ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

シフォンに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2019年~現行モデル)

シフォンに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2019年~現行モデル)
シフォンに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2019年~現行モデル)

出典:スバル「シフォン」フォトギャラリー

これまでマイカーを手に入れるには、ある程度のまとまった資金を用意して現金一括やローンを利用して購入するのが一般的でした。しかし購入は費用負担が大きいため、場合によっては新車をあきらめ中古車を選択したり、妥協した安いモデルを選択したりせざるをえない場合もあるかもしれません。

しかし、カーリースであれば購入時に必要になる頭金などの初期費用を別途用意する必要がなく、月々の決まった金額の支払いのみで好きな新車に乗れるため、車種の選択肢が広がる可能性があります。

ここでは、スバル「シフォン」に乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

シフォンに業界最安水準*の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならシフォンに月々 18,980 円から乗れる
  • シフォンは軽自動車でも乗降性や室内の広さにこだわりたい方におすすめ
  • 初期費用なしで利用できるから車両本体価格の高いカスタムモデルや上位グレードにも乗れる

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

カーリースならシフォンに月々 18,980 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのシフォンの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でシフォンを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「L」2WDで、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のシフォンの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年18,980円
10年20,300円
9年21,620円
8年23,600円
7年25,800円
6年26,520円
5年29,380円
4年33,890円
3年39,995円
2年53,525円
1年90,705円

※2023年10月25日時点の料金

このように、カーリースでシフォンに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

シフォンの料金をシミュレーションしてみる

シフォンはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい

車が必要になった場合、購入時に必要な資金に加え、カーライフが始まってからも車検や税金、そしてメンテナンスなどさまざまな維持費がかかることが気になるという声を多く聞きます。車の購入資金を借り入れ分割して返済していくカーローンを利用すれば現金一括購入ほどのまとまった資金はなくても車が手に入りますが、それでも車両本体価格の20~30%の頭金を入れるのが一般的であることに加え、維持費の心配がなくなるわけではありません。

今話題のカーリースは、初期費用なし、しかも税金などの維持費が月額料金にコミコミなので好きな車でサブスク感覚のカーライフが送れるのが特徴です。ここでは、カーリースとカーローンの比較や、カーリースの仕組み、さらにカーリースの具体的なメリットを見ていきましょう。

カーリースならカーローンより手軽にシフォンに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、シフォンのエントリーグレードである「L」2WDをカーローンで購入した場合と、カーリースで利用した場合でどの程度支払額に差が出るのかを確認してみましょう。カーローンのシミュレーションの条件は返済期間5年、頭金やボーナス払いは使用せず、金利はディーラーローンの相場である6%としています。また、カーリースの月額料金は例として定額カルモくんの料金を使用しました。

では、それぞれの項目ごとに比較してみましょう。まず、初期費用です。カーローンでは頭金を設定しない場合であっても車両登録に必要な諸費用を契約時や納車前に支払わなくてはなりません。メーカー公式サイトのシミュレーションによると、シフォンの該当グレードの諸費用は74,010円*でした。

軽自動車は普通車と比較して初期費用が安い傾向がありますが、それでも70,000円を超える初期費用を用意しなければなりません。その点カーリースでは諸費用が月額料金にコミコミなので、初期費用0円でシフォンでのカーライフが始められるメリットがあります

次に、月々の支払いについて比較してみます。上記の条件でシミュレーションすると、カーローンの月々の返済額は26,795円*であるのに対し、カーローンの返済期間と同じ5年契約のカーリースでは29,380円*となりました。額面だけで比較するとカーリースの料金が高いですが、この金額には契約期間中の軽自動車税(種別割)43,200円*(初年度を除く4年分)、車検時の法定費用である自動車重量税+自賠責保険料(24ヵ月)24,140円*、そして登録諸費用74,010円*が含まれています。

さらに、ほとんどのリース会社がオプションプランの追加で車検基本料やメンテナンスの費用をカーリースの料金にまとめることが可能です。車に関するほとんどの出費がリース料金にまとめられ、フラットな支払いでシフォンに乗れるのはカーローンにはないカーリースならではの魅力です。

また、カーリースではカーローンよりも長い契約期間を設定して月々の負担を抑えることもできます。定額カルモくんの場合、最長の11年契約であれば18,980円*と、10,000円台のリーズナブルな月額料金でシフォンが利用できます

まとめると、初期費用なし、さらに定額の支払いでシフォンに乗れるカーリースは家計に負担のかかりにくいお得な車の乗り方といえるのではないでしょうか。

*2023年10月25日時点の料金であり、変更になる可能性があります

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いシフォンを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。シフォンに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べるうえ、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでシフォンに乗るメリット・デメリット

リースでシフォンに乗るメリット・デメリット出典:スバル「シフォン」フォトギャラリー

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、シフォンをリースするうえで知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

シフォンのエントリーグレード「L」は2WD車であれば130万円台と、車両本体価格が高くなりがちな軽スーパーハイトワゴンの中では比較的買いやすい価格といえます。しかし、「L」はスライドドアにパワースライド機能がなく、手動でドアの開け閉めをしなければなりません。

シフォンはセンターピラーレスの「ミラクルオープンドア」の採用により、助手席側スライドドアの大開口を実現し、乗降性の高さが魅力のモデルです。その良さを活かすためにはスライドドアのパワースライド機能はマストといえます。

頭金が不要で利用できることに加え、登録諸費用もリース料金にコミコミのカーリースなら予算に縛られない車選びができるので、パワースライドドアをはじめ快適装備が充実する上位グレードにも気楽に乗ることができるメリットがあるのです

なお、事業用にシフォンの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

シフォンを取り扱うリース3社の料金比較

シフォンを取り扱うリース3社の料金比較出典:スバル「シフォン」フォトギャラリー

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、シフォンを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈シフォンの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースコスモMyカーリース
11年18,980円20,130円-
7年25,800円26,290円23,760円
5年29,380円29,810円29,150円

*月額料金は2023年10月25日時点の情報で、各社オンライン見積もりでのエントリーグレードの最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

一般的に、カーリースは契約年数が長くなるほど月額料金が安くなります。ここで比較した3社の中では「カーコンカーリース」と定額カルモくんの11年契約が最長であり、最安月額料金を実現しているのは定額カルモくんの11年契約で、唯一10,000円台でシフォンに乗ることが可能です。

そのため、同じ予算でもワンランク上のパワースライドドアが標準装備になるグレードを選んだり、快適で安全なドライブをサポートする「スマートクルーズパック」などのオプションを追加したりして、より満足度の高いカーライフの実現も叶います。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

シフォンの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

シフォンの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:スバル「シフォン」フォトギャラリー

スバル「シフォン」は、日常的に使用する車としての使い勝手の良さを追求した軽スーパーハイトワゴンで、乗降性の高さが高く評価されているモデルです。

ここではシフォンでカーライフを始めたい方に向けて、燃費や安全性能などシフォンの魅力を詳しくご紹介しましょう。

【シフォンの魅力】
✔大開口の「ミラクルオープンドア」による乗降性の高さ
✔オーソドックスな標準モデルとスタイリッシュなカスタムモデル、2つのスタイルから選べる
✔多くの先進安全技術を搭載し、誰もが安心して運転できる安全性能を有している

シフォンとは

軽自動車にはさまざまなボディタイプが存在しており、その中でも室内の広さに定評があるのが全高を高く取ることで従来の軽自動車の概念を超える室内空間の広さを確保した軽スーパーハイトワゴンです。

シフォンは軽スーパーハイトワゴンに期待される広々とした室内空間を備えているのはもちろんのこと、助手席側のセンターピラーをドアに内蔵することで抜群の乗降性を実現した「ミラクルオープンドア」を搭載しているのが最大の魅力といえるでしょう。また、充実した先進安全技術を採用し、誰もが安心して運転できる安全性能を有しているのも特徴で、小さな子供がいるファミリーを中心に幅広い層から人気を集めています。

シフォンのグレード

シフォンのグレード出典:スバル「シフォン」グレード・価格

シフォンには、オーソドックスで親しみやすいデザインの標準モデルと、よりスタイリッシュなエクステリアデザインを有するカスタムモデルの2タイプの設定があります。グレードは標準モデルには「L」「G」、カスタムモデルは「R」「RS」があり、計4種類の選択肢があります。

シフォンの最も大きな魅力は先述した「ミラクルオープンドア」による乗降性の高さや利便性の高さといえますが、このミラクルオープンドアは全車に標準装備されます。

「L」の特徴

「L」は2WD車であれば130万円台と、軽スーパーハイトワゴンとしては比較的買いやすい価格を実現しているエントリーグレードです。ミラクルオープンドアは搭載されますが、パワースライド機能がないのでその点には注意が必要です。そのほかの快適装備も省かれていますが、軽自動車としての実用性を損なうものではなく特に快適装備の充実度などにこだわりがなければ問題なく使用できるコストパフォーマンスに優れたグレードです。

なお、この「L」では上位グレードに設定のあるオプションの多くが追加できません。

「G」の特徴

このグレードでは後席左側のスライドドア(ミラクルオープンドア)にパワースライド機能が搭載され、ミラクルオープンドアのメリットを最大限に活かすことができます。パワースライドドアには完全にドアが閉まりきる前にロックが予約できる機能や、予約しておくとキーを携帯してシフォンに接近するだけでドアが自動で解錠&オープンする機能なども搭載されます。

さらに、「360°スーパーUV&IRカット機能付きガラス」などが搭載され、快適なドライブをサポートします。電動パーキングブレーキや「オートブレーキホールド機能」といった運転を楽にしてくれる機能も標準装備です。

また、「G」から安全で快適なドライブをサポートしてくれる「スマートクルーズパック」や、利便性を高める「スマートフォン連携9インチディスプレイオーディオ」などのオプションの選択が可能になります。

シフォンのグレード2出典:スバル「シフォン」グレード・価格

「R」の特徴

「R」と「RS」は、カスタムモデルです。カスタムモデルは大型フロントグリルやフロント・リアのエアロバンパーをあしらい、さらに随所にメッキを使用してスタイリッシュな雰囲気を持つのが特徴です。

また、標準モデルでは14インチフルホイールキャップですが、「R」では14インチの切削光輝アルミホイールが組み合わされ、精悍さを増しています。さらに、スライドドアのパワースライド機能が両側に備わるのもうれしいポイントでしょう。

「RS」の特徴

「RS」はシフォンで唯一ターボエンジンを搭載するモデルです。より引き締まった足元を演出する15インチのアルミホイールが備わるほかは、「R」の装備とほぼ変わりありません。

シフォンの詳しいグレードの情報はこちら

シフォンの内装

シフォンの内装出典:スバル「シフォン」フォトギャラリー

シフォンは、乗員とルーフの高さ、フロントガラスとの距離を最適に設計し、ゆとりのある室内空間を提供しています。前席と後席の間隔が広く、後席の足元スペースにも余裕があります。また、後席はリクライニングできるため、どの席に座っても快適にくつろげるでしょう。

さらに、運転席には最大540mm、助手席には最大380mmのロングスライド機能があり、前後の席をウォークスルーで移動したり、前席に座ったまま後席にアクセスしたりすることができ、利便性が高い仕様となっています。

標準モデルの内装は、ブラックを基調とし明るいグレーのシートを組み合わせ、エクステリアの親しみやすい雰囲気を内装にも反映しています。インパネやドアトリムにはホワイトのアクセントがあしらわれ、居心地の良いリビングのような雰囲気を演出。シート素材はファブリックで撥水加工が施されており、小さな子供がいるファミリーに適しています。

カスタムモデルでは内装はブラックで統一され、シックな雰囲気に仕上がっています。シートはレザー調×ファブリックのコンビシートにグレードアップされ、上質感が向上。ファブリック部分はブルーを使用し、洗練されたクールなカラーリングが特徴です。

また、シフォンは荷室開口部が広く、リアシートが別々に最大240mmのロングスライドが可能であるため荷物の量や大きさに合わせて荷室を拡大できます。また、リアシートはリアドア側、荷室側どちらからもワンアクションで格納でき、座席アレンジが簡単に行えるのも魅力です。

シフォンの内装について詳しく知りたい方はこちら

シフォンの燃費

現行型のシフォンは、プラットフォームの刷新による軽量高剛性化、さらに新開発のスプリットギアを備えたCVTを導入することにより高速走行時のエンジン回転数を効果的に抑え、静粛性と燃費の向上を実現しています。

エンジンは吸気ポートのデュアル化やマルチスパークの採用によって、燃焼効率が向上しました。さらに、アイドリングストップ機構やエコドライブをサポートする「ドライブアシストイルミネーション」などの技術も採用され、実燃費の向上に貢献しています。

シフォンのWLTCモードカタログ燃費、実燃費は以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
L/G/R2WD21.9~22.722.8
4WD21.4---
RS2WD21.214.2
4WD19.612.6

*実燃費は2023年10月21日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

どのような車でもカタログ燃費と実燃費のあいだにはある程度の差が見られるものですが、シフォンのNA(自然吸気)エンジン2WD車ではほぼ差がありません。ただし、ターボエンジンを搭載する「RS」はカタログ燃費と実燃費の乖離が大きい傾向が見られます。

なお、シフォンのライバル車としてはホンダ「N BOX」やスズキ「スペーシア」が挙げられます。シフォンはこの2車種よりも低燃費を実現しているのは特筆すべきポイントでしょう。

シフォンの燃費について詳しく知りたい方はこちら

シフォンの安全性能

現行型のシフォンは、幅広い先進安全技術を採用しており、優れた安全性能を有しているモデルです。「衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能」は、歩行者や車両の検知が可能で、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知し、必要に応じて、音と表示による注意喚起やブレーキアシスト、強力なブレーキ制御を行い衝突回避や被害軽減をサポートします。

また、「ブレーキ制御付き誤発進抑制機能」は、進行方向の障害物を検知しているときにアクセルペダルを過度に踏んだ場合にエンジン出力を抑制するとともに音や表示でドライバーに注意喚起を行います。また、衝突の危険がさらに迫った場合にはブレーキ制御も行います。車線からはみ出す危険があれば警告しステアリングアシストを行う機能や、道路標識を認識に適切なタイミングで表示することで標識の見逃し防止をサポートする機能などもあります。

さらに、エントリーグレードの「L」を除き、高速道路で先行車を検知して車間距離を維持しながら追従走行する「全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」や、車線中央付近の走行を維持するようステアリング操作をサポートする「LKC(レーンキープコントロール)」が含まれた「スマートクルーズパック」、駐車支援機能を搭載した「スマートパノラマパーキングアシスト」といったオプションの追加が可能です。

シフォンの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

シフォンは乗降性が良く、広い室内空間を持つ軽自動車が欲しい方におすすめ!

シフォンは乗降性が良く、広い室内空間を持つ軽自動車が欲しい方におすすめ!出典:スバル「シフォン」フォトギャラリー

シフォンは軽スーパーハイトワゴンならではの室内の広さを確保していることに加え、助手席側のセンターピラーをドアに内蔵し大開口を実現した「ミラクルオープンドア」を搭載し、高い乗降性や利便性を実現しています。

小さな子供から高齢者まで誰もが乗り降りしやすい車が欲しい方や、軽自動車であってもゆったりと過ごせる広い室内空間は譲れない、という方にはぴったりのモデルでしょう。

シフォンに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのシフォンでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 18,980 円からシフォンに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

シフォンのグレード別料金シミュレーション

車種やグレードを決定し、具体的に契約を検討する段階になったらオンラインシミュレーションを活用し、実際にどの程度の月額料金がかかるのかを確認しておくようにしましょう。そのとき、メンテナンスプランやカーナビなど、必要なオプションはすべて追加してトータルでかかる金額をチェックしておくことが大切です。

また、カーリースでは税金などの法定費用やメンテナンスの費用など、ほとんどの維持費を月額料金にまとめられますが、燃料費や駐車場代は別途支払う必要があります。その点にも注意し、無理のないプランを組むことをおすすめします。

以下の表は、「G」2WDと、ターボエンジンを搭載するカスタムモデルの「RS」2WDで契約条件を変えてシミュレーションした結果をまとめたものです。

〈シフォンの料金シミュレーション〉 *¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(G 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
43,405円28,770円21,070円
オプション選択*²
メンテプランなし
48,245円31,311円22,764円
もらえるオプション選択

プラチナメンテプラン加入*³
-35,750円28,550円
上位グレード
(RS 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
49,345円34,270円24,920円
オプション選択
メンテプランなし
54,185円36,811円26,614円
もらえるオプション選択

ゴールドメンテプラン加入
-39,230円29,880円

*¹ 料金は2023年10月25日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
メンテナンスプランについて詳しくはこちら

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。シフォンのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!シフォンに乗るならリースで決まり

車を購入しなければカーライフが楽しめない時代は、過去のものになろうとしています。初期費用を別途用意する必要がなく、月々の定額の支払いで新車に乗れるカーリースを利用すれば、家計への負担を増やさずにシフォンでのカーライフが楽しめます。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでシフォンに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:シフォンのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、スバルの軽スーパーハイトワゴン「シフォン」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードの「L」であれば最長の11年契約なら月額10,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:シフォンをリースするメリットは?

A:カーリースは頭金や登録諸費用などの初期費用を別途用意する必要がなく、月々定額の支払いで新車に乗れるため、より負担を少なくしながらシフォンに乗ることができます。さらに定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離制限がなくなったり、メンテナンスプランを追加してメンテナンスの費用もリース料金にまとめたりすることができます。

Q3:シフォンはどんな方におすすめの車?

A:シフォンは軽スーパーハイトワゴンに期待される広い室内空間を持つことに加え、最大の特徴といえる助手席側センターピラーをドアに内蔵した「ミラクルオープンドア」の採用により、優れた乗降性や利便性を実現したモデルです。誰もが乗り降りしやすい車が欲しい方や、軽自動車であっても室内の広さに妥協したくない方には最適なモデルでしょう。

※この記事は2023年10月3日時点の情報で制作しています

スバルシフォンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスバルシフォンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる