カーローンの仕組みが知りたい!審査内容や選び方を徹底調査

カーローンの仕組みが知りたい!審査内容や選び方を徹底調査

カーローンは車の購入費用を分割で返済できる便利なもの。しかし、利用するためには審査や手続きなどを行わなくてはならないため、仕組みが複雑な面も少なくありません。そのため、カーローンを上手に利用するためには仕組みを正しく理解することが大切です。
そこで今回は、審査内容や選び方など、知っておきたいカーローンの仕組みについて詳しく解説します。

そもそもカーローンとは?

そもそもカーローンとは?

現金一括払いのようにまとまった費用がなくても車が購入できるカーローンは、ほとんどの方が利用している方法です。しかし、カーローンの利用にはさまざまな手続きが必要となるため、基本的なルールを知っておかなくてはいけません。
ここでは、カーローンのメリットやデメリット、利用する際のルールなどを見ていきましょう。

そもそもカーローンは何に使えるの?

原則として、カーローンは車にまつわる費用に使うことができるローンです。車を購入する用途以外に、自動車免許を取得するための教習所の費用や、車の修理費用、車検の費用などにも利用することができます。また、ローン会社によっては、バイクや船舶の購入にも利用可能となっています。

利用には審査がある

カーローンを利用するためには、審査を受ける必要があり、ローン会社それぞれに審査基準が設けられています。なお、審査では利用者の年収や属性、信用情報などを基に、返済能力と信頼性が審査されます。なお、審査では以下のような書類が必要となります。
・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
・源泉徴収票などの所得証明書類
・ローンの利用目的を確認する販売店発行の請求書などの利用用途証明書類

知っておきたいメリット・デメリット

カーローンの大きなメリットは、毎月無理のない範囲で車両代金の分割返済が可能な点でしょう。

しかし、毎月の返済に対して、利息の支払いが必要となり、返済期間が長いほど支払総額が高くなるというデメリットもあります。また、返済期間中に事故で、車が全損した場合にも返済義務が残ります。ほかにも、ローン会社によっては頭金が必要な場合や、審査に通らない可能性もあります。
カーローンを利用する際には、自身の状況を考慮して利用をすることが大切です。

カーローンには4種類の方法がある

カーローンにはいくつかの種類があり、それぞれの審査基準やルールがあります。
ここでは、ローン会社ごとの特徴をご紹介します。

1. ディーラー

正規販売店であるディーラーを通して車を購入する場合、購入時にそのまま申し込みができるディーラーローンを利用することができます。ディーラーローンはほかのローンに比べて審査期間が短く審査に通りやすいといわれていますが、その分、金利が高い傾向があります。なお、完済までは車の所有権をディーラーが持つ仕組みになっています。

2. 自社ローン

中古車販売店などが独自に提供している自社ローンは、銀行や信販会社などを通さずに審査が行われます。そのため、銀行系ローンなどと比べて、審査に通りやすいという特徴があります。

3. 銀行系ローン

銀行系のカーローンは、審査が厳しい一方で、金利が低く車の所有権が利用者にあるというメリットを持っています。また、通常のローンは総量規制によって年収の1/3までしか借りることができませんが、銀行系のカーローンは対象外となります。

4. 残価設定クレジット

ディーラーで利用できるもう一つのローンに、残価設定クレジットという方法があります。一定期間経過後に車を返却することを前提として、契約終了時の価値を想定して返済額を決めるため、月々の費用を抑えることができるメリットがあります。

カーローンの申込み方法は?

カーローンの申込み方法は?

カーローンを利用する前に、申込みや手続きの流れを知っておくことでスムーズに利用することができます。ここでは、銀行系ローンを例に、カーローンの申し込みの流れを見ていきましょう。

1. 仮審査

仮審査とは、本審査を受ける前に審査に通る可能性や借入額を調べることができるもので、年収や勤続年数などの情報をもとに行われます。スマホやパソコンを使ってオンラインで申し込みをして、結果が即日わかる場合もあるので、カーローンの利用を検討している場合にも便利です。

2. 審査申し込み

本審査の申し込みは銀行の窓口もしくは、インターネットで行います。銀行の窓口の受付時間は、平日の9〜15時までとなっているため、インターネットでの申し込みが便利でしょう。なお、本審査では、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類や所得証明書類、購入する車の見積書などを提出します。

3. 指定口座に入金

本審査に通過すると、希望の金額がローン会社から振り込まれます。

まずは審査

カーローンを選ぶときの注意点とは?

カーローンを利用する際には、自分に合ったローン会社を選び、しっかりと返済計画を立てることが大切です。そこで、ここではカーローンを選ぶときの注意点をご紹介します。

1. 返済計画をしっかり立てる

カーローン利用時は、毎月の収入や出費を把握して、借り入れ金額や返済金額を決めることが大切です。
なお、オンラインの返済シミュレーションなどを利用すると、返済計画を立てやすいでしょう。また、一般的に年収400万円未満は返済比率25%、400万円以上なら返済比率35%が目安とされています。

2. 金利や総支払額を確認する

カーローンでは、借り入れ額の返済に加えて、元金に対する利息の支払いが生じます。また、ローンを組む際の金利が高いほど総支払額も増えるため、ローン選びの際に重要となります。なお、一般的に銀行、信販会社、ディーラーの順に金利が高い傾向があります。

3. 利息の支払い方法

ローン返済に対する利息の支払方法には、元利均等返済と元本均等返済の2種類があります。月々の支払額や完済時の総支払額が異なるため、しっかり違いを理解しておきましょう。

・元利均等返済
元利均等返済とは、返済期間中の月々の元金の返済額と利息の合計が一定の返済方法です。支払いが定額となるため、返済計画が立てやすいのが特徴です。しかし、初めは利息の割合が大きくなるため、元本均等返済と比べて総支払額が多くなります。

・元本均等返済
元本均等返済は、返済する元金が一定の返済方法で、元金に対して上乗せされた利息の合計が月々の返済額となります。初めは支払額が多くなりますが、返済が進むごとに利息が減るため、支払額も少なくなります。

カーリースなら定額制だから家計管理が簡単

カーリースなら定額制だから家計管理が簡単

カーローンは車を購入する際にとても便利な方法ですが、頭金や車検費用などまとまった出費が発生します。しかし、同じように月々の支払いだけで利用できるカーリースであれば、家計への負担を抑えてカーライフを始めることができます。

カーリースは返却を前提としたサービスのため、契約時に車の返却時の価値を想定した残価をあらかじめ設定し、車体価格から差し引くことで月々の料金を抑えることができます。また、月額料金には税金や自賠責保険料などの費用が含まれているため、予定の立てにくい車に関する出費を一定にできるのも大きなメリットといえます。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

カーリースなら定額カルモくんがおすすめ

一本化用定額カルモくん

オンラインで審査申し込み、郵送での契約を行うことでスムーズに手続きができるおトクにマイカー 定額カルモくんでは、最短1年から業界初の11年契約(2019年9月時点定額カルモくん編集部調べ)という幅広い契約期間を採用しているため、利用者の家計に合わせた契約が可能です。

また、これまでカーリースでは車の返却が原則とされていましたが、対象車種および7年以上での契約を対象とした乗り放題オプションに加入することで、契約終了時に車をそのままもらうことができます。

なお、月額料金に含まれている維持費だけでなく、車検や消耗品交換費用をはじめとしたメンテナンス費用も定額にできるメンテナンスプランも用意しているため、家計管理がしやすく、お得にカーライフを送ることができます。

カーローンの仕組みを知って賢く利用しよう

カーローンやカーリースなど、車に乗るにはさまざまな選択肢があります。
審査内容や利用方法など、それぞれの仕組みをしっかり理解することで、自分に合った方法を選ぶことができるのではないでしょうか。定額カルモくんではLINEやメールでのサポートを行っているため、気軽に契約内容などの相談ができるので、利用してみてください。

LINE

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr