スペーシアはリースするのがおすすめ!その理由を解説

スペーシアはリースするのがおすすめ!その理由を解説

出典:スズキ「スペーシア」スタイリング

スズキ「スペーシア」は近年軽自動車の中でも人気を集めているスーパーハイトワゴンです。全車にマイルドハイブリッドを採用し、低燃費を実現しているので家計に優しく環境負荷も少ないこと、さらに新開発の軽量高剛性ボディを採用することで快適な乗り心地も実現している点が魅力です。

軽自動車は普通自動車と比較すると車両代金は抑えられている傾向がありますが、それでも100万円以上は必要です。スペーシアでも最もベーシックなグレードでも120万円以上と、高額な買い物であることには違いありません。

カーリースであれば頭金が必要なく、お手軽な月額料金のみでスペーシアがマイカーのように自由に使用できる上、月額料金に税金やメンテナンス費用などほとんどの維持費をコミコミにできるというメリットがあります。

ここではスペーシアに乗るのであればカーリースがおすすめである理由を紹介します。

訴求用スペーシア

カーリースだとスペーシアに月々18,040円(税込)から乗れる!

カーリースは車のサブスクリプションサービスです。
サブスクリプションとは、携帯電話や音楽配信サービスなどのように毎月定額制で契約して利用するしくみのこと。
そのため、車の所有者はリース会社ですが、利用者は車をマイカーのように自分だけの物として自由に利用できたり、乗りたい新車を選ぶことができたりするのが大きなメリットです。
まずは、カーリースがお得な理由や契約年数ごとのスペーシアの金額などを紹介します。

カーローンよりお得に車に乗れるカーリース

カーローンとは、車の購入時に金融機関などからお金を借り入れて組むローンのこと。カーリースは、所有者であるリース会社に使用料を払う車の利用方法です。買ったお金を分割して払うものと使用料を毎月払うものといった違いです。
月々の支払いにも差があります。カーローンでは借り入れた車両価格を分割して返すだけですが、カーリースでは車両使用料のほかにも税金や自賠責保険料などの維持費も含まれています。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

契約年数ごとのスペーシアの料金は?

カーリースでは契約時に契約年数を決定します。一度決定した契約年数は基本的に変更できないので、将来的なライフスタイルの変化なども考慮に入れて契約年数を検討するといいでしょう。

ここでは「おトクにマイカー 定額カルモくん」でスペーシアをリースした場合、契約年数ごとにどの程度の月額料金の差が生じるのかを見てみましょう。最もベーシックなグレードの「HYBRID G」の2WD車をオプションやアクセサリーをつけずにインターネット割引を適用後の価格を紹介します。

11年 18,040円(税込)
10年 19,140円(税込)
9年 20,130円(税込)
8年 21,890円(税込)
7年 23,540円(税込)
6年 26,180円(税込)
5年 28,160円(税込)
4年 32,230円(税込)
3年 37,840円(税込)
2年 48,730円(税込)
1年 81,510円(税込)

まずは審査

リースでスペーシアを手に入れるメリットとは?

リースでスペーシアを手に入れるメリットとは?

リースは月々の支出を抑えて車を利用することができることや、ライフステージに合わせて乗り換えができるなどさまざまなメリットがあります。そのほかにも、リースでスペーシアを購入する上で知っておきたいメリットをみていきましょう。

1. 月々の支払いが安い

月々支払

リースの場合、月々の料金は返却時の価値(残価)を基に算出されます。そのため、車両価格から残価を引いた金額を契約期間で割って支払っていくため、月々の料金を安く利用することができます。

2. 定額で利用できる

車を維持するためには、税金や保険料、メンテナンスなどさまざまな費用が発生します。しかし、リースでは月々の支払金額にそれらの費用が含まれているため、急な出費の心配がありません。契約期間中はずっと定額で利用することができるので、家計管理のしやすさも特徴のひとつです。

3. 頭金や初期費用がいらない

車の購入をするためには、頭金や初期費用が必要となりますが、リースではそれらの費用も必要ありません。そのため、まとまった費用を用意することが難しいときでも、リース契約をすることができます。

4. 経費として計上できる

通常、車などの高額な買い物を経費として申告する際には、まとめて計上することはできません。しかし、リースは定額制サービスと同様に経費として計上することが可能です。(業務で使用した場合に限ります)

ほかにもカーリースのメリットとしては、以下のようなものがあります。
・新車に乗れる
・手続きが簡単
・車検などのメンテナンスも定額にできる(リース会社による)

さらに、カーリースとカーローンの違いやメリットの詳しい内容について知りたい方はこちら

早速カーリースのサイトを確認する

ネットでおトクに新車をリース

「スペーシア」は本当にあなたに合う車なのか。スペーシアを徹底的に紹介!

「スペーシア」は本当にあなたに合う車なのか。スペーシアを徹底的に紹介!出典:スズキ「スペーシア」スタイリング

スズキ「スペーシア」はスーパーハイトワゴンに期待される広い室内空間はもちろん、ライバル車に引けを取らない優れた燃費性能を兼ね備えたモデルです。アクティブな雰囲気やワクワク感を演出するスーツケースをモチーフとしたデザインも印象的。

ここではスペーシアの魅力をもっと詳しく知りたい方、またカーリースを始めるにあたってどの車種を選んだらいいのか悩んでいる方のためにスペーシアの燃費性能や安全性能などについて紹介します。

スペーシアの魅力とは?

スペーシアはマイルドハイブリッドシステムを全車に搭載したこと、加えて軽量・高剛性化した新プラットフォームの「HEARTECT(ハーテクト)」を採用したことによって、競争の激しい軽スーパーハイトワゴンの中でもライバル車に負けない低燃費と快適な乗り心地を実現していることが最大の魅力といえるでしょう。

もちろんスーパーハイトワゴンらしい広い室内空間も備え、居住性の良さも確保。デザイン面においてもスーツケースをモチーフにしたユニークなデザインを採用したり、ルーフレールを設定してアウトドアの要素を感じさせたりなど、ほかのスーパーハイトワゴンとは差別化を図っています。

スペーシアのグレードは?

スペーシアのグレードは「HYBRID G」と「HYBRID X」の2種類。加えて専用のバンパーなどを装備したエアロモデルであるカスタムがあり、カスタムでは「HYBRID GS」と「HYBRID XS」、さらにターボエンジンを搭載した「HYBRID XSターボ」が用意されています。

最もベーシックなグレードの「HYBRID G」ではフルオートエアコンやキーレスプッシュスタートシステムなどは装備されていますが、パワースライドドアが装備されていません。「HYBRID X」では両側のワンアクションパワースライドドアが標準装備になるほか、ロールサンシェードやプレミアムUV&IRカットガラスなど車内で快適に過ごせる装備が充実します。

カスタムは専用装備としてエアロ形状の前後バンパーやサイドアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラーなどのエアロパーツをまとい迫力のあるエクステリアが持ち味。「HYBRID GS」は後席左側のパワースライドドアが標準装備となるほかは、ほぼ「HYBRID G」の装備内容と同様です。「HYBRID XS」は基本的に「HYBRID X」と同様の装備ですが、ステアリングやシフトノブが本革巻きになるなど細かな部分で差をつけています。

「HYBRID XSターボ」ではカーテンエアバッグは標準装備になり、クルーズコントロールシステムが搭載されるなど安全で快適にドライブを楽しむ機能が追加されているのが特徴です。

さらに詳しくグレードの情報を見るならこちら

スペーシアの内装は?

スペーシアの内装は?出典:スズキ「スペーシア」インテリア

スペーシアでは水平基調のスタイリングを採用し、伸びやかさと見晴らしの良さを表現するとともに運転席の良好な視界を確保しています。またスーツケースをモチーフにしたカラーパネルを採用することで遊び心やワクワク感を表現。

天井も両サイドもまっすぐなBOX型のボディ、かつ高い天井に低いフロア、さらに前後にも開放感を持たせた設計になっているのでヘッドクリアランスに余裕があり、ゆったりとした広い室内空間が魅力です。

インテリアカラーは「HYBRID G」ではブラック内装のみ。「HYBRID X」ではブラック内装と明るさを感じさせるベージュ内装から選択が可能です。ドアポケットなどにアクセントカラーのレッドがあしらわれ、アクティブさを感じさせます。

カスタムではブラックを基調とし、メタル加飾やシルバー加飾を使用して迫力のあるインテリアに仕上げているほか、「HYBRID XS」、「HYBRID XSターボ」にはさらに本革巻きのステアリングホイールと本革巻きシフトノブ、専用の肩回りを強調したレザー調シートを採用して上質感とスポーティーさを与えています。

カスタムはクールな雰囲気を求める男性にも好まれそうなインテリアだといえるでしょう。

さらに詳しく内装の情報を見るならこちら

スペーシアの燃費は?

車を選ぶ際に気になるポイントのひとつが燃費性能です。スペーシアは全車にスズキ独自のISG(モーター機能付き発電機)を使用したマイルドハイブリッドシステムを搭載しているほか、軽量・高剛性化した新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」、さらに軽量化し燃費向上に貢献する新開発のCVTを採用することで低燃費を実現しています。

スペーシア・スペーシアカスタムのJC08モードカタログ燃費はNAエンジン2WD車が28.2~30.0km/L、4WD車が24.0~26.4km/L、ターボエンジン2WD車が25.6km/L、4WD車が24.0Km/Lです。

JC08モード燃費においては、カタログ燃費と実際に日常生活で車を使用した際の燃費である実燃費の差が約3割程度あるのが一般的だといわれています。JC08モード燃費は実際に車を使用する環境とは異なり、平坦な道をライトやエアコンなどを一切使用せずに走るなど一定の条件下で行われているからです。

スペーシア・スペーシアカスタムの実燃費はNAエンジン2WD車が18.84km/L、4WD車が17.12km/L、ターボエンジン2WD車が15.57km/L、4WD車が15.69km/L。スペーシア・スペーシアカスタムのカタログ燃費と実燃費との差はいずれのパワートレインでもわずかながら3割を超えている状態です。

さらに詳しく燃費の情報を見るならこちら

スペーシアの安全性能は?

スペーシアにはスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が標準装備(HYBRID Gにはレスオプションもあり)されています。

単眼カメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで車両と歩行者を認識する被害軽減(自動)ブレーキのデュアルセンサーブレーキサポートに加え、後方にも対応した誤発進抑制機能、さらに軽自動車初搭載(※2017年12月、スズキ調べ)となる後退時ブレーキサポートを搭載し、充実した安全装備を誇ります。

また車の周囲を立体的に表示する3Dビューを採用してドライバーから見えにくい位置の安全確認をサポートする機能や、ドライバーの視線移動を減らして安全運転に貢献するフロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイなど、軽自動車初となる技術を複数採用している点も特筆すべきポイントだといえるでしょう。

スペーシアの安全性能について、詳しくはこちら

スペーシアはスーパーハイトワゴンならではの広さと燃費の良さを求める方におすすめ!

スペーシアは広い室内空間はもちろんのこと、マイルドハイブリッド搭載によって手に入れた優れた燃費性能が魅力です。軽自動車の中でも広さにこだわる方や燃費性能を重視する方には最適のモデルだといえるでしょう。

荷室の広さも十分に確保されています。リヤシート形状にも工夫を凝らし格納時の段差を少なくすることでリヤシートを両席格納すると27インチの自転車も積めるほか、自転車を積みやすくするガイドを設置する、開口地上高を低く抑え開口部を広くして大きな荷物の積み降ろしを楽にするなど、広さだけではなく使い勝手の良さにこだわっている点にも注目です。

日常生活からレジャーシーンまで幅広く活躍し、家族みんなが楽しめるカーライフを実現してくれる一台、それがスペーシアです。

訴求用スペーシア

「スペーシア」をリースするには?

「スペーシア」をリースするには?出典:スズキ「スペーシア」カラー・価格

個人向けのカーリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んで良いかわからないという方もいるのではないでしょうか。
そんな方のために、スペーシアを取り扱っているリース会社や実際にカーリースを契約する際に気を付けたいこと、カーリースの利用の流れを紹介します。

スペーシアを取り扱うリース会社

・カーコンカーリース「もろコミ」
カーコンビニ倶楽部のカーリースサービス「もろコミ」は、軽自動車から商用車までさまざまな車種を選ぶことができます。また、契約期間は7年の「もろコミ7」と9年の「もろコミ9」の2種類から選択が可能です。オプションプランには、カーナビやETCなどドライブに欠かせない設備がセットになったカーアクセサリーセットや、車の維持に欠かせないメンテナンスパックなども用意されています。

・コスモスマートビークル
コスモ石油のカーリースサービス「コスモスマートビークル」では、ガソリンスタンドの燃料油割引がついているのが
特徴です。メンテナンスパックなしの場合は1円/L割引、メンテナンスパックのレベルごとに最大5円/Lまで割引が設定されています。また、リース期間は3年、5年、7年の3つの期間から選ぶことができ、頭金やボーナス払いの有無も選ぶことができるため、契約時の状況にあわせて選ぶことができます。

・おトクにマイカー 定額カルモくん
定額カルモくん

「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、審査申し込みまでをオンラインで手続きが可能なため、忙しい方にもおすすめ。また、主要国産メーカーの人気車種がそろっているので、上位グレードなど、ほかのリース会社にはない車種も選択が可能です。
また、契約期間も最短1年から11年と幅広く、ライフプランに合わせやすい契約スタイルになっています。維持費が心配な方は、整備や車検などもカバーできる定額制プランも用意されているので、安心してカーライフが楽しめます。

<あわせて読みたい>

【徹底比較】人気のおすすめマイカーリース会社3選!本当に良いリース会社とは?

リース会社選びはオープンエンドとクローズドエンドに気を付けて

カーリースの契約形態にはオープンエンドとクローズドエンドという2種類があり、契約方法によって追加精算が発生する可能性があります。そのため、契約時にしっかり確認しておくことが大切です。

・オープンエンド契約
オープンエンド契約の場合、リース契約終了時の車両の価値(中古車として売却した場合の価格)を見込んだ金額(残存価格)を車両価格から差し引いて月額料金を算出します。そのため、カーリースの月額料金が安くなっています。
しかし、車の価値は年数や走行距離が増える度に減少します。ですから、残存価格を高く見積もりすぎている場合は、追加精算が発生する可能性があります。実際に、オープンエンド契約を採用しているリース会社とのトラブルで、返却のタイミングの価値が想定より下がったなどの理由で高額な追加精算を請求してくるというケースもあるので注意しましょう。

・クローズドエンド契約
クローズドエンド契約は、追加精算がない契約方法です。オープンエンド契約と同様にリース契約終了時の車両の価値はあらかじめ設定しますが、市場価格の変動を理由にした追加精算は行いません。そのため、契約時に残存価格の明示をすることもありません。なお、「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、クローズドエンド契約を採用しているので、安心してご利用いただけます。

リースを利用するときの流れ

一般的にリースの申し込みはオンラインや電話などで行われます。また、審査には2〜3日、新車の納車の場合は車種によりますが1ヵ月半~2ヵ月程度かかることが多く、郵送での書類のやりとりもあるため、余裕を持って手続きをするのがおすすめです。
ここでは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」での申し込みの流れを基に、リースを利用するときの流れを紹介します。

<リースの流れ>
1. 車を選ぶ
2. オンライン見積もりで費用感を確認
3. 審査申し込み
4. 審査通過後、車種やオプションの決定
5. 契約書を自宅に郵送
6. 返信用封筒を使って契約書を返送
7. 契約締結
8. ディーラーより納車日や必要書類の連絡
9. 自宅へ納車

おトクにマイカー 定額カルモくんの自信

さまざまなカーリース会社がありますが、国産メーカー全車種を取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのスペーシアでも契約が可能。月々18,040円(税込)からスペーシアに乗ることができます。
そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることや、契約満了時に車がもらえるオプション「乗り放題オプション」など、知っておきたい定額カルモくんの魅力を紹介します。

定額カルモくんいいですね

国産メーカーの全車種から選べる!

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種を取り扱っており、メーカー保証付きのディーラーの新車に乗ることができます。
グレードやボディカラー、オプションも自由に選択・カスタマイズできるため、マイカーのように自由にカーライフをお楽しみいただけます。
また、どんな車を選んで良いかわからないという方は、車選びのプロが希望条件などを基にアドバイスしてくれるので、ライフプランや生活スタイルに合った最適な1台を見つけられるはずです。家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

頭金不要、充実したメンテナンスプランも用意

「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、頭金などの初期費用、ボーナス払いは不要のため、月々の利用料金のみでリースが可能。
カーリース料金には、自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金、自賠責保険料などが含まれているので、急な出費もなく、家計管理も簡単です。さらに、定額カルモくんでは3種類のメンテナンスプランを用意しています。メンテナンス料金を定額にできるだけでなく、指定の大手整備工場などで車検や点検を行うことができるため、お店を探したり手続きをしたりなどの手間も省くことができます。

・シルバープラン
シルバープランは、カーリース契約に必須となる返却時の原状回復や車検費用、法定12ヵ月点検、エンジンオイルやオイルフィルターの交換がついています。原状回復費用や車検費用などは、車の維持費の中でも高額となる可能性があるため、月々の支払いに組み込んでおくと安心です。

・ゴールドプラン
シルバープランの内容からさらに充実したゴールドプランでは、タイヤのメンテナンスやブレーキオイル・パッドの交換、バッテリーの交換費用、その他消耗品の補充、交換費用などが含まれています。車のメンテナンスに必要な内容がほとんど組み込まれているので、初めて車を持つ方にもおすすめのプランです。

・プラチナプラン
プラチナプランではゴールドプランの内容にメーカー一般・特別保証対象部品の延長保証が追加されます。万一のトラブルが起こっても延長保証で契約満了時までしっかりカバーできるので、長期間の契約であっても安心して利用できるメリットがあります。

そして、カーリースの概念を変える「乗り放題オプション」

カーリースの大きなデメリットといわれていた契約満了時の車の返却ですが、定額カルモくんでは、カーリース契約満了後に車がもらえるオプションプランをご用意しています。月額料金に500円(税込)プラスすることで、オプションの「乗り放題オプション」に加入が可能。加入条件は、契約期間7年以上、対象車種(軽自動車とコンパクトカー)のご契約が対象となっています。リース契約満了後の追加料金もなく、リース車をマイカーとして使い続けることができる新しいカーリースのプランです。

業界初の11年プランも登場!

カーリースでは契約期間が3〜9年のプランが多くありますが、定額カルモくんでは業界初の11年プランを開始しました。
車両代金を契約期間で割って月々支払うというカーリースの特性上、契約期間が長ければ長いほど月々の利用料金は安くなります。そのため、これまでよりも利用料金をグッとおさえて新車に乗っていただけるようになりました。

11年も同じ車に乗り続けるのは不安があるという方もいるかもしれませんが、車の耐久性は技術の向上などにより、以前よりも伸びています。また、軽自動車検査協会の発表によると、2019年の自家用軽自動車の平均使用年数は14.92年という結果もあり、車の寿命自体や利用年数が伸びていることがおわかりいただけるのではないでしょうか。また、車のモデルチェンジのスパンも長くなっているため、車の見た目が古くなってしまうということも少ないといえます。

スペーシアに乗るなら定額カルモくんで決まり!

低燃費で広い室内空間を備え、安全性にもこだわったスペーシアは家族みんなが安心して楽しめるカーライフを実現してくれるモデルです。

燃費性能に優れたスペーシアであれば燃料費を節約したい方でも満足いただけるでしょう。さらにカーリースを利用すれば、各種税金やメンテナンス費用など、燃料費以外の維持費を月額料金にコミコミにすることもできるので家計管理も楽になります。

さらに「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら最終的にスペーシアを所有できる、「乗り放題オプション」や、業界初の11年という長期の契約期間を利用して月額料金をよりお手軽にする、というさまざまな選択肢があるのも魅力です。

あなたのスタイルに合わせたプランが選択できる「おトクにマイカー 定額カルモくん」で、スペーシアに乗ってみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:スペーシアのリース料金は月額どのくらい?

A:おトクにマイカー 定額カルモくんでは最長11年の契約期間の設定があるので、手頃な月額料金でご利用いただけます。スペーシアのベースグレード「HYBRID G」の2WD車であれば、月々18,040円(税込)から乗ることができます。

Q2:スペーシアをリースするメリットは?

A:リースでは購入と違い、頭金や初期費用が必要ありません。そのためまとまった資金がなくてもスペーシアをマイカー感覚で利用できるというメリットがあります。また、定額カルモくんではボーナス払いや契約満了時の追加精算もないので、安心して利用することができます。

Q3:スペーシアはどんな人におすすめの車?

A:全車にマイルドハイブリッドシステムを搭載しているスペーシアは、他の車種に負けない燃費性能の高さが自慢です。加えてスーパーハイトワゴンならではの広い室内空間を備えているので、低燃費にこだわる方や軽自動車であってもゆったりとした車内空間を求める方に最適なモデルです。

※記事の内容は2018年11月時点の情報で執筆しています。

スズキスペーシアの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスズキスペーシアの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr