新車を安く手に入れる方法とは?購入時期や交渉術、格安購入できる方法を紹介

新車を安く買う方法とは?購入時期や交渉術、安く新車に乗れる方法を紹介
カルモくんなら新車が

車は人生における買い物の中でも高い買い物のひとつです。そのため、少しでも安く車を手に入れる方法が知りたい方も多いでしょう。そこで、車を安く買える時期や交渉術、格安購入の方法に加えて、月々10,000円ちょっとから新車に乗れるカーリースの定額カルモくんについてもご紹介します。
定額カルモくんなら貯金ゼロでもマイカーが持てるので、格安購入の方法を探すよりおすすめです!

カルモくんなら新車が

【この記事のポイント】
✔︎新車を安く買うには、決算期や月末など、値下げ交渉しやすいときを狙う
✔︎格安購入できる中古車選びでは、状態と価格のバランスを見極める必要がある
✔初期費用のいらない定額制のカーリースを利用する

車を安く買うための方法とは?

車を安く買うための方法とは?

車を安く買うためには、いらないオプションを削ったり車種を比較したりすることで車両本体の価格を少しでも安くすることが基本となります。そのためには、どういう車が欲しいのか、譲れない条件は何かなどを明確にしておく必要があります。ほかにも、購入時に値引き交渉をしたり決算月を狙って買ったり、新車にこだわらない場合は中古の格安車を選ぶなど、さまざまなテクニックがあります。

1. 絶対に譲れない条件を明確にする

最初にやっておきたいことは、絶対に譲れない条件を書き出しておくことです。その際、条件をしぼりすぎないことで、選択肢が増えて、交渉もしやすくなります。また、使わないオプションがついているとそれだけで割高になってしまうので、必要な装備も確認しておきましょう。特に色にこだわりがないという場合には、不人気なカラーを選ぶことで費用を抑えることができる場合もあります。

なお、価格は車種や大きさによっても異なるので、軽自動車やコンパクトカー、ワンボックスなど、どの程度のクラスが適切かも重要なポイントとなります。もし、必要な条件がわからないという場合には、以下のような点について考えてみるとその条件が明確になるのではないでしょうか。

燃費性能…ハイブリッド車、低燃費車は価格が高くなる傾向にある
• グレード…グレードが高いほど価格も高くなる
オプション…カーナビなどの装備は、自分で取りつけたほうが安い場合もある

また、中古車を購入する場合には以下のような点も価格に影響するポイントとなります。
• カラー…人気のあるカラーと不人気のカラーでは数十万円の差がつくこともある
• 走行距離…走行距離が長いほど価格が低い
• 年式…古い年式ほど価格が低い。モデルチェンジ直後の旧型モデルが狙い目

2. 安くなる決算月を狙う

車には安く買いやすい時期があります。自動車販売店では決算月までの販売目標台数が決まっているので、決算期の3月や半期決算期の9月、ボーナス時期の6月や7月は、販売店にとって多少安くしても販売台数を稼ぎたい時期となります。そのため、通常より値引き交渉がしやすく、ほかの月に比べて新車を安く手に入れやすい時期となっています。

ほかにも、売上の締め日となる日曜日や月末、モデルチェンジの直前、ライバル車のモデルチェンジ直後なども狙い目となります。これらの条件で買いやすくするには、複数のメーカーを扱っている販売店での購入がおすすめです。

3. 値引き交渉をする

たとえ買うつもりはなくても、競合車の見積りを取っておくと値引き交渉に役立ちます。例えば、子育て中のファミリーにぴったりのスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車なら、スズキ「スペーシア」が本命でも、ホンダ「N-BOX」や、ダイハツ「タント」の見積りも取っておきましょう。

どれほどの値引き交渉ができるかは、車種の人気度や交渉力によって違ってきますが、放っておいても売れるような人気車種でないほうが、大きく値引きしてもらえる可能性は高いです。

4. 下取りなどで今の車を高く買い取ってもらう

直接の値引きを狙うほか、今の車を高く買い取ってもらうことで実際に支払う差額を少なくし、結果的に安く車を買うという方法もあります。年式が古かったり走行距離が多かったりする場合には、ディーラーに買い取ってもらう下取りがおすすめです。

逆に、比較的新しくて状態のいい場合は、買取業者に買い取ってもらうほうが高い値がつきやすくなります。なお、下取り額が安すぎる場合、新しい車が値引きされていても、合計すると損をしていることもあるので、下取り額が適切な金額かどうかをチェックすることが大切です。

5. 格安車を探す

中古車でもかまわない場合は、中古の格安車を選ぶのもひとつの方法です。中古車市場には10〜30万円程度で販売されている車も多くあります。

格安で売られている理由には、「走行距離が長い」「年式が古い」「修復歴や事故歴がある」「不人気の車種やカラー」「元々の車両価格が安い」などがあげられますが、状態のいい車を選ぶためにも、なぜ格安で売られているかをチェックしておきましょう。

また、中古車購入時にはさまざまな諸費用がかかるので、車両価格だけでなく最終的な支払総額を基に選ぶと安心です。そのほかにも、親族や友人から譲ってもらう、社用車を譲り受ける、廃車予定の車をもらうなどの方法もありますが、格安車の安全性に不安がある方は、カーリースもおすすめです。

中でも、定額カルモくんの中古車リースなら、分割払いで安全な中古車に乗ることができるので、安さと安心のどちらもあきらめずに、カーライフが始められます。

定額カルモくん中古車

費用を抑えたいときに選ぶべきローンの種類は?

支払い方法を工夫する

同じ価格の新車でも、支払い方法によって最終的に支払う総額は変わります。例えば200万円の車を買う場合、支払総額が最も少なくすむのは現金一括払いです。しかし、実際には高額な代金を一括払いすることは難しく、カーローンを組む方が大半なので、できるだけ金利の低いローンを組むことがポイントになります。

ほかにも、費用を抑えたい方が利用することの多い残価設定ローンという方法についてもご紹介します。

銀行系のカーローンを利用する

数あるカーローンの中で最も金利が低いのは、銀行や労金、信金などの自動車ローンで、金利は1.5~5%程度です。ディーラーが信販会社を通じて提供するディーラーローンは4~8%前後、信販会社を通さず自動車販売店が独自に提供する自社ローンは金利0%ですが、実質は金利相当分が月々の料金に含まれています。
金利が低いほどローン審査は厳しくなる傾向にありますが、車を安く買いたいのであれば、銀行系ローンを利用するのがおすすめです。

なお、仮に150万円の車を7年ローンで買った場合、金利3%と7%での返済総額や利息総額、月々の返済額の違いは次のようになります。両者の返済総額の差は23万6,785円なので、金利の違いによって、1年あたり約34,000円の差が出ることになります。

・3%の場合
返済総額:166万4,842円
支払利息総額:16万4,842円
月額返済額:19,819円

・7%の場合
返済総額:190万1,627円
支払利息総額:40万1,627円
月額返済額:22,639円

残価設定ローンを利用する

ディーラーローンの中には、購入する車を数年後に売却して乗り換えることを前提に利用できる「残価設定ローン」と呼ばれるローンもあります。これは、購入時にあらかじめ車両価格から想定される数年後の予想残存価格(残価)を据え置き、残りの部分をローンで支払うというものです。

このように月々の支払いが抑えられる残価設定ローンですが、車を手放すのが前提のため、引き続き乗りたい場合には残価分を支払わなくてはいけません。一方、車両価格から残価を差し引いて月額料金を算出しているカーリースであれば、残価分がかからない契約方法もあるので、お得に新車に乗ることができます。

残価分がかからない

格安車などの中古車を購入したときにかかる費用は?

格安車などの中古車を購入するときには、車両代金以外にも税金や保険料など、次のような費用がかかります。なお、車の状態や購入時期などによって、必要な費用が異なります。

・自動車税(種別割)、軽自動車税(種別割)
毎年4月1日時点での所有者に課される税金で、排気量に応じて金額が定められています。中古車を購入した際、普通車は購入月の翌月から3月までの分を一括で支払い、軽自動車は1年分の金額を4月に支払うため、購入時期によっては翌4月まで支払いがありません。

・自動車重量税
車の重量に応じて課される税金です。新車登録時と車検時でかかるため、車検つきの中古車を購入した際には次回車検時に、車検なしの中古車であれば購入時に発生します。

・自賠責保険料
自賠責保険は、車の所有者に加入が義務付けられている保険です。中古車を購入した際には次回の車検までの保険料を月割で計算して支払います。

・車両登録代行費用
販売店に中古車購入時の名義変更を依頼する場合にかかる費用です。30,000円程度が相場ですが、自分で手続きを行う場合には必要ありません。

・車庫証明代行費用
販売店に車庫証明の取得手続きを依頼する場合にかかる費用です。10,000円前後が相場ですが、登録代行費用と同様、自分で手続きを行う場合には必要ありません。

・洗車、クリーニング費用
納車時に洗車やクリーニングを行う際の費用で、50,000円程度が相場です。購入時の見積りに含まれていることもあります。

・納車費用
自宅まで納車してもらう場合の費用で、近場であれば5,000~10,000円、遠方であれば10,000〜30,000円が相場です。自分で取りに行く場合にはかかりません。

・車検費用
車検が切れている場合にかかる費用で、金額は車のタイプや状態によって変動します。

・修理費用
格安車や中古車の場合、修理やメンテナンス費用が別途必要となる可能性があります。

格安車に不安があるなら、カーリースという選択肢もおすすめ

ずっと定額

車を購入する方法ではありませんが、できるだけ安く車に乗るにはカーリースという方法もあります。
カーリースとは、リース会社が所有する車を、期間を定めて定額制で借りるサブスクリプションサービスのことです。リース期間は1~11年前後とある程度長期で設定されるのが一般的で、契約期間が終わると、原則として車はリース会社に返却します。

一本化用月々支払

カーリースの月々の料金は、車両本体の価格からリース期間終了時点での残価を差し引き、リース期間で割ったものとなるのが基本です。カーローンなどと違って頭金は不要、月々の料金には各種税金や自賠責保険料も含まれているため、これらを別途払う必要もありません。月々の料金は車種やグレードによって異なりますが、カーリースの定額カルモくんなら10,000円台から新車に乗ることも可能です。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんならもっと安くマイカーが持てる!

カルモくん_new

カーリースを利用するなら、月々10,000円台からという安いリース料金でマイカーが持てる「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。ここでは、定額カルモくんがお得な理由についてご紹介します。

月々10,000円台で新車に乗れる

定額カルモくんなら、頭金もボーナス払いも不要、各種税金や自賠責保険などの維持費もすべてコミコミで月々10,000円台から新車に乗ることができます。そのため、家計への負担を理由に新車をあきらめていた方でも、気軽に憧れのカーライフを手に入れられるのではないでしょうか。

さらに、メンテナンスプランを利用すれば車検代も月額料金に含められるので、車の維持費に悩まされることもありません。

新車だけでなく中古車リースもある

定額カルモくん中古車

新車リースは高いと感じている方でも、定額カルモくんなら中古車リースも利用可能。取扱車種は業界最大級なので、限られた予算の中でも、乗りたい車種や状態のいい中古車に乗れる可能性が高まります。新車リースのように、月々の料金には税金や自賠責保険料などの諸費用に加えて、1年間の故障保証や2年分の車検も含まれているので、安心して利用できます。

月々500円プラスで車がもらえる

定額カルモくんでは「もらえるオプション」をつけると、契約満了時に追加料金なしでそのまま車をもらうことができます。そのため、契約満了後も乗り慣れた車をマイカーとして使いたいという方にもおすすめです。

なお、定額カルモくんの審査申込みはオンラインで手軽に受けられるので、気になる車種を選んで試してみてはいかがでしょうか。

お試し審査

安く買うためには支払い方法の選び方が重要

新車を安く買うには、まず車両本体の価格をできる限り安く抑えることと、できるだけ金利の低いローン会社を選ぶことの2つが重要です。車を所有することにこだわらないのであれば、定額制で、車にかかるお金が管理しやすいカーリースもおすすめです。
定額カルモくんなら契約満了時に車をもらえるオプションプランもあるので、カーリースのメリットを受けながら、将来的にはマイカーが手に入るのでお得なのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:新車を安く買うためにはどうすればいい?

A:新車を購入する際には、車両価格だけでなく、オプションやカーナビなどの装置の費用もかかります。そこで、車を購入する前に、本当に必要な装備なのか、グレードは下げられないかなど、車の特性と欲しい車の条件を照らし合わせて考えることで、無駄な出費を減らして安く買うことができるでしょう。

Q2:車を安く買うために選ぶべきローンは?

A:カーローンには、ディーラーローンや銀行系ローンなどさまざまな種類があります。中でもディーラーローンは一般的に金利が高く設定されており、銀行系ローンのほうが、金利が低い傾向があります。しかし、金利が低い分、審査が厳しいこともあるので、自分に合ったバランスのローンを選ぶことが大切です。

Q3:カーリースは安く新車に乗れるの?

A:定額制で新車に乗れるカーリースは、定額で利用できるサブスクリプションサービスです。マイカー購入と違って、月額料金に自賠責保険料や税金などの維持費が含まれています。カーリースの定額カルモくんなら10,000円台から乗れる車種も多いので、ローンや維持費などを数万円ずつ払うよりも安く乗れる可能性があります。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す