仮審査を申し込み、「りそなデビットカード」を保有し、「りそなグループアプリ」をセットアップした方

さらに、融資実行時の年齢が満20~60歳以下の方は融資金利に0.300%を上乗せすることでガン保障付き団体信用生命保険に加入できます。

【おすすめポイント】
✔️変動金利と固定金利から選べる
✔️キャンペーン中に条件を満たして申し込めば1.200~3.300(変動金利の場合)の金利が適用
✔️金利の上乗せでガン保障付き団体信用生命保険に加入できる

FP:伊藤
FP:伊藤

借入可能額は無担保で1,200万円までと、ほかのマイカーローンと比較して高めという特徴があります。高級車の購入や車庫の建築など、高額の借入れを検討している方にも向いているでしょう。

金利の心配をすることなく新車に安く乗りたい方はこちら

9. 静岡銀行「しずぎんマイカーローン」

静岡銀行「しずぎんマイカーローン」

出典:静岡銀行「しずぎんマイカーローン」

金利1.200~3.500%
契約形態変動金利
借入可能額10万~1,000万円
借入可能期間6ヵ月~10年
年齢制限申込み時の年齢が満18歳以上70歳未満の方
その他全国からの申込みに対応

 

静岡銀行の「しずぎんマイカーローン」は、静岡県の地銀・信金でNo.1のシェアを誇る自動車ローン*です。

年1.200~3.500%と、キャンペーンなしの設定としては最低金利も最高金利も低めに設定されています

保証料も必要ないため、返済までにかかる総コストを抑えやすくなっているのが特徴です。仮審査はインターネットで簡単に進められる上、居住地域に制限もありません。

ただし、仮審査申込みから融資までは最短2週間と、やや時間がかかる印象です。

*ニッキン・静岡支局調べ。「2022年6月末県下金融機関 消費者ローン実績」より(静岡県内に本店を置く地銀・信金で比較)

【おすすめポイント】
✔️キャンペーンなしでも金利が比較的低め
✔️全国から申込みできる
✔️保証料が0円

FP:伊藤
FP:伊藤

新車・中古車の購入はもちろん、すでに契約しているディーラーローンなどからの借換えにも対応しています。
カードローン機能がついた「反復利用型」も提供しているので、自動車関連の費用を何度か借りたい方には使い勝手が良くなっています。

10. 損保ジャパン「ジャパンダ・ネットマイカーローン」

3. 損保ジャパン「ジャパンダ・ネットマイカーローン」出典:損保ジャパン「ジャパンダ・ネットマイカーローン」

金利1.900~3.950%
1.400~3.450%(エコカー割)
契約形態固定金利
借入可能額20万〜1,000万円
借入可能期間6ヵ月〜10年
年齢制限満18歳以上
最終返済時の年齢が満70歳以下
その他前年の税込年収が200万円以上ある方
全国からの申込みに対応

 

損保ジャパンの「ジャパンダ・ネットマイカーローン」の通常金利は1.900〜3.950%で、エコカー割が適用される環境配慮車(電気自動車、水素自動車などの燃料電池車、ハイブリッド車)を購入した場合は1.400~3.450%まで金利が下がります

なお、前年の税込年収が200万円以上あることが申込み条件のひとつとなっている点には注意が必要です。とはいえ、以前は280万円以上の年収が求められていたことを考えると、条件は緩和されています。

【おすすめポイント】
✔️通常でも1.900〜3.950%と比較的金利が低い
✔️エコカー割が適用されれば1.400~3.450%まで金利優遇
✔️必要な年収要件が280万円から200万円に緩和されている

FP:伊藤
FP:伊藤

どちらの商品も固定金利型というのは、銀行にはないメリットです。契約時点から返済額が変わらないので、家計管理も簡単になるでしょう。金利変動を気にせず利用したい方や、長期契約を検討している方に向いています。。

低金利のマイカーローンの選び方

低金利のマイカーローンの選び方

低金利のマイカーローンを選ぶためには、最低金利だけでなくさまざまな条件を基に判断する必要があります。そこで、利用条件や金利の低さ、適用金利など、着目すべきポイントを見ていきましょう。

利用条件

マイカーローンでは、ローンごとに年収や居住地などの利用条件が定められています。そのため、まずは自身がマイカーローンの利用条件に当てはまっているかを確認しておきましょう

例えば、三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」のように、前年度の年収が200万以上あれば申込み可能なカーローンもあれば、損保ジャパン「ジャパンダ・ネットマイカーローン」のように年収280万円以上あることを条件としているケースもあります。

ほかにも、居住地や勤務地のエリアが指定されていることもあります

金利の低さ

多くの銀行系マイカーローンでは、借入額や金利の目安を確認できる仮審査を受けられます。利用を検討しているすべての金融機関で仮審査を受け、最も低い金利を提示されたところで本審査に進めば、低金利のマイカーローンが選びやすいでしょう。

ただし、仮審査に通ったからといって本審査に受かるとは限りません。また、本審査の結果、仮審査のときよりも金利が上がる場合もある点は理解しておく必要があります。

マイカーローンの審査が不安な方はこちら

適用金利

マイカーローンで各社が提示する金利には、ある程度の幅が設けられているのが一般的です。これは、借入額や申込者の審査結果によって、適用される金利が変わることが理由です。

マイカーローンを選ぶ際は最低金利に目が行きがちですが、適用される金利は審査を受けてみないとわからないため、必ず最高金利にも着目して、最も高い金利が適用された場合でもほかより低金利での利用できそうか確認しておきましょう。

借り換えの可否

現在、ローンを返済中で、新たにローンを組んで車の買い替えを検討している方もいるでしょう。そういった場合、二重でローンを組むのではなく、借り換えをして返済を一本化する方法があります。しかし、すべてのカーローンが借り換えに対応しているわけではありません。

低金利のマイカーローンを検討すると同時に、借り換えができるかどうかもチェックしておきましょう。

借り換えにおすすめのローンをチェックする

キャンペーンの有無

通常金利が高いマイカーローンでも、期間限定のキャンペーンなどで低金利になっていることがあります。また、すでに住宅ローンを利用している、環境に配慮した車を購入するなど、一定の条件で金利の優遇が受けられて、低金利の利用が可能になる場合もあります。

マイカーローンを探す際は、公式サイトなどでキャンペーン内容を確認して、低金利で利用できる条件にあてはまっているか確認しましょう。そのとき、キャンペーンの適用期間や対象となる借入額などもしっかりチェックすることが大切です。

利用条件がおすすめの低金利マイカーローン3選

利用条件がおすすめの低金利マイカーローン3選

マイカーローンを選ぶ上で重要となる利用条件ですが、すべてのローンを比較するのは手間がかかります。そこで、比較的低金利でありながら「全国対応である」「年収や就労条件がきびしくない」など、利用しやすいローンをご紹介します。

三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」

横浜銀行や千葉銀行のマイカーローンのように、金利が低くて使い勝手も良いが、対象地域に制限があるケースは珍しくありません。

しかしメガバンクの三菱UFJ銀行が提供する「ネットDEマイカーローン」は全国からの申込みに対応しています。

変動金利で1.500~2.450%と比較的低金利のマイカーローンです。同銀行の住宅ローンを利用中なら自動的に0.200%の金利優遇も受けられます。

ネックになるのは年収制限ですが、年収200万円から申込み可能のため、さほど条件はきびしくありません。正社員の方であれば、多くの方が利用しやすいマイカーローンなのではないでしょうか。

福島銀行「マイカーローン『車助』」

福島銀行のマイカーローン「車助」は、地方銀行でありながら全国からの申込みに対応したマイカーローンです。
2022年12月30日までは1.198~3.100%と低金利で借りられるキャンペーンが提供されていて、来店不要な上に福島銀行との事前取引がなくても利用できます

比較的低い金利でありながら申込み条件が緩いため、居住地の問題でほかの地銀を利用できない方にもおすすめです。

関西みらい銀行「関西みらいマイカーローン」

関西みらい銀行のマイカーローンも、全国からの申込みに対応しています。
無担保なのに融資上限が1,200万円と高いため、高級車を購入しようとしている方などにおすすめできます。

また、変動金利と固定金利を自由に選択できるのもメリットです。固定金利は変動金利よりも若干金利が上がりますが、今後市場金利が上昇しても返済額が上がることはありません。

継続した安定収入があれば具体的な年収は求められないので、多くの方が申し込むことができるでしょう。

借り換えにおすすめの低金利マイカーローン3選

借り換えにおすすめの低金利マイカーローン3選

ランキングでご紹介したマイカーローンのうち、ほとんどのマイカーローンが借換えにも対応していました。ただし、借換えの場合、すでにローンを組んでいる車を引き続き所有することなどを条件としているケースもあるので、利用条件もよく確認しておきましょう。

ここでは、借換えに対応したマイカーローンの中で、金利の低いおすすめの商品をご紹介します。

京都銀行「京銀マイカーローン」

京都銀行の「京銀マイカーローン」は、他金融機関のマイカーローンの借換え資金として利用できます。銀行や信用金庫だけでなく、クレジットカード会社や信販会社からの借換え資金も対象です。

エコカーライフ応援キャンペーン中の金利は上限でも1.975%と安く、エコカー関連資金を借りる方はさらに0.200%の金利優遇が受けられます。

横浜銀行「横浜銀行マイカーローン」

横浜銀行の提供する「横浜銀行マイカーローン」も、他行のマイカーローンやディーラーローンからの借換えが可能なマイカーローンです。借換えでも新車や中古車購入と同じ金利が適用されるため、誰でも0.900~2.400%の低金利のメリットを享受できます。

また、「申込みから借入れまでネットで完結する」「仮審査の結果は最短翌日にわかる」など、スピーディーな審査も魅力でしょう。

公式サイトでは借入残高や残りの返済期間などを入力して、簡単に借換えのシミュレーションもできるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」

京都銀行も横浜銀行も申込者の居住地域に条件がついていますが、三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」なら全国どこからでも申込みが可能です。

金利は年1.500~2.450%と比較的低いだけでなく、事前審査の結果を最短即日に確認できるなど、手続きがスムーズというメリットもあります。

インターネットを利用すれば繰上返済手数料もかからないため、繰上返済を上手に活用することで効率的に返済残高を減らすこともできるでしょう。

低金利のマイカーローンのメリット・デメリット

低金利のマイカーローンにはどのようなメリット・デメリットがある?

車の購入時にマイカーローンを使用するのは便利な半面、低金利であってもデメリットがあります。どのようなメリットとデメリットがあるかを事前に把握した上で利用しないと、後になって経済的に苦しい思いをしたり、車を手放さなければならなくなったりするリスクもあるため、しっかり確認しておきましょう。

低金利マイカーローンのメリット

マイカーローンは高額な車を分割で購入できるので、まとまった資金がなくてもマイカーを手に入れられるというのが大きなメリットといえるでしょう。さらに低金利であれば、利息の負担も抑えられます。

FP:伊藤
FP:伊藤

一括で買えるだけの資金があっても、マイカーローンを利用すれば貯金を崩さずに済むことで、もしものときの備えもキープできます。

低金利マイカーローンのデメリット

マイカーローンを組むにはローン会社の審査に通らなければならず、年収や勤続年数、過去の債務歴など一定の基準を満たす必要があります。低金利のマイカーローンほど、審査が通りにくい傾向があります。
また、借入額に利息が上乗せされるため、低金利のマイカーローンであっても一括払いで購入したときより支払総額が大きくなる点もデメリットといえるでしょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

利用するマイカーローンによっては、借入期間中は車の所有者がローン会社になっていて自由に売却できなかったり、完済前に事故などで廃車になった際に残債を一括で請求されたりするといったデメリットが発生するケースもあります。

マイカーローンを利用するための基礎知識

低金利で利用するために知っておきたい、マイカーローンのしくみと特徴

車の購入時にマイカーローンを利用すれば月々数万円に分割できるようになりますが、ランキングからもわかるように、どこで申し込むかによって負担は大きく変わります。できるだけ低金利で利用するには、マイカーローンのしくみや特徴を理解しておくことが大切です。

ここでは、低金利のマイカーローンを利用するための基礎知識として、マイカーローンのしくみや特徴、金利や返済方法などについて、FP伊藤さんの解説と併せて確認していきましょう。

マイカーローンのしくみ

マイカーローンは、金融機関がおもに車の購入資金として個人に貸し付ける金融商品です。利用者は申込後に審査を受け、審査に通過した場合に融資を受けられます。

借り入れたお金は、ローン会社から直接、またはマイカーローンの利用者の口座を通して、車の販売店に一括で支払われます。利用者は、借入額に金利から算出した利息を併せた総額を契約月数で分割して、月々返済していきます。

カルモくん
カルモくん

借入額や金利は自由に決められるの?

FP:伊藤
FP:伊藤

もちろん希望は言えますが、最終的に借入額や金利は審査によって決まります。そのため、希望どおりで借りられない場合もあります。

カルモくん
カルモくん

金利が同じならどの商品でも利息総額は同じになる?

FP:伊藤
FP:伊藤

利息は一般的に返済時の残債に金利をかけて算出するため、ローンの種類や金利の種類、借入期間などによって利息総額は変わってきます。また、残価設定ローンや長期の借入れなど、元本の減りが遅いほど利息総額が高くなる傾向があります。

マイカーローンの特徴

マイカーローンの用途は車関連費用に限られており、おもに新車の購入費用を対象としています。ただしローン会社によっては、中古車の購入や車検、修理、運転免許の取得、車庫の建築などの費用として融資を受けられることもあります。

また、現在借りているマイカーローンの借り替えで利用できるところもあります。

カルモくん
カルモくん

税金や登録諸費用といった初期費用もマイカーローンで借りられる?

FP:伊藤
FP:伊藤

マイカーローンの中には初期費用も含めた金額で借りられるところもあります。ただ、ローンによっては車両本体価格しか対象にならないケースもあり、そのような場合、初期費用は別途用意する必要があります。

カルモくん
カルモくん

低金利と高金利のマイカーローンにはどのような違いがあるの?

FP:伊藤
FP:伊藤

低金利のマイカーローンは安い利息で借りられる反面、審査がきびしい傾向があります。一方、審査に通りやすいマイカーローンは金利が高くなりがちです。利用条件はローン会社によって異なるので、金利と併せて事前に確認しておくといいでしょう。

マイカーローンの審査に落ちても分割払いで新車に乗れる方法を知りたい方はこちら

マイカーローンの金利の種類

マイカーローンの金利は「変動金利」と「固定金利」の2種類があり、低金利のローン会社であっても、どちらを選ぶかで利率や利息総額が変わってきます。なお、マイカーローンによってあらかじめ決められているところと自由に選べるところがあります。

変動金利

変動金利は契約時に決めた金利が定期的に見直され、市場の動向によって利率が変わる可能性があります。景気が低迷すると金利が下がる一方、景気が良くなった場合には返済額が高額になるリスクがあります。

固定金利

固定金利は契約時に適用された金利が最後まで変わりません。景気が良くなっても負担が増える心配がない反面、金利相場が下がった場合でも高い金利のまま返済を続けることになります。

FP:伊藤
FP:伊藤

変動金利は固定金利よりも低い金利で設定されていますが、利用を検討する際は、景気が良くなって金利が上がった場合でも無理なく返済できるか、事前にシミュレーションしておきましょう。

マイカーローンの返済方法

低金利のマイカーローンでより利息の負担を下げたいときは、返済方法も検討しましょう。マイカーローンの返済方法である「元利均等返済」と「元金均等返済」には、それぞれ次のような違いがあります。

元利均等返済

元利均等返済方式

元金の返済分と利息を調整して、毎月の返済額を一定にする返済方法です。返済額が変わらないので家計管理はしやすいですが、元金均等返済に比べ元金の減りがゆっくりになるので、利息総額は高くなります。

元金均等返済

元金均等返済方式

元金の返済額を毎月一定にして、返済時の利息を上乗せする返済方法です。元金がコンスタントに減っていくので利息総額を抑えられますが、利息の高い返済開始時は返済額が高額になります。

FP:伊藤
FP:伊藤

多くのマイカーローンでは元利均等返済を採用しています。元金均等返済を希望する場合は、返済方法を選べるマイカーローンを探しましょう。なお、一般的に元金均等返済は返済開始からしばらくのあいだ負担が大きくなりますが、低金利のマイカーローンであれば返済可能な金額に抑えられる可能性もあります。気になる場合はシミュレーションで確認してみましょう。

利率や返済プランに頭を悩ますことなく新車に乗れる方法はこちら

低金利で借りるには?マイカーローンの審査基準

低金利で借りるには?マイカーローンの審査基準

銀行系マイカーローンの審査に通れば、比較的低金利での利用が可能になります。そのため、申込みの前に、審査に通過しやすい条件をそろえておくことも重要です。なお、仮審査と本審査では審査基準が異なるので覚えておきましょう。

また、これをすれば絶対に審査に通るといった対策はありませんが、一般的に審査に通る可能性があるとされる条件について、次の項で詳しく見ていきましょう。

仮審査の基準

仮審査は、申込者が入力した情報を基に融資が可能かをローン会社が社内で判断する審査で、おもに次の3つを見られるといわれています。

収入の安定性

マイカーローンは数年にわたって返済していくものなので、安定した収入があるかが重視されます。
雇用形態や勤続年数などが参照されます。

FP:伊藤
FP:伊藤

パートやアルバイトでも、ある程度の年収を長期的に得ていれば安定しているとみなされる場合があります。一方で個人事業主で収入が不安定な場合や、転職や就職から日が浅いといった場合は、連帯保証人になってくれる方を探しておくのもひとつです。

返済能力

安定した収入があっても、ほかに借入れがあるなど、返済能力が低いとみなされると仮審査でも通過は難しくなります。返済能力は、年収や現在の借入状況、希望の借入額などから判断されることが多いです。

FP:伊藤
FP:伊藤

マイカーローンでは「年間負担率」といって、ほかの借入れも含めたローンの年間返済額が年収の25~35%以内に収まるかをチェックします。申込み前に最高金利でシミュレーションを行い、年間負担率に収まる範囲の借入額で申し込むと審査に落ちる可能性をひとつ減らせます。また、ほかの借入れもできる限り返済しておきましょう。

申込者本人の情報

氏名や住所、勤め先などの入力情報に虚偽はないか、年齢などの制限はクリアしているかといった本人情報も確認されます。

FP:伊藤
FP:伊藤

入力ミスであっても、申請内容に虚偽があった場合は審査に通りません。本人情報も含め、年収や勤続年数なども正しく入力しましょう。年収や会社情報がわかる書類を用意しておくと安心です。仮審査ではこれらの内容から融資を受けられる可能性や借入可能額と金利の目安を割り出し、申込者に通知します。
なお、仮審査に通過しただけでは融資は受けられません。仮審査の結果から利用したいと思った場合は、本審査へと進みます。

本審査の基準

仮審査が社内判断における目安なのに対し、本審査は融資を実行するかを決定する審査になります。仮審査の内容にプラスして信用情報機関などへの問い合わせが行われ、おもに次のようなことを確認します。

他社での借入れや返済の状況

他社でどのくらい借入れがあるかに加え、滞納していないか、返済の遅れが頻発していないかといった返済状況も確認されます。

FP:伊藤
FP:伊藤

信用情報は、指定信用情報機関(CIC)や日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)といった信用情報機関に問い合わせて確認します。これらの機関には過去の金融取引の情報が保管されており、滞納などがあると審査に通る可能性が下がります。

債務履歴

本審査では、債務整理や長期延滞など、いわゆるブラックリストに入るような信用情報がないかも確認されます。これらの情報は内容に応じで最長で10年ほど保管され、残っているあいだは審査に通るが難しいでしょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

自身の信用情報は各機関へ開示請求ができるので、心配なときは問い合わせてみましょう。もし信用情報の悪影響が認められた場合は、消えるまで申込みを待ったほうがいいかもしれません。

同時期の申込みの有無

信用情報にはローンなどの申込み状況も記録されており、マイカーローンも本審査を受けた場合は記録が残ります。同時期に複数のローンへ申込みを行っている場合、経済的に困っているとみなされて審査に影響することがあります。

FP:伊藤
FP:伊藤

審査申込みの履歴がマイカーローンだけであっても、続けて複数申し込んでいる場合はいずれの審査にも通らなかった可能性があると受け取られて、返済能力を不安視されることがあります。

マイカーローンを選ぶ際は、信用情報の残らない仮審査で申込先を絞り込んでから本審査を受けると安心です。
マイカーローンの審査に通らなかった場合でも、カーリースの審査なら通る可能性があります。どのような新車に乗れるのか、まずはこちらから試してみましょう。

マイカーローンの申込み手続きの流れと必要書類

マイカーローンの申込み手続きの流れと必要書類

銀行のマイカーローンは、購入手続きと同時に申込みができるディーラーローンと違って、別途手続きをしなくてはいけません。また、本審査では、ローンの借入希望額の証明として見積もりが必要になることもあります。

そのため、手続きの流れや必要書類はあらかじめ把握しておきましょう。

マイカーローンの申込みの流れ

マイカーローンの申込み手続きの流れは各社で異なる場合がありますが、おもに次のような手順となります。

1. 公式サイトや窓口で仮審査の申込みを行う
仮審査の申込みでは、氏名や住所、年収などの個人情報のほか、希望する借入額や返済期間も入力します。結果は早くて即日、一般的には2~3営業日ほどかかるので、数社で比較検討したい場合はできるだけ同時に申し込んでおくといいでしょう。

2. 仮審査に通ったら、本審査に申し込む
仮審査に通ったら、借入可能額や金利を確認して、希望するマイカーローンに本審査の申込みを行います。追加で必要な書類などがあればすみやかに提出しましょう。

3. 本審査に通ったら契約を結び、融資を受ける
本審査に通過したら、契約を締結して融資の実行を待ちます。借入金は車の販売店に直接振り込まれるケースや、契約者の口座を介して販売店に支払われるケースなどがあります。

FP:伊藤
FP:伊藤

銀行系マイカーローンはディーラーローンに比べて手間がかかると思われがちですが、インターネット申込みを利用すれば、ほぼすべての工程をパソコンやスマートフォンで行えて、それほど手間を感じることなく手続きが進められるでしょう。

マイカーローンの必要書類

マイカーローンの審査に必要な書類には、申請内容を証明できる書類のほか、用途が車関連費用に限られることから、用途や金額がわかる書類も必要になります。

なお、必要書類は原則として本審査の際に提出を求められますが、仮審査で求められる場合もあります。また、一般的には次の3種類が必要ですが、条件によっては一部が不要になったり、追加の書類を求められたりすることもあります。

〈申込みに必要な書類〉

  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 見積書や注文書などの使いみちを証明できる書類
  • 源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書
FP:伊藤
FP:伊藤

車の購入ではなく借り換えを希望する場合は、見積書や注文書に代わって、対象車両の車検証や借入れ中のマイカーローンの残高証明書、返済予定表などが必要になります。

マイカーローンを利用する際の注意点

マイカーローンを利用する際の注意点

低金利で利用できれば、利息の負担も抑えながら車を購入できるマイカーローンですが、利用の際にはいくつか注意点もあります。

保証料や手数料を確認する

マイカーローンによっては、利用の際に保証料や手数料が必要になることがあります。低金利で借りられても、利息総額とこれらの費用を足した額で比べると、諸費用込みの金利となっているマイカーローンのほうが負担が少なかったということもありえます。

低金利のマイカーローン探しで各社を比較する際は、保証料や手数料が含まれているかも必ず確認しましょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

借入時の手数料は金利に含まれていても、繰上返済手数料はその都度必要といったケースもあります。繰上返済を予定している場合は、その費用も考慮するのを忘れないようにしましょう。

審査や振込に要する時間も考慮する

マイカーローンの審査は早ければ即日で結果が出ますが、数日から1週間程度かかる場合もあります。また、審査通過後に契約を締結して融資が実行されるまでにもある程度の日数が必要です。
納車日が決まっている場合などは支払い期日が決められている[/marker]こともあるので、審査や振込に必要な期間も考慮して、早めに手続を行いましょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

必要書類を取り寄せたり、審査に通らずほかのマイカーローンで申込みをし直したりする可能性も考慮しておくと、なお安心です。

借りられる金額ではなく返済できる金額で申し込む

マイカーローンの審査では、おもに借入希望額に対して返済能力を確認するため、年収や諸条件に問題がなく、年間負担率の範囲内であれば希望通りの金額を借りられる可能性があります。

しかし家計状況によっては、年間負担率を超えない額だとしても月々の返済が困難になる場合があります。まずは家計の収支を確認し、マイカーローンの返済にいくらまで出せるかを明確にした上で、無理なく返していける返済額から借入希望額を割り出しましょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

マイカーローンの公式サイトなどにあるシミュレーターを利用すると、月々の返済額から借りられる金額をかんたんに算出できます。シミュレーションの際は、金利幅の一番高い利率で試算するようにしましょう。

月々の返済以外に必要な費用も考慮する

マイカーローンの中には、登録諸費用や手数料を借入額に含められないものや、頭金の支払いが必須のものなどもあります。その場合、ある程度まとまった現金が必要になるので、貯金額などから支払いが可能かも併せて確認しておきましょう。

また、車に乗り続けるあいだは、マイカーローンの月々の返済のほかに、税金や車検費用、燃料費やメンテナンス費用といった維持費もかかります。一度に10万円を超える出費となることもある[/marker]ので、これらの支払いをしながらでも滞りなく返済できる金額で借り入れることが大切です。

FP:伊藤
FP:伊藤

ボーナスは借入期間中に下がったり支給自体がなくなったりする可能性もあるので、月々の収支を基に返済計画を立てるのが望ましいでしょう。なお、契約内容は原則として途中で変更できないので、ボーナス払いの利用は慎重に検討しましょう。

今すぐ確認したい方はこちらのシミュレーターをご利用ください。希望の借入額や返済期間、金利などを自由に設定してシミュレーションが行なえます。

ローンシミュレーター

借入希望額

  • 0円
  • 1000万円

万円

ボーナスでの元金返済総額

  • 0円
  • 300万円

万円

頭金

  • 0円
  • 300万円

万円

車両残存価格(残価)

  • 0円
  • 300万円

万円

借入期間

  • 0年
  • 10年
  • 2ヶ月
  • 11ヶ月

ヶ月

金利(元利均等)

  • 0.1%
  • 15%

%

シミュレーション結果

総返済額

0

通常月

0

ボーナス月

0

年間のご返済額

0

マイカーローンについてのよくある疑問

マイカーローンについてのよくある疑問

銀行や信用金庫などの金融機関が提供しているマイカーローンは、車の購入以外にも幅広い用途に使えるのもメリットのひとつです。しかし、ローンによって利用条件が異なるため、利用に際して不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、マイカーローンを利用する際によくある疑問について見ていきましょう。

中古車購入にも利用できる?

マイカーローンの用途はローンごとに定められていますが、ほとんどのローンは新車・中古車を問わず利用できることが多いでしょう。また、銀行のマイカーローンはディーラーローンと比べて用途が幅広く、車検や修理、カスタマイズ、バイクの購入などに使えるローンが多くあります。

ただし、マイカーローンの中には、自家用車の購入と記載するなど、新車や中古車と明記されていないケースもあるので、念のため確認しておくと安心でしょう。

住宅ローンに影響はある?

住宅ローンとマイカーローンを同時に組むことは可能です。ただし、年収に対してローンなどの総返済額が占める割合である「返済負担率」を超えて利用することはできません。なお、返済負担率は次のように算出し、年収の30〜35%以内である必要があります。

返済負担率(%)=年間の返済額 ÷ 年収 × 100

また、すでに同じ銀行で住宅ローンを組んでいる場合、マイカーローンの金利が優遇されるケースもあります。

連帯保証人は必要?

一般的にマイカーローンでは、車が担保となることが多いため、連帯保証人は必須とされていません。そのため、年収や勤続年数など、審査条件に問題がなければ必要ない場合が多いでしょう。

ただし、未成年であったり勤続年数が短かったりと、申告内容に不安な点があれば、連帯保証人を求められる可能性もあります。なお、連帯保証人は、安定した収入のある親などの親族に頼むのが一般的です。

アルバイトやパートなどでも審査を受けられる?

アルバイトやパートなどの非正規雇用の場合、申込みができないケースがあります。また、マイカーローンによっては、申込みの可否を明記しているため、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

例えば、関西みらい銀行の「関西みらいマイカーローン」では、安定かつ継続した収入があればパート・アルバイト、学生でも申込みが可能です。一方で、千葉銀行の「ちばぎんマイカーローン」では、パート・アルバイト・年金収入のみの場合は申込み不可となっています。

信用情報に不安があると審査通過は難しい?

マイカーローンの審査基準は銀行ごとに定められているため、信用情報が審査対象になるかどうかは、申し込むマイカーローンによって異なります。

なお、信用情報は、おもに消費者金融などが加盟しているJICC、おもにクレジットカード会社などが加盟しているCIC、おもに銀行が加盟している全国銀行個人信用情報センターに登録されています。そのため、信用情報に不安がある場合は、これらの信用情報機関に情報照会をしてみるといいでしょう。

低金利のマイカーローンが利用できないときの対処法

低金利のマイカーローンが利用できないときの対処法

低金利のマイカーローンを検討していても、利用条件に該当しなかったり審査基準に満たなかったりすると利用することはできません。しかし、現金一括での購入は難しい場合が多いでしょう。そこで、低金利のマイカーローンが利用できないときには、次のような方法を試してみてはいかがでしょうか。

1. クラウドローンを利用する

効率的に低金利のマイカーローンを探したいときは、クラウドローンを利用するという方法もあります。クラウドローンとは、年収や借入希望額などの条件を入力することで、提携する金融機関などからマイカーローンの提案を受けられるプラットフォームで、数社の比較が簡単に行えます。

ただし、利用するクランドローンによっては、提携する金融機関などが少なかったり、闇金融のような悪徳業者が紛れていたりする可能性もあるため、信頼が置ける大手のクラウドローンを利用するようにしましょう。

2. ディーラーローンを利用する

銀行のマイカーローンは、購入先を問わず、車の購入を目的としている場合に使用できます。一方で、ディーラーローンを利用するのもひとつの方法です。ただし、ディーラーで車を購入する場合にのみ利用できるため、購入先は限られてしまいます。

また、ディーラーローンには、車両本体価格の全額を分割で支払う一般的なディーラーローンのほかに、残価を据え置いて月々の料金を抑えられる残価設定ローンがあります。

ディーラーローン

ディーラーローンは、車を販売しているディーラーが信販会社を通して提供するマイカーローンです。車を購入する際にディーラーでそのまま申し込めるため、手続きの手間がかからないというメリットがあります。

また、銀行系マイカーローンに比べて審査に通りやすい傾向がある上、審査時間も短く、早ければ申し込んだその日のうちに結果がわかることもあります。

その反面、銀行系マイカーローンより金利が高く、返済総額が高くなりやすいというデメリットがあります。借入可能期間も3~5年程度と短いことが多いので、月々の負担も大きくなりやすいでしょう。

残価設定ローン

残価設定ローンは、ディーラーローンで利用できる返済方法のひとつです。3~5年後の乗り換えを前提としており、その際に想定される車の価値を残価として設定し、最終回の返済に据え置いて残りを借入期間で返済していきます。

残価を設定することで借入期間中の返済額が少なくなり、月々の負担も軽くなる点がメリットですが、金利は据え置いた残価にもかかるので、同じ利率でも一般的な返済方法より利息総額が高くなるのがデメリットです。

また、最終回の返済時には車を販売店に買い取ってもらって残価を精算するため、完済後に同じ車に乗り続けることができません。さらに車の価値が残価を下回っていると、差額を請求される可能性もあります。

車の価値を担保するために、走行距離やカスタマイズ、メンテナンスなどに制限がある点もデメリットといえるでしょう。なお、車を売り渡さずに乗り続けたい場合は買い取れますが、残価を支払う必要があります。

3. 自社ローンを利用する

自社ローンとは、おもに中古車販売店が提供している分割払いのことです。ローンと呼ばれていますが、販売店が独自の基準で分割払いを受け付けるため、厳密には貸付けではありません。そのため、審査基準は比較的やさしいのが特徴です。

また、ローンではないため、金利はありません。しかし、マイカーローンの金利に相当する手数料などが上乗せされて結果的に高額になったり、借入期間が極端に短かったり、支払いの最中に販売店が潰れると担保として車も引き上げられるなど、一般的なマイカーローンと比較してデメリットが多くなる点に注意が必要です。

4. フリーローンを検討する

金融機関の中には、用途を限定しない「フリーローン」を提供しているところもあります。車の購入費用として利用できるケースも多い上、ネット銀行などでは一般的なマイカーローンよりも低金利に設定しているところもあり、より低金利な借入が実現できることがあります。

ただし、借入可能額が低かったり、借入期間が短かったりする場合もあるので、条件をよく確認することが大切です。

5. カーリースを利用する

ローンのような購入する方法ではありませんが、初期費用が不要の定額料金で新車に乗れるカーリースも選択肢として検討してもいいでしょう。なお、カーリースは貸付けではないので、金利の概念がありません。

また、カーローンの審査に落ちてしまった経験がある方でも、審査に通りやすい傾向があるのもメリットといえます。ほかにも、購入や維持にかかる各種税金や自賠責保険料などもコミコミなので、車にかかる費用の管理が簡単になるという特徴もあります。

FP:伊藤
FP:伊藤

月々の返済額や返済総額を抑えたくて低金利のマイカーローンを探しているなら、銀行系マイカーローンがおすすめです。ただし、審査基準がきびしく手続きの手間もかかるので、利用が難しいと感じるときは、ディーラーローンが選択肢となるでしょう。

なお、残価設定ローンは通常のディーラーローンより低金利のケースも多いですが、利用制限や最終回の返済時に手放さなければならない点も考慮して検討することが大切です。残価を据え置かず、車両本体価格から引いてくれて、契約満了時に車がもらえるカーリースなら、利用しやすいのではないでしょうか。

低金利のマイカーローンよりおすすめの方法

マイカーローンを低金利で利用できないときの対処法

低金利のマイカーローンで車を購入する予定が、審査の結果、思ったより金利が高くなった、マイカーローンの利用自体ができなかったという可能性もあります。そのようなときでも負担を抑えて新車に乗れる方法として、カーリースがあります。

カーリースとは?

カーリースのしくみ_PC
カーリースのしくみ_SP

カーリースとは、リース会社が契約者のために購入した新車を、定額制で貸し出す車のサブスクです。
車種やグレード、オプションなどを自由に選べる上、自分専用の車として自身で管理できるので、購入した場合と変わらないカーライフを実現できます。

カルモくん
カルモくん

購入した車とどんな違いがあるの?

FP:伊藤
FP:伊藤

車を購入した場合は所有者、使用者ともに契約者となりますが、カーリースは所有者がリース会社、使用者が契約者となります。また、契約期間を決めて利用するので、契約満了時に返却する必要があります。
ただし、同じ車に乗り続けたり、別の車に乗り換えたり、そのまま車をもらえるカーリースもあります。

カルモくん
カルモくん

車のナンバーはレンタカーみたいに「わ」や「れ」になるの?

FP:伊藤
FP:伊藤

カーリースでは使用者が契約者となるので、一般のナンバーが割り振られます。そのため、見た目でカーリースとはわかりません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

マイカーローンとカーリースの料金の違い

月々支払_PC
月々支払_SP

カーリースの利用料は、契約期間中にかかる費用の総額を契約月数で分割して、月々定額で支払います。マイカーローンの返済と似ていますが、おもに次のような違いがあることから、金利の高いマイカーローンを利用するよりも負担を抑えることが可能になります。

月々の支払いに含まれる費用

マイカーローンは基本的に車両本体価格のみの借入れとなりますが、カーリースは契約期間中に必要な各種税金や手数料なども月額料金に含まれています。購入した車であれば支払いが必要な毎年の自動車税(種別割)や車検の法定費用なども定額料金でカバーできるため、まとまった出費の心配もなくなります。

金利

マイカーローンは金銭の貸付けなので金利が発生し、利率によって負担も変わります。対してカーリースは車を貸し出すしくみなので、金利はかかりません

利息に相当する手数料は月額料金に含まれますが、マイカーローンのように利率で金額が変わるようなことがないので、低金利の借入先を探すような手間もなくなります。

車両本体価格

カーリースは期間決めて利用するしくみから、契約満了時の車に残っていると想定される価値を「残価」として設定し、車両本体価格から差し引いて月額料金を算出します。そのため、車両本体価格全額を支払う購入よりも残価の分だけ安くなります。
なお、残価設定ローンと似ていますが、残価設定ローンは残価を最終回の返済に据え置き、借入期間中も金利がかかるという点に違いがあります。

カルモくん
カルモくん

カーリースの料金システムにはどのようなメリットがあるの?

FP:伊藤
FP:伊藤

月額料金に諸費用が含まれていることで、初期費用不要で乗り始められる、利率を比べるなど金利の心配をしなくていい、車検などのまとまった出費を抑えられる、残価設定と定額制でカーローンでは手が届かなかった車種を選べる可能性もあるなど、マイカーローンとはしくみが違うからこそのメリットがあります。

カルモくん
カルモくん

コミコミの料金だと月々の支払いも高くなる?

FP:伊藤
FP:伊藤

月額料金は同じ車種でもリース会社によって異なりますが、リース会社によっては諸費用込みで月額10,000円台からの利用が可能です。
諸費用を含む分、低金利のマイカーローンより月々の金額が若干高くなる場合もありますが、まとまった出費の心配がないなど、どこにメリットを感じられるかで検討するといいでしょう。

まずは気になる車種に月々いくらで乗れるのか、こちらから確認してみましょう。

料金をチェック

負担を抑えるカーリースの上手な選び方

負担を抑えるカーリースの上手な選び方

カーリースは負担を抑えて月々定額で新車に乗れることから、マイカーローンの審査に通らなかった方はもちろん、維持費の負担を減らした方や家計管理を楽にしたい方、初期費用の負担なく新車に乗りたい方などにも選ばれています。

ただし、リース会社によってサービス内容に違いがあるので、検討する際は以下の点がカバーできているか確認しましょう

  • 月額料金に含まれる費用の項目が豊富
  • メンテナンス費用なども定額にできるプランがある
  • 頭金やボーナス払い、残価精算など、月額料金以外にかかる費用が少ない
  • 希望に合った車種や契約年数などが選べる
  • 利用制限が少ない、またはなくなるプランがある
  • もしものときに無料で相談できるなどサポートが充実している
  • 契約満了時に返却以外の選択肢がある

「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、購入した車と変わらないカーライフが実現できるカーリースとして人気のカーリースです。月額料金は諸費用込みで月々11,830円から。頭金もボーナス払いも、残価精算も不要で、最後まで定額で利用できます。

また、7年契約以上で月額500円の「もらえるオプション」をつければ、契約満了時にそのまま車をもらえて、マイカーとして乗り続けることが可能です。

定額カルモくんが人気の理由はほかにもたくさん!
詳しくはこちらで確認してみましょう

低金利のマイカーローンを利用した場合とどれくらい負担が変わるのか、まずはキャンセル可能なお試し審査で、どのような車種やプランを利用できるか確認しながら比較してみましょう。

低金利のマイカーローンにこだわらなくても安く新車に乗ることはできる

低金利のマイカーローンにこだわらなくても安く新車に乗ることはできる

車は高額な買い物だけに、低金利のマイカーローンを利用したいと思うのは自然なことでしょう。しかし、審査を受けてみなければ、希望の金利で借りられるかどうかはわかりません。そのため、しっかり比較検討しても、高い金利が適用されてしまう可能性もあります。

負担を抑えて新車に乗るためにも、購入にとらわれない車の乗り方を検討してみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

よくある質問

Q1:低金利のマイカーローンはどこがある?

A:マイカーローンにはさまざまな種類がありますが、金融機関が提供する銀行系マイカーローンが比較的低金利で利用できるでしょう。中でもより低金利で利用しやすいマイカーローンと各社の金利はこちらからご確認ください。

Q2:低金利のマイカーローンを選ぶポイントは?

A:金利の低さだけを重視するのではなく、最高金利でも試算したり、キャンペーン内容をしっかり確認したりすることも大切です。また、手数料などが含まれているか、購入期日に間に合うか、維持費も含めて返済できる金額かといった金利以外の点もしっかりチェックしましょう。

※この記事は2022年9月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
カーローンよりおトクに新車