ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ロードスターRFに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2016年~現行モデル)

ロードスターRFに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2016年~現行モデル)
ロードスターRFに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2016年~現行モデル)

出典:マツダ「ロードスター RF」ROADSTER RFの特長

送迎や買い物など毎日の暮らしに寄り添う車を選ぶ場合は、家族の人数に合わせた乗車定員や実用性の高さ、燃費などが車選びのポイントとなるでしょう。結果として経済性の高い軽自動車や使い勝手の良いコンパクトカー、ファミリーにはミニバンがおもな選択肢になる傾向があるようです。

しかし、そういった実用性などを無視し、純粋にその車の魅力に惹かれたものに乗ってみたい、と思うこともあるのではないでしょうか。マツダ「ロードスターRF」は、まさにそんな車好きの心を刺激する車です。しかし300万円以上する高額なモデルのため、気軽にセカンドカーとして導入しにくい。そんな悩みを抱えている方にこそ、カーリースがおすすめです。

ここでは、ロードスターRFに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

ロードスターRFに業界最安水準*の料金で乗れるカーリースはこちら

 

  • カーリースならロードスターRFに月々 46,920 円から乗れる
  • ロードスターRFは車好きのあこがれるスポーツカーに乗りたい方、ソフトトップ対応のオープンカーでは不安がある方におすすめ
  • フラットな支払いで利用できる車のサブスクならロードスターRFをセカンドカーとして持つ夢も叶う

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

カーリースならロードスターRFに月々 46,920 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのロードスターRFの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でロードスターRFを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「S」6MTで、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のロードスターRFの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金(税込)
11年51,320円
10年54,840円
9年59,460円
8年64,960円
7年71,340円
6年64,910円
5年68,870円
4年77,340円
3年89,165円
2年114,795円
1年187,945円

※2024年4月2日時点の料金

このように、カーリースでロードスターRFに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

ロードスターRFの料金をシミュレーションしてみる

ロードスターRFはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい

ロードスターRFは趣味性の高いオープンスポーツカーで、高額なモデルといえます。熱烈なファンも多く、車好きのあこがれの存在と言っても過言ではないでしょう。しかし、2シーターであることに加え、実用性はミニバンやSUVに後れを取るので乗りたくてもなかなか手が出せないこともあるのではないでしょうか。セカンドカーとして持つとしても、購入するとなればかなり負担は大きくなります。

そういった悩みを解消して、理想のカーライフを実現できるのがカーリースです。ここでは、カーリースでは本当にお得にロードスターRFに乗れるのか、またカーリースの仕組みや具体的なメリットなどを見ていきましょう。

カーリースならカーローンより手軽にロードスターRFに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、ロードスターRFの「S」6MTをカーローンで購入した場合と、カーリースで利用した場合とでどの程度支払いに差が出るのかを確認してみましょう。カーローンの返済期間は5年で、頭金とボーナス払いは設定しないものとし、カーリースの月額料金は例として定額カルモくんの料金を使用しました。

以下の表は、上記の条件でシミュレーションした結果をまとめたものです。

〈ロードスターRFの支払額比較〉

 カーローン*
(5年)
カーリース
(5年契約)
カーリース
(11年契約)
初期費用252,590円0円0円
月々の返済額または
月額料金
68,200円68,870円51,320円
自動車税(種別割)144,000円0円0円
自動車重量税+
自賠責保険料(24ヵ月)
42,250円0円0円

※2024年4月2日時点の情報

*カーローンの初期費用はメーカー公式サイトのシミュレーション結果で、月々の返済額は金利をディーラーローンの相場の6%として算出、自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料は車検1回分の費用を算出しています

はじめに、初期費用について見てみましょう。車の購入時には車両登録をしなければならず、そのための諸費用がかかります。カーローンではこの諸費用は借入金に含めることはできず、別に契約時、もしくは納車前に支払わなければならないことがほとんどです。

諸費用の金額は車によって異なりますが、一般的に車両本体価格の1~2割程度が必要です。ロードスターは車両本体価格が300万円を超えている高額なモデルのため、初期費用は25万2,590円とまとまった金額になります。カーローンでは頭金なしとした場合でもこの金額を用意できなければロードスターRFに乗ることはできません。

対してカーリースでは頭金不要、諸費用はリース料金に含まれているため手元に資金がなくてもロードスターRFでのカーライフが始められます

また、カーローンの月々の返済額とカーローンの返済期間と同じ5年契約のカーリースの月額料金を比較してみると、カーリースが6,000円以上安くなっています。なお、カーリースでは先述のとおり契約期間中の税金や自賠責保険料がリース料金に含まれていますが、カーローンではカーリースの月額料金よりも高い金額を毎月返済しつつ、納税時期や車検の時期にはその費用を別途用意しなければなりません。

それを考えると、カーローンよりも月々の負担が小さく、さらに初期費用も不要でロードスターRFに乗れるカーリースはお得であるといえるでしょう。

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いロードスターRFを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。ロードスターRFに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べるうえ、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでロードスターRFに乗るメリット・デメリット

リースでロードスターRFに乗るメリット・デメリット出典:マツダ「ロードスター RF」ROADSTER RFの特長

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、ロードスターRFをリースするうえで知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

ロードスターRFはレザーシートを装着するグレードやビルシュタイン社製のダンパーを搭載し走行性能を高めたグレードなど、多彩なグレードが用意されています。

ロードスターRFのようなこだわりのモデルを選ぶのであれば、一切の妥協なく理想の1台を手に入れたいと考える方も少なくないでしょう。購入では予算に合わせてグレードを選ぶ必要があるかもしれませんが、初期費用なし、リーズナブルな月額料金で利用できるカーリースであれば本当に欲しいグレードのロードスターRFに乗ることも可能になります

なお、事業用にロードスターRFの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、ロードスターRFを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

ロードスターRFを取り扱うリース3社の料金比較

ロードスターRFを取り扱うリース3社の料金比較出典:マツダ「ロードスター RF」ROADSTER RFの特長

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、ロードスターRFを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈ロードスターRFの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースコスモMyカーリース
11年51,320円49,830円-
7年71,340円68,530円54,120円
5年68,870円63,690円64,020円

*月額料金は2024年4月2日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「S」6MTの最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

一般的に、カーリースでは契約期間が長くなるほど月額料金が安くなります。ロードスターRFはエントリーグレードでも車両本体価格が350万円を超える高いモデルのため、できるだけ月々の負担を抑えたいのであればより長い契約期間の設定があるリース会社を選ぶのもひとつの方法です。なお、ここで比較した3社の中では定額カルモくんの11年契約が最安の月額料金を実現しています。

一方で、契約期間を長く設定すると中途解約のリスクは高くなるので、月額料金とのバランスを考えながら無理のないプランにすることが大切です。また、「カーコンカーリース」と定額カルモくんでは5年契約より7年契約が高くなるなど例外もあるので、リース会社やプランを決める際には細かい部分までよく確認することをおすすめします。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

ロードスターRFの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

ロードスターRFの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:マツダ「ロードスター RF」ROADSTER RFの特長

マツダ「ロードスターRF」は、スポーツカーとしての走行性能の高さはもちろん、オープンカーとしての開放感やスポーツカーとしての美しさを追求した、ほかの車にはない魅力を持ったモデルです。

ここでは、ロードスターRFでカーライフを始めたい方に向けて、グレードごとの装備や内装などを詳しくご紹介しましょう。

【ロードスターRFの魅力】

✔人目を引く美しいファストバックスタイル
✔ルーフの開閉速度は世界最高レベルを実現
✔「RS」には専用チューニングが施されたビルシュタイン社製ダンパーやRECARO社製シートを採用

ロードスターRFとは

ロードスターRFは「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」であるとギネスブックに認定された、世界的に人気の高い「ロードスター」のリトラクタブルハードトップモデルです。2016年に登場、ロードスター譲りの走りはもちろんのこと、なだらかに傾斜するラインが特徴の美しいファストバックスタイルが大きな魅力といえます。

ルーフ開閉の挙動の美しさやスムーズさにもこだわっており、ルーフの開閉速度は世界トップレベルを誇ります。また、美しさを感じさせるエクステリアを引き立てるインテリアの上質さも注目に値します。モデル後期に入っていますが、毎年のように行われる商品改良において走行性能や安全性能を進化させているのもポイントといえるでしょう。

ロードスターRFのグレード

ロードスターRFのグレード出典:マツダ「ロードスター RF」グレード・価格

ロードスターRFのグレードは、「S」「VS」「RS」の3種類に大きく分けられます。なお、駆動方式は全車FRのみで、トランスミッションの設定はグレードによって異なります。

「S」の特徴

「S」はロードスターRFの中では最も安いベーシックモデルで、トランスミッションは6MTまたは6ATから選べます。

ソフトトップモデルの「ロードスター」よりも高額な価格設定ということもあり、全体的に装備が充実しているのが特徴で、オートエアコンや運転席のチルト機構、シートヒーター、キー操作なしでエンジン始動ができる「プッシュボタンスタートシステム」や「アドバンストキーレスエントリーシステム」といった快適装備やLEDヘッドランプや自動防眩ルームミラーなどが備わっています。

また、「S」を含む全車でマツダ独自のコネクティビティシステム「マツダコネクト」の利用が可能です。

「VS」の特徴

「VS」は専用のサウンドシステム「ボーズサウンドシステム+9スピーカー」やCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)が標準装備される、上質感が魅力のグレードです。トランスミッションの選択肢は「S」と変わりありません。

さらに「VS」には、それぞれテラコッタまたはピュアホワイトのナッパレザーシートが搭載される「VS Terracotta Selection」と「VS White Selection」の設定もあります

「RS」の特徴

最も高額な「RS」は、走行性能を高めた上位グレードです。トランスミッションは6MTのみで、専用チューニングが施されたビルシュタイン社製のダンパーやフロントサスタワーバー、インダクションサウンドエンハンサーなどが備わり、ロードスターRFならではの走りを堪能したい方におすすめです。

また、「RS」には高い剛性とホールド性を持つRECARO社製シートも標準装備されています。

ロードスターRFの詳しいグレードの情報はこちら

ロードスターRFの内装

ロードスターRFの内装出典:マツダ「ロードスター RF」グレード・価格

ロードスターRFの室内空間の特徴として、ソフトトップモデルのロードスターと比較してヘッドクリアランスが15mm縮小されているにもかかわらず、ソフトトップモデル同様の快適な乗車空間を提供していることが挙げられます。

また、ロードスターRFではパワーリトラクタブルハードトップが採用されており、簡単なスイッチ操作でルーフの開閉が可能です。ルーフの開閉アクションは世界最速レベル(2018年4月、マツダ調べ)で、3連メーターのTFTカラー液晶によるアニメーション表示やテキストの説明によってドライバーがルーフの開閉状況を把握できます。

インテリアはグレードによって印象が異なります。最もシンプルな「S」は、ブラックで統一され、シャープでクールな雰囲気が魅力です。一方、「VS」ではレザーシートが標準装備となり、上質さを演出。

「VS White Selection」では明るくエレガントな印象を与えるピュアホワイトのナッパレザーシートでラグジュアリーさを、「VS Terracotta Selection」では深みのあるテラコッタのナッパレザーシートで色気と洗練された雰囲気を演出しています。走行性能を高めた「RS」は人工スエード調素材のアルカンターラ®とナッパレザーを組み合わせたRECARO社製のシートが備わります。

なお、ロードスターRFには独立型のトランクが備わっており、127Lの容量を確保。さらに、小物をまとめて収納できるマルチボックスも用意されています。

ロードスターRFの内装について詳しく知りたい方はこちら

ロードスターRFの燃費・走り

現行型のロードスターRFには、「SKYACTIV-G 2.0」と呼ばれるロードスターRFのために設計された2.0L直列4気筒直噴エンジンが搭載されています。このエンジンは、直噴技術や可変バルブタイミング機能などを活用し、燃費性能とパフォーマンスを両立させています。また、ルーフ内側の吸音タイプのヘッドライナーやホイールハウスへの遮音材の追加により、クローズ時の静粛性も確保しました。

なお、2021年の商品改良では、より安定した旋回姿勢を実現するための新技術「キネマティック・ポスチャー・コントロール」を搭載。これにより、マツダが追求する「人馬一体の走り」がより高いレベルで実現されています。

ロードスターRFのWLTCモードカタログ燃費と実燃費は、以下のとおりです。

トランスミッションカタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
6MT15.815.1
6AT15.214.1

*実燃費は2023年6月26日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

実燃費はある程度カタログ燃費よりも悪化するのが一般的ですが、ロードスターRFではカタログ燃費と実燃費に差があるとはいえ、その数値はごくわずかです。

ロードスターRFの燃費について詳しく知りたい方はこちら

ロードスターRFの安全性能

マツダの安全思想である「MAZDA PROACTIVE SAFETY」は、事故のリスクが迫っている状態になる前にリスクを回避することを重視するといった考え方です。ロードスターRFには、この思想に基づいて開発された先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」が標準装備されています。

具体的な先進安全技術としては、走行中に先行車や歩行者を検知し、衝突の危険があると判断した場合に自動的にブレーキ制御を行って衝突回避や被害軽減をサポートする「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」、ペダル操作のミスによる誤発進を抑制する「AT誤発進抑制制御[前進時/後退時]」、「車線逸脱警報システム」や車線変更時の安全確認をサポートする「ブラインド・スポット・モニタリング」といったさまざまな先進安全技術が装備されています。

また、運転支援技術として「ドライバー・アテンション・アラート」や「交通標識認識システム」「クルーズコントロール」なども搭載されています。

ロードスターRFの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

ロードスターRFは美しく走りの良い、車好きの心をときめかせるスポーツカーに乗りたい方におすすめ!

ロードスターRFは美しく走りの良い、車好きの心をときめかせるスポーツカーに乗りたい方におすすめ!出典:マツダ「ロードスター RF」ROADSTER RFの特長

ロードスターRFは、車が好きで「美しく走りの良い、心がときめくような車」が欲しい方には最適です。一度はあこがれのオープンカーに乗ってみたいけれどもソフトトップでは安全性の不安を感じる、という方にもおすすめできるでしょう。

また、実用的な車以外に趣味で楽しめる、まったく個性の違う車が欲しい、と思っている方にも良い選択肢になるのではないでしょうか。

ロードスターRFに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのロードスターRFでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 46,920 円からロードスターRFに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

ロードスターRFのグレード別料金シミュレーション

具体的に契約を検討する段階になったら、オンラインシミュレーションを活用してベストなプランを見つけましょう。定額カルモくんではさまざまなオプションが用意されているので、オプションの選択によって月額料金も変わってきます。なお、契約満了時にロードスターRFが自分のものになる「もらえるオプション」を追加するのであれば、7年以上の契約期間を選ぶ必要があります。

以下の表は、3年、7年、11年の契約年数でそれぞれのオプションや「もらえるオプション」の有無などを変えてシミュレーションした結果をまとめたものです。

〈ロードスターRFの料金シミュレーション〉*¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(S 6FAT)
オプションなし93,345円71,780円51,650円
オプション選択*² 99,758円74,805円53,707円
もらえるオプション選択-75,305円54,207円
上位グレード
(VS Terracotta Selection 6FAT)
オプションなし101,045円77,940円56,710円
オプション選択107,458円80,965円57,997円
もらえるオプション選択-81,465円58,497円

*¹ 料金は2024年4月2日時点の情報で、変更になる可能性があります
*²  カーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合

ご希望の条件でシミュレーションしたい方はこちら↓
お申込みもこちら↓からどうぞ

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。ロードスターRFのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!ロードスターRFに乗るならリースで決まり

ロードスターRFのような趣味性の高い車こそ、リースがおすすめです。頭金などの初期費用の必要がなく定額制で車に乗れるため、負担が小さくセカンドカーとしても導入しやすいでしょう。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでロードスターRFに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:ロードスターRFのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、マツダの人気車種「ロードスターRF」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードの「S」であれば最長の11年契約なら月額40,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:ロードスターRFをリースするメリットは?

A:まとまった資金を用意することなく好きな新車に乗れるカーリースであれば、高額なロードスターRFの上位グレードに乗るハードルも下がります。さらに定額カルモくんなら7年以上の契約で契約満了時にロードスターRFがもらえる「もらえるオプション」が追加できる、走行距離制限がなくなるなどのさまざまなメリットがあります。

Q3:ロードスターRFはどんな方におすすめの車?

A:車が好きで、周囲の羨望を集めるような美しさと走行性能の高さを持ったスポーツカーに乗りたい方にぴったりの車です。また、オープンカーに乗りたいけれどもソフトトップタイプでは不安を感じる、という方にもおすすめです。

※この記事は2023年6月1日時点の情報で制作しています

マツダロードスターRFの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダロードスターRFの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る