カーローンの金利が重要!人気のカーローンやサービスの選び方は?

カーローンは金利が重要!人気のカーローンやサービスの選び方は?
カルモくんなら新車が

車を購入する際、ほとんどの方が利用するのがカーローンです。そんなカーローン選びで重要なポイントとなるのが、金利です。金利負担がどれくらいになるのかによって、支払総額が違ってくるからです。そこで、人気のマイカーローンとともに、サービスの選び方などについて、詳しくご紹介します。

カーローンと金利の関係とは?

カーローンと金利の関係とは?

カーローンでは、借入額に応じて支払う利息の割合が定められています。これが金利です。金利は低いほど、ローンの支払総額は少なくなり、少ない負担で借入れがしやすくなります。また、借入額と利息に加えて、手数料や保証料などが加算されることもあり、それらを含めたものを実質年利と呼びます。

そもそもカーローンとは?

カーローンは、自家用車として利用する場合は「マイカーローン」とも呼ばれ、個人が車の購入を目的として利用するローンです。カーローンはサービスを提供する業者によっていくつかの種類があり、それぞれに金利や利用条件が定められています。そこで、それぞれのカーローンの特徴について見ていきましょう。

ディーラー系カーローン

ディーラー系カーローンは、メーカー系列の販売店であるディーラーが、車の購入に際して提供しているローンのことです。審査時間も短く、購入手続きと同時に行うことができるため、別途に申し込む手間がかからないというメリットがあります。しかし、ほかのローンに比べて金利が高く設定されており、ローン返済の期間が短い傾向にあります。

銀行系カーローン

銀行や信用金庫など、金融機関の提供するマイカーローンは、金利が低いことが大きなメリットです。通常のローンでは、年収の3分の1までしか借入れができない総量規制の制限が設けられていますが、金融機関は貸金業者ではないことから、マイカーローンは例外となっています。しかし、金利が低いかわりに審査は厳しく時間がかかるというデメリットもあります。なお、金利がずっと変わらない固定金利と、市場金利によって利率が変わる変動金利の2つの金利設定があります。

自社ローン

自社ローンとは、販売店が独自に用意しているローンのことです。自社ローンは、信用情報や過去の債務履歴などが影響して通常のローン審査に通らない方でも利用でき、信販会社などを通さずに販売店の基準で審査を行います。また、販売店では「貸金業務取扱主任者」の資格取得者がいないことが多いため、金利がつかないというメリットもあります。しかし、通常のカーローンを利用したときよりも高額となることもあるため、購入の際には注意しましょう。

カーローンの選び方

カーローンの選び方

カーローンを選ぶ際に重要となるのは、金利だけではありません。自分に合った借入可能額や返済期間、支払総額を考えることが重要となるため、あらかじめよく検討する必要があります。そこで、カーローンを選ぶ上で考えておきたい借入可能額や返済期間、支払総額についてご紹介します。

借入額は返済できる額を

ディーラー系カーローンなどでは、ローンを組む際の借入可能額が年収の3分の1という返済負担比率が決められています。そのため、自分の年収に対する返済負担比率を算出してから、返済することのできる借入額を決めましょう。

返済期間は月々の返済額とともに検討

返済期間を決める際は、月々の返済で家計に負担がかかりすぎない金額とともに、設定することが大切です。ボーナス併用払いや頭金の有無によっても月々の返済額は変わるため、慎重に予算を立てて考えましょう。

金利と支払総額の検討を

借入額や返済期間、ボーナス併用払いの有無などを考えて、支払総額が妥当なものであるかも考えることが大切です。返済期間が長くなれば、その分、金利負担も増えることになります。最終的な支払総額が高いと考えるなら、カーローンの前提条件そのものをあらためて検討することも必要です。

カーローンのメリットとデメリット

カーローンは、月々の家計の負担を軽くしながら、車を購入できるとても便利な方法です。しかし、契約の仕方によっては、メリットとデメリットがあります。どのようなメリットやデメリットがあるのか、それぞれよく確認しておきましょう。

カーローンのメリット

カーローンの大きなメリットは、高額の買い物でも月々に分割して支払うことによって、貯金が大幅に減るリスクを回避できることでしょう。仮に一括で支払うことができるとしても、いつ何時、多額の出費が必要になるとも限りません。そうしたもしものときのために、手元のお金を備えておきたいという方にとって便利な方法です。

カーローンのデメリット

カーローンを利用するためには、まずはローン審査に通らなくてはいけません。安定した収入や一定以上の勤続年数があることなどが条件となるため、状況によってはローンの利用が難しい場合もあります。また、ローン契約かできたとしても、返済期間は金利がかかるため、車両本体の価格よりも支払総額は高くなります。

残価設定型クレジットとカーローンの違いは?

残価設定型クレジットとカーローンの違いは?

近年、カーローンとともによく話題となるのが「残クレ」と呼ばれる残価設定型クレジットです。これは新しい車の購入方法で、ディーラーなどでも提供されています。

残価設定型クレジットは、車の返却や買取りを前提としたサービスで、車の購入契約時に数年後の車の買取価値である残存価額(残価)を設定し、購入価格から残価を差し引くことで返済金額を少なく抑えることができるのがメリットです。

月々の支払いを分割できる点はカーローンと同じですが、数年後に車の査定を行ったときに、設定していた残価よりも車の価値が低くなっていた場合には、その差額の精算が生じることとなります。また、金利は分割で支払う分だけでなく、車両価格全体にかかるので注意も必要です。

残価設定型はクレジットにはメリットもありますが、デメリットもあります。やはりそれぞれのポイントを確認した上で、通常のカーローンにするか、残価設定型クレジットを選ぶが検討すべきでしょう。

人気のマイカーローン3選

それではここで、実際にどのようなマイカーローンがあるのか、ご紹介しましょう。マイカーローンはメガバンクや都市銀行など、さまざまな金融機関から提供されているサービスです。ここでは、さまざまなローンの情報をもとに集計を行うイー・ローンの情報をもとに、人気のマイカーローンについてご紹介します。

横浜銀行「横浜銀行マイカーローン」

横浜銀行の提供する「横浜銀行マイカーローン」は、神奈川県や東京都、群馬県などに居住もしくは勤務している方に向けたカーローンです。金利が低いため、利用条件に当てはまる場合はお得に利用できるのではないでしょうか。

<利用条件>
金利(年率):0.9〜2.4%
金利体系:変動金利
借入可能額:10万〜1,000万円
借入期間:1年以上〜10年以内
年齢:借入時満20歳以上~最終返済時に満70歳未満
地域:神奈川県・東京都(一部地域を除く)・群馬県(前橋市、高崎市、桐生市、みどり市)に居住もしくは勤務している方

三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」

三菱UFJ銀行の提供する「ネットDEマイカーローン」は、全国の69歳以下の方であれば、半年から利用できるという利用条件が幅広いカーローンです。なお、前年度の税込年収が200万円以上という基準が設けられています。

<利用条件>
金利(年率):2.975%
金利体系:変動金利
借入可能額:50万以上〜1,000万円以内(1万円単位)
借入期間:6ヵ月以上〜10年以内(1ヵ月単位)
年齢:借入時満20歳以上~完済時に満70歳の誕生日まで
地域:全国

損保ジャパン「ジャパンダ・ネットマイカーローン」

損保ジャパンが提供する「ジャパンダ・ネットマイカーローン」は、20歳から60歳までの方が利用できるカーローンです。なお、前年度の税込年収が280万円以上という基準が設けられています。

<利用条件>
金利(年率):1.9~2.85%
金利体系:固定金利
借入可能額:20万〜1,000万円
借入期間:6ヵ月以上〜10年以内
年齢:借入時満20歳以上~満60歳以下
地域:全国

金利負担のないカーリースもおすすめ

金利負担のないカーリースもおすすめ

カーローンは、車の購入額を分割して月々返済していくサービスです。返済期間が長ければ、その分金利負担が増え、最終的な支払総額も大きくなります。しかし、同じ分割払いでも金利負担がいらず、車に乗れるカーリースというサービスもあります。

カーリースは、月々定額制で車を借りてマイカーのように利用できるサブスクリプションサービスです。金利の負担がないだけでなく、ほかにもさまざまなメリットがあります。そこで、カーリースの特徴について見ていきましょう。

初期費用がほとんどかからない

カーローンは、車を購入して分割払いで返済していくものですが、ローンを組むのにまとまった頭金が必要だったり、税金や自賠責保険料などの初期費用が別途かかったりします。また、ボーナス併用払いなどを契約すると、その都度まとまった支出が必要になります。

しかし、カーリースでは月々の定額料金の中に初期費用をほとんど含んでいます。そのため、安い利用料で、すぐに車
に乗ることができます。

ディーラーの新車に乗れる

カーリースでは、カーローンで購入する場合と同様に、ディーラーが手配した新車に乗ることができます。メーカー保証や契約の内容はリース業者によって異なりますが、安心して新車に乗りたいという方にもおすすめです。

メンテナンス費用も定額制にできる

カーローンでは車の購入後も、点検や車検、消耗品の交換費用などの維持費がかかり、その都度まとまったお金が必要になります。

カーリースでは、これらの維持費も定額料金に含められるプランがあります。車の費用を月々の利用料に含めて抑えられるので、家計管理が楽になり、支出の負担も軽減できます。

カーリースなら「定額カルモくん」がお得!

カルモくん_new

カーリースはさまざまなリース会社が提供していますが、その中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」が人気です。安くてお得、サービスも充実しているため、話題となっていますが、どのようなサービスなのか、最後にご紹介しましょう。

オンラインで安くて簡単

「定額カルモくん」は、サイト上で車種を選んで見積りができ、審査申込みもオンラインで完結します。店舗を持たずに人件費を削減し、より安い価格でサービスを提供しています。わからないことや相談したいことがあれば、電話やメール、LINEでも問い合わせができます。

契約書は郵送で送付され、記入・捺印して返送すればいいので、店舗まで行く手間もかかりません。また、ディーラーが連絡後に自宅まで納車してくれるので、安心簡単に利用できます。

11年契約だから安く乗れる

11年契約だから安く乗れる

カーリースの契約期間は、3年、5年、7年などと、あらかじめ決められた年数のプランしかないことが多く、最長でも9年などのリース会社が一般的です。しかし、「定額カルモくん」では最短1年から最長11年まで、1年単位で好きな期間を選ぶことができます。11年という契約期間は業界でも長く、その分、月々の利用料も安く抑えることができます。

自分に合った方法で車を利用しよう!

カーローンで車を購入する場合、金利の負担は必ず検討したい項目です。しかし、もし金利を負担したくないなら、カーリースの利用を検討することもできます。ただし、カーローンもカーリースも、そのしくみやメリットとデメリットをよく理解して、自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。それぞれのサービスの特徴を知ることが、より充実したカーライフにつながることでしょう。

よくある質問

Q1:カーローンと金利はどう関係しているの?

A:カーローンは、車を購入する際にお金を借り入れて、月々返済していけるサービスです。借入額に応じて支払う利息の割合が定められます。金利が低いほど、ローンの支払総額が少なくなるため、少ない負担で借入れができます。返済期間が長ければ、その分、金利負担も増えるので、借入額と返済期間も含めて利用の仕方をよく検討する必要があります。

Q2:カーローンにはどんな種類があるの?

A:カーローンには、メーカー系列の販売店が提供しているディーラー系カーローン、銀行や信用金庫などの金融機関が提供する銀行系カーローン(マイカーローン)そして、自動車販売店が独自に用意している自社ローンなどがあります。それぞれのサービスに特徴やメリットとデメリットがあるので、金利だけでなくさまざまな要素を比較検討して、利用するようにしましょう。

Q3:金利の負担がないカーサービスはないの?

A:金利負担のないカーサービスに、カーリースがあります。カーリースは、月々定額制で車を借りてマイカーのように利用できるサブスクリプションサービスです。金利の負担がないだけでなく、よりお得に車に乗ることができます。ほかにもさまざまなメリットがあるので、カーリースの利用を検討してみるのもおすすめです。

一本化用キャンペーンバナー

※記事の内容は2020年5月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー