ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

コペンに乗るならリースがおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

リースでコペンに乗ってセカンドカーのある暮らしを楽しもう

出典:ダイハツ「コペン」外観・カラー

ダイハツ「コペン」は、今では希少な存在となった軽自動車規格の2シーターオープンスポーツカーです。車が好きな方であれば実用性だけではなく走りやデザインにこだわったコペンのような車が欲しい、と思うこともあるかもしれません。しかし、コペンは軽自動車といっても200万円近い価格設定の車のため、セカンドカーとして持つのは負担が大きいと感じることもあるでしょう。そんなときは初期費用なし、定額制で新車に乗れるリースの利用がおすすめです。

ここでは、コペンに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

コペンに業界最安水準の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならコペンに月々23,770円から乗れる
  • コペンは気軽にスポーツカーやオープンカーの走りが楽しみたい方におすすめ
  • 定額制で車に乗れるカーリースならハイパフォーマンスモデルの「GR SPORT」に乗るハードルも下がる
コペン

カーリースならコペンに月々23,770円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのコペンの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でコペンを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「XPLAY」のCVT車で、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のコペンの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年23,770円
10年25,530円
9年27,070円
8年29,600円
7年32,460円
6年29,710円
5年31,360円
4年35,320円
3年40,325円
2年51,325円
1年82,235円

※2022年5月19日時点の料金

このように、カーリースでコペンに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

コペンの料金をシミュレーションしてみる

コペンはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい

車を持つとなると、購入時に支払う初期費用のほか、維持費も必要です。コペンに乗ろうと考えたときにそういった費用面の負担に不安を感じるのであれば、リースがおすすめです。ここでは、リースであればコペンにお得に乗れる理由や、リースならではのメリットをご紹介しましょう。

カーリースならカーローンより手軽にコペンに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

対してカーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、コペンをローンで購入したときと、リースで利用したときのそれぞれの支払額を比較してみましょう。カーローンは頭金、ボーナス払いの設定はなしとし、カーローン、カーリースともに各種オプションは追加しないものとしています。

なお、シミュレーションは「XPLAY」のCVT車で、カーリースの料金は例として定額カルモくんの料金で算出しています。

〈コペンの支払額比較〉

 カーローン*
(5年)
カーリース
(5年契約)
カーリース
(11年契約)
諸費用
(環境性能割・自動車重量税・自賠責保険)
52,630円
(このほかに登録料などが必要)
0円0円
月々の返済額または
月額料金
36,514円31,360円23,770円
軽自動車税(種別割)43,200円0円0円
自動車重量税+
自賠責保険料(24ヵ月)
26,330円0円0円

※2022年5月19日時点の情報

*カーローンの諸費用はメーカー公式サイトのシミュレーション結果で、月々の返済額は金利をディーラーローンの相場の6%として算出、軽自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料は車検1回分の費用を算出しています

カーローンの初期費用は、このほかにリサイクル料金や登録料などが必要です。これに対し、カーリースでは初期費用0円でコペンでのカーライフを始められることは大きなメリットといえるでしょう。月々の支払額においても、同じ5年で比較してもカーリースが毎月5,000円近く安く抑えられています。11年契約になるとさらに安く、毎月20,000円台でコペンに乗ることが可能になります。

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いコペンを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。コペンに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べる上、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでコペンに乗るメリット・デメリット

リースでコペンに乗るメリット・デメリット出典:ダイハツ「コペン」

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、コペンをリースする上で知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

コペンは個性の異なる4つのスタイルをラインナップしており、走行性能を高めた「GR SPORT」は230万円を超える、軽自動車としては高価格帯のモデルです。初期費用のいらないカーリースであれば、グレード選びに妥協することなく「GR SPORT」を選ぶことも可能になるでしょう。

また、ルーフの素材感や色を変え、さらに個性を表現できる「Dラッピング」などのオプションを追加し、自分だけのコペンを作り上げるなど、選択肢の幅が広がります。

なお、事業用にコペンの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、コペンを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

コペンを取り扱うリース3社の料金比較

コペンを取り扱うリース3社の料金比較出典:ダイハツ「コペン」

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、コペンを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈コペンの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースもろコミコスモMyカーリース
11年23,770円~25,190円~-
7年32,460円~33,770円~26,290円~
5年31,360円~-30,030円~

*月額料金は2022年5月19日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「XPLAY」のCVT車の最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

カーリースでは一般的に契約年数が長くなるほど月々の料金が安くなります。また、原則として中途解約ができないため、選択できる契約年数の設定は必ずチェックしたいポイントといえます。ここで比較した3社の中では最も契約年数の選択肢幅が広いのが定額カルモくんであり、定額カルモくんでは1~11年のあいだで自由に契約期間が設定できるため、中途解約のリスクも最小限に抑えられるでしょう。

また、最も安い月額料金でコペンに乗れるのは、定額カルモくんの11年契約であることもわかります。なお定額カルモくんでは7年以上の契約で契約満了時にコペンを自分のものにできる「もらえるオプション」が追加できるので、よりコペンをスタイリッシュに演出するドレスアップなどもしやすいのではないでしょうか。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

コペンの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

コペンの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:ダイハツ「コペン」外観・カラー

ダイハツ「コペン」は、ライバル車であったホンダ「S660」の生産終了がアナウンスされた現在では絶滅危惧種といっても過言ではない軽自動車規格の2シーターオープンスポーツカーです。

ここでは、燃費やグレードなどからコペンの魅力についてご紹介しましょう。

【コペンの魅力】
✔希少な軽自動車規格の2シーターオープンスポーツカーである
✔異なる4つのスタイルがラインナップされている
✔軽自動車のため普通車のピュアスポーツカーよりもかなりの低燃費を実現している

コペンとは

コペンは軽自動車としては珍しいオープンタイプの2シータースポーツカーであり、初代モデルは2002年に登場しました。現行型は2014年に登場した2代目にあたるモデルで、個性が大きく異なる4つのスタイルをラインナップしていることが特徴です。

また、一部のグレードでは外板の着せ替えができる脱着構造「DRESS-FORMATION」を採用するなど、ほかの車にはないユニークさが光るモデルともいえるでしょう。

運転する楽しさを味わえるスポ―ツカーとしての走行性能を有しながらも、軽自動車としての扱いやすさや燃費の良さ、そしてデザイン性の高さも備えた、個性的な1台です。

コペンのグレード

コペンのグレードは「Robe」「XPLAY」「Cero」「GR SPORT」の4種類で、いずれのグレードにもCVT、5MTの設定があります。

一般的な車ではグレードごとにエクステリアは大きく変えず、快適装備や安全装備に差がつけられているケースが多いですが、コペンではグレードによってエクステリアデザインが大きく異なります。

なお、「GR SPORT」を除く3つのグレードには、さらに上級の「S」の設定もあります。

コペンのグレード-1出典:ダイハツ「コペン」グレード・価格

「Robe」は4種類のグレードのうち最初に登場しており、フロントフェンダーからボディサイドで立体的な弧を連続させた「ダブルスウィープシルエット」が特徴です。大胆に曲線を取り入れ、オープンスポーツカーらしい美しさを感じさせるエクステリアデザインといえるでしょう。

コペンのグレード-2出典:ダイハツ「コペン」グレード・価格

「XPLAY」のデザインコンセプトはタフ&アグレッシブ。多面体のボディ、多角形のグリルを組み合わせ、個性を主張する押し出しの強いデザインとなっています。

なお、「Robe」「Robe S」では、専用のブラック×レッドの2トーンのエクステリア&インテリアのパッケージオプション「Color Formation typeA」が選択できます。

コペンのグレードは?-3出典:ダイハツ「コペン」グレード・価格

「Cero」は前傾した雫が動く様子をイメージしたシルエットを採用しました。映り込みの美しさにもこだわり、曲面を緻密に作り込んでいます。丸目のヘッドランプもほかのグレードにはない「Cero」のみの特徴です。

また、この「Cero」と「Robe」では、ユニークな外板の着脱構造「DRESS-FORMATION」によって外板の着せ替えが可能です。

なお、「Robe」「XPLAY」「Cero」に設定のある上級グレード「S」では、走行性能を高めるビルシュタイン製のショックアブソーバーやレカロ製のスポーツシートなどが装着されます。

コペンのグレード-4出典:ダイハツ「コペン」グレード・価格

「GR SPORT」は、「TOYOTA GAZOO Racing」がモータースポ―ツ活動で得た知見を活かしてダイハツが開発したモデルでトヨタにもOEM供給されており、コペンの中で唯一この「GR SPORT」のみがトヨタでも販売されています。

「GR SPORT」はボディの高剛性化、空力パーツの採用などによって走行性能を高めたハイパフォーマンスモデルであり、その走りはもちろん、ワイド&ローなスタイル、専用のLEDヘッドランプなどによって実現した精悍なデザインも魅力といえるでしょう。

コペンの詳しいグレードの情報はこちら

コペンの内装

コペンの内装は?-1出典:ダイハツ「コペン」

コペンのようなオープンカーは、スタイリッシュさも魅力のひとつといえます。特にルーフオープン時はインテリアが外からよく見える状態になるため、インテリアデザインそのものはもちろん、エクステリアとの一体感やカラーコーディネートにもこだわりたいという声もよく聞きます。

コペンでは、先に述べたとおり「Robe」「XPLAY」「Cero」「GR SPORT」の4つのスタイルがラインナップされており、それぞれ個性が異なります。「GR SPORT」を除く3タイプのインテリアデザインは共通ですが標準設定の内装色が異なり、「Robe」「Cero」は上品なベージュ、「XPLAY」はブラックの設定となっています。

ただし、コペンでは「ベージュインテリアパック」「ブラックインテリアパック」「レッドインテリアパック」のオプション設定があり、標準仕様以外の内装色の選択も可能です。

なお、上級グレード「S」では、シートがスエード調のレカロシートに、ステアリングホイールはMOMO製の本革巻きにグレードアップします。

走行性能を磨き上げた「GR SPORT」は専用のインテリアを採用しており、室内はシャープなブラックをベースにつやのあるピアノブラック調加飾を組み合わせ、スポーティーさや上質さを演出。標準装備のレカロシートはバックレストにGRロゴの入る「GR SPORT」専用デザインとなっています。

コペンの内装について詳しく知りたい方はこちら

コペンの燃費

2シーターオープンスポーツカーであるコペンは、スポーツカーに求められる剛性の高さを確保した骨格構造「D-Frame」を専用開発し、入念なボディチューニングを施すことでコーナリング性能や直進安定性を高め、スポーツカーらしい運転する楽しさを感じられる走行性能を確保しています。

上級グレードの「S」では、ビルシュタイン製ショックアブソーバーを採用するとともにサスペンション剛性を高め、ハンドリング性能を向上。さらにハイパフォーマンスモデルの「GR SPORT」では、フロントブレースやセンターブレースの補強によってボディ剛性をさらに向上させるとともにショックアブソーバーを最適化し、刷新したサスペンションや空力パーツの採用によって「GR」シリーズの名に恥じない高い走行性能を実現しています。

なお、コペンのWLTCモードカタログ燃費・実燃費は以下のとおりです。コペンは軽自動車のため、普通車のピュアスポーツカーと比較するとかなりの低燃費であることは大きなメリットといえるでしょう。

トランスミッションカタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
CVT19.217.9
5MT18.618.2

*実燃費は2022年5月19日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

カタログ燃費は一定の決められた条件下で計測するのに対し、実燃費は気温や道路環境、電装品の使用などによって変わるため、カタログ燃費より悪化するのが一般的です。1~1.5割程度の悪化は許容範囲内といえますが、コペンの5MT車の実燃費はそれよりも小さく、カタログ燃費とほとんど差がないといっていいでしょう。

コペンの燃費について詳しく知りたい方はこちら

コペンの安全性能

衝突事故の回避をサポートしたり、万が一の衝突時の被害を軽減してくれたりする衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全技術は、今の車には欠かせないといえます。実際、日本では世界に先駆けて2021年11月以降に登場する新型乗用車への衝突被害軽減ブレーキの搭載が義務付けされました。

現行型コペンはタイプによって登場時期が異なり、一番最近ラインナップに加わった「GR SPORT」は2019年10月の登場です。しかし、ダイハツには予防安全技術のパッケージである「スマートアシスト」があり多くの車種に採用されていますが、コペンには採用されていません。また、2021年4月の一部改良時に新法規への対応としてオートライトの全車標準装備とサイドミラーの拡大が行われましたが、このタイミングでも「スマートアシスト」は追加されませんでした。

そのためコペンは全グレードにおいて先進安全技術を搭載しておらず、「サポカー」には該当しません。

コペンに搭載される安全技術としては、横滑り発生時の車両安定性の確保や、発進・加速時のタイヤの空転抑制に貢献する「VSC&TRC」、点灯すると瞬時に最大光量に達し高い夜間視認性を確保するLEDヘッドランプや急ブレーキ時にブレーキランプの点灯と同時にハザードランプを高速で点滅させて後続車に注意喚起する「エマージェンシーストップシグナル」、ブレーキペダルとアクセルペダルが同時に踏まれた際にはブレーキの作動を優先させる「ブレーキオーバーライドシステム」などがあります。

コペンの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

コペンは気軽にオープンスポーツカーの走りを楽しみたい方におすすめ!

コペンは気軽にオープンスポーツカーの走りを楽しみたい方におすすめ!出典:ダイハツ「コペン」外観・カラー

コペンは、気軽にスポーティーな走りやオープンカーの爽快感を楽しめるモデルです。軽自動車のため燃費も良く、維持費の負担もそれほど大きくないといえます。

本格的なピュアスポーツカーにあこがれがあっても、扱いにくさや維持費の高さにハードルの高さを感じる方にはぴったりでしょう。

また、個性の大きく異なる4つのスタイルが用意されていることに加え、「GR SPORT」以外のグレードではインテリアカラーも選べるので、車にもスタイリッシュさを求める方、デザイン性の高さを求める方にもぴったりではないでしょうか。

コペン

コペンに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのコペンでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 23,770円からコペンに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

コペンのグレード別料金シミュレーション

コペンの月額料金はグレードやトランスミッションの選択によって変わってきます。ここではコペンのおすすめグレードの「Robe」のCVT車と、最上位グレードの「GR SPORT」のCVT車を定額カルモくんで利用したときの料金を3年、7年、11年の契約年数でシミュレーションしてみましょう。

それぞれオプションやメンテナンスプランなどを追加しない最安料金と、カーナビやETC、バックカメラなどの各種オプション、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」を追加した場合の料金も確認してみます。

〈コペンの料金シミュレーション〉*¹

 3年7年11年
おすすめグレード(Robe CVT)オプションなし
メンテプランなし
40,325円32,460円23,770円
オプション選択*² 
メンテプランなし
45,286円35,001円25,464円
もらえるオプション選択

プラチナメンテプラン加入*³
-39,440円31,250円
上位グレード
(GR SPORT CVT)
オプションなし
メンテプランなし
46,485円40,095円29,050円
オプション選択
メンテプランなし
51,446円42,636円30,744円
もらえるオプション選択

ゴールドメンテプラン加入
-45,055円34,010円

*¹ 料金は2022年5月19日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
*³ メンテナンスプランについて詳しくはこちら

ぴったりの条件でシミュレーションしてみたい方はこちら

プラン詳細・お見積り

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。コペンのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

LINE
フリーダイヤル

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!コペンに乗るならリースで決まり

初期費用の負担なく新車に乗れるカーリースなら、コペンのような実用一辺倒ではない車もセカンドカーとして取り入れやすくなるのではないでしょうか。また、税金や自賠責保険料などの維持費も月々のリース料金に含まれているので、家計管理もしやすいのもうれしいポイントです。オプションプランを追加すればメンテナンスや車検費用の心配もいらないので、より気軽にコペンでのカーライフが楽しめるでしょう。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでコペンに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

よくある質問

Q1:コペンのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、ダイハツの2シーターオープンスポーツカーである「コペン」も手頃な料金で利用可能です。なお、最長の11年契約なら「XPLAY」CVTの新車に月額20,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:コペンをリースするメリットは?

A:カーリースでは頭金や初期費用を別途用意する必要がないため、高額な「GR SPORT」を選んだり、レカロシートが装着される上級グレードの「S」を選んだりすることが可能になります。また、定額カルモくんでは7年以上の契約で走行距離制限がなくなるので、走行距離を気にすることなくオープンカーの爽快な走りを堪能できるでしょう。

Q3:コペンはどんな方におすすめの車?

A:コペンは気軽にスポーツカー感覚の走りや、オープンカーならではの爽快感が味わえるモデルです。本格的なピュアスポーツカーほど扱いが難しくないスポーツカーに乗ってみたい方や、オープンカーにあこがれている方には最適な1台でしょう。車のスタイリッシュさにこだわる方にもおすすめです。

※この記事は2022年5月時点の情報で制作しています

ダイハツコペンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツコペンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる